毎度~♪おおきに^^ 2年半の間☆☆☆就学前に何やろう??☆☆☆のブログ名でやってきましたが改名です♪オリジナル家庭教育、英語やら漢検、スピリチュアルに、本はビジネス書から絵本まで!なにしろてんこ盛りでやんす~(^▽^)/ヨロシクねっ!!
スポンサーサイト
--年--月--日 (--) | 編集 |
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
図書館で借りた絵本☆その10☆
2006年01月24日 (火) | 編集 |
じゅうにしのおはなし
ゆきの ゆみこ
4893256289
子どもの頃「まんが日本昔話」でみたのとほぼ、同じお話でした。

「元旦の動物レースで勝った者から順に12番目までを毎年の名前とする。」

という、あのお話。

ゆ~のはいまいち、干支が分かっていません。

ゆ「ヘビはいやなの。大人になったらうさぎになれる?」なんて聞くので、

あ「それは無理。ずっとヘビ年なんだよ~。」

ゆ「え~。そんなのやだ~(TT)」

あ「だってしょうがないじゃない」

なんてやり取りを何回かしたんです。

これで、自分の干支にも納得してくれると良いんだけど。(たのむよ~)

☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆
おさるのジョージどうぶつえんへいく
M.レイ H.A.レイ 渡辺 茂男
4001108917
ゆ~のが大好きな「おさるのじょーじ」シリーズのひとつ。

この黄色い絵本を見つけると必ず『借りる!』っていうくらいのお気に入りです。

今回のジョージもやっぱり好奇心旺盛!!

動物園の係りの人のえさやりを見て、自分もしてみたくてたまらなくなります。

片っ端から動物に自分のお菓子をあげていくジョージ。

結局は怒られて、自分が間違っていたことを知るのですが…

子どもってそうだよなあって思いました。

悪気なくやっても間違っていることはある。

『子どもだからわからなくてもしょうがない』じゃなくて、

間違えてしまったときこそチャンス。

ちゃんと正しいことを教えなくちゃ。

ジョージを見ていると、ほんとは小猿なのに、

普通の好奇心旺盛な子どもに見えてくるから不思議です。(^^)

☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆
チビねずくんのながーいよる
ダイアナ ヘンドリー Diana Hendry Jane Chapman
4591065790


HALさんのところで紹介されていたので、

興味を持って借りてみました♪

チビねずくんはいろんな物音が気になってなかなか眠れません。

気になるたびにオオねずくんを起こして「同じベッドに入れて!」

と頼むのですが、なかなかいい顔をされません。

なかなか眠れない二匹のねずみ。

いつになったらちゃんと眠れるのか!?

チビねず君は甘えん坊のゆ~のみたいです。

もしも、彼女が大きくなってから、この絵本を読み返すとき、

きっと懐かしさがこみ上げてくるんだろうなあ…

そんな気持ちになる絵本です。

☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆
ぐるんぱのようちえん
西内 ミナミ 堀内 誠一
4834000834
有名な良書ですよね。
Monさんの記事で思い出して、今回借りてみました。

この絵本を読み聞かせているとき、ゆ~のは神妙な顔をしています。

一生懸命頑張るのに、なかなか報われないぞうのぐるんぱ。

抱える荷物が増えるたびに切なさが積もっていきます。

最後にハッピーエンドを迎えるとゆ~のはほっとした顔をして

しみじみと「良かったね~」と言って笑うのです。

何回も読んで、結末は分かっているのに、ぐるんぱが心配で

しょうがない娘の横顔が、愛しくてたまらないあひるです。(笑)

☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆

「ぬままばばさまの さけづくり」
イブ・スパング・オルセン さく・え
きむら ゆりこ やく (福音館書店)


デンマークの民話のようです。

沼地に住む妖精のお話。

眼前に広がる自然を前に、生き生きと妖精をはべらせる、

この作者の豊かな発想には本当に驚かされます。

こんな風に思いをはせることが出来たら、自然を壊そうなんて

思わないでしょうね。

この本は手元に置きたいなあ。

ちょっと図書館に返してしまうのが惜しい本です(笑)
☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆
ブログランキングranQ

に参加しています♪
ぽちっと押してくれると、幸せです♪(*^▽^*)
いつもありがと~♪
テーマ:幼児教育
ジャンル:学校・教育
コメント
この記事へのコメント
おっ☆またまた面白そうな絵本が・・!「ぬままばばさまの さけづくり」 読んでみたいですねぇ~。探してみます(^^)b
「じゅうにしのおはなし」はこれと違う絵本がうちにあります。紗夢ちゃんは”トラ”なので、よく”ねずみ”のおばあちゃんを「たべちゃうぞ~」と言ってます(笑)
十二支のお話は面白いですよね!
「おさるのジョージ」のシリーズは私も好きです。「ぐるんぱのようちえん」は図書館で読みました。かわいいですよね。
ゆ~のちゃんも「チビねずくん」に似ていますか!
亜琉くんもまさしく”それ”です。
物音がすると「なんの音?こわくない?」と毎晩聞いてきます。
これも読んであげたいなぁ~。
いい刺激になりました(^^)
2006/01/24(Tue) 05:36 | URL  | しゃらまむ #-[ 編集]
いつも、コメントありがとうございます(^^)
「ぬまばばさまのさけづくり」、ほんと、おすすめですよ~。
私は、機会があれば欲しいのですが、アマゾンには取り扱いが無いようですし、もしかしたら、もう、手に入らない本なのかもしれません。
『チビねずくん』は英語版もあるようです。
残念ながら、うちの近所の図書館では借りられないみたいですけど。
いつかは、そちらもよみたいですね。(^^)
2006/01/24(Tue) 08:20 | URL  | あひる(しゃらまむさん♪) #-[ 編集]
うちも以前は「蛇はやだ!」と言っていました(笑)。「ねーねと同じ辰がいい!!!」と時には泣きながら言っていました(爆笑)。
でも最近は「自分は蛇年だ」と理解していて、何も言わなくなりました。「同じクラスの○○ちゃんも○○ちゃんもへびだよ」と言ったら、もう何も言わなくなりましたよ!
2006/01/24(Tue) 21:37 | URL  | しの #mdkOUbWM[ 編集]
まーちゃんもヘビ嫌だったんだ。
やっぱり…!
お友達がヘビだと安心するのかな。(^^)
うちは分かっているけど認めたくない…ってかんじなのかも。
幼稚園に行くようになったら、諦めつくかな??(笑)
女の子だし、可愛いほうが良いって気持ちは分かるんだけどね~。
2006/01/24(Tue) 23:12 | URL  | あひる(しのさん♪) #-[ 編集]
ゆ~のちゃんも「おさるのじょーじ」好きなんですね♪
私も大好き。年季の入ってるのを実家からつれてきました。
(夫はなぜか「ひとまねこざる」として認識しております...)
ぐるんぱのお話を聞いているときのゆ~のちゃん、カワイイ~
うちの息子は巨大なビスケットに異常に関心を持っております...
2006/01/25(Wed) 07:06 | URL  | Mon #-[ 編集]
>ゆ~のちゃんも「おさるのじょーじ」好きなんですね♪
私も大好き。

Monさんもお好きですか(^^)
なんか可愛いんですよね。
わたしも大好き♪

>年季の入ってるのを実家からつれてきました。

さすが!Monさんのご実家には、ホントにいろんな絵本や本がありますね~。
名作はたいていおいてありそうな気がします。

>(夫はなぜか「ひとまねこざる」として認識しております...)

という題の本ありますよね。
これは、うちにもってます♪

>ぐるんぱのお話を聞いているときのゆ~のちゃん、カワイイ~

ありがとうございます(^^)
絵本によって見せる表情が全然違うので、面白いですね。
ちゃんと話に入っていっているということなのでしょうが。

>うちの息子は巨大なビスケットに異常に関心を持っております...

息子さん、可愛いなあ(^^)
食べ物に関心があるって、すくすく育っているんだろうなあってイメージです。
2006/01/25(Wed) 10:48 | URL  | あひる(Monさん♪) #-[ 編集]
コメントを投稿
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。