毎度~♪おおきに^^ 2年半の間☆☆☆就学前に何やろう??☆☆☆のブログ名でやってきましたが改名です♪オリジナル家庭教育、英語やら漢検、スピリチュアルに、本はビジネス書から絵本まで!なにしろてんこ盛りでやんす~(^▽^)/ヨロシクねっ!!
スポンサーサイト
--年--月--日 (--) | 編集 |
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
洋書絵本講座に行って来ました~♪
2007年02月02日 (金) | 編集 |
マーマーいい会で出来たお友達、 たま(=^・^=)さんのご紹介で洋書絵本講座に出かけてきました♪

( たま(=^・^=)さんありがと~^^)

英語絵本の読み聞かせや多読を教えてらっしゃる先生のご自宅の離れで、

沢山の洋書に囲まれての少人数の限定講座♪

教室に入って目に飛び込んできたのは、低めの本棚の上にディスプレイされた沢山の絵本♪

今回は、季節絵本(バレンタインデー関係)や、参加者のリクエスト絵本でした。

わたしがリクエストした医療関係や学校をテーマにした絵本もいろいろあって、めっちゃ参考になりましたよ~。

例えばこんなの↓

Curious George's First Day Of School (Curious George) Spot Goes to School (Spot (Paperback)) If You Take a Mouse to School (If You Give...) Corduroy Goes to the Doctor (Viking Kestrel Picture Books) The Crocodile and the Dentist

ジョージのシリーズは好きだけど、コレは知らなかったし、

邦題「わにさんどきっ はいしゃさんどきっ」が英語絵本になってるなんて知らなかった~。

並べられた絵本を実際に手にとって中身を見ていくってすごく楽しい時間でしたよ~。


講座のほうは絵本との付き合い方、読み聞かせ方、GR(Graded Readers)の種類や

特徴について、洋書絵本の購入先、など、内容も多岐にわたりました。

実際に先生がいくつか読んでくださって、”プロはこうやって読んでみせるのか~”なんて

感心したりして。^^

とっても素敵なオーラのある先生なんですが、絵本を読んでいるときは

ますます輝きが増すんですよ。

”楽しんでる”感が伝わってきてこっちまで幸せになるの。

ついつい、”大人のための読み聞かせやってくださいませんか?”

ってリクエストしてしまったくらいです。

(大人だって、読んでもらうの嬉しいし、楽しいんですよ^^)

その日が実現すると良いなあ♪


勉強になったのは

・小道具(パペットとか関連の品)を使うときには、

事前に充分触らせて、満足感を持たせてから、読み聞かせに入ること。


そうでないと、気持ちが小道具のほうにいってしまって、絵本に集中してもらえないから。


そして、どうして小道具を使うのか?

それはすっと絵本の世界に入ってもらうための準備なの。

いきなり「さあ、絵本読むよ~」じゃなくて、それとなく

世界になじませておくっていうか。

家ではそういう手を使ったことが無かったので、新鮮でした。

小道具を使わないときには、ちらっ、ちらっと見せながら、気を引く

なんてテクニックもあって、大勢の子ども達の注目を引くには

いろいろと工夫が必要なんだなあって関心。

この辺は日本語の絵本読み聞かせでも使える技だよね^^


・絵本を読み聞かせるときは絵本を”少し高いかな?”くらいの位置で固定すること。

(コレが見やすい位置なんですよ~)

ぐらぐらさせない、しっかり180度絵を見せることも大事。

ペーパーバックなら、最初にしっかり折り目をつけて、絵を見やすいようにしておくことも大事です。

そして、本は表表紙を見せてから読み、読み終わったら裏表紙を見せる。

そして、表表紙と裏表紙をあわせて見せる。

という流れで終わる。

コレが、新鮮だったんですよ~。

表表紙は見せても、裏表紙とあわせて堪能するなんて今までやってなかったもん。

本によってコンセプトが様々で、新たな発見があるんですよ、これ。

是非是非お勧めです♪


・抑揚はつけすぎない。

あくまでも絵本が主役です。

オーバーアクションになりすぎると、絵本より読み手が注目を集めてしまうんだって。

そして、大きな声より、小さな声のほうが注目は集めやすい。

(これは先生なんかも良く使う手ですね。親子の会話にも応用できるね^^)

 

・ゆっくり読み、適度な間をとること。

 絵本の絵から子ども達は沢山の情報を得ている。

 だからこそ、そこを味わう時間を大切に、ということです。

 またそうすることで、絵本のなかに子どもがスーっと入っていける。

 その世界に入った子どもはその絵から”寒そう”という温度を感じたり、

”飛んでいる”風を感じたり、”美味しそう”と匂いを感じたりできるんだよね^^

(絵本ってイメージ力(右能力)育てちゃうよね~♪)



実際に読み聞かせてもらうと、自分も子どもに戻ったみたいでね~。

純粋にわくわくするの^^

で、やっぱり、読み聞かせって大事だなあ、これからも大事に

やっていきたいなあってあらためて思いました。


それから、GRの種類。

これはCTPとORTくらいしか知らなかったんだけど、いろいろあるんですね~。

(他には、LLL、100E、SPB、CSBなど)

本当はじっくり中身を覗いて、音源つきで吟味してみたかったんですか、さすがにそこまでは時間が無くて残念。

もしかしたら、春から貸し出しも始めるかも?なんて話も出ているので、

そしたら、お願いして借りてみたいなあ、なんて思ってます。

☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆

ninkiblogranking

ブログランキングranQ




ココに来てくれてありがとう♪

出会いに感謝です(^▽^)/

ついでにランキングUP↑にご協力お願いしま~す(^O^)♪

☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆

(おまけ)

最近本に埋もれて生活してます。^^

私設図書館の話をしたら、友人たちからすばらしい本がどんどん集まってくるんです!!

なんてすごいんだろう。

”誰かのために”と思って動き出した企画だけど、自分が一番恩恵受けてます。

ほんとに有難う~。

感謝、感謝です♪^^

そのうち、そこから”これぞ!!”って本も紹介するね^^


あひるはちょっぴり速読してます。

300ページの本なら30分で読める。

(あ。でも精読とは違うよ~^^;

 それに、軽いやつね。学術書みたいのは無理~)

いつのまにかフォトリーディング出来るようにならないかなあ~。(密かな野望!?)
テーマ:英語de子育て
ジャンル:育児
コメント
この記事へのコメント
こんにちは(^^)
すご~い!勉強になりました♪
洋書絵本の読み聞かせなんて、聞いたことがないので嬉しいです(^^)
どうしても、和書のリクエストの方が多いのは、私があれっ?これどんな意味だろう?と思いながら読んでるからかなぁ~(^^;;
最初に自分で読んではみているんだけど、どうしても伝わっちゃうのかもしれない・・・。
自分では楽しく読んでいるつもりなんですが・・・(^^;
私も楽しく洋書を読み聞かせるようになりたいなぁ~!
つい先日もブッククラブから届いたばかり!
あひるさんの記事を参考に
読んでみたいと思います(^^)
プリントしようかな♪

施設図書館に本が集まってくるのですか!
すばらしいですね(^^)

速読・・・あひるさんすごい!

2007/02/03(Sat) 06:45 | URL  | しゃらまむ #-[ 編集]
洋書絵本
すご~い!
こんなに沢山の洋書絵本にかこまれてみた~い!!
うちの子供たちも洋書絵本が大好き。
最初はこども英会話のミネルヴァの教材絵本にはまり、繰り返し繰り返し読んであげました。
ただ内容が凄く簡単なので1年ほど読んだあとはDWEやあひるさん、ごまさん、レイトンママさんに頂いた本を大切に読んでいます。
うちの大切に・・・と言うのは大切にしまいこむと言う意味ではないので読む回数に比例してぴかぴかではなくなってしまいましたが、何度読んでも良いものですね。
もちろん親の勉強にもなっています♪
ありがとうございます!!

本を読んであげる時のテクニックも大変参考になりました☆
2007/02/03(Sat) 08:23 | URL  | うっかり主婦 #-[ 編集]
参考になりました
二年前に保育士の試験を受けた時
実技試験で言語を選択して素話をしたのですが
絵本の朗読のコースに2ヶ月ほど通って
先生に見ていただきました。
それから園庭開放や図書館での
読み聞かせの様子を以前とは違って
興味深く見せてもらう事が多くなりました。
個人で文庫を開き読み聞かせをしていらっしゃる
方も日本語の絵を
あひるさんが
書いてくださってるように読み聞かせされてました!
ただ読めばいいってもんじゃなくて
子どもを惹きつける力量を問われますね。
でも一緒に絵本を楽しむ♪気持ちが一番大切ですね。
2007/02/03(Sat) 11:42 | URL  | あき #-[ 編集]
しゃらまむさん♪
嬉しいコメント有難うございます^^
わたしも「あれ?」と思いながら読んでることありますよ~。
その場で電子辞書引いたりして。(^^;)
(予習って全然しないの)
娘の場合はそれも楽しいみたいだから、気にしてないんだけど(爆)
読み込んでいった本はこうやって楽しんだらいいかなあ♪って思ったりして。
親子で楽しければ、結局どんな形も正解なのかな?と勝手に思ってます^^
2007/02/04(Sun) 08:03 | URL  | あひる #amS06Jd.[ 編集]
うっかり主婦さん♪
スゴイ数でしたよ~。
軽く1000冊は越えてるでしょうね。
家にも結構あるけど、全然届かないです。
多読も良いけど、読み込んでいくよさもありますよね。それだけ大事に読んでもらって、うっかり主婦さんの絵本たちは幸せかもしれませんね^^
洋書絵本のプレゼントまたやりますので、是非是非期待しててください♪
2007/02/04(Sun) 08:13 | URL  | あひる #amS06Jd.[ 編集]
あきさん♪
そうですか~。保育士の資格をお持ちなんですね^^
読み聞かせって、時々参加してましたが、テクニックに注目することって無かったので、あらためて説明されるといろいろと勉強になりましたよ~。
あきさんは大勢の子どもたちに読み聞かせされたりしてるのかしら?
こういうのって想像するととても楽しそうです^^
2007/02/04(Sun) 08:24 | URL  | あひる #amS06Jd.[ 編集]
コメントを投稿
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。