毎度~♪おおきに^^ 2年半の間☆☆☆就学前に何やろう??☆☆☆のブログ名でやってきましたが改名です♪オリジナル家庭教育、英語やら漢検、スピリチュアルに、本はビジネス書から絵本まで!なにしろてんこ盛りでやんす~(^▽^)/ヨロシクねっ!!
スポンサーサイト
--年--月--日 (--) | 編集 |
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
【edu子育てエピソード】1月号特集 子どもを幸せにするお母さん…??
2009年12月02日 (水) | 編集 |
ウェブedu 「みんなの子育てエピソード」のトラバに参加です~^^

”子どもを幸せにするお母さんになるために”

だってさ。

この投げかけ方は、実はわたしの感性にはちょいと合わないんだけど…^^;

ま、思うところを書いてみよ~っ♪


みんなさ、幸せになるために生まれてきたっていうじゃない。

だからさ、基本は他力本願な幸せじゃなくて、自力で幸せになれるのが

人間だって、わたしはそう思ってるんだよね。

ただ、ひとりで生きていけないのも人間だからね。

人とどんな風に関われるのか?そこは幸せ感に大いに関係してくる。

それが小さな子どもにとっての親ならなおさら。

でも、それでも、わたしは”娘を幸せにしてあげよう!”なんて思わないな。

わたしがしてあげなくても、彼女はちゃんと自分に必要なものを

引き寄せ、手に入れ、そして、毎日幸せに暮らしてる。

それを毎日目にしてるから。

もちろん、私や、パパが娘と大事に関わって、愛情を注いで育ててるけど、

なんていうかな、それは一方的に「してあげてる」ことじゃなくて、

双方の心地よさを引き出すことで成り立っていることであるんだと思うし。


「してあげる」って言葉の響きが実はわたしは好きじゃない。

なんか、”一方的、上から目線”ってイメージなんだよね。

(でも、もしかしたら、自分も使ってるかもしれないんだけど 爆)

ちなみに、”心配なの”って言われるのも嫌だ。

”あ~。信頼してないのね”って感じるから。

(この辺は個々の感性に由来する話だから、”わたしは違う”って人も

 いるだろうし、そこを否定するつもりはないので、

 突っ込みはナシでお願いします(^^))


人が生きていくにはいつも相手が存在して、そこにはエネルギー交流があるんだと思う。

で、どうせだったら、

お互いの思いやりを持ってあったかいエネルギー交流をしたいと思う。

それは、立場がたとえ親子だって変わらないと思うんだよね。

…ま、生きてれば色々とあるから、色んなエネルギーが飛び交うって

いうのが実際だと思うけど(^▽^;;)


…と。そんなこんなで、このトラックバックのテーマの問われ方に

わたしとしては違和感を感じるんだ~。

(…んじゃあ、トラバすんなよっ? はは^^;)

ま、結構違和感を感じる場面ってあるから、それを取り上げてみるのも

たまにはいいかと。

ね♪^^

にほんブログ村 子育てブログ 小学校低学年の子(1,2,3年生)へにほんブログ村 教育ブログ 在宅学習・通信教育へにほんブログ村 英語ブログ 親子英語へ





今日も来てくれてありがとう☆
読んでくれてありがとう☆

☆感謝☆

☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆

(おまけ)

現実逃避中~。

あ~。チラシ仕上げなくちゃ~。

うちの会社のチラシ、全部わたしが手書きで書いてます☆

PCで作ろうかなあって思ってぼそっとパパに言ったら、

「いや、手書きのほうが良いよ」って。

うん。そだね。そうだよね~。

分かってるさ。

…さて、仕事に戻るか。(爆)


(予約投稿記事です☆)
コメント
この記事へのコメント
はじめまして
はじめまして!
通りすがりの、二児の母ですv-22

おっしゃられていることが、
あまりにも同感すぎて、
思わずコメントさせて頂きました!

親が「幸せにして<あげる>」という言葉は、
親(大人)が偉くて優れている・・・という、
大人サイドの思いあがりだと、
私は思います!

子どもの人生は子供のもの・・・
幸せになるのは、彼ら自身の力によるもの。

親は、ほんのちょっと、その手助けは
するけどね・・・

親が子供にしてあげるべきことは、
その子の存在そのものを受け止めて
認めてあげること

お勉強も習い事も、二の次でいいんだと、
私は、思ってますv-221
2009/12/02(Wed) 00:35 | URL  | ハッピークローバー #kYqJMkw.[ 編集]
ハッピークローバーさん♪
はじめまして^^
ようこそいらっしゃいませ☆
そして、熱いコメントありがとうございます。

大人は子供よりちょっと先に生まれただけですしね。
確かに先導的役割が必要なこともありますけど、個として、しっかり存在するわけだし。

まあ、お互い人間として思いやりをもって、過ごしていけるのが良いなあと私は思ってます。

2009/12/02(Wed) 07:38 | URL  | あひる #amS06Jd.[ 編集]
自分で掴むもの^^
思い切り共感できるなぁ・・という気分で読ませていただきました^^

私の持論では幸せは与えてもらうものというよりも、自らの力で掴むものだと考えてます。
まぁ、ちょっと複雑な家庭環境だったので必然的にそう思ってしまうのかもですが(^^;)

一般的に親が子供の幸せを願うのは当たり前だし、してあげたいとも思うでしょう。
でも全てにおいて親が準備してしまうと自立心がない子(親のいいなり)になるのでは?と思います。

すごく極端な例ですが、学校入学に色々な手段を使う保護者も居ますよね。
それって本当に子供のためになるの?って疑問です。

私の母が見返りを求めるタイプで、今は口グセのように「してあげたのに、アンタは私に何してくれた?」と言ってきます。
シルバシュタインの【おおきな木】ではないですが、親の愛って無償なものだと思うんですよね~
子育ては自分への教育だし、子供から与えられたり教えたりされることも必ずあると思います。

何だか話の内容が違う方向へ向かってますね、スミマセン(^^;)

2009/12/02(Wed) 10:39 | URL  | るな #iL.3UmOo[ 編集]
るなさん♪
うんうん。わたしも自分で掴むものって思うわ。
子どもも自分の人生を歩いて行くんだし。^^

無償の愛も、ほんとそうよね。
それを注げる対象が存在するってすごいことだなあ、幸せだなあって思うし^^

基本は対等な人間関係かなあって思います。
相手がどんな人であっても。
(…あ。話がそれた??笑)
2009/12/02(Wed) 12:51 | URL  | あひる #amS06Jd.[ 編集]
コメントを投稿
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。