毎度~♪おおきに^^ 2年半の間☆☆☆就学前に何やろう??☆☆☆のブログ名でやってきましたが改名です♪オリジナル家庭教育、英語やら漢検、スピリチュアルに、本はビジネス書から絵本まで!なにしろてんこ盛りでやんす~(^▽^)/ヨロシクねっ!!
スポンサーサイト
--年--月--日 (--) | 編集 |
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
☆本音の話☆
2010年09月13日 (月) | 編集 |
今日は独り言~。

本音を聞き出す、または本音を言うって、結構難しいんだなあ

って思う今日この頃です。

私は、傷つかないように遠まわしに、もしくは、その本音を飲み込んでしまって

無かったことにするってのは苦手です。

歯に衣着せずに言っちゃうほうかもしれない。

”みんなちがって、みんないい”っていうのが根底にあるから、

どんな発想でも、”それは間違ってる”と言うつもりはない。

でも、価値観が違うんですって伝えると、それを聞いた相手は、

自分の存在を否定されたように感じる場合が多いから、ね。

それを経験的に知ってるから、人はそれを伝えるのを躊躇する。

本当は、”みんな違って当たり前”で、そこに合意があれば、

”わたしはこう思う”っていう本音が出てきても、

そうそう波風は立たないと思うんだけど。

そこにはジャッジは無くて(つまり、だから”悪い”という発想はいらない)

ただ、単に価値観の違いがあるだけ。

ただ、普通はそれに留まらなくて、感情ってのがプラスされる。

これは押さえようがないし、わき上がるものだから…

”私はこういう場合、ちょっと悲しいんだよね。”と伝えることができると思う。

そしたら、受け取った相手は、”そうか、価値観が違うから、感じ方が違うんだなあ。

じゃあ、他にもそう思う人がいるかもしれないなあ。

自分の中で検証してみて、次に同じ場面が来たときにどうアクションするか

考えてみよう”

…で、次の展開に淡々と進めれば、禍根を残すことも、

言いたいことを言えずに、

フェードアウトってことも無くなるような気がしている…



自己重要感とか、自己肯定感がしっかりあると、

それを”他の人も持っている”ことに気づける。

そうすると、一人一人が、自分の考えや、感性があって、

それが誰かと違うからといって、問題にはならない。

むしろ、違うから面白いんじゃん。

多様性があるから、いろんものが生み出されていく。

だから、この世界は面白いんだよ。

だからこそ、生きてる価値がある。


…って思うのよ~。


にほんブログ村 子育てブログ 小学生の子へにほんブログ村 教育ブログ 在宅学習・通信教育へにほんブログ村 英語ブログ 親子英語へ





今日も来てくれてありがとう☆
読んでくれてありがとう☆

☆感謝☆

☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆

(おまけ)

昨日はお友達家族がやってきて、うちの近所の小さな川で、

ザリガニ釣りを一緒にやりました☆

道具は全部、パパが用意して…^^

こういうのは、得意な人にまかせちゃうのが賢明~(^m^)

針を使わないし、簡単に釣れて簡単に外せるので、

釣りものとしては本当に楽しいの♪^^

約2時間で、あわせて107匹釣れました☆

バケツの中にはザリガニうじゃうじゃ~っ!!

ま、ほとんどの方はまた川にお帰り願って、

そのうち、小さいのを一匹だけ、わが家の家族として迎えることに

しましたとさ^^

生き物がいると、パパが嬉しそうなので…^^

(世話も全部パパだし。)

長生きしてくれるといいね☆
コメント
この記事へのコメント
信頼感
仰りたいこと、よくわかります。

>でも、価値観が違うんですって伝えると、それを聞いた相手は、
>自分の存在を否定されたように感じる場合が多いから、ね。

ジブンより優れた才能を持ったステキな方に出会った際に
尊敬したり、憧れたりするより先に羨望、嫉妬といった感情に
包まれてしまう方々が多くなったように思います。

あひるさんのよく使う言葉に「感謝します」というフレーズがあります。
上の例であれば、「尊敬できる素敵な方に出会えて感謝します」ってことですよね。
こういう感情を持てる現代人って少なくなってしまったなぁと思いますよ。

感謝したり尊敬できたりという感情って、人や社会との信頼感が満たされているからこそ
持てるものだと思います。
人を信じたり、ジブンを信じてくれる人々との繋がりがあるからこそ
相手を思いやるという気持ちが育まれるのだと思います。
つまり、感謝や尊敬という感情が湧きあがる根底には信頼感という前提が必要なのだと思います。

>本当は、”みんな違って当たり前”で、そこに合意があれば

本当にその通りですよね・・・。
「価値観の相違=相手への否定」というロジックになってしまう風潮としてやはり人を信じたり
相手から信頼されるという経験の不足から発生するような気がします。

>”私はこういう場合、ちょっと悲しいんだよね。”と伝えることができると思う。

スゴイなぁ~。
ちゃんと相手を思いやってやんわり投げ返せるって素晴らしいことだと思います。
なかなか、この一歩を踏み出せるほど相手を思いやる気持ちが持てなくなっている自分に反省です。
2010/09/14(Tue) 10:29 | URL  | おたつ #Ww2RnZJk[ 編集]
おたつさん♪
コメントありがとうございます☆^^☆
…おたつさんの見解はさらに深いですね~!
おお、そうなのか~っって思って拝見しました。

>人を信じたり、ジブンを信じてくれる人々との繋がりがあるからこそ
相手を思いやるという気持ちが育まれるのだと思います。

ホント、そうですよね。
人は人なしじゃ生きられないし、繋がりを大事にするという前提で、コミュニケーションしたいものだと思います。
そういう気持ちとか、感覚とか、自然と相手に伝わっていくといいんですが。
すんなりいく場合もあり、そうでない場合もあり、です。私の場合。

>ちゃんと相手を思いやってやんわり投げ返せるって素晴らしいことだと思います。

…いや、そうしたいんですけどね^^;
実際はどうも配慮とか、周辺視野に欠ける発言が多いみたいで(爆)
直言ってグサッと来たりしますもんね。
言い方には気をつけなくちゃなあって反省すること多いです(汗)
2010/09/14(Tue) 21:26 | URL  | あひる #amS06Jd.[ 編集]
コメントを投稿
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。