毎度~♪おおきに^^ 2年半の間☆☆☆就学前に何やろう??☆☆☆のブログ名でやってきましたが改名です♪オリジナル家庭教育、英語やら漢検、スピリチュアルに、本はビジネス書から絵本まで!なにしろてんこ盛りでやんす~(^▽^)/ヨロシクねっ!!
スポンサーサイト
--年--月--日 (--) | 編集 |
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
コミュニケーションツールの違い
2006年10月25日 (水) | 編集 |
人によってコミュニケーションツールが違うってご存知ですか?
  
つまり、情報を取り入れたり、発信したり、誰かとやり取りするときに

特徴的に現れる方法が各自違うということです。

わたしはNLPを学んで始めて知りました。

具体的には”視覚タイプ””聴覚タイプ””感覚タイプ”と分けることが出来るようです。


私は情報を本やネットで得ることが多いし、場面を画像で覚えていることが多いから、

おそらく”視覚タイプ”です。

パパは上空の飛行機の種類と数を耳だけで判別できるし、

情報は圧倒的にラジオから。

メールよりも電話で話す人だから、たぶん、”聴覚タイプ”でしょう。

ゆ~のはおそらく視覚・感覚混合タイプ。

絵に描くのが好きだし、絵で覚えているタイプ。

前回の記事のリンク法も映像で覚えているくらいですし。

そして、いろんなものを徹底的に触るのが好きです(^^;)

…で、自分の世界に入って人の話は聞いてないことがしょっちゅう(汗)



とこんな風に、人はだれでも大体以下のタイプ別に分類できるようです。

  ☆視覚タイプ☆の特徴
 
   ・(画像が流れるように)話すのが速い。

   ・「見た」「絵に浮かぶ」などの言葉を使う。

   ・何かを思い出すとき、視線が斜め上。など

   ・好きな映画は画像で覚えている。

  ☆聴覚タイプ☆の特徴
   ・話すのは普通の速度。
 
   ・「聞いた」「耳にした」や擬音語などを良く使う。

   ・何かを思い出すとき、視線が横(耳側)を向く

   ・メールよりも電話で直接話すのが好き。

  ☆感覚タイプ☆の特徴

   ・話すのがゆっくり。(言葉を捜しながらしゃべる)

   ・「感じた」「うっとり」「ほれぼれ」など感覚的な言葉を良く使う。

   臭覚、味覚に関する言葉も。

   ・”おっとり”や”ゆったり”の形容が似合う。

   ・何かを思い出すとき視線が下のほうを向く。


と、簡単に書きましたが、まだまだ特徴的なことはありそうです。

誰でももちろんどのタイプも少しずつは持っているのですが、

何かに特化しているというのが普通のようです。

中には”複合パターンでほぼ平均的”という人もいるかもしれませんが。

そして、このタイプが近いもの同士はお互い分かりあいやすく、意気投合しやすいし、

全然違うもの同士はコミュニケーションが難しく、

分かり合いづらい、という傾向があるようです。

例えば感覚タイプの子どもと聴覚タイプのお母さんの場合。

 子どもがうっかりやってしまった失敗に対して

 「あやまりなさい!」と声を上げるお母さん。

 それに対して、視線を斜め下に落としてうなだれている子ども

というのを想像してください。

(うまく画が浮かぶ人は視覚タイプかも!?)

お母さんは黙っている子どもに対してどんどんエスカレートしていきます。

「”ごめんなさい”と言うまで許しませんからね。ちゃんと謝りなさい!!」

なんて。(^^;)

お母さんは「耳で聞く」ことしか許容できない状態になっている。

そして、子どもはうなだれることで”反省してます。ごめんなさい”の気持ちを身体で表現していると言う状態です。

ここで、「そうだ、この子は”感覚タイプだからもう反省してるんだわ…」

と気付いて汲み取ってあげれば丸く収まるものを、いつまでも

”「ごめんなさい」と言うこと”にこだわると、

関係がおかしくなってきます…

そして、そういう積み重ねが

”この子は何を考えているか分からない。”

”この子は扱いづらい子だわ~。”

という感覚に発展していくことも!(^^;)

実はコミュニケーションの主なツールが違うだけなのに、こういう行き違いが生じたりする。

今ひとつ例をあげましたが、親子のコミュニケーションにおいても、

お互いのタイプを知ることは重要なんですねぇ。


まず親が子どもをじっと観察して、どのタイプか見極めること。

そして、相手の立場にたったコミュニケーションツールを自分が使うように努めることで、

相手に伝えたいことが伝わるし、相手の気持ちも分かるようになるそうです。

大人同士でもなんとなく、あの人とは波長が合わない…

なんて場合には実はこの辺が違うのかもしれないんです。

自分のパターンを知ること。

他者も観察してどんなタイプか感じてみること。

そして、他のタイプも理解し使いこなせるようになると、

よりコミュニケーションの達人に近づけるかもしれません。

…是非そうなりたいもんです(^▽^)♪

☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆
ninkiblogranking

ブログランキングranQ




ココに来てくれてありがとう♪

出会いに感謝です(^▽^)/

ついでにランキングUP↑にご協力お願いしま~す(^O^)♪

☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆

(おまけ)

このコミュニケーションツールの違いをちゃんと考えて

世の中の広告やヒット曲は作られているそうです。

要するに、どのパターンの人の心にもピンと来てもらえるような工夫がされている。

沢山の人に響いて欲しいわけですから(^^)

例えばコカコーラの宣伝。

「スカッと(聴覚)さわやか(感覚)コカコーラ(視覚)」

というフレーズ聞いたこと無いですか?

これには上記の通り、全部のパターンが入っているんです。

こういうことを知っていると、世の中にあふれる宣伝文句の見方が変わるかもしれませんね(^^)
テーマ:スピリチュアル
ジャンル:心と身体
コメント
この記事へのコメント
こんにちは(^^)
へぇ~!コミュニケーションツール!
面白いお話です(^^)
でも私はどのタイプかなぁ~・・・。
「視線が横(耳側)を向く 」ので聴覚タイプかしら?でも最近はメールもするし・・・あっでも必要な時だけか・・・・。
亜琉くんは今のところ「感覚タイプ」かな(^^)
紗夢ちゃんはどうだろう?ちょっと観察してみよう(^^)b

相手のコミュニケーションツールを知って理解していれば
むやみに怒ったりと言うこともなくなりそうですね(^^)
良いお話を聞かせていただきました(^^)
2006/10/26(Thu) 05:55 | URL  | しゃらまむ #-[ 編集]
おはようございます♪
こういう話は初めて聞きました。
ウチは多分家族全員視覚型かな?
(しかも全員O型)

だからなのか、わかりやすいですね♪
・・・でも、長女が小さい頃はやりにくかったですね~・・・。
その頃は得も上手ではなく(むしろスッゴク下手。見かねて教えた)違うタイプだったのかな?

そういえば絵が上手になっていった頃と、手がかからなくなり聞き分けの良い子だと感じるようになった頃って見事に一致しますね!
もちろん成長した事や共通の楽しい趣味をもてた事が1番の理由だと思いますが、こういう考え語って知らなかったので面白いと感じました♪
2006/10/26(Thu) 08:36 | URL  | うっかり主婦 #-[ 編集]
私はいずれにも当てはまるところが..(^ ^;ヾ
視覚タイプは、
>・何かを思い出すとき、視線が斜め上。
>・好きな映画は画像で覚えている。

聴覚タイプは、
>・「聞いた」「耳にした」や擬音語などを良く使う。

感覚タイプは、
>・話すのがゆっくり。(言葉を捜しながらしゃべる)
>・”おっとり”や”ゆったり”の形容が似合う。
強いて消去するなら「聴覚タイプ」で、
「視覚タイプ」と「感覚タイプ」が混在しているかも.

子どもは「見たよ」「聞いたよ」と口から出るのが多く、
「視覚タイプ」と「聴覚タイプ」かもしれません.

>「あやまりなさい!」と声を上げるお母さん。
にも当てはまります...(__;

だって全く子どもに反省の色が見えませんから~.
うなだれるなんて、しおらしいところないですもん.
なので、ある程度のケジメは必要かと思いまして.

苦手な人のタイプは、他人の噂話ばかりしている人です.
本当、地獄耳ですからね~.
他人の話しより、当人の話しを聞きたいものです.
こういう方たちは「聴覚タイプ」にハマるのでしょうか..??
2006/10/26(Thu) 11:25 | URL  | 近さん #-[ 編集]
こんばんは!
コミュニケーションツールの違いですか?!
あひるさんの説明を聞いているとなんとなく頷ける場面がいくつか思い浮かびます。1種の学問的なところありますね^^。

私なんかは単に「この人は(この子は)こういう事をする(あるいは言う)人だから、これで良いんだ。」と自分に言聞かせ「わからん★」「何考えてんねん★」と思わないようにしています。

そう思わないで後悔した事はあっても、そう思って後悔した事は無いので^^。

それを、じっくり掘り下げていくと”コミュニケーションの違い”だったりするのかな?!

なーんて、あひるさんの記事読んでいて思いました♪
2006/10/26(Thu) 23:51 | URL  | orion #YEMKWNv6[ 編集]
なるほど~
私は感覚タイプなのか視覚タイプなのか
絵では捉えないけど文字を見るのは好きなので(^^;)
複合タイプなのかしら。
いまひとつはっきり判りません。

旦那は聴覚の人なのかしら
うちの旦那も職業柄というのもありますが
飛行機の音でどの種類のものが飛んでいるのか判ります。
彼もラジオ好きですね。
見ないけどテレビはつけっぱなしですし。
音で情報を得ようとしているのかも。

プーは多分感覚的。
のんびりしてますし、話は聞いてないし(^^;)
絵もあまり描かないですしね。

みーは聴覚的かと思います。
彼女は音を覚えているのが得意ですし
でも視覚的なのかな・・うーん。

初めてこのお話しは聞いたので面白かったです。
旦那と私はまるでタイプが違うので理解しきれないところが多々あります(^^;)
少し心に留めて周りの人を観察してみようかしら。
2006/10/27(Fri) 02:08 | URL  | 海豚 #-[ 編集]
しゃらまむさん♪
>へぇ~!コミュニケーションツール!
面白いお話です(^^)
でも私はどのタイプかなぁ~・・・。
「視線が横(耳側)を向く 」ので聴覚タイプかしら?でも最近はメールもするし・・・あっでも必要な時だけか・・・・。
亜琉くんは今のところ「感覚タイプ」かな(^^)
紗夢ちゃんはどうだろう?ちょっと観察してみよう(^^)b

なかなか面白いですよね。
ちょっと観察しないと分からない場合も沢山あると思います。
それもまた楽しいかも。
紗夢ちゃんはなんでしょうね?

>相手のコミュニケーションツールを知って理解していれば
むやみに怒ったりと言うこともなくなりそうですね(^^)

うん。そうなんですよ!
アプローチが違うだけで意見は一致しているかもしれないんだもん。
それに仮に一部の価値観が違ったって、それは当然のこと。
heeちゃんは”こうやって考えると嫌いな人っていなくなるでしょ?”と。
確かにそうだなあって思いましたよ。

>良いお話を聞かせていただきました(^^)

部分的にしかUPしてませんけど、かなり濃い講座と仲間でしたよ~。
この出会いは私にとって一生の宝となりそうです。
2006/10/28(Sat) 06:27 | URL  | あひる #amS06Jd.[ 編集]
うっかり主婦さん♪
>こういう話は初めて聞きました。
ウチは多分家族全員視覚型かな?
(しかも全員O型)

おお♪
全員同じってすごいですね!
即意見が一致しそう♪

>だからなのか、わかりやすいですね♪
・・・でも、長女が小さい頃はやりにくかったですね~・・・。
その頃は得も上手ではなく(むしろスッゴク下手。見かねて教えた)違うタイプだったのかな?

小さいうちはまだ言語能力が追いついていない分、判別が難しいように思いますよ。

>そういえば絵が上手になっていった頃と、手がかからなくなり聞き分けの良い子だと感じるようになった頃って見事に一致しますね!

おお~。
なるほどなるほど。
非常に興味深いです。

>もちろん成長した事や共通の楽しい趣味をもてた事が1番の理由だと思いますが、こういう考え語って知らなかったので面白いと感じました♪

奥が深いですよ~。
まだまだ表面的に分かっただけなので、さらに掘り下げて自分の物にしたいと思っています~(^^)
2006/10/28(Sat) 06:31 | URL  | あひる #amS06Jd.[ 編集]
近さん♪
>私はいずれにも当てはまるところが..(^ ^;ヾ

>強いて消去するなら「聴覚タイプ」で、
「視覚タイプ」と「感覚タイプ」が混在しているかも.

自己分析って難しいんですよ~。
なんか、すごいな。
(私は自分のことを認識するのにだいぶ時間がかかりました。)

>子どもは「見たよ」「聞いたよ」と口から出るのが多く、
「視覚タイプ」と「聴覚タイプ」かもしれません.

なるほど。
近さんのお嬢さんは”本が好き”というイメージがすごくあります。(^^)

>「あやまりなさい!」と声を上げるお母さん。
にも当てはまります...(__;

あはは(^^;)
ドンピシャでしたか。

>だって全く子どもに反省の色が見えませんから~.
うなだれるなんて、しおらしいところないですもん.
なので、ある程度のケジメは必要かと思いまして.

状況が詳しくわかるわけではないので、なんとも言えませんが、場面によっては必要なこともありますよね。

>苦手な人のタイプは、他人の噂話ばかりしている人です.
本当、地獄耳ですからね~.
他人の話しより、当人の話しを聞きたいものです.

NLPの講座で出てきたんですが、”自分の話”が出てこない話(噂話)は基本的に”嘘”だと。
うまく交わすか、その輪に入らないようにしていくと疲れないのかなあ。
私の周りは幸いそういう感じじゃないですが、仮にそうだとしたら、辛いかも^^;

>こういう方たちは「聴覚タイプ」にハマるのでしょうか..??

そうかもしれませんねえ。
個人個人微妙に違うような気もしますが。
雲をつかむ話かも!?
2006/10/28(Sat) 06:43 | URL  | あひる #amS06Jd.[ 編集]
orionさん♪
>コミュニケーションツールの違いですか?!

うん。
私も今回はじめて知りました(^^)

>あひるさんの説明を聞いているとなんとなく頷ける場面がいくつか思い浮かびます。1種の学問的なところありますね^^。

学問ですよ~。
”心理学”だもん。
でも単に机上のものじゃなくて、実践に役立つので”実学”って面もありますが。

>私なんかは単に「この人は(この子は)こういう事をする(あるいは言う)人だから、これで良いんだ。」と自分に言聞かせ「わからん★」「何考えてんねん★」と思わないようにしています。

その一呼吸、一思考が大事だし、なかなか出来ないことなんですよね。
orionさん、すばらし~☆(^^)

>そう思わないで後悔した事はあっても、そう思って後悔した事は無いので^^。

いや~。
深いわ。
ほんと、そうだよね。

>それを、じっくり掘り下げていくと”コミュニケーションの違い”だったりするのかな?!

そうそう。そんな感じ。
人ってみんな自分の価値観や感性があるじゃない。
で、自然とそこに当てはめて何でも考えてしまいがち。
でも、本当はみんな違うわけで…
さらにコミュニケーションの代表ツールまで違うんだから、よくよく観察するって重要だなあって思いましたよ。

>なーんて、あひるさんの記事読んでいて思いました♪

orionさんの感性素晴らしいよね(^^)
まじで感動!
沢山紹介できなかったけど、NLP面白いよ!
…向いてるかも!?(^^)
2006/10/28(Sat) 06:54 | URL  | あひる #amS06Jd.[ 編集]
海豚さん♪
>私は感覚タイプなのか視覚タイプなのか
絵では捉えないけど文字を見るのは好きなので(^^;)
複合タイプなのかしら。
いまひとつはっきり判りません。

情報を取り込むことが多いのが目だったら、視覚タイプかもしれないですよ。(^^)

>旦那は聴覚の人なのかしら
うちの旦那も職業柄というのもありますが
飛行機の音でどの種類のものが飛んでいるのか判ります。
彼もラジオ好きですね。
見ないけどテレビはつけっぱなしですし。

うちの旦那とよく似てます~(笑)
旦那様の職業って??
すごく気になる~。
テレビのつけっぱなしは最近は無いですが、結婚する前は常にそんな感じだったみたいです。

>音で情報を得ようとしているのかも。

うん。そうだと思います(^^)

>プーは多分感覚的。
のんびりしてますし、話は聞いてないし(^^;)
絵もあまり描かないですしね。

でも、根気があって素晴らしいですよね!
そうか~。
感覚タイプか。

>みーは聴覚的かと思います。
彼女は音を覚えているのが得意ですし
でも視覚的なのかな・・うーん。

言語能力が育っている最中はいろいろと変化もあるような期がします。
ゆ~のもこの先どうなっていくか分からないし。

>初めてこのお話しは聞いたので面白かったです。

それは良かったです(^^

>旦那と私はまるでタイプが違うので理解しきれないところが多々あります(^^;)

うちもタイプがだいぶ違います。
最近でこそなくなりましたが、結婚して何年かはお互いの感性の違いを理解するのに時間がかかりましたよ~。

>少し心に留めて周りの人を観察してみようかしら。

是非是非♪
面白いと思いますよ~(^^)
2006/10/28(Sat) 07:01 | URL  | あひる #amS06Jd.[ 編集]
コメントを投稿
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。