毎度~♪おおきに^^ 2年半の間☆☆☆就学前に何やろう??☆☆☆のブログ名でやってきましたが改名です♪オリジナル家庭教育、英語やら漢検、スピリチュアルに、本はビジネス書から絵本まで!なにしろてんこ盛りでやんす~(^▽^)/ヨロシクねっ!!
スポンサーサイト
--年--月--日 (--) | 編集 |
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
なるべくジャッジしない。
2010年07月17日 (土) | 編集 |
「なるべくジャッジしない」

…これは、心情としてはマイナスのジャッジってことになるんだけど。

いつも頭にあることです。

で、大事にしようと思って気をつけてるけど、多分、100パーセントは守れてない

んだろうな。

でも、あきらめずに(?!)大事にし続けようと思うんだけど^^


なんで、この思考をするようになったかと言うと、

何年か前に読んだある本(題名は失念してしまった 汗)

の冒頭にこんな感じのシーンが出てくるの。

これが、ずっと心に残っていて。


  静かな電車内では兄弟と思われる幼い兄弟だけが騒いでいる。

  そばにその男親と見える人物が、二人を注意することなく

  黙って座っている。

  それを見たAは、”なんで注意しないんだろう!親なのに。”と

  と思う。そして、とうとう我慢できなくなって男親にこういった。

  「あの子たちの親ですよね?彼らを静かにさせてくれませんか?」

  すると、その男親は

  「…ああ。すみません。今朝、妻が亡くなって、その病院から

   帰るところなんです。…もう、どうしていいか分からなくて…」

   と頭を抱えてうなだれたのだった。

   Aは、事情を知って、さっきの苛立った感情がすっと引いていった。

   と、同時に憐れみとも、同情ともいえるような感情が湧いてきて

  「…それは、本当にお気の毒です。今の私にできることがあったら

   おっしゃってください。」と

   思わず申し出たのだった。



このシーンが何を伝えているかと言うと、

事実は一つでも、事情を知っているか知らないかによって、見方はかなり違ったものに

なるということ。

または、物事は、自分の解釈したいように解釈しがちで、その物事の背後にあるものを

見落としがちであること。

もしくは、物事は一面的に見ると多面的に見るのとでは違った見方ができること…

などなど、まあ、回りくどく色々と書きましたけど、

乱暴にまとめると、

”物事は自分の価値基準で見てしまいがちで、それが正しいと思いこむとき、

 盲点ができやすいものである。”

ってことなのかな。。


…もちろん、これは自分にも当てはまる。

なるべくジャッジしないようにしようと思うけど、自分なりの正義とか

自分なりの正しさってあるからね。

とくに利害が絡んだ場合、感情が揺さぶられる場合には

見落とすことが増えるのかもしれない。


たとえば、車を運転してるとするじゃない?

遅い車が前にいてなかなか進めないときには

「あ~。あの車、交通違反で捕まったばかりで運転に慎重になってるのかな?」

なんて思うし、

せっついてくる車がいる時には

「あらら、きっと、トイレが切羽詰まってるのね~。トイレに早く会いたいのね~」

って思って、イラっとするのを意識的に回避する。

これは、私の習慣。

とりあえず、自分の都合じゃなくて、”相手はこんな感じかも?”って想像してみる。

的外れなこともあるだろうけど、とりあえず、

こう思うとイライラしないし^^



”こうすべき””ああすべき”という発想が私に全然ないわけではない。

でも、できるだけ、一歩引いて、想像してみる自分でありたいなあ、と

最近、あらためて思っています。


にほんブログ村 子育てブログ 小学生の子へにほんブログ村 教育ブログ 在宅学習・通信教育へにほんブログ村 英語ブログ 親子英語へ





今日も来てくれてありがとう☆
読んでくれてありがとう☆

☆感謝☆

☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆

(おまけ)

マイナスのジャッジをしないって結局楽なんだよね。

イライラしないし、怒らなくていいし。

感情的にやりきれないときには、悲しくなることもあるけど、

それでも、”人それぞれだしなあ”って思えるし。


…って、こんなこと書くと、非常に温厚な人間に一瞬感じるでしょうけど、

いや、別にそんなことないし~^^;;

自分の中にストレスを持ちこまない一つの方法として、

これっていいかも~♪って思ってるんだってことで☆




  

  

  
コメント
この記事へのコメント
ご無沙汰しています♪
歳を重ねるにつれ、無用の争いを好まなくなりました。

この記事に、近い状態です。

女性ばかりの職場ですが、お陰様で平和に過ごせていますよ。

ただねぇ・・・。

人や物事に対して執着がなくなってきて・・・、

裏を返せば、無関心ってことかも?



仕切りたがりの親分肌の人には、

すっかりナメられてるような気がする。

他人との違いを認められず、

ただ他人の上に立ちたがる、

「ヤンキー的思考」がある人の言動には、我慢ならないものがありますね。

表向きは温和にしつつ、

「そういう言動が、あちこちでトラブルになっているのに・・」と感じつつ、

「そういう方は、自分も言われていることが分からないんだ。いずれ痛い目にあったらいいわ」と、

関わりを拒否してしまう・・・。

やっぱり無関心なんですかねぇ・・・。

2010/07/21(Wed) 16:28 | URL  | 近さん #-[ 編集]
同感~
なかなかできないけど

こころがけたいです。

ありがとう。
2010/07/27(Tue) 20:58 | URL  | びん #DOWayF8E[ 編集]
納得!
こんにちは、はじめてコメントしますが、子供が1歳ぐらいのときから時々読ませていただいてます。

前向きに生きる、ってことが具体的に分かった気がしました。

今度実行してみまーす。
イライラしなくなったら子供に対してももっとプラスのことばがけができるかもって思ったんです。

いい情報をありがとうございました。
2010/07/28(Wed) 17:38 | URL  | 年中女児ママ #-[ 編集]
近さん♪
ごめんなさいっ!!
しばらく、忙しさにかまけて放ったらかしにしてました~。

私も、年とともに丸くなったかも~。
(…身体も一緒に^^; 爆)
昔はとがってたんですけどねえ。
色んなところにぶつかっているうちに多少角が取れたのかもしれません。

私のは無関心とは逆かなあ?
相手の状況に興味を持つことによって相手をよく知ることができたらいいなあ、そしたら、分かりあえるかなあ?って感じでしょうか。

平和に過ごすためのやり方も人それぞれですね~^^
2010/07/29(Thu) 10:38 | URL  | あひる #amS06Jd.[ 編集]
びんちゃん♪
コメ、ありがと~。

こちらこそ、いつもありがとね~^^

びんちゃんにはお世話になりっぱなしだわ☆

そして、いつもすごいなあ☆って尊敬のまなざし送ってます♪
2010/07/29(Thu) 10:40 | URL  | あひる #amS06Jd.[ 編集]
年中児ママさん♪
いらっしゃいませ~☆
コメントありがとうございます^^

>前向きに生きる、ってことが具体的に分かった気がしました。

なんだか、ステキ♪♪
私のほうがドキッとしました☆

わたしも、前向きに生きるぞ~っ!!
( *´艸`)

2010/07/29(Thu) 10:45 | URL  | あひる #amS06Jd.[ 編集]
コメントを投稿
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。