毎度~♪おおきに^^ 2年半の間☆☆☆就学前に何やろう??☆☆☆のブログ名でやってきましたが改名です♪オリジナル家庭教育、英語やら漢検、スピリチュアルに、本はビジネス書から絵本まで!なにしろてんこ盛りでやんす~(^▽^)/ヨロシクねっ!!
スポンサーサイト
--年--月--日 (--) | 編集 |
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
私設図書館開設♪
2007年01月13日 (土) | 編集 |
…っていきなりすごい題ですが^^;

もっと平たく言うと、自分の会社で、読んで”良かったなあ”と思う本の貸し出しを始めてます^^

うちって、家業が塾なんです。

で、小・中・高生が日々精進にやってくるわけです。

勉強面だけ関わるのが一般的かもしれませんが、なぜか、人生相談まで

乗ってしまっているうちのパパ。

それに、一緒にやっている仲間みんなが人間的に素敵な人たちばかり。

密かに自慢の組織なのです。^^

(内部で人間関係の悩みってまるで無いですからね。)

”場”って大事じゃないですか。

いろいろ感化されるもの。

そういう意味ではうちに来ている子達、恵まれていると思います。

”心の教育”っていうのも、さりげなくあったりするわけだし。

(笑いのネタを提供してるのがほとんどって噂もありますが^^;)

教育って本来、頭と身体と心を育てる場だった気がします。

でも、”心”が忘れ去られてるから、世の中おかしなことになっちゃってる!?

だったら出来るところか何かしなくちゃ、ね。

…でもなにを??と思ってました。

そして、世の中に志をもった人間を送り出したい、と常々考えてました。

(…なんて自分はすでに一線を退いていますが^^;)

それをサポートしてくれるのは良書だなあ、って最近ますます

思うんです。

でも、なかなか出会うことが出来ない場合もある。

だったら、こちらで提供する場所を作れば良いじゃない♪

…って思いついちゃったんですよね。

試しに、「魔法の言葉」や「わかった!運がよくなるコツ」など

実際にどんな本か概略を話して、読みたい生徒に回していったら、

結構反響があったようで。

中には親御さんが気に入って結局購入するケースも。

こういうの聞くと嬉しいじゃないですか^^

こういう輪が広がれば、

子供たちはますます明るく、志を持って前を向いて歩いく…

そんなイメージが浮かんだらわくわくしちゃって^^

もちろん、押し付けじゃないんですよ。

あくまでも興味がある子供たちが手に取れるように、ということで。

あひるは良書との出会いによって相当考え方や価値観が変わったと感じているんです。

”もっと早く出会いたかった~”なんて思ったりもしますが、

全ては必然。

この経験があったからこそ、若いうちに良書を提供したいという動機が生まれたんだと思います。

あとは縁がある子供たちが自由に本を手にとって、必要なものを受け取っていくことでしょう。

蔵書のほうはまだまだこれからですが、この先とっても楽しみなんです。^^



追記;

私設図書館はかなり大げさな名前で、本当はカラーボックスからスタートです。

(これもまだこれから買うんだけど…^^;)

まあ、そういう心意気ってことで。

本は必ず自分が目を通して、パパからOKが出たものから置こうと思ってます。

…分野的には偏りますが…(汗)

”心の栄養”メインでまずは行きたいな、と。^^

今後、上手く行けばいろいろ発展していくかもしれません。

提供している書籍の紹介もそのうちしますね♪


☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆

ninkiblogranking

ブログランキングranQ




ココに来てくれてありがとう♪

出会いに感謝です(^▽^)/

ついでにランキングUP↑にご協力お願いしま~す(^O^)♪

☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆
(おまけ)

本って良書はそばにおいて繰り返し読みたいなあって思うようになりました。

潜在意識の中にまで落とし込むには繰り返し読むのが一番。

それから、斎藤一人さんなんかのCD付きの本も良いですね~。

声で聞くと、ますます心の中に浸透する感じがします。

顕在意識は脳の3パーセント、コレよりも自分の行動や能力に直結してくるのは

残り97パーセント潜在意識だと言われています。

良いものをどんどんインプットして、良いアウトプットが出来る自分でありたいです。
コメント
この記事へのコメント
こんにちは(^^)
”施設図書館”すばらしいです♪
良い本との出会いは、時には人生まで変えてくれるものですものね(^^)
不登校や無気力、いじめが最初の原因であることが多いのでしょうが
今の子どもたちに起こっている問題、
私もいろいろ考えさせられることが多いです。
実際に、友達のお子さんもいじめから不登校になり、勉強する意味を見失ってしまっています。
何か良い本があったら
ご紹介くだされば嬉しいです(^^)

あひるさんとご主人の取り組みを聞いて(←だからぁ~、読んで、ですよね(^^)b)
なんだか、心があったかくなります~(^^)
2007/01/13(Sat) 06:39 | URL  | しゃらまむ #-[ 編集]
懐かしい
私設図書館通ってましたよ~。
受験シーズン落ち着くのでそこで勉強してました。
懐かしいなあ。
家業が塾なんですね。
私設図書館に洋書多読絵本も増えてくといいなあと個人的に思います。
沢山の人が洋書絵本を読めば、もっと英語好きになる気がするんです(^^)
近くだったら行って見たいですv
2007/01/13(Sat) 11:12 | URL  | 海豚 #-[ 編集]
しゃらまむさん♪
心のありかたで、いじめも撃退できるし、不登校(これが必ずしも悪いとは私は思わないんだけど)も有意義な時間に変えられると思うんですよね。
本当に、心を動かされる本に出会えたら素晴らしいことだと思う。
でも、その本は本当は人が勧める中にあるんじゃなくて、その人自身が求めていく中に出会うものでもあるんだと思うけど。
本が身近にあることによって、何かのきっかけになれば良いなあと思ってます。
押し付けじゃなくて、あくまでもきっかけとして、ね。
そのうち、蔵書紹介しますね!
2007/01/13(Sat) 11:56 | URL  | あひる #amS06Jd.[ 編集]
海豚さん♪
私設図書館といっても特別な場所を作ったわけじゃないんですよ。
海豚さんのコメントみて、慌てて追記しましたけど^^;
夢は大きく、ちょっと大げさに書いてみました。
まずはほんとに小規模からスタートです。
で、目に付いた本を手にとる気になった人がいたら、”どうぞ読んでね”って感じです。
あくまでも出会いのきっかけになれば…って感じで。

洋書は…そうですねえ。
今のところはないかな。
でも、将来的には楽しそうですね^^
とりあえず、焦点を絞ってスタートしてみます。
2007/01/13(Sat) 12:01 | URL  | あひる #amS06Jd.[ 編集]
海豚さん♪追記
洋書絵本があるところを想像してみました♪
そしたらわくわくしてきちゃって…!
違う視点からのアイデア、本当にありがとうございます!
実現できるように動いてみます^^
2007/01/13(Sat) 13:08 | URL  | あひる #amS06Jd.[ 編集]
施設図書館
素敵なアイデアですね!
それに塾はたくさんの子どもたちに影響を与える事ができる場所ですから施設図書館を作るにはうってつけですね。

また、親御さんにとってもよい影響があるようで、あひるさんのアイデアが皆に小さな幸せを運んでいっているのがすごいと思いましたv-238

2007/01/13(Sat) 22:06 | URL  | うっかり主婦 #-[ 編集]
うっかり主婦さん♪
誉めてくださってありがとう^^
現場は離れても何らかの形で関われたら嬉しいんですよね。
あくまでもポケットマネーからなので、そんなに無茶は出来ませんが、細く長く続けていければなあと思っています。
2007/01/14(Sun) 00:44 | URL  | あひる #amS06Jd.[ 編集]
パチパチパチパチ~~~ッ♪♪^^
年明け2週間も経てしまい今頃、今年初めてあひるちゃんブログ、まとめ読みしています。
直接この話を聞いた時も、さすが!最高!
と思ったけど、ほんと、素晴らしいネ。v-238
塾は、勉強はもちろん、それ以前に心の持ち方、より良く生きる方法、価値観、自分・家族・人生について深く学ぶ、それが昔の寺子屋とか松下村塾とかにはあったと思う。子供が借りてきた本で親御さんや周りの友達までよりよく変わっていくって、素敵☆これからも是非続けてください。
2007/01/20(Sat) 01:50 | URL  | いくよ #-[ 編集]
いくよちゃん♪
まとめ読み&まとめレスありがとう♪
愛を感じるわ~^^
きっかけは育代ちゃんの紹介してくれた本なんだよ^^
ほんとに凄かったんだから!
その影響たるや。
最近親御さんの雰囲気まですっかり変わったって、パパが言ってるよ^^
ほんとに、ありがとね♪
ウチの塾は小さいし、まじで雰囲気が寺子屋だからさ、カラーボックスの図書館(笑)、似合ってるでしょ?
もちろん、この先ずっと続けるよ!
ウチから巣立っていく子達は次代を担う人材ばっかりだからね。^^
2007/01/20(Sat) 10:08 | URL  | あひる #amS06Jd.[ 編集]
コメントを投稿
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。