毎度~♪おおきに^^ 2年半の間☆☆☆就学前に何やろう??☆☆☆のブログ名でやってきましたが改名です♪オリジナル家庭教育、英語やら漢検、スピリチュアルに、本はビジネス書から絵本まで!なにしろてんこ盛りでやんす~(^▽^)/ヨロシクねっ!!
スポンサーサイト
--年--月--日 (--) | 編集 |
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
☆10月10日のお仕事☆計算カルタ☆
2009年10月11日 (日) | 編集 |
さてと。2番目にやったのは

(計算カルタ)

です^^

これ、100均に売ってるのよ(^m^)

計算式が書いてあるカードと、数字だけが書いてあるカードがセットになってるの。

これを2組買って使いました。

カルタってさあ、エキサイトするじゃない?

で、手が重なると、”どっちが上??先??”でもめたりなんかして^^;

これが嫌だったので、事前にハエたたきを用意しました。

…いまどきってあんまりハエたたき置いてないよね。

集めるのに結構苦労したよ(笑)

これは、うちの会社のK先生が使ってた技で、良いなあと当時から思ってたので

真似させていただいちゃいました☆

(K先生、ありがとうございます^^)


さて、カルタは数字カードのほうを取り札として並べます。

2組買ったのでそのまま2組をテーブルへ。

…この辺が工夫かな?

なんといっても、8人が一斉にカルタに向かうので、結構な迫力に

なっちゃいそうでしょ?

だから勢力を分散するためにも2組あったほうが良いかな?と思って。

やり方はわたしが読み札の計算式を読みあげたら、

答えがわかった人がその数を言ってから、ハエたたきでカードを

たたく、って流れ。

この方法だと、間違えたら仕切り直しができるし、当たってたら、計算に

出遅れても、正しい答えを聞いて、もう1枚のカードを探すこともできる。

…つまり多少の実力差があっても、チャンスは結構あるんだよってこと。

中学生と小学生が一緒にやるので、何かしら工夫やハンデをつけないと

盛り下がっちゃう場合があるからね。

その辺はバランスをよ~っく見ながらね。^^


カードがどんどんなくなってきて最後の2枚になったら、

そのカードをめぐって、全員でわたしとジャンケン勝負です。

それで最後のカードは平和的に引き取ってもらう。

そうじゃないと、危ないから。(^▽^;;)


後で感想聞いたら、小学生の女の子が一番面白かったゲームに

これを選んでくれました☆


さてさて、また長くなっちゃうね~。

続きはまた次回だなあ。

(10月18日 記)
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。