毎度~♪おおきに^^ 2年半の間☆☆☆就学前に何やろう??☆☆☆のブログ名でやってきましたが改名です♪オリジナル家庭教育、英語やら漢検、スピリチュアルに、本はビジネス書から絵本まで!なにしろてんこ盛りでやんす~(^▽^)/ヨロシクねっ!!
スポンサーサイト
--年--月--日 (--) | 編集 |
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
大事にしてる読み・書き・計算♪(計算編)
2008年03月15日 (土) | 編集 |
昨日の続きです。

くもんの小学ドリル3年生のわり算―新学習指導要領対応版 (算数計算 (8))

算数についてのあひるのコンセプトは”まず計算力ありき”です。

最終的に早く正確に計算できることはいろんな場面で武器になります。

そして、体系立てて一気に仕上げるのが効率が良いと思ってます。

とりあえず小学生の計算分野はそのつもりで、進みます~。

それ以降は時が来たら考えよう♪


(…一見公文と似てるように感じるかもしれないけどね。

  たぶん、だいぶ違うと思うよ。

  足し算のアプローチなんかも全然違うし、細かい手順も違うはず。

  上にあげた教材を今は使ってるけど、順番どおりにやってないです~。

  ちなみに七田とも違います。

  プリント持っているけど、違和感があって、結局使わなかったし(爆)

  あひるはわが道を行きます~。笑)


現在ゆ~のは3年生の算数(割り算)をやっていますが、

一年生からの内容をすべて網羅する形で進んできたわけではありません。

(これは、以前にも書きましたね~。)

文章題は全く触れてませんし、ね。

図形的なものは小さい頃から、展開図を作る、展開図から立体を起こす、などやってきましたし、

それ以前はさんざんブロックや積木で遊んでいたので、感覚的なものは

育っているように思います。

…未だに工作大好きだしね。

ちゃんとレンズの回るカメラとか、立体的なメガネとか、あひるには無い発想のものを

作って遊んでるの。

それから、DS。ペンもそれを入れるところも作ってある力作。

プリキュア関係もずいぶん作ってましたね~。

…たくさんの友達が持っているのに、自分は持ってないから、作っちゃうの(笑)

こういうの見てると、”やっぱり、買わなくて良かったな^^♪”と。

そんな感じで、自由な発想と工夫で今のところ何でも作ってしまうので、

引き続きそれを楽しんでほしいな、と。

そして、体や感覚で覚えたことって大事だし、案外忘れないから、

紙の上で解くのはまだ先でいいなあって感じです。^^


なにより、今大事なのは単純計算を仕上げてしまうこと。

いつでもどこでも、混乱せずに正確にさっと計算できる下地を作るのが先。

これは、なんとなく出来るようになるわけじゃないから。

 (そういうお子さんだっているかもしれませんが、

 ゆ~のの場合はちゃんとやったほうがいいでしょうねえ)

”先取りすると学校の授業が面白くなるのでは?”

という声も聞かれますが、私はそうは思いません。

もし、知ってる内容なら、先生目線で授業に参加してみるのもいい。

”自分だったら、どうやって教えるだろう?”

”先生が気を配っているのはどこかな?”

など、気にしてみたらきっと面白い。

(…というか、私だったらそういう目線で参加するなあ。きっと^^)

まあ、いずれにせよ、すべてを完璧に先取りしてるわけじゃないから、

”授業は大事。しっかり学んできてね~”って送り出しますが。

で、帰ってきたら、ゆ~のに、”今日の授業”ってのをたまに再現してもらってもいいかな。


これからはPCで字も書くし、計算だって計算機でやればいいんだから、

情報処理能力があればいいじゃない?という声も聞かれますが、

私はそうは思わない。

最低限の漢字を書ける力や計算能力は生活力に直結します。

(まあ、まったくそういうものと無縁で暮らせる方も稀にいるかもしれませんけど)

そこをおろそかにする気にはなれないんだなあ。

自分がそこそこの漢字を書けなかったり計算ができなかったり、って状態だったら?

と想像すると、やっぱり、必要だよねえって感想に落ち着くしね。


なにしろ、いろんなことを知りたくて、うずうずしている娘。

下地だけは一緒に仕上げていって、あとは自分が好きな世界をいくらでも探究するように

なっていくんじゃないかなあと思ってます。




いつも書いてますけど。

あくまでもあひる家の場合、ゆ~のに対してだけの考えです。

まあ、こういううちもあるということで♪(^▽^)


☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆

(おまけ)

昨日の記事の追記です。

漢字を書くことを始めた時、書き順を習得するのに、3回なぞることをして覚えてましたが、

最近は初見で、教えなくても正しい書き順で書ける場合がほとんどです。

要するに

 ・漢字をパーツで見ている。

 ・今まで覚えた書き順の規則性が頭に入っている

というのがうまくリンクしてる感じです。

だからって、記憶の定着をはからなければ意味がなくなっちゃうんだけどね。(^^;)


(おまけのおまけ)

からだのひみつ (学研まんが ひみつシリーズ)
からだのひみつ (学研まんが ひみつシリーズ)

最近ゆ~のが気に入って読んでいる漫画です。

これを買ったのはかなり前。

たぶん1年以上前じゃないかなあ?

体の話は大好きなので、いつかは読むだろうと思ってたけど、

とうとう陽の目を見ました。^^

学習漫画、そのうちいろいろと揃えようと思っていたけど、そろそろ本気で

考えようかなあ?^^

コメント
この記事へのコメント
おはようございます~
>未だに工作大好きだしね

工作など、手先を動かすのは脳にいい刺激を与えるといいますよね♪

うちも展開図(立方体、直方体)など作らせてますよ。
裏の色、数字とか、展開したときのイメージ力UPにもなりますよね。

4+1=□
より
4+□=5
の方が思考力の発展にもいい?とかも

定かなことではなく、かつ主観ですe-1
2008/03/17(Mon) 08:29 | URL  | 閃光者 #-[ 編集]
閃光者 さん♪
工作はもともと好きで何かしらいつも作ってますね~。
展開図から組み立てるっていいですよね!
紙の上で問題を解くとき、その経験が生きますし。
経験のない子は頭の中で立体組めなかったりしますしね。
計算の工夫も楽しいですね^^
いろいろな視点で様々に楽しんでいきたいです。
2008/03/17(Mon) 13:00 | URL  | あひる #amS06Jd.[ 編集]
コメントを投稿
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。