毎度~♪おおきに^^ 2年半の間☆☆☆就学前に何やろう??☆☆☆のブログ名でやってきましたが改名です♪オリジナル家庭教育、英語やら漢検、スピリチュアルに、本はビジネス書から絵本まで!なにしろてんこ盛りでやんす~(^▽^)/ヨロシクねっ!!
スポンサーサイト
--年--月--日 (--) | 編集 |
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
本日の読み聞かせ☆(2009年2月)
2009年02月04日 (水) | 編集 |
今日は読み聞かせの当番でした~^^

最初はちょっと緊張したけど、もう、慣れた~(笑)

毎回楽しいです。

今日は業間休み利用の図書の時間。

3人で一冊ずつ持ち寄って読み聞かせをしています。

で、そのうちの一人でした。

読んだのはこれ↓

まちがいペンギン
まちがいペンギン

我が家所蔵の本です。^^

これ、ナンセンス絵本と言うか、ユーモア絵本というか、そんなジャンルの絵本なの。

(私のコンセプトはいつも”笑い”なので♪)

で、絵本の構成が”左に問いかけ、右にその答え”という感じで進んでいくようになってる。

これ、普通に読んじゃうと、”問題と答えをセットで見ている”って感じになっちゃうの。

だから、そこに一工夫。

右側のページは隠しておいて(張ってはがせるシールで白い紙を貼る)、

左側の問いかけを読んだらめくる、という手法でやりました。

つまり、問題と答えの間に時間差を作ることで、答えを想像する時間を

意図的に作ったわけです。

私の予想通り、子供たちはページをめくるたびに”どうなるんだろう?”と想像して、

答えが分かると”ほら~っ!やっぱり!”とか”なるほど~”とか、

思わず声が出ちゃったりしながら、のめりこんで聞いてくれました~^^

真剣な顔をしたり、笑ったり、楽しい時間を共有できたと思います♪

(一緒に見てくれた先生も乗り出してみてました~^m^)

前にもちょこっと書いたことがあるけど、笑いの本は実は奥が深かったりします。

”理解して笑うことができる”というのは、それだけ、自分の中に情報が溜まってないと

出来ないことだし。

そういう意味で、”1年生はどうかな?”とちょっと思ったりしたんですが、

さすがに3学期だし、本好きな子たち。

生き生きとした表情を見せてくれたので、嬉しかったです~^^




にほんブログ村 子育てブログ 小学校低学年の子(1,2,3年生)へ


今日も来てくれてありがとう☆
読んでくれてありがとう☆

☆感謝☆

☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆

(おまけ)

明日も読み聞かせに行ってきます~。

朝の教室で、また全く違うものを♪

明日記事にしますね~^^


(おまけのおまけ)

”感覚は人それぞれ。”

こう思うことが最近ちょっと続きました。

”みんなちがって、みんないい”

これが私の中にはしっかりあるから、心は乱れませんけど。

でも、みんながそう思ってるわけじゃないから、

言動にはいつも気を使おう、と改めて思ったりもしたのでした。^^



今日も幸せだ~~っ♪

ありがと~~~~(^▽^)/☆
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。