毎度~♪おおきに^^ 2年半の間☆☆☆就学前に何やろう??☆☆☆のブログ名でやってきましたが改名です♪オリジナル家庭教育、英語やら漢検、スピリチュアルに、本はビジネス書から絵本まで!なにしろてんこ盛りでやんす~(^▽^)/ヨロシクねっ!!
スポンサーサイト
--年--月--日 (--) | 編集 |
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
反省するんじゃなくて。
2009年06月27日 (土) | 編集 |
今、発音道場にはまってる(笑)

入門編は何となくすり抜けて、現在、発展編に参加中。

  「冷静な自己分析が出来るようになる」
  「自己を客観視できるようになる」

というのが目標(目的?)。

(…と先生はおっしゃる )

最初は自己分析なんて、客観視なんて、”どうやって??”の世界だったけど。

色んな指摘を受けたり、他の方の発音を聞いたりしてるうちに、

なんとなく、ぼんやりだけど見えてきた。

で、唐突だけど、これって子育てにも通じるなあってふと思ったんだよね。


あのね。よく見聞きするの。

よそ様の子育てとか教育書とかと自分を比べて、

「反省します。」って。

私にはそういう発想が無いからさ、(←鈍感?? 爆)

その感覚に自分なりに違和感があったんだよね。

(ま。みんな違ってみんないいのだから、何でもあり、が前提なんだけど)

色んなところでコメントに書いたり、もしくは記事にしたこともあったかもしれないけど。



反省するって、いったいその先に何があるんだろう?ってよく思うのよ。

”ダメな親だな~”って落ち込んでさ、

”これからは気をつけよう”とか思うわけじゃない?

で、しばらくはその気持ちが続くかもしれないけど、

また元の黙阿弥、なんてね。

そうじゃなくてさ、気になる事象もしくは自分が改めたい事象が出てきたら、

まずその自分を冷静に見てさ。

”あ~。自分って今こうなんだ~”って確認してさ、

”こういう自分もいるよねえ。”って認めてさ、

”この状態を作っているのは何が原因だろう?”って

冷静に遡れたら、その原因を無くしていくことで、

たとえば、

”感情的に怒りたいのに、なんとか怒らないようにする自分”じゃなくて、

”感情的に怒る必要なのない自分”になるんじゃないかなあって。

(誤解を恐れずに、追記すると、

 私は、必ずしも感情的に叱ることがいけないとは思ってない。

 むしろ、必要なこともあると思ってる。)


単なる反省はさ、やっぱり、”感情”のレベルで止まっちゃうじゃん。

そうしたら、”感情スパイラル”からは抜けられないわけで。

原因は最初のうちはよく分からないかもしれないけど、意識して、

”どんな状態の時に自分は腹立たしいのか?”を見つめていたら、

たぶん人それぞれいろいろと出てくることもあると思う。

たとえば、単純に甘いものを沢山食べちゃった時だな、とか。

大きい声をずっと出して無かった時だな、とか。

運動が足りてなかったな、とか。

ひとりの時間が欲しかった時だな、とか。

解決できるものと、なかなかできそうにないこととあるかもしれないけど、

ストレスが子どもに投影されていることが自覚出来るような場合には、

自分の中に必ず改善策はあるわけで。

そんなのを探ってみたら面白いかなあって。^^

で、そうやって自己分析がくせになってるとさ、見たくなかった自分にもふと気づいたり

するわけよ。

でも、そこでもさ、”自分ってダメだなあ”って責めを負うんじゃなくて、

”ま、こんなところを含めて自分なんだよね。”

って自分を抱きしめてあげたら、

自分に優しく、自分自身に笑顔を向けていられるようになれるじゃん。

たぶん、その波動は周りに波及するんじゃないかな?って思ったりして。


結局「反省します」ってつぶやく母は、真面目でとっても良いお母さんが

多いような気がするんだよね。

でもさあ、それって、自分を責めることって、

自分の中にまたひとつストレスを抱えることに繋がってるのかもよ?

そんなのって不毛じゃん。

だからこそ、

気負わなくてもいいのになあ、ってよく思ってる。




…あ~。

書いてるうちに思い出した。

たぶん似たようなことかつても書いたし、人の文章でも読んだことあるような…??

でも、今、なんだか”降ってきた”ってことは

書くことに意味があるんでしょう~~☆(笑)


にほんブログ村 子育てブログ 小学校低学年の子(1,2,3年生)へ


今日も来てくれてありがとう☆
読んでくれてありがとう☆

☆感謝☆

☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆

(おまけ)

昨夜は毎年恒例の”蛍鑑賞”へ出かけてきました♪

たぶん、今年で5回目かな?

自然に残っている場所で、人の手が入ってない穴場です☆

今年はまだちょっと気温が足りなかったのか、蛍の動きが少なめで。

沢山いるみたいなんだけど、あまり飛んできてくれない^^;)

でも、あの幻想的な光が飛び交う様子を見られたから

満足、満足♪

毎年連れて行ってくれる実家の両親とパパに感謝です☆


今日も家族ともども元気に暮らせて幸せです。(^ー^)

明日もきっと素敵な1日♪

☆感謝☆

テーマ:子育て・教育
ジャンル:学校・教育
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。