毎度~♪おおきに^^ 2年半の間☆☆☆就学前に何やろう??☆☆☆のブログ名でやってきましたが改名です♪オリジナル家庭教育、英語やら漢検、スピリチュアルに、本はビジネス書から絵本まで!なにしろてんこ盛りでやんす~(^▽^)/ヨロシクねっ!!
スポンサーサイト
--年--月--日 (--) | 編集 |
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
朝の読み聞かせ(4年生)
2010年02月09日 (火) | 編集 |
先日、朝の読み聞かせで初めて4年生を担当しました~。

中学年ってさ、”ツボはどこ??”って感じで、

選書は結構悩んだんだけど、

結局家にある本で対応。

もう、やぶれかぶれで”えいやっ!”って感じだったんだけどね。

予想に反して?!(…いや、ある意味予想通りか)

盛り上がりました~☆

やっぱり、絵本は面白いものに限るわ。


その日は珍しく、始まる時間になっても先生がいらっしゃらないし、

机を移動してスペースを作る気配もないし、

”あれ?教室間違えちゃった??”って感じだったんだけど、

間もなく先生もいらっしゃって、数分遅れてのスタート。

こういうときは、まだ気持ちが絵本に向いてないから、

まずは集中してほしいなあと思って、予定の本の順番を変えることにする。

最初はこれ↓

まちがいペンギン
まちがいペンギン

全体の読み聞かせで一度登場済みなんだけど、

季節的にも良いかな?と思って再登場です。

この絵本は見開きでひとつの展開になっていて、

「ペンギンは…と言われている。でも、それは間違い。」

みたいな提示があって、その隣のページにその理由がナンセンスに展開されるという

構成なの。

だから、見開きいっぺんに見えちゃうと、種明かしを見せながらやる手品みたいで

つまらない。

ということで、理由のページは前もって全て別の紙で覆っておく、

という工夫をしてあります。(もちろん、自分でね☆)

こうやっておくと、子どもたちの興味を引き付けやすいし、

紙がめくられるたびに”おお~♪”ってどよめきや、笑い声が聞こえてきて、

やってるほうもすごく楽しいんだよね☆



これで楽しい雰囲気になってきたところで、本日の実験本、

「えほん寄席」の登場~~♪♪↓

えほん寄席 抱腹絶倒の巻
えほん寄席 抱腹絶倒の巻

これは、NHK教育の同タイトル番組が絵本になったもの。

この中から「動物園」をやりました。

これ、CD付きの絵本で、実は、絵本より、CDがメインじゃないか?

と思ってます。

(ゆ~のが幼稚園のころから買い始め、現在出版されているものは

全て持ってます~)

ゆ~のは、これが大好きでねえ。

幼稚園の頃は、いつの間にか覚えてよく落語を披露してくれたっけ。

懐かしいわ。

…おっと、脱線しましたね^^;


普通の落語は、手振り、身振りもセットで見せて、臨場感を味わうけど、

このCDはそれがなくても十分に伝わるように配慮された構成になっています。

そこがスゴイっ!!

で、逆に言えば、素人でも読み方次第で、その臨場感を伝えやすいんじゃないかな?

って考えたわけです。

それで、

発音道場で鍛えたシャドーイングでね、このCDを使って練習してから、

本番を迎えましたともっ。(笑)

やってみたら、意外としゃべってる人は早口なんだな、とか、

聞かせるための間とか、リズムを変えてるところはここだな、とか、

色んな発見があって、面白い♪


本番では、「これは、絵本って言うよりも、聞こえてきたお話を

自分の中で人物を想像しながら楽しんでほしいの。」

と、絵には頼らないように、一言添えて、演じて(?)みました☆


これが、大受け☆^^☆

意外といけるじゃんっ、自分♪(←自画自賛 爆)

先生まで喜んでくださって

「いや~っ、とっても面白かったですっ!!」って

ニコニコ言われちゃいました☆(笑)




今年度はしんみりするお話、感動を狙った選書もしてみたけど、

やっぱり、私の基本は「お笑い」だわ~(^m^)


にほんブログ村 子育てブログ 小学校低学年の子(1,2,3年生)へにほんブログ村 教育ブログ 在宅学習・通信教育へにほんブログ村 英語ブログ 親子英語へ





今日も来てくれてありがとう☆
読んでくれてありがとう☆

☆感謝☆

☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆

(おまけ)

久々で申し訳ない~。

しばらく、体調不良だったのもあるし、書かなくなっちゃうと、

ついつい腰を上げるのが億劫になっていたのもあり(爆)

また少しずつ書いていきます~。

過去記事にこっそり埋めていく記事もあるので、

その辺もひとつヨロシクです(笑)
コメント
この記事へのコメント
落語のCDつき絵本なんてあったんですね!
おもしろそう!
うちには子供向けの落語CDがあるのですが、確かにプロの噺家は全然違います。
CDからおもしろい空気が漂ってきてますもの。
きっと子どもたち喜んだでしょうね(^v^)
2010/02/09(Tue) 08:27 | URL  | rickymom #-[ 編集]
rickymomさん☆
コメントありがとうございます^^
落語のCDつき絵本、良いですよ~!
大人が聞いていても思わず笑っちゃいます^^
子供向けの落語CDは今までにもいくつか試してみたことがあるんですが、
娘はこのシリーズが一番好きです。
クリアな音であること、最初からリスナーのために作られた作品であることなどを考えると、非常に優れものだと思います。

今回、味をしめたので、またこのパターンで読み聞かせ(?!)するかもしれません(^m^)

2010/02/09(Tue) 08:51 | URL  | あひる #amS06Jd.[ 編集]
落語は人気らしい
お久しぶりでございました(^^;)

4年生ってちょうど中間?に位置するらしく、結構扱いが大変と聞いています(汗
私も来年度は2年生より上の学年を持つことになりそうなんで、決まってないのに今からドキドキしてます・・w

落語系って人気みたいですよね。
毎月読み聞かせの予定表に必ず1冊載ってます。
1年生なんかは「地獄のそうべえ」が好きみたいですし^^

選書に当たり毎回足りない頭を毎度悩ませておりますが、あまり深く考え過ぎてもNGなんですよね。

とりあえず自分が読んで面白そうならやっえみよう!!って感じで。

今年から絵本ナビで毎月絵本を取り始めました。
珍しく娘も読んでくれてるのでホッとしてます。
これを機会に母のように本の虫になってくれぇぇl~と願うのですが、理数アレルギーの私に実験好きになれと言うのと同じなんですよねw
無理強いせずに、少しずつ・・ということを今さら学びました(^^;)

毎度参考になる記事に感謝です^^
2010/02/09(Tue) 09:44 | URL  | るな #iL.3UmOo[ 編集]
るなさん♪
ご無沙汰でした~^^;
あははっ。

落語、NHK教育でも長いことやってますし、人気なのはよくわかります。
面白いですもんね^^
うちの娘も年中さんから落語にはまってますもん。

かつて、「じゅげむ」を読んだことがあるんですが、(これは川端誠さんのシリーズのです)こちらは、本当に絵本で、絵も共に楽しむことができるから、低学年でも行けると思いますが、今回の絵本は、もしかしたら中学年以降のほうが良いかも?と思っています。
「じごくのそうべえ」も面白いですよね。
ちょっと下品なのが、また低学年に受けそうな感じです^^

本も語学も理数系も、いろいろと好みがありますもんね~。
ま、その辺は個性ってことで、ね^^
2010/02/09(Tue) 11:35 | URL  | あひる #amS06Jd.[ 編集]
コメントを投稿
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。