毎度~♪おおきに^^ 2年半の間☆☆☆就学前に何やろう??☆☆☆のブログ名でやってきましたが改名です♪オリジナル家庭教育、英語やら漢検、スピリチュアルに、本はビジネス書から絵本まで!なにしろてんこ盛りでやんす~(^▽^)/ヨロシクねっ!!
スポンサーサイト
--年--月--日 (--) | 編集 |
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
☆狂言の本色々☆
2010年08月16日 (月) | 編集 |
すっかり、その面白さにはまってしまった狂言。

こうなると、手元に本を置きたくてしょうがなくなる(爆)

で、図書館で借りてみたり、本屋さんで物色したり。

手当たりしだい捜索(?!)中~。


とりあえず買ってみたのは代表的な作品のあらすじと見どころが分かる

コレ↓

狂言絵本
狂言絵本

絵本って書いてあるけど、実際は解説本に挿絵って感じですかね。

狂言を楽しむには、どんな演目があって、どんな内容なのか?

というのをある程度知っていたほうが良さそうだ、と思って、

まずはざっと掴んでおきたいと思って購入。

本当は台本とともに、現代語訳、見どころなど懇切丁寧な

解説書があったらなあと思うんだけど、

今のところ、見たことないなあ。

独特の言い回しで行われる狂言は、良く良く聞いていないと、

何を言っているのか聞き逃しそうだし、

背景も知らずにすぐにのめりこんで笑えるほど、自分には

簡単じゃないと思うので、

まずはその辺りから勉強しておきたいです☆


これも購入済み↓

まちがいの狂言
まちがいの狂言

作者は既に故人になられたようですが、これは

野村萬斎さんのために作られた作品のようです。

この初演はゆ~のが生まれたころで、それから何回か演じられたようですけど、

最近はどうなんでしょう?

西洋の古典と日本の古典とを上手く融合させた(?!)作品だそうで、

この本には台本(?)が載っているんですけど、

これを読むだけでものすごく面白い。

NHK教育の「にほんごであそぼ」で有名になった”ややこしや~ややこしや~”で

始まる脚本。

”嘘が真で、真が嘘か?”と聞こえてくる通り、二組の”もう一人の自分”に

振り回される滑稽話は秀逸です。

さらに”ややこしや”には”ややこ、こいしや”の掛け言葉ものっかっていて、

それが物語の結末にも繋がっていく。

本当に唸るほど良くできていて、スゴイ作品だな、と。


これ、再演されないかなあ。

チャンスがあれば、是非とも、是非とも、見に行きたいです☆

ちなみに、もちろん、野村萬斎さんが、主演ですけど、

深田先生も出演されてます~^^



購入しようかなあ?と考え中なのがこちら↓

一冊でわかる狂言ガイド
一冊でわかる狂言ガイド

オールカラーであらすじ、見どころ、写真満載♪

実際の雰囲気を想像しやすいです。

大蔵流、和泉流、両方の狂言師が沢山出てるし、

(深田先生も出てます~)まめ知識も色々載ってる。

1300円と言う値段の割にお得な一冊かもしれません。

にほんブログ村 子育てブログ 小学生の子へにほんブログ村 教育ブログ 在宅学習・通信教育へにほんブログ村 英語ブログ 親子英語へ





今日も来てくれてありがとう☆
読んでくれてありがとう☆

☆感謝☆

☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆

(おまけ)

狂言に関するものは片っ端から…

ということで、絵本も図書館で見つけた物を全て予約↓

(もちろん、手元にはもっとあります~)

狂言えほん ぶす (講談社の創作絵本) 狂言えほん くさびら (講談社の創作絵本) かきやまぶし (狂言えほん)

そのうち読み聞かせにも登場するかもしれません^^
テーマ:日本文化
ジャンル:学問・文化・芸術
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。