毎度~♪おおきに^^ 2年半の間☆☆☆就学前に何やろう??☆☆☆のブログ名でやってきましたが改名です♪オリジナル家庭教育、英語やら漢検、スピリチュアルに、本はビジネス書から絵本まで!なにしろてんこ盛りでやんす~(^▽^)/ヨロシクねっ!!
スポンサーサイト
--年--月--日 (--) | 編集 |
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
はじめてなぞぺ~応用編(立方体の展開図その1)
2007年06月29日 (金) | 編集 |
お久ですっ^^お蔭様で生きてますっ!!

書きたいことは山のようにあって…

で、とりあえず、今日はこのお題。

ゆ~のと立体の展開図で遊んでみました。

過去に、正三角形を使って正四面体や正八面体を作ったり、

雑誌の付録と積み木をあわせて遊んだり。

もっともっと、さかのぼると、いらなくなった箱を開いてみたり、ピタゴラスで遊んだり、と、

”平面から立体を起こす”またその逆について、こだわって

遊んできたあひる家です^^


今回は、3cm角の正方形をまずは沢山用意しました。

もちろん、立方体の展開図を作ってみるためです。

材料は工作用紙。これね↓

工作用紙(学校芸能工作用紙)立体工作などに定番の用紙!


厚紙で1センチ刻みで方眼紙になってるから、工作にはもってこいなんだ^^

(あひるはホームセンターで買ってます♪)

立方体は6面体なので、6枚の正方形が必要なことを確認。

コレをどう組み合わせるか?

基本形は散々見てきましたから、すぐに作れます。

で、”展開図って全部で何個あると思う?”とゆ~のに振ってみたけど、

”う~ん。わかんない。”と。

…まあ、そりゃあそうか。(^^;;)

ぶっちゃけ、11種類なんですが、

(裏返して同じ物など、合同になってしまうものは一つとみなします)

これを”自力で作ってみて~”っていうのはまだ早いかなあ?

(予備知識が無いところでやるのって無謀だし)と思って、

今回はコツを伝授しつつ作業を進めることと相成りました。

展開図ってパターンである程度分類できるんですよ。



 1 側面を形成する4面が一列に並ぶタイプ。

(■■■■を側面として2底面を足すタイプね)
   
   これが6種類。

 2 側面+1底面にもう一つの1底面を足すタイプ

   (■■■   に■を足して考えるパターン)
      

    ※が底面

    コレが4種類。

 3 ■■    のパターン。
    ■■
     ■■

   (■■    この形は互いに隣同士の面を形成します。
     ■    90度の開きがあるのがポイント!)


ゆ~のにはまずパターン1を作ってもらいました。

これは散々箱をばらした経験があるから楽勝~♪

で、次はパターン2。

これは先に■■■   の5面を作った物を4つ渡して、
         ■■

”あと一つ(蓋になる部分)はどこにつけたら良いだろうか?”を考えてもらいました。

3は■■ コレを二つ渡して、”どうくっつけたら良いだろう?”
   ■

 を考えてもらう。


…とまあ、こんな感じで進めましたが、とっても面白かったみたいです。^^

”ああっ。そうか~。これが蓋になるのね…”とか

”コレって、さっきのパターンだから…つまり…”とか

ぶつぶつ言いながら色々と発見したり、納得したりしてたみたい。(^m^)


あひるはこうやって展開図と付き合う術を提示しましたが、

他にも色々と方法があるみたい。

ちなみに、このページの説明、あひると違う方法だけど、わかりやすかったです^^↓

イメージが苦手でも解ける!立方体の展開図

(…黒板あると説明しやすいんだけど、あひるのじゃあ、分かりにくいかもね。^^;)

立体の展開図、学校で丁寧に説明することはまれだと思います。

図形って”体感”が凄く重要なので、時間のある、幼児期や低学年の時代に

是非触れておくことをお勧めします。

手を動かして実際に作ってみるとね、平面からどんな立体になるか

”想像できる頭”を作る土台が出来るのよ。

うちは理屈も絡めて教えたけど、難しく考えなくても、単に作ってみるだけでも

きっと楽しいよo(^▽^)o


   …この話、続きがあります~。

    それは次回のお楽しみ♪(^▽^)

☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆

ブログランキング
ninkiblogranking


ブログランキングranQ


FC2ブログランキング


ココに来てくれてありがとう♪

出会いに感謝です(^▽^)/

ついでにランキングUP↑にご協力お願いしま~す(^O^)♪

☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆


(おまけ)

駆け込みでモネ展に行ってきました~♪

数十分は並ぶことを覚悟…という情報。

見せたいゆ~のが見るのが人の頭ばっかりってのもなあ、って

思ってたら、夜間開催もしてました。

で、8時までやってるその日、閉館1時間前ねらいで美術館に到着。

まだまだ結構な人の波。

でも。待てばちゃんと正面でじっくり見ることが出来るくらいの隙間はあって。

やっぱり、ツイテルな~♪^^

ゆ~のが好きでたまらないモネ。

世界中の美術館から東京にやってきたモネの作品たち。

こんな機会は次にいつ来るか分からない…

先日ゆ~のが摸写した「ジヴェルニーの積みわら、夕日」

他の”積みわら”と共に飾ってありました!!

春夏秋冬、季節ごとに色彩を替えていくその姿のなんと見事なことかっ♪

あ~。来て良かったな^^

”ゆ~のに見せるため”って思ったけど、感動はやはり私にも

惜しみなく降って来る。

見せたかった”睡蓮”や、モネの絵本で見たあの絵、この絵が

こんなに一堂に見られるなんて、

本当に最高のひと時でした。^^

帰ってきて図録を見たけど…やっぱり、本物の迫力ってそこには無いのよ。

出来るならまた見たいなあ。

7月2日までの開催です。

東京に来てくれてありがとう!!

この機会に心から感謝☆

テーマ:早期教育・幼児教育
ジャンル:育児
コメント
この記事へのコメント
図形、まさにウチの長男が家庭でやってるんですけどね。
展開図もそうだけど、
中学受験レベルのややこしい面積の求め方とかも
パッ!とひらめいて解けちゃうんです。
これって、ウチの息子が出来るって話じゃなくて、
ちっちゃい頃に、
ブロックや粘土や紙で、いっぱい遊んだ恩恵だと思うの。
見方を変えれば見え方が変わる。
そういう柔軟さは、
机上論では学べない、体感教育だと痛感する~。
2007/06/30(Sat) 08:33 | URL  | ルーシー #-[ 編集]
ルーシーさん♪
おお♪エディ君すごいですね!
まだ受験までずいぶんあるのに。
ほんとに、図形ってセンスを磨いておくかどうかが重要なんですよね。
そう。机上では学べないです。
うちも工作やブロック積み木など沢山遊んできましたよ^^
…って今も遊んでますが。
この先の成長が楽しみです♪
2007/06/30(Sat) 08:42 | URL  | あひる #amS06Jd.[ 編集]
立方体
こんにちは~(^^)
私も早速なぞぺ~を買ってきました(^^)b
でも、
立方体・展開図・・・・
子供達をあひるさんのところに修行に出したい気分です(^^)
ご紹介のHpもわかりやすいですね!
方眼紙を使って展開図から立方体を起こしてみるのもいいですね(^^)
早速ホームセンターでかってこようかな!
その前にご紹介のHp、プリントしようかな(^^;;
そういえば、紗夢ちゃんはピグマリオンでこの方眼紙を使ってサイコロを作って帰ってきてたなぁ~。
やっぱり”体感”で鍛えるのが一番ですね。
試してみます~♪

モネ展、行ってきたんですね☆
いいなぁ~(^^)
6月は忙しくて東京にいけなかったので、残念(><)
7月の連休には遊びにいくつもりですが
もうやってないですね(^^;;
それにしても、混んでいるのですね(^^;;
またきてくれたときにはぜひ行ってみたいです!
2007/07/01(Sun) 06:50 | URL  | しゃらまむ(あひるさん) #-[ 編集]
しゃらまむさん♪
こんにちは^^
なぞぺー買ったんですね♪
面白いでしょ?
私も、紗夢ちゃんや、亜琉君と遊んでみたいな♪
ゆ~のと三人いたら、色んなこと出来そうだもの。^^
お近くだったら良いのにねえ。

モネ展、本当に素晴らしかったです!!
ゆ~のが好きでなければたぶん無理しなかったと思うんですが、
引っ張られていった甲斐はありました。
また機会があると良いですね^^
2007/07/01(Sun) 09:09 | URL  | あひる #amS06Jd.[ 編集]
コメントを投稿
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。