毎度~♪おおきに^^ 2年半の間☆☆☆就学前に何やろう??☆☆☆のブログ名でやってきましたが改名です♪オリジナル家庭教育、英語やら漢検、スピリチュアルに、本はビジネス書から絵本まで!なにしろてんこ盛りでやんす~(^▽^)/ヨロシクねっ!!
スポンサーサイト
--年--月--日 (--) | 編集 |
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
メグさんの女の子・男の子からだBOOK
2009年10月28日 (水) | 編集 |
これは子供向けの性教育の本です。

メグさんの女の子・男の子からだBOOK
メグさんの女の子・男の子からだBOOK


この本を娘に与えるのには、そりゃあ、少しは躊躇もありました。

時期は適切なんだろうか?

娘の中に戸惑いはないだろうか?

…でも、さらっと話してしまえる時期はそんなに長くないはず。


アマゾンから届いたその日にさっそく興味を示し、でも、検定前だったので、

しばらく本棚で出番を待ってましたが。

本日、思い出したように「この本読んでいい?」と聞かれましたので、

「いいよ~。」と即答。

とうとう、この日がやってきたかと、内心ドキドキです☆

娘は一気に読みました。

時に「へ~!そうだったんだ~?!」とか、

「○○ってどういう意味?」とか、リアクションを交えながら、それはもう真剣に。

「…ママもしたの?」と聞かれた時には、ドギマギしてしまいましたけど(爆)

「ま、人間は誰でも同じだよ。」

と表面上はさらっと流し。(笑)

娘に感想を聞くと、

「色んなことが一気につながった。納得した!

 すごく面白かった~っ!

 この本大好き♪」と

非常に好感触。

どうやら、受け入れには成功したようです。(^ー^)b

それから、性行為でうつる病気の話など二人でして、

「自分の身を守るのにとても大事な知識なんだよ。」と付け加えました。

正しい知識を持っていると、性犯罪に巻き込まれにくくなると聞きます。

何も知らないほうが、その状況に引きずり込みやすく、そして大人に告げ口する

危険も減るので狙いやすい、ということみたいです。

(ま、これは年齢にもよるでしょうけど)

実は私、性犯罪に巻き込まれる一歩手前まで行ったことがありまして…。

多分、4歳か5歳くらいだったと思うんだけど、

ひとつ上の近所の男の子とその知り合いのお兄ちゃん(多分、20歳前後くらい)

と3人で遊んだことがあって、

いつの間にか人気のない山のほうに連れて行かれて、

裸にされちゃったんだよね^^;

でも、その年齢のころって、裸になるの、そんなに抵抗ないから、

大して気にならなかったんだけど、

そのお兄ちゃんが、ひとつ上の子に向かって「この子を好きにしていいぞ」

って言ったのよ。

で、その時初めて、「なんか変だぞ??」と思ったけど、

そのひとつ上の子も、そう言われてもどうしていいかわからなかったんでしょうね。

わたしに何もしなかったの。

結局それだけ済んで、「大人に言うなよ。」ってお兄ちゃんが言ったから、

わたしはますます「これは変だ!!」って思ったんだろうね。

帰宅して、すぐに母にことの顛末を告げたのよ。

そしたら、ひどく驚いてねえ。

多分、相手のうちにすぐ連絡したんじゃない?

お兄ちゃんと、そのお母さんとで、謝りに来たよ。

それで、「ああ。なんだか、大変なことだったんだな。」って幼いながらも

やっと理解した。


わたしがラッキーだったのは、おそらく

そのお兄ちゃんと二人きりじゃなかったこと。

すぐに親に言ったから、これ以上エスカレートすることがなかったこと。

この2点だと思う。

ただ、もしも親に「知らない人についていかないこと」

「裸にされそうになったり、触られそうになったりしたら、拒否すること、抵抗すること」

と教えられていたら、また状況は違ったのかもしれない。


娘は今のところ、そういう危ない目には合ってないけど、

この先行動範囲が広がって、段々と目が届かなくなっていく。

一人で行動するとき、どんなことに気を付けていればいいのか?

自分の身を自分で守るために、必要な知識の一環として、性教育も

あると私自身は思ってます。

にほんブログ村 子育てブログ 小学校低学年の子(1,2,3年生)へにほんブログ村 教育ブログ 在宅学習・通信教育へにほんブログ村 英語ブログ 親子英語へ





今日も来てくれてありがとう☆
読んでくれてありがとう☆

☆感謝☆

☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆

(おまけ)

わたしさ~。

公園でも怖い思いをしたことあるんだよ。

女子トイレでね、手を洗って出ようとしたら、男の人が入ってこようとしてたの。

で、「こっちは女子ですよ~」って言おうとしたら、

いきなり刃物を突き付けられて、(多分、カッターナイフかなんかだと思うんだけど)

「声出すなっ!!」って凄まれて。

とっさに、”そっか、声だっ!”って思ったから、大声出したさ。

そしたら一瞬ひるんだから、その隙に逃げた。

あれは、一歩間違えば新聞出ちゃったかも?!ってぞっとしたわ~。

いざというとき、どう動けるかって重要だよね。

だからいろんなシミュレーションをしておくのはとっても良いことだと

個人的には思ってるよ。

…芋蔓式にまだまだあったなあ、といろいろ思い出したけど、今日のところは

この辺でやめておくことにするっ☆

気分のよい話じゃないしね。^^;


読んでて不快になっちゃった方いたらごめんね。


ま、自分の身を守るには知識と知恵と機転が必要って話でした☆


明日もきっと素敵な1日☆

☆すべてに感謝☆
コメント
この記事へのコメント
タイムリーです
我が家も、変な情報が入る前に
正しい性に関する事を絵本で
読めたらな~と物色してました。
ご紹介いただいた本も見てみます。

あひるさん、怖い目にあったんですね。
私も小学校低学年の時、
妹と二人だけで祖母の家へ
向かっていた時、
フェリーの中で20歳くらいの男の人に
タバコの火を押し付けられました。
ウィンドブレーカーに火を押し付けられて
あっと言う間に服に穴!
その時は怖くて怖くて声も出ず、
妹とトイレに逃げ込みました。
今でも歩きタバコをしている人を見ると、
後ろからとび蹴りをくらわせたいくらい
トラウマです。
人事ではなく、巻き込まれるかも!と思って
子どもには回避の仕方を教えておかないと
いけないですよね。
2009/10/29(Thu) 01:18 | URL  | あき #-[ 編集]
あきさん♪
おはようございます^^
コメントありがとう!

今情報溢れてますもんね。
学校で習う前に色んな事が自然とはいってきそうだし。
この本、とても良かったですよ^^
絵が豊富で、イメージとしてもつかみやすいと思います。
色んな本を見比べて買ったわけではないのだけど、アマゾンでも高評価だったし。

あきさんは、たばこで怖い思いをしたんですね。
それはびっくりしたでしょう~。
トラウマになってしまうようなことから子どもたちを守って行きたいなあとますます思いました。

回避の方法大事ですよね。
とっさに動けることが運命を分けることもあると思いますし。
わたしも積極的に教えていこうと思います。
2009/10/29(Thu) 08:05 | URL  | あひる #amS06Jd.[ 編集]
昔の時代だと性的な話題とかは親から教わったりなどなかったと思います。
でも、今の時代は早めにが良いのでは?と感じたりしますね。

NHKなんかでもリアルに子供ができる体の仕組みとか放送してましたしね^^
娘もそれ観てました。

しかし・・・
過去に怖い思いされたんですね。
まして刃物なんか見たら大人だってどうして
いいかわからなくなるし・・・

自分で自分の身を守ることは大切ですね。
神経質になりすぎるのもよくないですが
一人歩きなど一人での行動時は危険と
隣り合わせだということを娘にも理解して
欲しいなと思います。
2009/10/29(Thu) 11:01 | URL  | るな #iL.3UmOo[ 編集]
るなさん♪
そうですよねえ。
性の話題って親からはなかったですね。
今は、色んな絵本もあるし、世間的な認識も少しずつ変わってきているように思うので、そういう意味では良い時代かもしれません。

NHKでそんな番組あったんですか?!
それは知りませんでした。
見たかったなあ。

わたし、振り返ると他にも結構怖い思いしてるんですよ。
いずれも無事に過ぎたので、トラウマも無く来てますけど^^
(何かが守ってくれたんだろうなあと思ったりします)

ホント、神経質になり過ぎると、かえって引き寄せちゃいそうですから、その按配は大事でしょうね。
基本的に、そういう危険に遭遇する確率は低いわけですし。
でも、そのうえで、色んなことを想定してみたり、一緒に考えてみたり、これからもしていきたいです。^^
2009/10/30(Fri) 06:46 | URL  | あひる #amS06Jd.[ 編集]
コメントを投稿
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。