毎度~♪おおきに^^ 2年半の間☆☆☆就学前に何やろう??☆☆☆のブログ名でやってきましたが改名です♪オリジナル家庭教育、英語やら漢検、スピリチュアルに、本はビジネス書から絵本まで!なにしろてんこ盛りでやんす~(^▽^)/ヨロシクねっ!!
スポンサーサイト
--年--月--日 (--) | 編集 |
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
図書館で借りた絵本その1
2005年12月11日 (日) | 編集 |
基本的に覚書です。
あとで、加筆修正予定アリ。
改めて感想をアップするものがあるかもしれません。

さむがりやのサンタ
レイモンド・ブリッグズ すがはら ひろくに
4834004368愚痴や文句をぶちぶちいいながら、クリスマスイブの仕事をこなす、人間くさいサンタの1日。連続コマ割が漫画チックで珍しいタイプの絵本かも。
仕事の後にはゆったりお風呂に入り、ちゃんとクリスマスディナーを用意して食べるところには生活のまめさが伺えて、微笑ましい。飼い猫や飼い犬も幸せそうな感じのほのぼの絵本です。関連書籍「サンタのなつやすみ」「スノーマン」も必見。

よるくま
酒井 駒子
4033312307小さな男の子がママに今日の出来事を報告する形で話が進む。芸が細かいと思うのは、男の子と、ママの会話、それぞれの部分の字体を変えてあること。男の子が「よるくま」のまま探しを手伝って、ママに会えるまでがメインのお話。よるくまが悲しくて流す涙はまっくろ。泣いているうちにだんだん辺りはまっくらに!悲しみの表現にこんな手法があったのか、と驚かされました。不思議感覚かつ、心和む絵本です。

いろいろ1ねん
レオ レオーニ Leo Lionni 谷川 俊太郎
4751519786双子のネズミと、1本の木が過ごす1年を、一月ごとに綴ります。枯れ木に見える木からやがて芽が出て、葉を茂らせ、花が咲き、実がなる。そして、収穫。季節の移ろいが流れるように綴られています。雪の日も晴れの日も風の日も、木とネズミは語らいながらお互いのことを思いやって行く。…実際には、なかなか木とお話することは出来ないのだけど、話せて、仲良くなれたら素敵なのになあ。そんな気持ちになる優しい絵本です。

そらまめくんのベッド 英語版 ―Big Beanie's Bed (with CD)
なかや みわ Mia Lynn Perry
4902216086
「そらまめくんは自分のベッドがお気に入り、みんなに『貸して!』と言われますが、誰にも貸してあげません。そんなある日、ウズラがベッドに座っているのを発見!なんと、そこで卵を温めていたのです。悩んだすえ、見守ることにしたそらまめくん。ウズラが無事に孵るとベッドが戻ってきました。不憫に思って自分のベッドを貸そうと申し出てくれた友達みんなを招待して、その夜は一緒にそらまめくんのふわふわのベッドで寝ましたとさ。」
平易な英語で書かれているので、私みたいに英語が苦手なママでも大丈夫だと思います。
"It's gone,gone.It's not anywhere!"(ない、ない。どこにもない!)
この辺はごっこあそびでも使えそうなセリフかも。(笑)
付属CDはかなりシンプルな朗読で、効果音などはありません。ちょっとこもった声が若干聞き取り辛くて残念かも。

三びきのやぎのがらがらどん―アスビョルンセンとモーの北欧民話
マーシャ・ブラウン せた ていじ
4834000435あひるが大好きな絵本です。いつか買おうと思いつつ、未だに買ってません(^^;)3匹のヤギとヤギを食らおうと狙う妖精トロルのやりとりで話は進みます。小さいヤギも2ばんめのヤギも、知恵でトロルをかわします。そして、大きなヤギと、トロルの対決!!トロルをあっという間に倒してしまう痛快さはなんとも言えません!「チョキン パチン ストン。はなしは おしまい」この擬音が何を意味するのか、私には分かりませんが、不思議な余韻を残す終わり方がなんとも楽しくて気に入っています。

ぶんぶくちゃがま
香山 美子
4876925542ゆ~のがとても気に入った一冊。たぬきが化けるのが面白いのか、はたまた、道具屋にたらい回しにされるシーンが滑稽だったのか。ゆ~のは「この、ぶんぶくちゃがま欲しい~!買って!」と言ったほど、気に入った様子。「あるけど、とっても大きくてうちには置けないよ。今度、館林の「ぶんぶくちゃがま」を、見にいこうね。」という話で収まりました。
あひるも大好きな民話です。(^^)

かぐやひめ
岩崎 京子
4774604178作者不詳の『竹取物語』が原典なのは、あまりにも有名。あの時代にこのようなファンタジーが存在すること自体、かなり異色で、実は成立年代が怪しいのではないか、と言う節もある。
この、「日本民話」シリーズの「かぐやひめ」は絵が、墨絵に色をつけたような風合いで、雰囲気にぴったり♪バックに『まんが日本むかしばなし』のサントラが聞こえてきそうです。

きみの家にも牛がいる
小森 香折
4759221395
詳しくはこちらで♪


たくさんのお月さま
ジェームズ・サーバー ルイス・スロボドキン なかがわ ちひろ
4198601046これは、絵本というより、童話かな。ちょっと長いお話です。「アメリカの優れた絵本に与えられる栄誉あるカルデコット賞を1944年に受賞」とカバーにかいてあります。「お月さまがほしい」という、ちいさなレノアひめの願いをかなえようと、王様は優秀な家来たちに相談します。家来は良く知らない月のことを自分の想像と、ちょっぴりの知識だけで、「取ってこれません」と断ります。最後に道化師だけは、レノアひめにどんなものをイメージしているのかを聞き出し、「月」をプレゼントすることに成功します。
常識と言われるもの、または自分の価値観が絶対であると、思いがちですが、実はそうとは限らないのだ…そんなことに思いが至った絵本です。子育てにおいても、大人目線から子供目線に降りてみて見える世界を、一緒に堪能したいものだなあと思いました。私は、うまく表現出来ませんでしたが、この絵本は深いです。あひるのお奨め☆



ふしぎなさーかす
安野 光雅
4834008398最初のページに少しの文章があるだけで、あとは絵だけの絵本です。夜中のサーカスにふさわしく、音の無いまま繰り広げられる不思議な時間。サーカスは昼間は『道具』として活躍しているはずの面々。ページをめくるたびに新しい不思議が待っている。それを見つけて私はしばし世界に入り浸る。字がないのに、ページを繰る手がなかなか進まない不思議な絵本です。


テーマ:子育て・教育
ジャンル:学校・教育
コメント
この記事へのコメント
たくさんかりましたね!
私もよんだことのあるのは5冊ありました。
「ぶんぶくちゃがま」・・・以前買った日本の昔話のなかにあって読んだのですが、ちょっと表現がきつかったので、読むべきか悩んだことがあったっけ?(何回か読んだけど)
「よるくま」はかわいいですよね。
私も車出して図書館へ行ってみます!
2005/12/11(Sun) 06:17 | URL  | しゃらまむ #-[ 編集]
そらまめくんのベッドは息子のお気に入り。
(私も好きですが)
英語版があるんですね~

がらがらどんはヤギごとに声色を変えて読むと息子は大喜びします。
確かに最後の「ちょきん ぱちん すとん」は意味不明。
幼稚園の時に先生に読んでもらった記憶があるんですが、そのときは「話」に「ちょきん」とハサミを入れて、「話」が「ぱちん」と切れて、「すとん」と落ちるような動作をしていたような...違ったかな?
2005/12/11(Sun) 18:03 | URL  | Mon #-[ 編集]
>たくさんかりましたね!

ほんとはもっと借りたかったんですが、持ちきれませんでした(^^;)
ついつい、あれもこれも借りたくなっちゃうんですよね~。

>「ぶんぶくちゃがま」・・・以前買った日本の昔話のなかにあって読んだのですが、ちょっと表現がきつかったので、読むべきか悩んだことがあったっけ?(何回か読んだけど)

この手の民話は書き手によって、言葉選びや設定が多少違っているので、読み比べてみても面白いですよね。

>「よるくま」はかわいいですよね。

なんだか、癒される絵本ですよ。
ママくまに会えたときには宇宙に浮かんでいるような構図で、思わず見とれました♪
2005/12/11(Sun) 23:52 | URL  | あひる(しゃらまむさん♪) #-[ 編集]
>そらまめくんのベッドは息子のお気に入り。
(私も好きですが)

そうですか♪可愛いお話ですよね。
娘はそらまめの鞘を知らないというので、季節がきたら見せなくては、と思っています。
(見せたことはあるんですが、覚えていないらしい。)

>英語版があるんですね~

今、日本の絵本の英訳版、沢山ありますよね~。
これからはいろいろ読んでみようと思っています。

>がらがらどんはヤギごとに声色を変えて読むと息子は大喜びします。

私もやってますよ~。
対決が迫ってくるのとあいまって盛り上がりますよね!

>確かに最後の「ちょきん ぱちん すとん」は意味不明。
幼稚園の時に先生に読んでもらった記憶があるんですが、そのときは「話」に「ちょきん」とハサミを入れて、「話」が「ぱちん」と切れて、「すとん」と落ちるような動作をしていたような...違ったかな?

そういわれると納得!!
そうなのかも~。
私も今度やってみよう♪
教えてくださってありがとうございます(^^)
2005/12/11(Sun) 23:58 | URL  | あひる(Monさん♪) #-[ 編集]
三匹のヤギのガラガラどん。
これ、うちの英語教室の絵本の教材なんですが、なっくんもお気に入りでトロールとヤギになってよくごっこ遊びしています♪
ぶんぶくちゃがま、私も図書館でなっくんに読み聞かせていたら他の子も来てじーっと聞いていました。昔のお話なのに今の子でも楽しいものなんですね!
2005/12/12(Mon) 01:06 | URL  | HAL #JUGsyThY[ 編集]
三匹のヤギのガラガラどん。
>これ、うちの英語教室の絵本の教材なんですが、なっくんもお気に入りでトロールとヤギになってよくごっこ遊びしています♪

やっぱり英語版あるんですね~。
是非みたいです♪
ごっこ遊びが盛り上がるの、分かる気がしますよ~。

>ぶんぶくちゃがま、私も図書館でなっくんに読み聞かせていたら他の子も来てじーっと聞いていました。昔のお話なのに今の子でも楽しいものなんですね!

HALさんの読み聞かせかたが上手かったから引き寄せられたのでしょうね。(^^)
民話などは今は使わない道具や、言葉が出てくるのでその辺も楽しいのかなあ。
ゆ~のは絵を見ながら「これはなんだろう?」とか「どうなってるんだろう?」とかいろいろ気になる様子です。
2005/12/12(Mon) 09:47 | URL  | あひる(HALさん♪) #-[ 編集]
ウチの園では発表会に年少…「がらがらどん」年中…「ぶんぶく」年長…「かぐや姫」をやります。このラインナップどこかにあったような。ぶんぶくでウロウロしてるとそちら様のブログに出会いました。兵庫の保育者です。失礼しました。
2006/02/05(Sun) 17:17 | URL  | もえっち #-[ 編集]
初めまして♪
過去の記事にわざわざコメントいただきまして、ありがとうございます(^^)
嬉しかったです。

どの絵本も娘が気に入ったか私が気に入ったかで選んできたんですよ!
いい絵本が沢山あって、借り手も借りても間に合いません(^^;)
絵本って良いですよね~♪
2006/02/05(Sun) 22:01 | URL  | あひる(もえっちさん♪) #-[ 編集]
コメントを投稿
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。