毎度~♪おおきに^^ 2年半の間☆☆☆就学前に何やろう??☆☆☆のブログ名でやってきましたが改名です♪オリジナル家庭教育、英語やら漢検、スピリチュアルに、本はビジネス書から絵本まで!なにしろてんこ盛りでやんす~(^▽^)/ヨロシクねっ!!
スポンサーサイト
--年--月--日 (--) | 編集 |
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
頑張らなければよかった?!(その2)
2010年12月01日 (水) | 編集 |
さて、パパから助言をもらって冷静になった私は、

娘を伴って、もう一度スイミングに行きました。

もう事務室の電気は消えていて、人の気配は無かったのですが、

「誰かいませんか~?」

と声をかけたら、初老の男性が顔を出した。

「トップの方とお話したいんです。」と

声をかけると、ピンときたのか、娘の担当講師が、

授業中の先輩先生を呼びに行きました。

…いや、先輩じゃなくて、お話したいのはトップなんだけど…^^;

すぐに来てくださった先生には

「せっかく来てくださって恐縮ですが、

 授業料を払って来ている子どもたちの相手をしてください。

 トップの方とお話しますので。」

と丁重にお断りしました。

で、結局その初老男性がトップの方だったようで、

事情をお話しすると、

「お母さまが言われるのは本当にもっともなことです。

 担当講師からも事情を聞いて、あらためてご連絡しますので。」

という返事。

その時、娘の担当講師も同席していたので、

念のため、「私が今申し上げたこと、事実に間違いはございませんでしょうか?」

と確認したら、「間違いないです。」

と返事がありましたので、安心して帰宅しました。

その後、1時間ほどして、先輩先生から電話がきて。

「本当に申し訳ありませんでした。

 もちろん、合格ですので、また元気に

 練習に来てください。」とのお話が。

先輩先生には、

先生の言葉は子どもにとって、非常に重いものであるので、

その先生には、その辺をきちんと自覚してほしいということ、

これで、不合格のままだったら、”頑張らなければ良かった。”

という経験をさせることになること、

二度とこのようなことがないようにしてほしいこと、など

申し上げました。

担当講師よりも、トップの方や、先輩先生のほうが誠実に話を聞いてくださり、

即対応してくださったので、やっぱり、泣き寝入りしなくて良かった。


私があんまりエキサイトしてるもんだから、

娘は「ごめんね、ごめんね。」って自分が悪かったみたいに

言うんだもの。

「あなたは全く悪くないんだよ。」って言い続けたけど、

”今回、自分さえ行かなければ、こんなことにならなかった…”

って思っていたよ、うちの娘。

だから、そこのところは、絶対に払しょくする必要があった。

とにかく、できる限りのこと、と思って動いて良かった。

娘の笑顔も戻ったし、今回は一件落着となったので、ホッとしました。


にほんブログ村 子育てブログ 小学生の子へにほんブログ村 教育ブログ 在宅学習・通信教育へにほんブログ村 英語ブログ 親子英語へ





今日も来てくれてありがとう☆
読んでくれてありがとう☆

☆感謝☆

☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆

(おまけ)

”コツコツがんばっていると、やがて力がつき、花が咲く”

これを実感して、また勇気と自信を持って日々がんばろうって

思ってたところに、今回の件だったので、

対応を間違えると、娘のやる気の芽をつぶす、と思って必死でしたよ。


今回上手く解決したことで、がんばることを否定したりせず、

また、前を向いて歩いていけると思います☆
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。