毎度~♪おおきに^^ 2年半の間☆☆☆就学前に何やろう??☆☆☆のブログ名でやってきましたが改名です♪オリジナル家庭教育、英語やら漢検、スピリチュアルに、本はビジネス書から絵本まで!なにしろてんこ盛りでやんす~(^▽^)/ヨロシクねっ!!
スポンサーサイト
--年--月--日 (--) | 編集 |
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
気まぐれな日常☆(料理と野鳥の巻)
2009年03月21日 (土) | 編集 |
娘はお手伝い♪が好きです。

”お手伝いしたい~”とねだられる(笑)

とくに料理は好きみたい。

でも、何から何まで全部お任せ出来るレベルにはなってないので、

部分的に出来そうな仕事を作り出してお願いしてる感じ^^;

今日はエリンギ、シメジ、マイタケを使ったので、

これを手で裂くこと、部分的に包丁で切ることを任せました。

ついでに、キノコの繊維の向きについて話したり、

他の植物はどうだろう?それはどうしてだろう?なんて話をしたり、

目をつぶって、匂いあてクイズ、手触りクイズなど、してみたり。

結局、料理してるんだか、

理科やってるんだか、はたまた右脳刺激をやってるんだか??

な状態です^^;

…ま。良いんです。

うちはいつもこんな感じ。(爆)


普段扉が閉まっているチェストの中身を覗いたら、

だいぶ前に買ったカード類がいろいろ出てきた~。

…そうだ~。クイズやろっ♪

今日はくもんの鳥のカード。

クイズをやるときはいつも娘VSパパなの。

で、余りに勝負にならないとつまらないので、娘には先にインプット。

野鳥のカードを一緒に見て、気になるものは説明を読んで、

なんとなく先に把握しておく。

それから、パパに来てもらって二人の前でフラッシュする。

で、一枚ずつ”この鳥はなんでしょう~?”とやる。

うちのパパ、鳥が好きで、結構詳しい。

だから、娘に思いっきりハンデをあげてちょうどいいの。

初めの解答権は娘に。答えられなかったら、パパに権利が移ります。

山で出会った鳥、海でよく見かける鳥、すぐ近所で見ることができる鳥。

いろいろいるんだねえ。

よく知ってる鳥たちはその場で関連話題で盛り上がり。

(あ~。そういえば、鳥カードが気になったきっかけは、

 ”スズメが激減している”というニュースに触れたからだったな~。)


結局、娘16対パパ15で、娘の勝ち(笑)

…まあ、あれだけハンデをあげればねえ。^^

つきあってくれたパパ、ありがとう~♪

このカードから、カッコウとホトトギスの話になって。

パパが”これ、見わけがつかないんだよ”という。

確かに似てる…ってか、そっくりじゃん。

図鑑で確認。

姿かたちや食性、托卵するところまでそっくりで、

鳴き声くらいしか判別方法が無いらしい。

(体長は多少違うみたいだけど。カッコウのほうがややデカイ)

おまけに、ツツドリというそっくりさんまで新たに現れて、びっくり。

ちなみに、カッコウは”カッコー”と鳴く。

ホトトギスは”キョッキョッ、キョキョキョキョキョ”と鳴く。

(聞きなしは「特許許可局」「てっぺんかけたか」など。

 …なんだか、早口言葉みたいね~^^)

ツツドリは低い声で”ボー、ボー。”と鳴くらしいです。

面白いね~。(^▽^)

で、

付属のCDで最後まで鳥の声を確認しつつ楽しんでいたのは

結局は、パパでした(^▽^;)

鳥は、”食べるのも眺めるのも好き♪”なんだって(笑)




にほんブログ村 子育てブログ 小学校低学年の子(1,2,3年生)へ


今日も来てくれてありがとう☆
読んでくれてありがとう☆

☆感謝☆

☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆

(おまけ)

今、あひるの中で一番”旬”なブログです↓

僕のアニキは神様とお話ができます

名前の通り、神様とお話できるアニキさんの声を実弟の龍さんがブログに

しています。

最近のは悩み相談、または質問に神様が答えてくれる、という形で進行していますが、

最初のほうは、神社の参拝の仕方だったり、地球がなぜできたのか?だったり、

読んでいて、沢山の”へ~!””ほ~!”が詰まっているブログです。

不思議話が好きな方、悩み相談をしたい方、

より良い生き方を探している方…などなど

沢山のヒントが詰まってますので、是非覗いてみてくださいね^^☆
テーマ:家庭学習
ジャンル:学校・教育
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。