毎度~♪おおきに^^ 2年半の間☆☆☆就学前に何やろう??☆☆☆のブログ名でやってきましたが改名です♪オリジナル家庭教育、英語やら漢検、スピリチュアルに、本はビジネス書から絵本まで!なにしろてんこ盛りでやんす~(^▽^)/ヨロシクねっ!!
スポンサーサイト
--年--月--日 (--) | 編集 |
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
低学年に必要なのは?(国語編)
2009年01月24日 (土) | 編集 |
主観で書いてますので、その辺割り引いて読んでください~☆


”低学年に必要なのは?”の国語編です^^


1、音読。

宿題になっている学校も多いでしょう。

これには非常に重要なわけがあります。

まず、音読することで名文名句を身体に浸透させることによって、

自然に日本語の文体が染みつきます。

”話し言葉と書き言葉は違う。”ということが体感として分かるの。

その経験は非常に重要。

そして、音読することで、覚えちゃうじゃない?

これは記憶容量を増やすことに繋がります。

昔は意味も分からず、素読から入ったけど、それを徹底的に

やることによって、上記2点が鍛えられたことは間違いないでしょう☆

そして、精読力をつける。

これは、将来の国語力に直結します。

黙読だとね、大意掴みしがちなんだよね。

文章になじみ始めた最初の頃は特に。

ここで変な癖がついてしまうと、大体の内容把握で分かった気になる…

と言う困った事態になりかねません。

普段はそれでもいいけど、国語の試験は、それじゃあ、対応出来ない。

”根拠を求めて解を得る。”

それが基本原則だから、勝手に妄想してつじつまを合わせてしまうような

読み方では対応できません。

(この辺に、読書は好きだけど、国語が出来ない、という落とし穴が

 あったりする。)

だから、音読は大事なんだけど…

でもね、教科書の場合は、読みなれてたりして、すぐに覚えて、

下手すると、音読のはずなのに、教科書見ないで暗唱したりするじゃない?

それはそれで、”すごいね~☆”って誉めてあげる傍ら、

出来たら、他の素材の初見で音読もやってみたらいいかもね。^^

初見のものを”どのくらいの速さで、躓かずに読めるか?”は

精読力一つの目安になる。

これがつっかえつっかえとか、言葉のまとまりが分かってない、

細かい読み間違いがある、など問題ありだったら、

短いものでいいから、

”初見で一気に読む”をたまにやるといいかもね。

なにしろ、音読って大事です^^☆


2、視写

いわゆる書き写しです。

 黒板を見て書く。

 ドリルの問題をノートに書き写す。

学校でも、こういった場面はしょっちゅう出てきます。

これが速く正確に出来ること。

この作業力を上げておくことが、後々必要になってきます。

1年生のうちは、”速く”よりも、”正確に”を心がけることが肝要で、

これをしっかりやってたら、あとから速度はついてくる。

昔は教科書の丸うつし、なんてのをやってたけど、これは、まさに

”作業力を上げる”、そして”書き言葉としての文体を体得する”

に繋がる王道だった。

でも、今はあまりやらないのかな?

(我が家ではその辺を意識して、書き写しプリントを入れてる。)

このプロセスを軽視すると、

圧倒的に書かないで、過ぎてしまう…ってことになりかねません。

でも、これは、のちのちの作文力やら、小論を書く力にも

直結するから、とっても大事。

徹底的に書いてきた経験があると、文章を書きあげるのは

なんでもなくなるからね。

低学年のうちに、”書くことを厭わない”という姿勢を身につけてしまうと

後が楽だよ~。

まさに”鉄は熱いうちに打て!”ってやつだね^^




3、実体験を積む。

これは疑似体験も含んで考えています。

国語って想像力も大事。

文章からイメージを想起していく作業が不可欠だから。

それにはイメージするための材料が無いとできません。

だから、豊かな生活体験があると強いっ!

…と言ったところで、実際に経験するのは限界あるからね。

その辺はテレビなどビジュアル情報で助けてもらうのも一つの手かな、と。

たまには普段見ないテレビ番組にちょっとフォーカスするのも新鮮で面白いかも。

(うちではこの間、競馬中継を一瞬みました~。

 そんな感じで、いろいろと話題が広がるっ♪)

頭の中にいろんなイメージ(映像)をためておくのは結構大事なことじゃないかな、と。

そして、そのイメージを言語化しておく。

ニュアンスの違いなどで表現の異なるものに敏感になっておく。

テレビを見ながらの会話の中などで容易に出来ることだね。


生活体験と言えば、たとえば人間関係でもまれる中で心情理解が進むだろうし、

何かに挑戦してみることで、その結果から分析力や想像する力がついたり、

まだまだ、いろいろとありそうですが。

とにかく、机上からは学びえないことはいくらでもあるわけで。

何気ない日常の中に大事なものはごろごろ転がっているな、と。^^






…とまあ、つらつら書いてみたわけですが。

これは国語の先生のパパにいろいろと聞いたことや、私の実感が

ベースになってます。

(書籍等で”あ~。おんなじ風に思ってる!”と確認したこともありますが)

で、パパに書き上げた内容を確認してもらってOKが出たので記事にしました~☆




 にほんブログ村 子育てブログ 小学校低学年の子(1,2,3年生)へ


今日も来てくれてありがとう☆
読んでくれてありがとう☆

☆感謝☆

☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆

(おまけ)

実は上記の記事につけ足すなら、”漢字の早期習得”をあげたいんですが、

これは、個々によってベターであるとは限らないと思うので、あえて書きませんでした。

それから、記事の最初にもありますが、

”これが万人にとってのベスト!”と言うつもりではないので、

共感できなければスルーしてくださいねえ~^^





今日家族仲良くも元気に暮らしています。^^

ありがとうございます♪

感謝☆
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。