毎度~♪おおきに^^ 2年半の間☆☆☆就学前に何やろう??☆☆☆のブログ名でやってきましたが改名です♪オリジナル家庭教育、英語やら漢検、スピリチュアルに、本はビジネス書から絵本まで!なにしろてんこ盛りでやんす~(^▽^)/ヨロシクねっ!!
スポンサーサイト
--年--月--日 (--) | 編集 |
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
教職課程が6年に?!
2009年10月23日 (金) | 編集 |
[教員]養成課程を6年に延長 民主党政権が導入へ

・教員免許更新制を廃止へ=来年度に新制度検討"文科省 - 時事通信社

↑もう、ソースが消えちゃったよ~^^;すんません。

まだ生きてたのはこれ↓要旨はわかると思います~

教員養成課程6年制へ 文科省が調査費要求



教員採用試験といえば、今でもかなりの狭き門。

自治体にもよるのでしょうけど、”実力があってもコネが無いとなれない”

そんな話がよく聞こえてくるのもそれを象徴しているかもしれません。

だから、教員免許を取得しても、最終的に先生にならない、もしくは、

なれない、ということは多々あるわけで。

そのリスクも承知で教職課程をとってきた…

ま、最終的に先生に仮になれなくても、他も視野に入れて考えることはできるわけだし。

…これが今までの簡単な流れでしょう。


でも、この6年過程が採用されるとなると、気軽に教職にチャレンジ、というわけに

ますます行かなくなるのではないか?と思います。

他の法科大学院、薬科大学院など、その道にかなりの確率で進む道が用意されている

のとは違って、この6年間が終わっても全員または、それに近い形での

教員免許を行使するような就職ができるとは限らず、非常にリスクの高い

進路の一つになるかもしれません。

(だって、6年間終えて先生になれなかったときに、つぶしが利くかどうか考えたら、

かなり難しいと思いませんか?)


まして、6年も大学に通うとなると、4年通うよりも、グンと経済的負担が

増えるわけで、そういった理由から、、

本来適性のある若者が、夢をみる前にあきらめてしまう、

そんなことにもなりかねないような気がしています。


教職だけじゃないでしょうけど、こういう専門職って適性があるし、

それが必要だと思うんだよね。

でも、それはやみくもに、教育課程の時間をかけることで

培われるのではないはずで。

たとえば、その適性をみる前に、最初から経済的なふるいにかけるっていうのは

いかがなもんなのでしょうねえ。

(奨学金制度もあるじゃないか、と反論がありそうですが、ことはそう簡単じゃ

ないと思われます。)



教員免許の更新も、制度として始まったばかりなのに、これも中止。

代わりに10年ごとの講習ですか。

免許の更新は個人的にはあったほうがいいと思うのよね。

先生になってはみたけど、適性がなかった、って場合はやっぱりあるし、

公務員だから、その立場は無条件に守られるっていうのはちょっと違う気がする。

だから、チェック機関は必要だし、先生としての自負と自覚を持って、

仕事をしていただけたら嬉しいなと思ったりもします。

(もちろん、そんなものなくたって、日々奮闘されている先生方がほとんど

 なのは百も承知ですけど。)

要はいつチェックされても、いいですよ、どうぞどうぞ、という先生ばかりだったら、

この手の話も出てこないんじゃないかと思うので、

日ごろ全く問題ない先生にとっては、チェックがあろうが無かろうが、関係ない

話かもしれません。

(…結局、戦々恐々としちゃうこと自体が、

 ”自分に自信がない”って態度じゃないの?ってイメージですか。)




にほんブログ村 子育てブログ 小学校低学年の子(1,2,3年生)へにほんブログ村 教育ブログ 在宅学習・通信教育へにほんブログ村 英語ブログ 親子英語へ





今日も来てくれてありがとう☆
読んでくれてありがとう☆

☆感謝☆

☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆

(おまけ)

娘の担任は若いけどよい先生です。

今3年目だけど、本当にしっかりされていて、きめ細やかな学級運営をされている

と思う。

この先生が今後採用されるかもしれない制度を通過したとしたら、

今、先生としようやく1年目ってことか。

もし、そうだったらそれってもったいないよなあ。


わたしも教育関係を見てきて長いけど、適性って、本当にあるのよ。

それこそ、生徒時代でも、見てるとある程度は分かる。

そして、子どもと関わる時、年齢なんて実は関係ないし、

経験不足を補って余りある情熱と工夫と愛情を注げることも

沢山ある。


通り一遍の制度を整備することよりも、”熱意ある適性のある人物”

をちゃんと採用していくほうが、この国の教育はずっと良くなると思うんだよね。

だって、人は人によって育てられるんだから。

子どもにとって関わる大人の存在は非常に大きい。

人間的に魅力ある人に、先生になってもらいたいなあと、

親としては思うのです。


(2009.10.19 記)
コメント
この記事へのコメント
はじめまして^^
ブログ村からワープしてきました^^

教職も6年の話が出てるんですね・・
何だか最近色々と変わりつつあって着いていけない自分が居ます(^^;)

小1の娘は薬剤師になりたいと言い、年齢的に夢が変わる可能性大ですが、薬学も6年制になったと知り、トホホ~です(><)

長く勉強できるのはある意味良いことですが、記事でも書かれてるように当然のことながら経済的負担が増えるわけですよね。

まだまだ何年も先の話ではありますが、記事タイトルに惹かれてコメさせていただきました(^^;)

2009/10/27(Tue) 17:12 | URL  | るな #iL.3UmOo[ 編集]
るなさん♪
ようこそいらっしゃいませ☆
お返事遅くなってごめんなさい^^;

色々と変わってますよねえ。
専門職に就くのにどんどんハードルが高くなってますもん。実際。
ただ、この制度の運用実績でまた変わる可能性はあるわけで、お嬢さんの頃がどうなるかはまだ分かりませんし。

薬剤師さん、素敵な夢ですね^^
わたしの友人にも何人かおりますが、すごい仕事だなあと常々感じております。
2009/10/28(Wed) 22:46 | URL  | あひる #amS06Jd.[ 編集]
コメントを投稿
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。