毎度~♪おおきに^^ 2年半の間☆☆☆就学前に何やろう??☆☆☆のブログ名でやってきましたが改名です♪オリジナル家庭教育、英語やら漢検、スピリチュアルに、本はビジネス書から絵本まで!なにしろてんこ盛りでやんす~(^▽^)/ヨロシクねっ!!
スポンサーサイト
--年--月--日 (--) | 編集 |
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
常識ってなんだろう??
2008年01月23日 (水) | 編集 |
あははっ。記事差し替えました~。

以前に書き留めておいたこちらのほうが良いなって思いなおして(汗)

さっき来てくれた人すみません(^▽^;;)

まあ、独り言と思って読んで頂ければ。(笑)



世間で言われる子育てについてのもっともらしいことについて、

あひる的に反論(?)もしくは感覚の違いとして書いてみたいことが

あるんです。


先ずは、早期教育の弊害VS意義について。


う~ん。ぶっちゃけ、子どもって分かってるからね。

自分がどんな親の元に生まれれば今生の目的を

達成しやすいかってことを。

だから、例えば胎教から猛烈にやるうちの子を選んで生まれてくる

場合も、放任でずっといきそうな家庭を選んで生まれてくる場合も

あるんだと思う。

コレはいいか悪いかではなくて、子ども自信が決めることだから。

で、そういう目線で見ると、早期教育に傾倒するうちはそれが正解

なんだろうし、そうでなければそれも正解。

…って感覚なんだけど、あひる的には(^▽^;;)

だから、議論する必要ってないんじゃないかなあ、と。



沢山本を読む子、もしくは沢山読み聞かせた子は賢い!!について。


私の知り合いのお嬢さんはほとんど本を読まないそうです。

でも、ある名門私立一貫校で数学は学年で一番。

素晴らしく優秀に育ってらっしゃいます。

ぶっちゃけ、うちのパパも読書ってあんまりしない人でした。

(国語教えてるのにね~っ汗)

小学生のうちから刑法や家に転がっている古典には

目を通してたけど、いわゆる読書らしいことはそんなにしてないみたい。

それでもヤツは国語で困ったことは無いそうです。

(スーパーリーディングで問題解くオトコだからね^^;)

うちのゆ~のの場合。

ま~今後どうなるかは分かりませんが、読み聞かせを

意識したのは4歳直前です。

しかも毎日なんて読み聞かせてないし。(爆)

1歳台なんてテレビ漬けだったよ!?(滝汗)

(テレビは見つづけると中毒になる~なんて

 まことしやかに言われるけど、ほんとか~!?)

でも、今、そんなにテレビに執着ないし、本もそんなに

読むほうじゃないけど、別に心配はしてないんだ~。

あいつの中のスイッチが入ればDNAに刻まれた情報を

本人が取り出せると思ってるしね。

そうそう。

本については。

これって、過去を思い出すのに手っ取り早いアイテム

なんだろうと思ってます。

自分が経験してないのに、共感して泣けるのはなぜ?

すごく小さい子でもそういう感情移入みたいなのが

すんなり出来るのはどうしてだろう??と思ってました。

コレは例えば絵本によって、もしくは映像によって、

DNAに刻まれた記憶が呼び覚まされるからなんじゃないか?

って。

ただね、その記憶を呼び覚ますのに、本である必要は

ないんじゃないか?とも思ってます。

方法は人ぞれぞれだろうと。

耳で記憶が蘇る場合もあるだろうし、感覚で思い出す場合もあるでしょう。

本が介在しなくても色んなことを知っている人間がいることを

知っているので尚のことそう思うのです。

そんなことを考えると、コレは魂の年齢にも

深く関わるだろうと思います。

人が理解するのに、背負っている過去の層の厚みで

そのスピードや理解の仕方は相当異なるんじゃないか?

と。

この間のセッションで言われたの。

「子育て楽でしょう?ゆ~のちゃんは全部分かってるからね。」と。

確かにそうなの。

うちのメンバーはみんな魂は古いらしいけど、中でも

娘はおそらくもっとも古い魂の持ち主。

だから、思い出すだけでいろいろと理解できるんだと思う。

そう考えるとね。

魂にも色んな年齢があって、見かけの年齢で図れない事象は

魂年齢に照らしてみれば合点が行くことがきっと多いのかも?、と。

(なんか似たようなこと過去に書いた気がするけど)

だからこそ、人と比べないってことは当たり前のことだし、

(もともと、今生のお役目なんかがみんな違うんだから)

受け入れていけば良いことなんじゃないか?って思うんだよね。

…と頭で分かっていても割り切れない場合ってのも

多々あるんだとは思うけど(^▽^;;)



あひるがこう思うだけだから、独り言としてスルーで良いんだけど、

大抵のことは「こうあるべし」ってことは無いと思うんだ~。

教育に関しては色んな人がもっともらしいことを言うから、

振り回されちゃってる場合や、自分が出来てなくて落ち込む…

なんてことが起こるけど、そんな必要ないんだよ。

自分の子育てを自分らしくやれば良い。

だって、相思相愛で親子になったんだもの。

世間でもっともらしく言われることや、常識めいて見えることが

正しいとは限らないんだよ~。

ってなんか言ってみたくなっちゃった。(^▽^)

(…いや、前にも似たようなこと書いたぞ>わたし)

はいっ。

長々とお付き合いありがと~♪

おしまいっ!
☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆

ブログランキング
ninkiblogranking


ブログランキングranQ


FC2ブログランキング


いつも来てくれてありがとう♪

その気持ちに感謝です(^▽^)/


☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆
(おまけ)

今回の記事は端的に言うと”ジャッジって要らないかも?”

って感じかな。

このところちょっとあひるは落ちていて、自分でも気づかないうちに

わなにはまっていました。

(これ、だいぶ前に書いたやつなので、今は全然状態が違いますが^^;)

それは”自分をけなす病”。

もしくは”自分責め責め病”。

マイナス面にフォーカスして”あ~。出来てないなあ”と落ち込む。

良いことなんて1つも無いのに。

(これは先日書いたことだけどね)

でも、多分、真面目に子育てしてる人ほど、そのわなに

はまっちゃってることって多いんだと思う。

  ”『自分ってダメな親だなあ』って声に出したら、もしくは

   声に出さなくてもそう思っていたら、それは子どもに伝わってしまう。

   そういう姿を見て、子どもは幸せだと思う?”

この間のセッションでなおこさんに言われたの。

ほんとにそうだよね。

それより、一瞬一瞬楽しんでる姿を見せてるほうが子どもも

嬉しいよね。^^

だからね、いわゆる『反省』は要らないと思うんだ~。

それから、『私も見習ってもっと頑張ります!』みたいなのも。

良いなあと思ったら取り入れるのはもちろんアリだと思うけど、

そこに固執する必要も無いのかな?って気がする。

出来なくてジレンマ抱えるくらいならなおさら。


ね♪(^▽^)/
テーマ:ママのひとりごと。
ジャンル:育児
コメント
この記事へのコメント
はじめまして。
マーマーいい会がご縁となり、英語本.com(http://www.eigobon.com/)でスタッフをしている野呂です。英語本でもお世話になってます(^^)
英語本では絵本の読み聞かせや、早期教育についてのコンテンツもありますので、
興味深く読ませていただきました。

あ・・言い訳じゃありませんが、
英語本では「あるべし」を押し付けたりしてませんよ(^^)
年末に始めたチルドレン大学という有料サービスでは、
お母さん自身が自分で考え、選択する力を鍛えるエクササイズを
心がけています。

あひるさんのブログを読んで、あらためてふんどしを締めなおしたところです(品がなくて失礼!!)

>沢山本を読む子、もしくは沢山読み聞かせた子は賢い!!

ん~うちも読み聞かせ結構しましたけど、
子どもの頭を良くしてやろう・・なんていう目的なら、
無理してすることないですよね~!!
絵本は、紙の上の絵と文字にすぎませんが
その中には、香りも手触りも、美しい音楽までもがつまっている、
実際の体験と結びつけば、さらに味わい深いものです。
(雪国育ちの私は、冬の絵を見ると実際に雪のにおい、音、寒さを感じます)

な~んて、同じく私個人の独り言なんですが・・


自分自身の明るい部分にフォーカスするだけでなく、
最も見たくない醜い部分にもフォーカスすることで、
本当の意味でまるごと自分を受け入れていけたら、
日本のお母さんから、自分責め責め病がなくなるかもしれませんね(^^)





2008/01/23(Wed) 19:20 | URL  | にょろ! #-[ 編集]
にょろ!さん♪
ようこそいらっしゃいませ^^
長文に渡り丁寧なコメントありがとうございます^^
私の記事は特定のサイトや特定の人物に当てて書いた記事はありませんよ。^^
まあ、私信が混じるときはありますけど、それは必ず宛名を書きますし。
私のところには沢山の情報が日々舞い込みますので、そういった過程を通して、もしくはリアルに体験する中で出てきた一つ一つの記事なんです。

mixiのほうでコミュの書き込みはよく拝見させて頂いています。
大変参考になることも多くありがたい存在であります^^
感謝☆

絵本に関しての感覚は私もにょろさんと近いかもしれません。
字が少ない分、想像の世界に引き込まれていろんな感覚を伴って楽しんでますし。^^
絵本は私の個人的な趣味でもありますが(笑)

そして。”責め責め病”。
にょろさん、上手いっ!!
ほんとですね。
自分に対しての無意識のジャッジに気づいて、それをやめることが出来たら楽になる人って多いんじゃないかなあと思います。
…これも独り言ですが(笑)

来て下さって、交流できて嬉しかったです。(^▽^)
また気が向いた時にでも是非お立ち寄りください♪
私のほうも、今後もコミュの方で注目させていただきます^^
2008/01/23(Wed) 19:45 | URL  | あひる #amS06Jd.[ 編集]
おはようございます♪
私も「こうあるべし」ってことはほとんどないですね~。

長女が小さいうちは
「私の育て方一つでこの子の一生が決まるんだ!!」
なんて気負ってましたが、次女が生まれ、同じように接しても睡眠のパターンや好み、性格、何もかも違うんです。

「な~んだ、私の育て方の影響なんて微々たる物だったんだ~!!」

と、そのとき初めて気がつき、それ以来いいことは一律にいいことだとは思わなくなりました。

実際、長女は1歳から毎日6時間ぐらい公園に行っていたのに運動神経が言いと言うわけではなく、どっちかというと家で考えて頭を使う遊びが好きだし、次女は転勤後公園が遠かったので数えるぐらいしか公園に行ってないのに運動神経抜群で、外遊びが好きです。

もちろん、だからといって放置するつもりはないのですが、「これはいい!!」と思ったらやってみて、親子共に向いていると思ったらやるし、向いてないと思ったらもうどうでもよくなっちゃう。

ところで”自分責め責め病”これはつらそうですね。
でも、なんで自分を責めるのでしょうか?

もし、他に最良の道があったとしても、その時はそれが最良の道だったのだからいいんじゃあないかな?

今はもうそういう状態じゃあないから、大丈夫そうだけれど、

たとえば何となくのらない日があって、子供とやったげることがあったのに、すっかりやめて皆でテレビ見てマンが読んでごろごろする。
私的にはこれでもOKです。
親子して気分すっきり!になるので。

あひるさんが自分の何を責めたかったのか(頑張っている姿を知っている私には)何が駄目だとおもったのかわからないのだけれど、今は浮上しているみたいで良かったですね♪

2008/01/24(Thu) 09:56 | URL  | うっかり主婦 #L1ch7n1I[ 編集]
うっかり主婦さん♪
お子さんを複数育てている方は環境要因に拠らない差を実感しやすいですよね。

私が落ちていたのは、上がっているときとの比較が出来るようにプログラムされていた感じです。
以前の記事にも書いたんですが、
ものさしを作るために必要な期間だったみたい。
そして、これからの自分の役目を果たしていくのに必要な経験。
この間のなおこさんとのセッションでそういわれて納得です。
自分でもその状態が不思議だったんだけど、”そっか、必要だったのか”、って。
ただ、それだけですよ(^▽^)
2008/01/24(Thu) 21:57 | URL  | あひる #amS06Jd.[ 編集]
こういうのって大事だよね~。ジャッジはいらない。ついつい周りと比べたり、なんで思うとおりにならないんだろうって思ったり・・・。今でも時々しちゃうなぁ。ほとんどのママ友が他の子との比較の中で自分の話をするからあおられることも・・・。

子どもにはもうなんかすごい力が備わってるからね~。それをうまく引き出しつつ楽しめるのが一番かなぁって思います。

その媒体は本当なんでもOKよね。本でもテレビでも漫画でもおもちゃでも何もなくても・・・子どもは必要なものを周りにあるあらゆる環境から吸収できる力があるんだと思います。

あることを子どもが吸収する時期ってのはその子によって全然ちがうし、吸収するものも全然違うし、だから同じ年齢でも子どもの成長の現れ方って全然ちがうよね。

それを個性と受け止めるか差ととってしまうかは親しだいなわけで、周りとの差を自分自身にあまり持ち込まないようにしようって思ってます。その子はその子でしかあり得ないのだから。

この頃あひるさんのスピードについていけず(笑)しかも奥深い記事ばかりでなかなかコメントできない私でした・・・。
2008/01/26(Sat) 08:31 | URL  | ゆきこ #-[ 編集]
ゆきこさん♪
コメントありがとう!
スピード速いか(^▽^;)
自分の役割の1つが情報提供なんだと自覚したので、そこはなるべくやっていこうと思ってこういうペースになってるの~。
これでも書きたいこと全部書いてるわけじゃないくて、そのまま流れて行っちゃう情報もあるんだけど、ね。

ゆきこさんのところは素敵な子育てしてるなあ、ってはたから見てると思うよ。
ほんとに子どもの興味に付き合って、発展させて…って感じだもの。
周りと比べるって風潮がなくなると良いよね。
幸せはそんなところにないもんね。^^
2008/01/26(Sat) 10:02 | URL  | あひる #amS06Jd.[ 編集]
う~ん!本当だよね~!
バラバラとコメント、ゴメンナサイ☆

>教育に関しては色んな人がもっともらしいことを言うから、
振り回されちゃってる場合や、自分が出来てなくて落ち込む…
なんてことが起こるけど、そんな必要ないんだよ。
自分の子育てを自分らしくやれば良い。

本当にネ~!orionも今では心からそう思うけど
そう思えるまでにかなりかかりました(^^;)

いろんな本を読みあさって、一人で落ち込んで★
子供にもつらい思いさせたかも?
いやいや、奴らはけっこうかわしていました(^^;)子供は逞しいからね☆

魂レベルの事とかは良くわからないけれど
子供に関しては”ただならぬつながり”を感じます♪
そんなつながりを持てたことに今は感謝感謝の日々です♪
2008/01/30(Wed) 15:16 | URL  | orion #YEMKWNv6[ 編集]
orionさん♪
いや、沢山のコメント嬉しいです^^
感謝☆

子どもは逞しい。
ほんとだよね。
うちも見ていてそう思うよ。
この切り替えの早さ、したたかさがあるから、身体は小さくても結構対等にやれるのかな?と思ったり。

orionさんが敏感だから、子供達との繋がりも見える日がくるかもねえ。
ただでさえ、「ただならぬ」と感じてるんだし。^^
これからますます楽しみだね♪
2008/01/31(Thu) 09:31 | URL  | あひる #amS06Jd.[ 編集]
コメントを投稿
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。