毎度~♪おおきに^^ 2年半の間☆☆☆就学前に何やろう??☆☆☆のブログ名でやってきましたが改名です♪オリジナル家庭教育、英語やら漢検、スピリチュアルに、本はビジネス書から絵本まで!なにしろてんこ盛りでやんす~(^▽^)/ヨロシクねっ!!
スポンサーサイト
--年--月--日 (--) | 編集 |
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
途中計算は重要!!
2007年11月15日 (木) | 編集 |
…ってのがあひるのスタンスです。^^はい。

うちの塾には”計算特訓”ってクラスがあります。

よっぽど出来ない子が入ると思う?

違うの。

難関校に合格していくお子さんも、

大抵、一度は門をくぐってもらってます(笑)

数学の成績を上げるのって、実はそんなに難しくは無いのです。

ある一定レベルまでは。

例えば、テストを受けたら、出来てたはずのところをケアレスミスで落としていた。

そんな経験をすることって良くあると思います。

”あ~。分かってたのに。ほんとは出来てたのに。”

そう思って悔しいんだよね。

でも、ちょっぴり辛口で言わせてもらうと、それが実力ですから。^^

結果を謙虚に受け止めることが出来たら、ちゃんと次に繋がります。

”ほんとは出来たんだから、次は気をつければいい。”

と思って(自分をごまかして)そのまま何もしないのと、

”どうしてここでミスをしたのか?次はどうしたら良いのか?”

と分析して次につなげる対策を打つのとでは先々全然結果が違ってきます。

ここで、大事なのが、解いた跡が残っているかどうか。

ちゃんと途中計算があれば、仮にテスト中に時間が余った場合に

そのまま検算できますが、残っていなければ、最初から

解きなおしです。

ケアレスミスの多い子は、結局この過程を飛ばしてしまっている

事が多いの。

暗算が得意な子もいるでしょう。

それはそれで素晴らしいことです。

でもね、中途半端なレベルだったらちょっと待って。

コンピューターに勝るとも劣らない正解率を常に誇っているなら話は別ですが、

大抵の場合、謙虚に書き残したほうが無難です。

…この謙虚さを問うために、難関校に合格していく子供達も

この”計算特訓”に呼ばれてしまうんです。(笑)

私が教えていた当時は、埼玉県内の業者テストの計算で、または

授業中の指定の計算で、ひとつでも落としたら、計算特訓行きでした。

(だから、みんな必死よ~。そりゃ、呼ばれたくないもんね^^)

そのくらい、計算は丁寧にきちっと解いて確実に得点してくれ、ということです。

…だって、1点の差で入試って決まっちゃうんだもん。

合否を分ける1点に何人も何十人も並んじゃうことって珍しくないのよ。

確実に取れるところでちゃんと取らなくちゃね。^^

まだゆ~のにとっては先の話ですが、そんなことが頭にありつつ、算数は取り組んでいるわけです。


それから、何でもかんでも暗誦はしません。

例えば、九九以外の掛け算。

インド式の計算が流行ってるから、二桁の計算も簡単にすんなり解けるワザなんていろいろ出てる。

個人的にはこういうの大好きだし、面白いなあ♪と思うの。

でも、だからって、ゆ~のに二桁の掛け算を暗誦させたりはしません。

二桁×二桁の計算が問題で出たとき、暗記してるから、すっと答えが書けちゃう。

…なあんてのは、逆にまずいかな?という気さえしてます。

その計算の中で繰り上がりの足し算を確認できるし、掛け算の構造を理解するチャンスなのに、

何もそれを取り上げる必要はない。

将来的に覚えちゃうってのはありだと思うけど、

(実際中学生に、覚えさせていた内容もあるし。
 
 状況に応じてそれは変わってくるもの。)

この、計算が何たるか?を学んでいる時に持ち出す内容ではない。

物事には時期と順番があるんじゃないかなあと思ってます。


はい。これはあひるの考え方で(パパも同じ考えだけど)、

誰かに押し付けるつもりはありませんし、そういう考えも

あるってことで^^

ヨロシクです♪

☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆

ブログランキング
ninkiblogranking


ブログランキングranQ


FC2ブログランキング


いつも来てくれてありがとう♪

その気持ちに感謝です(^▽^)/


☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆
(おまけ)

昨日、今日となんだかあったかいです。^^

日向で猫になって昼寝したい気分。(^▽^;;)

「今日は小春日和だねえ。」とゆ~の。

前は「こはるびおれ」だったのにねえ。

あ~。ちゃんと言えるようになっちゃったか。

”ぷぜれんと”もいつのまにかちゃんと”プレゼント”に

なってたし、なんだか寂しいわ。

でも、この間ゆ~のが書いた誕生日の絵に添えてあったのは

”おめれとう~”って文字。(笑)

あはっ。まだあったか~♪可愛い勘違い。(^m^)

わざと直してないあひる&パパでした。(爆)
テーマ:子供の教育
ジャンル:学校・教育
コメント
この記事へのコメント
全く同じことを思っていました。
「インド式」が流行っていたのでちょっと見てみましたが、
やはり子どもに覚えさせようとは思いませんでしたね。
というより、私が覚えられないという方が正しいかな(笑)。

主人は高校の数学教師なのですが、暗算はかなり苦手。計算に限らず、どんな些細なことも紙に書かないと駄目なタイプです。
逆に私は、頭でちゃちゃっとタイプなので、当然ミスも多いです…涙。
「途中計算」やはり大事にしないといけませんね。
2007/11/15(Thu) 17:26 | URL  | ナノハナ #97JJWI.A[ 編集]
また同じ♪
いやん♪
ワタシってば、算数の先生になれるかも♪ (←バカ)
我が家は算数の問題と解く時は
必ず【考え方ノート】なるものを横付けにさせてます。
必ず、考え方を式にしたり、図にしたりさせます。
鉛筆をもって考えるって作業を省略させません。
これをやっておくと、
どこが分からないのかって、自分で気づけるんですよ。
インド式、高校受験では便利かもね。
だけど、小学生のうちはやっぱり鉛筆持って訓練が基本かなぁ。
って、思うのです。
エディは今、塩分濃度のおさらいをしています。
【考え方ノート】のおかげでハイレベル問題も、
つまづきながらも前に進めます。
『数学はひらめき・センス』
というお考えもありますが、
私は『正しいプロセスを踏んだ計算力と思考力』だと思ってます・・・
2007/11/15(Thu) 20:25 | URL  | ルーシー #-[ 編集]
うんうん・・・本当にそう思います。
なので我が家も今は地道に・・・やってます^^;
と言っても本人がやりたがっているからなんだけれど
いつもあひるちゃんにはヒントや気づきを頂いてそして背中を押してもらったりと本当に感謝・感謝!!!

なかなか書き込めないけれどいつも読んではうんうんそうだよね!・・・とか
な~~るほどって学ばせてもらってます。
ありがとう*^∇^*
2007/11/16(Fri) 11:34 | URL  | RYU #-[ 編集]
公文では・・どんな風にこの先導かれて
いくのか分かりませんが、とにかく間違えも
消してなおさせてしまうので、イマイチ
納得いかない私・・

どんな間違えをしたのかすら分からない
(どの道、気がむいたときしか見てないんですが・・(⌒-⌒;))
これって・・良いのでしょうか?!?!
2007/11/16(Fri) 16:40 | URL  | aoi #-[ 編集]
ナノハナさん♪
おはようございます^^
インド式、同じ感覚でしたか♪
それは嬉しいです^^
面白いのは確かなの。
知ってたらそれはそれで便利だし。
でも、子どもはこの便利さから入る必要はないよね、って感じですよね。^^

将来的に暗算力とか、概算する能力とか、生活の中で随分役に立つから、それはそれで、素晴らしいですよ。
ミスが仮にあっても、大体がつかめればいい場面では有効でしょう?
(私も似たような感じなので^^;)
でも、テストはそうはいかないですもんね。
2007/11/17(Sat) 07:40 | URL  | あひる #amS06Jd.[ 編集]
ルーシーさん♪
算数の先生くらい、余裕でなれますって。
ルーシーさんは!!
そんな小さな器じゃないでしょう~。全教科行けるんですよね?
ルーシーさんのところの取り組み方は非常に参考になります。
”考え方ノート”良いですね!
とにかく手を動かすっていうのも。
うちも丁寧に書くことを続けようと思っています。
「ひらめき、せんす」も土台が無いとダメだから、先ずは入力ですよね。
それにはある程度身体(手)で覚えないとね(^▽^)
2007/11/17(Sat) 07:53 | URL  | あひる #amS06Jd.[ 編集]
RYUちゃん♪
コメントありがと~!
地道が一番だよね~。
結局一朝一夕に身につくものは無いし。
いつも来てくれてありがとね^^
そう言ってもらうとすごく嬉しいです。
私もRYUちゃんのところ、とっても参考にさせてもらってるよ~!
また絵本など、いろいろ教えてね♪
2007/11/17(Sat) 07:55 | URL  | あひる #amS06Jd.[ 編集]
aoiさん♪
いらっしゃいませ^^
納得行かないことがあるんですね。
教室によっても対応違うのかなあ?
私は公文経験が無いから分からないんだけど…
先生に相談してみたらどうでしょうか?
それから、×がついて問題は他の紙に書き写してもう一度解いてもらってはどうでしょう?
それを見たら、ちゃんと解き方を解決した問題なのか?もしくはどこに問題があるのか?と何か手がかりがつかめるでしょうし。
毎日だと手間だと思いますが、ちょっとした一手間が結局は差になっていくような気がします。
2007/11/17(Sat) 07:59 | URL  | あひる #amS06Jd.[ 編集]
おはようございます!
久しぶりにパソコンを開けてこちらに伺いました。
おもしろくって、一気に記事読んじゃいましたよ♪

ゆ~のちゃんと、栗坊とではいろいろな分野においてレベルが違うのでどうかと思うのですが(^^;)共感できる部分すごくありました♪

自分であれこれやっているうちに”アレッ!”って気付く時って気持ち良いし、次に繋がると思います。

いろいろと周りには、親を(私を)焦らせようとする情報も多いのですが、諦めているのではなくて信じているからマイペースに進ませたいって言い返しています♪


2007/11/17(Sat) 08:12 | URL  | orion #YEMKWNv6[ 編集]
インド式の計算って、大人にとってはすごくあー!なるほどっていう方法ですが、二桁の計算を確実にできるようになってから教えた方がいい内容だなって私も思います。

ゆーのちゃんにも、そんなかわいい言い間違いあるんですね。なんか安心してしまいましたv-411
2007/11/18(Sun) 22:06 | URL  | 子供と英語がんばるぞ! #rZ5Dsd/2[ 編集]
orionさん♪
忙しい日々でしたか?^^
私も17日にバザーが終わって一段落です。^^

そうそう。自分でいろいろ気づくと大事にするし、次に繋がるよね!
何が大事なのかは個人によって違うから、お互いよく見極めていきたいよね。
orionさんは子どもの様子を良く見てるし、あたたかさが伝わってくるから、全然心配ないと思うけど。^^

2007/11/19(Mon) 10:19 | URL  | あひる #amS06Jd.[ 編集]
子供と英語がんばるぞ!さん♪
色んな情報が出回っていて、面白いんだけど、段階や状況を考えるって必要なことだなあと常々思っています。
インド式はひとつの例だけど、いろいろなものがあるもんね^^

ゆ~のもまだまだ子どもですよ。^^
あまり急いで何でも出来なくても、と思うので、わざと残してる部分があったりします。
2007/11/19(Mon) 10:24 | URL  | あひる #amS06Jd.[ 編集]
コメントを投稿
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。