毎度~♪おおきに^^ 2年半の間☆☆☆就学前に何やろう??☆☆☆のブログ名でやってきましたが改名です♪オリジナル家庭教育、英語やら漢検、スピリチュアルに、本はビジネス書から絵本まで!なにしろてんこ盛りでやんす~(^▽^)/ヨロシクねっ!!
スポンサーサイト
--年--月--日 (--) | 編集 |
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
教え過ぎないほうが良いと言うけれど。
2010年01月07日 (木) | 編集 |
算数は、特に「教え過ぎては芽をつぶす教科」と言われることがよくあります。

やり方を全部一から十まで教えてしまっては思考力が育たないとか。

…それって段階によるよね??

と思ったりする今日この頃。

この言葉をうのみにすると、原理原則に当たるところまで、

本人が発見するのを待たねばならないのか?

なんて極端な話にもなってきそうです。

(…いや、それはあまりにも無謀でしょ。

 先人の知恵を集結して教えるように体系化されたのが算数だとしたら、

 それを一から解明しようって言うのは、ねえ??)


たとえば、教科書にあるような内容は、”発見学習”を推奨する授業が行われる

ようになって、易しい内容しか扱えないようになった

なんて、言われることがある。

(発見を待ってたら時間がいくらあっても足りないからねえ。)

そうじゃなくて、原理原則は教えて良い。

むしろ、そこでそういう考えるための材料をちゃんと頭に入れる時期が必要で、

材料がそろったら、だんだん料理できるようになって行くというか。

材料が少ないときは料理の種類も限られるじゃない?

でも、沢山の材料がそろってきたら、料理もバリエーションが広がる。

そこには当然センスも問われるわけで、同じ材料を持っていても、

出来あがってくる料理は人それぞれだったりして。

…なんてたとえ話が続いてしまったけど、算数、数学もある程度はこんな感じかな?

と思います。

まれに算数、数学的センスがものすごくよくて、それこそ、教えなくても

どんどん発見理解する子も中にはいるでしょう。

そういう子には「あまり、教え過ぎてはいけない」も最初から通じるかもしれないけど、

一般的には、「基本ルールはしっかり教える」

これが原則だと思います。


で、じゃあ、その基本原理が組み合わさった問題はどうするの?

って話だけど。

大人の目から見たら、「これもあれももう分かってるんだから、それ組み合わせるだけじゃん」

な問題でも、ぱっと見て気づいて解ける子もいれば、

どう組み合わせているのか、見当もつかない子もいる。

ぱっと見て気づける子はもちろんんそれ以上教える必要はないわけで、

どんどん応用に進んで行ったら良いと思うけど

(ただし、これも大抵の場合、スモールステップのほうが無難です。)

なかなか気づけないこの場合には、

「もう教えたことだけで出来るんだから、考えろっ!」って言われても、

むしろ遠回りな場合が往々にしてある。

”組み合わされた段階で、未知の領域”なんだもん。

ちゃんと目の付けどころやら、どう分解して理解していけばいいのか、

順に提示していくほうが、後々生きてくる場合がある。


”この基本からちょっと応用になったところ”について、ちゃんと本人が

腑に落ちるように導いてやれるかどうかが、実は非常に大事だと思うのよ。

それは、「型にはめてパターンで解く」を教えるってことじゃなく、

その前の段階だろうと思います。

その”ちょっとした応用”的なものがどんどん腑に落ちて行って、

頭の中でネットワークを勝手に作っていくようになったら、

そのあと、それを駆使して、解法に頼らずとも、解ける問題が出てくるんじゃないかな?

大抵の場合。

算数、数学の場合、答えは一つでも、解法は沢山ある!

っていうのが普通だし、だから、自分の答えと、解説がだいぶ違った

アプローチだなあ、なんてのは良くあることです。

だから、「こう解かなければならない!!」ってのは実は非常に危険なんじゃないかと

思います。

腑に落ちる解き方ってのは、また人それぞれ、感性によって異なるものだし、

”この解法は自分には合わないなあ”と思いながら、それしか選択できない

ってのも、本来の学ぶ楽しさを遠ざけることのような気がします。


だから、解法は色んなものをバンバン見せてしまっても良いけど、

解き方は個々に任せる。

こんな寛容さがあったら良いんじゃないかなあ。

にほんブログ村 子育てブログ 小学校低学年の子(1,2,3年生)へにほんブログ村 教育ブログ 在宅学習・通信教育へにほんブログ村 英語ブログ 親子英語へ





今日も来てくれてありがとう☆
読んでくれてありがとう☆

☆感謝☆

☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆

(おまけ)

糠に含まれるオリザノールが、コレステロール低下を促す

として、注目されているとテレビで見ました。

なんかね、えさに混ぜてマグロに吸収させると、そこに蓄積した

オリザノールを人間が摂取できるでしょ?

それで、脱メタボ、またはメタボ予防に♪って考えてるみたい。

オリザノールって哺乳類よりも魚類のほうが蓄積されやすいんだってさ~。


…そんなこと言ったらさ、ぬか漬けをバンバン食べれば同じ効果ない?

米も極力精米せずに、玄米で食べたら良さそうだよね~。


…なんて話でパパと盛り上がった午前中でした^^
コメント
この記事へのコメント
お久しぶりにお邪魔します♪
お年賀ありがとうございます。
めちゃくちゃ嬉しかったです。
で・・・お邪魔しましたら・・・♪

相変わらずの、「のびのび子育て」に感服しています(^^)
算数の考え方、ちゃっかりメモらせていただきました(^^)V
・・・って、最近ちゃんと見てあげられていないんですが・・・(^^;

ゆ~のちゃんもすっかり、しっかりご成長されて♪
これからも、とっても楽しみですネ♪

うちの子達も、ほったらかしにもメゲず、たくましく育っています♪
つくづく、子供ってたくましい~♪

それでは、また、お邪魔します!よろしく♪

2010/01/07(Thu) 12:49 | URL  | orion #-[ 編集]
orionさん☆
うわ~っ!!!
来てくれてありがとう♪^^
またつながって嬉しいです☆

お子さんたち、たくましく育ってるのね♪^^
素晴らしい~☆

算数は、自分が気になるので、これからも結構書くと思います^^
参考になると言ってもらえたら、すごく嬉しい☆

今年1年、お互い充実した素敵な年になりますように…(*^▽^*)
2010/01/08(Fri) 07:54 | URL  | あひる #amS06Jd.[ 編集]
今年もよろしくです^^
新年明けましておめでとうございます。
今年も宜しくお願いします(^^)

まだ短いおつきあいではございますが、いつも身になる記事をUPしていただいて感謝&感謝です!!

国語と算数は基礎が大切ですよね。
この基礎固めがきちんとできてないと、私のように重度のアレルギー疾患に陥ります(^^;)

教え過ぎが良くないというのもわからなくはないのですが、その子によっても違うような気がします。思考力の問題?になるのかしら。。
ある程度導いてあげればそれでOKな子もいれば、最初からきちんと説明してあげないとダメな子もいますしねぇ~

あとは好き・嫌いの問題もあると思いますが・・w
お友達の娘さんで(小5)国語は常にトップ、作文力・読解力共に担任が太鼓判押すほど優れてるらしいです。
なのに、算数がNG。特に文章題・・・

私自身を振り返ると妙に納得なんですけどね(^^;)そのママさんにしたら「何で~?!」みたいな感じらしいですが。

またまた話がズレてしまいました;;
算数において型にハマった覚え方は危険て、何となく理解できます。
掛け算なんかは基本は九九を暗記ですが、概念?と言いますか、掛け算の意味もきちんと把握していないと割り算でつまづきますもんね。

ああ・・ついまた長文になってしまいました(><)
どうもあひるさんちに来ると熱く語ってしまうクセが(汗
そんなら自分の記事で書け!!ですよね;;

こんな私ですが、今後とも宜しくお願いしますv-10
2010/01/08(Fri) 08:57 | URL  | るな #iL.3UmOo[ 編集]
るなさん♪
いつもコメントありがとうございます^^
…熱く語っていただきまして…☆
こちらこそ、今年もよろしくお願いします!

そうですよね。まず基礎。
そして、なるべく嫌いにさせないこと。
生来の向き不向き、得手不得手はどうしてもあるし、好き嫌いもある程度はしょうがないかなあとは思うけど。
算数、数学は後天的に伸びるもの、という説がありますし、そこは本人の努力と環境でどうにかできると信じたいものです。

それには、大抵の場合、スモールステップが無難だと思うんですよね。
”分からない、ムズカシイ”=”だから嫌い”って言うのが多いと思うし。

逆に言うと、階段のかけ方さえ間違わなければ、ちゃんと力のついていく教科なんじゃないか?とも思います。
2010/01/09(Sat) 06:27 | URL  | あひる #amS06Jd.[ 編集]
コメントを投稿
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。