毎度~♪おおきに^^ 2年半の間☆☆☆就学前に何やろう??☆☆☆のブログ名でやってきましたが改名です♪オリジナル家庭教育、英語やら漢検、スピリチュアルに、本はビジネス書から絵本まで!なにしろてんこ盛りでやんす~(^▽^)/ヨロシクねっ!!
スポンサーサイト
--年--月--日 (--) | 編集 |
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
バランスをとる。
2011年05月15日 (日) | 編集 |
バランスをとるってことを意識してます。

一番気にしてるのは情報が偏らないようにってこと。

それはつまり、”情報は多面的に集めるように努力する”ってこと。

ブログに書くこと自体、”思考の一部を切り取ったもの”なので、

私個人の全てじゃないのだけど、時にはそんな印象もあるようです~。

…文章書くって難しいねえ。


いきなり抽象的な話ですんません^^;



わたしにとって、一番何が悪影響と思うか?と問われれば、それは”ストレス”かなと思います。

こうやって生きている以上、ストレスは多かれ少なかれあるんだけど、

それが漠然とした不安であって、そのことに思考が縛られて身動きができなくなってしまうのが

一番怖いかな…。

”知らない”というところから来る恐怖は、”知ろう”と努力することでしか克服できない。

今回の原発の問題(まだ終息には程遠いんですけど)が起こったとき、

自分が無知ゆえに、ものすごい恐怖に襲われました。

(実際、熱出して寝込んだくらいです^^;;)

   …本当にこれからどうなっちゃうんだろう??

   娘だけも逃がさなくちゃ。


って、半分パニックだったかも。

実際、すぐに西へ動いた方が、リアルの友人、ネットの友人にも何人かいたし、

うちも九州の親戚を頼ろうか??と

よぎったりもしてました。

でも、結局は動かなかった。

うちの場合は、パパが詳しかったので、色んな話を聞いて少し冷静になれたのと、

ネットで色んな情報を集めまくって、

”多面的に考えよう”と冷静さを取り戻した結果、

家族一緒にここにいるという選択をしました。

とんでもなく悲観的な情報から、とんでもなく楽観的な情報まで、

探そうと思えば、どちらも探すことができる。

また、友人たちもどんどん情報をあげてくれたので、

ものすごい量の情報が私のところには集まってきました。

冷静に考えると確率論だし、冷静に考えると、見えない恐怖におびえて暮らすのは

ストレスに負けて体調を壊す事態を招くんだし、

私にとって大事なのは、”今”という時間を意識して、ちゃんと生きること。


   ”今”生きてることを活かさなくちゃ。


この震災によって、今回の原発事故によって、パラダイムシフトが起きたと思う。

明日が来るのが当り前じゃなくて、今日生きてるという日が奇跡なんであって、

生きるってことは一人じゃできなくて、みんな有機的に繋がってる。

地球の前には人間なんてちっぽけで、自然を何とかしようなんて、ただのおごりで、

人間の予測なんて全然当てにならない。

地球に鼻で笑われたみたいにその前提は壊れていく。


この星に生かされていることに感謝して、地に足をつけて暮らすってことを

やって行かないと…。

って思う。


思考が迷走している時は頭だけが動いていて、意識はふわふわ浮かんでいるみたいで、

全く地に足がついてない。

だから、意識して目の前のこと、足元のことをちゃんとやって地球と繋がっていきたいなあ。



…なんて、ことあるごとに最近よく思うのです。


にほんブログ村 子育てブログ 小学生の子へにほんブログ村 教育ブログ 在宅学習・通信教育へにほんブログ村 英語ブログ 親子英語へ





今日も来てくれてありがとう☆
読んでくれてありがとう☆

☆感謝☆

☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆

(おまけ)テレビでは速報で見ただけだった気がするこのニュース↓

敦賀原発2号機、排気筒から放射能漏れ

平時であれば、もっと大々的に取り上げられただろうか??

”41億ベクレルの放射性ガスが外部に放出”って大変なことに感じるんだけど。^^;

結局日本に原発がある限り、どこにいても危険があるってことには変わりがないんだと思うんだな。

日本中のすべての原発が停止して、他のエネルギーで電力を100パーセント賄えるようになったら、

世界から称賛されるだろうに。

…でも、その前に色んなしがらみから解放される必要があるんだろうけどねえ。
テーマ:ひとりごと
ジャンル:ライフ
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。