毎度~♪おおきに^^ 2年半の間☆☆☆就学前に何やろう??☆☆☆のブログ名でやってきましたが改名です♪オリジナル家庭教育、英語やら漢検、スピリチュアルに、本はビジネス書から絵本まで!なにしろてんこ盛りでやんす~(^▽^)/ヨロシクねっ!!
スポンサーサイト
--年--月--日 (--) | 編集 |
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
分かりやすいアプローチって様々
2011年01月05日 (水) | 編集 |
娘と算数をやっていて思うことがある。

成長段階によって、それから、個々の感覚によって、

分かりやすいアプローチってホント様々だなあって。

…なんてことは前にも散々書いた気もするんだけど。

でも、あらためてね。


自分の授業の中(もちろん、これはお仕事の)で、

トランプで計算するゲームがあるのね。

単に足し算なんだけど、

4枚とか5枚とか、カードが増えると、

スピード勝負の時には瞬時に”どうやったら早く正確に計算できるか?”を

考える。

で、出てきたやり方がみんな個性があって面白い。

平均を使って出そうとする子。10の塊を作って出そうとする子。

倍数になりそうな組み合わせを考える子。

…単純に足す子ももちろんいるけど( *´艸`)

それなりに、その子なりの方法があって、他人のやり方を聞くと発見が

あったり、自分のと比較してどうか?を考えたり、

単純な足し算というものでさえ、

ちょっぴり奥深いものに思えてくる。


算数って結局答えが出れば良いわけで、

その道筋は一本道とは限らない。

むしろ、色んな考え方やプロセスがあって、そこを楽しむのが

醍醐味の一つなのかな?って思ったりもする。


そういう意味では、娘との算数で、私と娘とそれぞれのやり方を見せ合って、

解説まで付き合わせると、全部やり方が違うなんてことは良くあって、

それだけで、結構面白い。

(少なくとも娘はそういうのが楽しいみたい)

答えはあってればいい、んじゃなくて、

”そんな発想もありか~っ!”っていうのが楽しいんだよね。^^

だから、私はやり方を押しつけることはしないし、

”こっちのほうが速いよ”的なことをチラッと見せはするけど、

強制も矯正もしない。

その時しっくりくるやり方で、腑に落ちることが大事で、

そうじゃないと、他に応用するときの武器にはなり得ないから、

現時点で遠回りの方法であっても、それはそれでよし、と思ってる。

成長とともに、やり方は自然変わることもあるし(色々と見せてはいるのでね)

大人が良かれと思う方法が、必ずしもその子に向いてるとは限らないから。

こうやって、”その子なりのやり方で、その子のペースで”できるのも

家庭学習の良さかな、と思う。


とにもかくにも、じっくり、じっくり。

人生に必要なのは、一定の公式で解けるようにすることじゃなくて、

臨機応変に考えたり動いたりできることじゃないか。

そんなところに繋がるといいな、と思いながら。

にほんブログ村 子育てブログ 小学生の子へにほんブログ村 教育ブログ 在宅学習・通信教育へにほんブログ村 英語ブログ 親子英語へ





今日も来てくれてありがとう☆
読んでくれてありがとう☆

☆感謝☆

☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆

(おまけ)

毎年1月2日には川崎大師に行く。(私以外^^;)

で、お土産に必ず買ってきてくれるのがくず餅。

これ、くずもちって言うくらいだから、葛が原料でしょう?って思ってたら

違うんだねっ!

小麦粉のでんぷんを2年も寝かせて作る発酵食品だったの。

知らんかった~。

くずもちは”久寿餅”って書く。

なるほど、だから縁起物なのかな。

まだまだ思いこんでいて知らないことって一杯あるね~!

「へ~!」な話題(…って自分が知らなかっただけだけど 爆)

でした☆

(参考)↓こちらに詳しいよ~♪↓

くずもちの製法
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。