毎度~♪おおきに^^ 2年半の間☆☆☆就学前に何やろう??☆☆☆のブログ名でやってきましたが改名です♪オリジナル家庭教育、英語やら漢検、スピリチュアルに、本はビジネス書から絵本まで!なにしろてんこ盛りでやんす~(^▽^)/ヨロシクねっ!!
スポンサーサイト
--年--月--日 (--) | 編集 |
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
娘の場合の集中力の引き出し方と脳特性の話。
2009年09月08日 (火) | 編集 |
似たような題、似たような中身でかつて書いたような気もしますが…

たぶん、集中力って、つけるものじゃなくて、持っているものを引き出すって

ことなんじゃないかなあとぼんやり思う。

(それはきっと能力全般について言えることだと個人的には思うんだけど)

集中するのが得意な人、苦手な人ってやっぱりいるし、それは脳特性にも

関わってくることだから、根性論を持ち出して云々するのはなんか違う気がしている。

そして、その引き出し方は人によってぴんと来るやり方がいろいろあって、

時に専門家の言うことはアテにはならない。

(…って、それはどんなものでもそうかっ  爆)



娘の集中力をどうやって引き出そうか?

今まで色々と試してきた気がする。

それは成長段階で徐々に形を変え、現状はこんな感じに落ち着いている。


それはまず、、見通しを話すこと。

たとえば、”算数10分、国語25分、英語25分の配分でやるよ。”

 など具体的な数値を示すこと。

そして、”内容はこれ”と明示すること。

そんな感じで、まずはイメージを掴む作業をする。

そして、大事なアイテム、ストップウォッチ。

ストップウォッチで時間を計りながら、経過時間を

ささやいてやると、一番集中力を発揮する。

何でもそうなんだけど、計測するのが好きなタイプ。

そして、1時間くらいの勉強だったら、休み時間はむしろないほうがいい。

休むと集中が途切れるから、ダメなんだと本人が言う。


学習内容はぶっちゃけ管理している。

(もちろんそれはコアなものだけで、本人が好きでやっている調べ物や、

 その他の自主的な学習には関与してませんが)

全部自分で段取りして、自学自習こそ大事って意見もあると思うけど、

娘にとっては今その段階ではないと思うからね。

まだ先読みできないし、段取りが出来る段階でもない。

それは一緒に何かやる中で徐々について行けば良いこと。

先を急ぐ必要はない。

彼女が欲している状況を実現できるようにサポートする役目は

まだ終わっていないと感じている。

…そのうち、そのお役目も干されるだろうけど(笑)



”もっと勉強したい!もっと本が読みたい。もっと遊びたいし、工作したいし…”

ゆ~のはいつもやりたいことありすぎなんだよ~(^▽^;;)

学校始まるとやっぱり忙しいなあ~。(溜息)


だから、何でも集中してこなすってのは、生活の上で必須なのかもしれないです。



にほんブログ村 子育てブログ 小学校低学年の子(1,2,3年生)へにほんブログ村 教育ブログ 在宅学習・通信教育へにほんブログ村 英語ブログ 親子英語へ




今日も来てくれてありがとう☆
読んでくれてありがとう☆

☆感謝☆

☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆

(おまけ)

脳特性について色々と読む機会があって。

ギフテッドとか、LDとか、その一種とされるディスレクシアとかさ。

障害ってひとくくりにされちゃう場合もあるみたいだけど、

そうじゃなくて、個性なんだなあってあらためて思ったのよね。

脳の基本形が仮に球だとしたらさ、

どこか突出した能力があると、その分へこむ能力もある、みたいな。

で、たいていの場合は、触ってみると色んなところがでこぼこしてるんだけど、

遠目で見ると大した違いがない。

遠目で見ても違いが分かるって場合が、天才だったり、特殊能力の持ち主だったり

するのかな。

(…ここで、「でっこり ぼっこり」って絵本を思い出したあなたは

 あひると感性が似てるかも?! 笑)

結局、”みんなちがって、みんないい。”だから、

”みんなちがって、あたりまえ”みたいな。


たとえば、自閉症の方は、時に喜んでいても怒った顔になっちゃったり、

そっぽ向いてるようでも、自分の中ではめちゃめちゃ楽しんでたりする場合が

あるんだって。

そういうことがあるってこと、今まで知らなかった。

(感情表現が苦手な場合があるとは聞いていたけど、こう具体的に想像したことは

 無かった)


…自分の中にある常識って何なんだろう?

いつの間にか感覚的に正しいと思いこんできたことが、ある場合は

そうではない。

これは、見逃してきただけで、実は今までも沢山あったんだろうと思うの。

心の目をしっかり開ける自分になりたい、と、

ますます思う今日この頃なんでありました。

コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。