毎度~♪おおきに^^ 2年半の間☆☆☆就学前に何やろう??☆☆☆のブログ名でやってきましたが改名です♪オリジナル家庭教育、英語やら漢検、スピリチュアルに、本はビジネス書から絵本まで!なにしろてんこ盛りでやんす~(^▽^)/ヨロシクねっ!!
スポンサーサイト
--年--月--日 (--) | 編集 |
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
褒めるだけじゃダメじゃん。
2009年06月17日 (水) | 編集 |
最近、しみじみ分かったことがある。

それは娘の本気の引き出し方。

”ほめて育てる””叱らない子育て”がもてはやされる昨今だけど、

彼女の魂はどうも”スポ根”のような状況を欲しているような気がするの。

言い変えたら、”叱咤激励を好むタイプ”っていうのかな。

褒めるだけだと、どんどんダメになっていくタイプらしい~^^;;

”現状を認めて、そのままを尊重していく子育て。”

立派だと思うし、のびのびしていたほうが伸びていく子供は実際多いと思う。

ゆ~のの場合は、それだけじゃあ、本人の魂が欲していることと違うみたいで。

”鍛えられる環境”というのを嫌がらない、むしろ、そこに身を置きたいんだよね。

…たぶんそういうのって少数派なんだと思うけど^^;

子育て始めて8年余り。

つくづく思うのは、”育児書や、教育書なんかに書いてある御高説って

まず、娘に当てはまらないなあ”ってこと。

おそらく過酷な環境であればある程、(もしくは逆境であればある程)力を

発揮するタイプなのかもしれません。

ぬるま湯はダメなんだよねえ。

ヤツの場合。

”彼女の夢に彼女がたどり着けるように、彼女の魂が真に求めていることは?”

そこを常に頭に入れつつ、親業に邁進(…ってほど真面目じゃないけど)

したいと思います。



ちなみに、彼女は、”隙間時間活用術”に関しては天才的かも?!

(…それは言いすぎ??^^;)と思います。

常にやりたいことがいろいろあるから、”暇だ”って発言はまずないし、

ほんの少しの時間でも進めようという気持ちが常にある。

(ただし、これは心底好きなことに限る 笑)

でも、そのやりたことに埋没していると、本来の使命だの、夢だの

そういうことに向かっていくことが難しいってことも、本人の魂は

分かっていて、そこを軌道修正するように親が関わってくれよ~って

メッセージを常に投げかけられている…

そんな感じが、私はしてます。


なんだか、だんだん話がずれちゃったけど。

今もてはやされる”ほめる子育て””そのままを受け入れて興味のままに伸ばす子育て”

も一理あると思うし、当てはまるケースも沢山あると思うけど、

うちは違うな~って思ったって話です。


同様にね、幼児のころは制約もないし、好きなことだけバンバンのばしていけば良かったけど、

小学生以上になったらそれだけじゃダメだなあってのも感じてる。

全てをパーフェクトに頑張る必要はないと思うけど、

ちょっと苦手を克服した、とか、我慢強く闘ったって経験は宝物になると思う。

それから、飛躍するようだけど、理不尽な経験や、思ってもみないトラブルや、

悲しさや苦しさや怒りや、そういう、一瞬自己重要感を損ねるような経験も

大人になるにあたって必要だし、やっぱり、宝物の一つになるのかもしれないと

良く思ってます。


魂の成長だったり、本人の使命を果たすのに必要な経験だったり、

そういうの、ホントのところは誰にも分からないとは思うけど、

プラスもマイナスもどっちも必要でしょ?


私は親としてはできた親じゃないけど、(いや、真面目に^^;)

素の自分で、喜びも嬉しさも怒りも悲しさも伝えていく子育てが

自分スタイルかな、と思ってるし、

娘と一緒にそういうものを共有することをこれからもしていきたいと思ってる。


”みんなちがって、みんないい。”


今日も結局はそこだね^^☆



にほんブログ村 子育てブログ 小学校低学年の子(1,2,3年生)へ


今日も来てくれてありがとう☆
読んでくれてありがとう☆

☆感謝☆

☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆

(おまけ)

最近、娘が100ます計算の宿題を持ってきます。

で、一緒に解いてます。

ひとりでやってると、いまいち本気が出ないのよ。^^;

だから、お付き合い。(コピーして一緒に解く)

そりゃあ、まだまだあひるの敵じゃないけどね(^m^)

ゆ~のはまだ5分強かかってる。(繰り下がりのある引き算編)

これが、1分を切るようになる日は来るのかな~??

まだまだ遠いねえ^^;

100ますが終わると、該当ますを塗りつぶして出てくる絵を答える

って問題があるのね。

この間の答えは”黒電話”。

…そんなの今の子たち知らんわ~っ。^^;

先生、お願いですから、今の子たちが自力で分かる問題にしてくださいm( _ _ )m




今日も穏やかで優しい1日♪

☆感謝☆


テーマ:一人言
ジャンル:学校・教育
コメント
この記事へのコメント
こんにちは
ゆ~のちゃん、スポ根タイプなんですね(笑)。
ゆ~のちゃんが自分自身というものを、
しっかり確立しているということではないでしょうか。

自己が確立していない時分に褒められ過ぎると、
褒められたイメージに支配されてしまうこともあると思います。

褒められたい一心で無理を重ねてしまって、
自分が何者か分からない状況にしてしまっては可哀想ですよね。

娘の友達にも、そういう子がいます・・・。
家庭外の人達に、植えつけられたイメージを押し付けるので・・・。
いざこざが起こることもありますね。

御家族の目が届かないところでの彼女の姿は、
赤ちゃんそのものですよ。
ご家族の方に自分自身を見てほしいんだろうな~って感じるんだけど、
他人の子なので、どうしようも・・・・ない。

彼女に振り回されて、母子でイライラしていましたけど、
部活が始まって、学校でしか遊べなくなったので・・。
今は落ち着いて何よりです。

褒める、叱るより、何より認めてあげる子育てを心掛けたいです。
2009/06/17(Wed) 14:54 | URL  | 近さん #-[ 編集]
こんにちは。
その子その子個性が違うから、その個性に合わせたきめ細かな指導が出来るのは、親だけですものね。
自分の子どもを良く見て、今必要な事を与える事が出来る子育て。素敵ですね。

「鍛える」ってのは、普通高学年になってからと思いますが、ゆ~のちゃんは、成長が早いんですね、きっと。すごいです (^∇^)
2009/06/17(Wed) 15:31 | URL  | 通りすがり #mQop/nM.[ 編集]
近さん♪
早速熱いコメントありがとうございます☆
感謝☆

自分以外の視点ってまた新たに気づかされることありますねえ。

もちろん、”認めた上で”の話なんだけど、認めるって大前提ですよね。
表面的なことじゃなくて、存在そのものをってところ。

ゆ~のの場合、変な話なんですが、潜在意識と顕在意識が、自分にはわけて見えるんですよ。
(これは、たぶん自分の娘だからだと思います)
しっかり自己主張するところのある部分は、まさに潜在意識が前に出ているなと感じることが多々あります。
これが、自己が確立しているという風に呼べるか、私自身は分からないんですが…^^;

>褒められたい一心で無理を重ねてしまって、
>自分が何者か分からない状況にしてしまっては可哀想ですよね。

そういうことも往々にしてあるんでしょうね。
何が将来に繋がるか分からないので、何とも言えませんが。
その子が自分の中にしっかり自己重要感を持てるといいですねえ。
ここに、今この瞬間に自分が生きてるってことだけで奇跡なんだよ、素晴らしいことなんだよ。君は存在してるだけで既に価値があるんだよって、近くにいたら言ってあげたいなあ。
2009/06/17(Wed) 15:34 | URL  | あひる #amS06Jd.[ 編集]
通りすがりさん♪
いらっしゃいませ^^
…はじめまして、でしょうか??

>その子その子個性が違うから、その個性に合わせたきめ細かな指導が出来るのは、親だけですものね。

いや、まさにその通りですよね♪
その辺、親業の醍醐味でもありますし^^

なんだか、褒めて頂いて恐縮です。^^;
それが、彼女の個性ってことだと思います。
そのあたりは思い返してみれば本質として最初から備わっていたようにも思いますし…
(ということで、親の育て方は全く関係ありません 爆)

自分と違う個性の育つのを傍で見ていくのは面白いです♪

2009/06/17(Wed) 15:44 | URL  | あひる #amS06Jd.[ 編集]
こんばんは^^
そりゃそうだわさ^^
うちなんか同じ母から生まれてきていても
あたりまえだけど全然違う個性を持ってるもん^^
確かに褒めると伸びるよ…でも褒めるべき時
褒めて伸びる時ってやはりあるんだと思う
反対に叱咤激励した方がいい時もあるしネ
これまたわが家の場合だけどね^^;

みんなちがってみんないい
いいとこ取りで自分の家にあった子育てで
いい思うけどな^^

あたしなんて子育て11年やってるけどまだまだ
未熟なとこありの母だよん(笑
2009/06/17(Wed) 21:07 | URL  | RYU #-[ 編集]
管理人のみ閲覧できます
このコメントは管理人のみ閲覧できます
2009/06/18(Thu) 01:08 |   |  #[ 編集]
RYUちゃん♪
コメントありがとう^^
私はこういった記事をたまに意図的に書くけど、それは本や情報に振り回されて右往左往してるのをよく見聞きするから、っていう理由もあるの。
みんな、自分の子育てに自信を持てるといいなという気持ちがある。
みんなかけがえのないひとりひとり。
そして、自分も子供も、世界のどこを探しても同じ人間なんていない。
当たり前のこと、なんだけどね。

良い子育てをしたいし、良く生きたいし、正しいことは何なのか?
それを追求してるうちに苦しくなったりしちゃうんだよね。
”正しいことより楽しいこと””本にあることより自分の感性”
私はこっちを選択したいなあと、常々思ってる。
ま。これも私の感性なので、誰にも強制するつもりはないですが(笑)
2009/06/18(Thu) 04:53 | URL  | あひる #amS06Jd.[ 編集]
コメントを投稿
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。