毎度~♪おおきに^^ 2年半の間☆☆☆就学前に何やろう??☆☆☆のブログ名でやってきましたが改名です♪オリジナル家庭教育、英語やら漢検、スピリチュアルに、本はビジネス書から絵本まで!なにしろてんこ盛りでやんす~(^▽^)/ヨロシクねっ!!
スポンサーサイト
--年--月--日 (--) | 編集 |
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
狂言体験☆番外編☆
2010年08月08日 (日) | 編集 |

ゆ~のが、今、直接ご指導頂いているのは、

深田博治(ふかたひろはる)先生です。

一番上の写真が先生です~。

(他にも、月崎晴夫(つきざき はるお)先生がいらしてますっ!)

野村万作さん、野村萬斎さんのお弟子さんで、万作の会にいらっしゃいます。

全国を飛び回ってさらに海外公演にも行かれている。

…なんかすごい人に教わっちゃってるよ??(滝汗)

メジャーな習いごとと違って、狂言師人口は少ない。

ここからは想像なのだけど、狂言って、

単純に興業だけではやっていけない世界なのかもしれない?!

と思う。

大学や、カルチャーセンターで教えたり、

自治体が頼めば、子どもたちの狂言教室もやるし、

常に忙しそう。(毎日、大移動が普通みたいです)

古典芸能に親しんでもらおうってことももちろんあるだろうけど、

(そうじゃないと、お客さんの層を厚くしていけないもんねえ。)

ハードスケジュールをこなさなければ、なかなか収入的にも

厳しい世界なのかなあ??

(野村萬斎さんみたいに、超人気狂言師になっちゃうと違うかな?と思うけど。)

伝統芸能だからって特別に国から色々と手厚くされているわけでもなさそうだし、

(一部助成金はあるようだけど)

人間国宝になってさえ、国から年間200万円もらえるだけだという。

(…あくまでもネットで見た情報なので、実情は違うかもしれませんが。

 お金の話は直接伺ったりできませんしねえ。)


…ま、逆にそういう感じだからこそ、トップ層の方々にも、ご縁があれば、

直接教えてもらうことが可能な業界なのかも。

層が厚い分野ではなかなか考えられない環境かもしれません。


知らない世界の一端を垣間見るチャンスがあればある程、

自分がいかに狭い世界に暮らしているかが良く分かります。

なんていうの。狭くても深~いって場合もあるけど、

私の場合は、浅くて狭いなあって。(爆)

知らないことが本当に多いなあ。でも、だからこそ、知れば知るほど面白いし、

人生ってワクワクだなあって☆^^☆

…ま最後はそこですな。^^

にほんブログ村 子育てブログ 小学生の子へにほんブログ村 教育ブログ 在宅学習・通信教育へにほんブログ村 英語ブログ 親子英語へ





今日も来てくれてありがとう☆
読んでくれてありがとう☆

☆感謝☆

☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆

(おまけ)

そろそろ夏休みも折り返しです~。

忙しいからか、本当に飛ぶように過ぎて行きます。


パパも忙しくて、なかなか3人そろってのんびりってわけに行かないんですけど、

揃うと色々と熱く(?!)しゃべってます。

…今、「クルーザーって何?」という質問がゆ~のがしたら、

クルーザーの基本構造、屋形船、軍艦などとの違い、(性能特性)

係留について、免許について、海苔船について…などなど、

色んな知識を語りまくってます。

本当に、雑学を良く知ってるなあって、そばにいて、いつも感動です☆

(私は、全くそういうところが無いので…^^;;)
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。