毎度~♪おおきに^^ 2年半の間☆☆☆就学前に何やろう??☆☆☆のブログ名でやってきましたが改名です♪オリジナル家庭教育、英語やら漢検、スピリチュアルに、本はビジネス書から絵本まで!なにしろてんこ盛りでやんす~(^▽^)/ヨロシクねっ!!
スポンサーサイト
--年--月--日 (--) | 編集 |
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
図書館で借りた絵本☆その32☆
2006年04月12日 (水) | 編集 |
今日は、ナンセンス絵本3冊の紹介です♪

ふしぎなナイフ
中村 牧江 林 健造
483401407X


コレはいつか借りてみたいとずっと思っていた絵本です。

表紙の絵は質感がリアルな写実的な1本のナイフの絵。

一見どこにでもある普通のナイフに見えますが、ひとたびページをめくると

ミラクルワールドが待っています!!

最初のページは

  ”ふしぎなナイフがまがる”

ぐにょ~んと曲がっちゃってます。(笑)

スプーン曲げの高度バージョン?

続いて”ねじれる”、”おれる”

この辺は、まだあるかも?ってとりあえず思ってみたくなる。

でも、でも、”きれる”で千切りになってたり、”ほどける”で

糸(紐?)みたいになっちゃったり、

とにかく「なんだこりゃ!?」な世界が広がってるんです。

当然、目は見開いたままくぎ付け、思考は一旦停止状態。

ステンレスさながらの質感を保ちながら、描かれる不思議なナイフの

姿によって、日ごろ、いかに既成概念にとらわれて物を見ているかという

ことを思い知らされます。

ほんと、衝撃の一冊です。

(でも、心臓に悪かったりはしないので、万人に超お勧め!!)

ゆ~のはもちろん、この絵本が大好き(^^)

感性にびんびん響いているのかもしれません。

☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆

アベコベさん
フランセスカ サイモン Francesca Simon Keren Ludlow
4579403754

この絵本は題名がそもそもさかさまに書かれてるんですよ~。

のっけから、「アベコベ」です(笑)

このうちは夫婦に子供が二人の良くある家族構成。

でも、ちょっと風変わりなのは、何でも「アベコベ」なこと。

真夜中に起きて、パジャマに着替えると、寝室で食事をする。

フォークで物を食べると叱られて、手の指と足の指を使うように指導される。

テレビを見るのは逆立ちしてだし、服を着たままお風呂に入る。

もう、何もかもがへんてこ~。

そんなある日、お隣さんのうちでお嬢さんをみていて欲しいと頼まれます。

人の役に立つのが好きなアベコベさん一家は早速引き受けますが…

さて、その後の展開はいかに!?


人によって”常識”と信じることが違うことはままありますが、これは

それを最大限オーバーに表現した感じです。

ここまで価値観、暮らし方が違っちゃうと、共通言語があっても会話が

成り立たないかも!?

苦笑しながら、ちょっと考えさせられる絵本でした。


☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆

きょうりゅうたちのおやすみなさい
ジェイン ヨーレン Jane Yolen Mark Teague
4338126272

この絵本は英語版がうちにあります。

小さな子供たちを恐竜に模して、寝る前の一こまを綴った絵本。

多分、そんな感じです。

おとうさんや、おかあさんよりかなり図体のデカイ恐竜が、

「もっと ごほんを よんでえ!」と駄々をこねたり、

「ねむくないよおー!」って吠えたり。

そうそう。たまに子供って怪獣だよねぇ。と

思わず微笑ましくなってしまいます。(^^)

最後はちゃんと良い子でおやすみなさい。

…一日中大騒ぎで明け暮れたうちの”怪獣”も、すやすや寝ちゃうと

ますます愛しいんだよね。(^^)

そんなことを思ったりして。

☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆
ブログランキングranQ




ココに来てくれてありがとう♪
出会いに感謝です(^▽^)/

気が向いたら、ランキングの応援ポチよろしくお願いします~☆

☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆





テーマ:オススメ☆絵本&児童書
ジャンル:育児
コメント
この記事へのコメント
今回の絵本もおもしろそうですね~(^^)
「ふしぎなナイフ」、既成概念にとらわれている大人が見ても考えさせられる本ですね!
なかなかいい絵本ですね!
「アベコベさん」も面白そう!常識ってなにか、
考えさせられそうですね(^^)
どちらの本も、奥が深いですね~。
「きょうりゅうたちのおやすみなさい」も面白そう!
そうそう!家にも怪獣が2頭います(^^)b
子どもたちって本当に怪獣ですよね!
私もよく思います(^^)b愛しさを込めて・・・ですけどね(^^)
2006/04/13(Thu) 05:31 | URL  | しゃらまむ #-[ 編集]
前々からすごく不思議なのですが、あひるさんってすごく絵本持っていますよね。

何冊ぐらい持っているのですか?
こんなに読んでもらえてゆ~のちゃん幸せものですよね!

だから洞察力が鋭いのかな?
2006/04/13(Thu) 14:32 | URL  | うっかり主婦 #-[ 編集]
しゃらまむさん♪
いつもコメントありがとうございます(^^)
とくに「ふしぎなナイフ」はお勧めです♪
アマゾンの評価も高いですし、小さな子供から大人までみんな楽しめると思いますよ。
ほとんど字が無いので、読み応えは無いですが(笑)
「きょうりゅうたちのおやすみなさい」の英語版はブッククラブで買ったんですよ。
割と、日本語版になっている絵本がカタログにあるので、私は優先的に買うことが多いです。
そういうものは多くが秀作なんですよ。
2006/04/13(Thu) 15:47 | URL  | あひる #amS06Jd.[ 編集]
うっかり主婦さん♪
コメントありがとうございます(^^)
今回ココで紹介したのは全て図書館の絵本ですよ~。
毎月約80冊借りているので、最近は古本屋さんでたまに衝動買いする以外はそれほど買わなくなりました。
家にあるのは日本語絵本、英語絵本ともに150冊強ってところでしょうか。
だから、それほど多い部類ではありません。
(むしろ、少ないのでは??)
ほんとはガンガン買い集めて図書館でもやりたいくらいですが、資力が伴いません~(^^;)
2006/04/13(Thu) 15:55 | URL  | あひる #amS06Jd.[ 編集]
面白そう
ナイフの本だけは読んだ事がありました^^楽しいですよね~!こういうの子どもたちも大好きです。
他二冊もとても面白そう!アベコベさん家族の生活、我が家の恐竜たちはきっと興味津々でしょう♪
2006/04/13(Thu) 23:20 | URL  | 新歌 #-[ 編集]
新歌さん♪
いらっしゃいませ~♪
「アベコベさん」は読んでいるうちに気持ち悪くなってくるかも!?
あまりにもすさまじいので(^^;)
でも、こういうナンセンスを考え出せる頭にはとっても興味があります♪
お子さんたちの感想聞いてみたいです(^^)
2006/04/14(Fri) 00:48 | URL  | あひる #amS06Jd.[ 編集]
コメントを投稿
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。