毎度~♪おおきに^^ 2年半の間☆☆☆就学前に何やろう??☆☆☆のブログ名でやってきましたが改名です♪オリジナル家庭教育、英語やら漢検、スピリチュアルに、本はビジネス書から絵本まで!なにしろてんこ盛りでやんす~(^▽^)/ヨロシクねっ!!
スポンサーサイト
--年--月--日 (--) | 編集 |
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
コーチング覚書☆その1☆
2010年02月24日 (水) | 編集 |
ひょんなことからコーチングセミナーに誘われ、

なんとなく参加することになってしまいました(笑)

   …出会いって突然だわ。^^


コーチングってコミュニケーションスキルのこと。

で、これはぶっちゃけ”日常会話”のことなんだってさ。

コーチの語源は馬車。

人を乗せて行きたいところに連れて行ってくれることから、派生した言葉らしい。

にゃるほどねえ。


とりあえず、習ったことを復習するためと、シェアするために

色々と書き連ねていくことにします~。


注) ( )はあひるの補足です☆


~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

☆ 記憶の話

   記憶するのは最初は海馬。(→短期記憶)

   ここに置いておけるのは48時間までで、それ以降繰り返しがないと

   脳は「必要ない」と判断して忘れていく。

   (忘却曲線の話もあり。でも自分の認識とちょっと違ったので割愛)

   記憶を継続するためにはこの48時間の間にできれば複数回思い出すこと。

   そうすると、脳が「これは大事」と認識して、

   その記憶を大脳皮質に蓄える。(→長期記憶)

   例としては、宿題。学校で習って48時間以内の復習のチャンスがあると

   定着しやすいので、これは理にかなっている。

   脳に情報が入ってきたとき、リラックスしているときが一番入りやすく、

   緊張状態にあるとなかなか入らない。

   (→これは、いわゆるα波が出ている状態のことでしょう。

     代表的なのは、お風呂やトイレなどの空間にいる時。

     でも、潜在的に記憶するにはΘ派が出ている入眠時などが最適)

   (だから、授業で緊張を強いる先生よりも、笑いを挟みながら、

    リラックス状態で参加する授業のほうが効率が良いということになる。

    …うちの講師陣は講談か?はたまた漫談か?っての、得意でっせ~ 笑)




…長くなりそうだなあ。

続きはまた今度にしよ~。

…って、まだ全然コーチングの話に入ってないよね?!^^;


にほんブログ村 子育てブログ 小学校低学年の子(1,2,3年生)へにほんブログ村 教育ブログ 在宅学習・通信教育へにほんブログ村 英語ブログ 親子英語へ





今日も来てくれてありがとう☆
読んでくれてありがとう☆

☆感謝☆

☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆

(おまけ)

1月26日にメールフォームからご質問くださったOさん。

ごめんなさいっ。

メール今日気づきました(^▽^;;)

”先取りに弊害はありませんか?”との趣旨のご質問ですが、

わが家の場合は問題ないです。

学校も楽しく行ってますし^^

ただ、どうお感じになるかは個々によって違うと思いますし、

基本的には、Oさんの直観が一番だと思いますよ☆^^☆



(こちらをご覧になっている全ての皆さまへ)

ご質問頂いたものに直接お返事差し上げることはしていません。

公開質問で良ければ、ブログ上でできるだけお答えしますので、

ご希望の場合には、その旨お知らせくださいね。^^

ただし、全てのご質問にお答えできるかどうか分かりませんので、

対応できない場合もありますことをご了承くださいませ~。
コメント
この記事へのコメント
管理人のみ閲覧できます
このコメントは管理人のみ閲覧できます
2010/03/01(Mon) 09:33 |   |  #[ 編集]
コメントを投稿
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。