毎度~♪おおきに^^ 2年半の間☆☆☆就学前に何やろう??☆☆☆のブログ名でやってきましたが改名です♪オリジナル家庭教育、英語やら漢検、スピリチュアルに、本はビジネス書から絵本まで!なにしろてんこ盛りでやんす~(^▽^)/ヨロシクねっ!!
スポンサーサイト
--年--月--日 (--) | 編集 |
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
☆ ご指摘に感謝します ☆
2011年01月30日 (日) | 編集 |
先日の記事に人名の間違いがありまして、ご親切に教えてくださった方が

いらっしゃいました☆

本当にありがとうございました~(^▽^)/

感謝します☆


大人になると、こうやって、教えてくださる方は、本当に貴重でありがたいです。

間違いの指摘とか、ちょっと気づいたこととか、

思ってはいても、本人にまで伝えることって、なかなか無いものです。

それを伝えてくださるってどんなにありがたいことか。

エネルギーもいることですしね。


主に私の主観で書いてるブログですが、いろいろと間違いはあると思います。

その都度気づいた方が教えてくださると、非常に助かります。

一方的なお願いではありますが、今後とも

是非ご指摘ください♪

その先に生かせますので大変嬉しいです(*^ー^*)


つたないブログですが、今後ともよろしくお願いしますm( _ _ )m
スポンサーサイト
テーマ:子供の教育
ジャンル:学校・教育
内申に泣く。
2011年01月29日 (土) | 編集 |
埼玉県の私立高校入試も、ほぼ結果が出てきた。

あとは一部の難関校くらいか。

もう少しで県公立入試である。


毎年のことだけど。

内申に泣く子が出る。

成績は良い。外部テストでは素晴らしい成績をとる。

学校のテストのできもよい。

でも、肝心の成績(内申)に反映されない。

そういう子がいるの。


なぜか?

内申はテストの成績だけが反映されるんじゃない。

提出物、授業中の態度、そして、先生の印象。

そんなものが大きく加味されるのが普通。

”テストの点数さえ良ければ良いんでしょ?”は通用しない世界なのだ。


先生も人の子、生徒の好き嫌い、印象の良い、悪いは多分ある。

…どうしたら、内申が良くなりそうか?悪くなっちゃいそうか?

見当付くでしょ?


女の子は、比較的内申で泣くことは無い。。

ゼロじゃないだろうけど、少ないのよ。

でも、男の子は、意外とあるんだなあ。

ちょっとそりが合わなかったり、つい、馬鹿にした態度を取っちゃったり。

年齢的にちょうど大人に疑問を持ったり、反抗してみたくなる時期とも

重なるから、それがストレートに出ると、

先生から反感をかう。

人間、嫌な気持ちってお互い言わなくても伝わっちゃうもんだ。

(良い感情も言わなくても伝わっちゃうけどね^^)


公立高校へ進みたい場合、できるだけ、内心で損したくないよね?

埼玉の場合、試験重視に段々戻ってきているとは言え、それでも、

内申が足りなければ、受けたい学校を受けられないし。

(受けても受かりません。)

先生に媚を売る必要は無いけど、お互い平和に日々過ごせるように

したほうがいいよね。


で、これは中学になったらいきなり気をつけましょう~!じゃなくて、

小学生のうちから家庭でできることがあると思うんだ。

まずは、定番だけど、

  先生の悪口を言わないこと。

  できるだけ良いことを見つけて褒めること。

人間良いところも悪いところも抱き合わせで持ってます。

だから、どっちかにフォーカスが偏るとそれだけで見方が大きく変わる。


それから、

  子供に完璧を求めないこと。

あれこれ、やかましく完璧を求められる日常にあると、

素直なうちは自分も完璧であろうとするし、そして、だんだん周りにも

それを求めるようになる。

もちろん、先生にも。

大人代表として接することが多い先生は、子どもの前で失敗もするし、

意外と、完璧じゃない姿をさらしてることが多いはず。

これを糾弾する体質にこどもを育てちゃうと、先生との関係を

壊すのも容易です。

”人間だれでも失敗するし””人間だれしも完璧じゃないし”

って寛容さを持てると、自分にも親にも先生にも優しくなれるんじゃないかなあ。

それには、やっぱり、子どもに完璧を求めないことが大事なんじゃないかな?

と思うの。


そして、できれば

  謙虚体質を育てておく。

ってこと。

これは自分が伸びていく自信があるからこその謙虚さと言うか。

何からでも、どんな場面からでも、自分は学ぶことがある。

って思えたら、(要は素直ってことかもしれないけど)

そういう子って伸びるんだよね~。

経験から、本当にかしこい子は総じて謙虚です。

ちょっとっ賢い子は、ついつい鼻にかけちゃったりするんだけど、

そうやっているうちはまだ浅いって言うか。

でも、この謙虚の話、一歩間違うと、臆病とか、

間違った方向へ行きがちなので、

(あくまでも学ぶ姿勢の謙虚さだから)

取り扱い注意なんですけどww。




人間関係、努力だけじゃんどうにもならないこともあって、100%上手く行く

方法なんて無いけどさ。

でも、人間関係を上手くやれるかどうかで、実は進路にも影響大なんだよってことで。

先生と生徒の関係は、社会に出た時の上司と部下の関係の練習にもなるのかなあ?

なんてこともよぎったりして。

人間どこまで行っても人間関係だよね~…とも思う。


わたしなんて、いつまでたっても、ずっと修行中ですわ(^ー^;;)


にほんブログ村 子育てブログ 小学生の子へにほんブログ村 教育ブログ 在宅学習・通信教育へにほんブログ村 英語ブログ 親子英語へ





今日も来てくれてありがとう☆
読んでくれてありがとう☆

☆感謝☆

☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆

(おまけ)

にほんブログ村 子育てブログ 小学生の子へにほんブログ村 教育ブログ 在宅学習・通信教育へにほんブログ村 英語ブログ 親子英語へ





今日も来てくれてありがとう☆
読んでくれてありがとう☆

☆感謝☆

☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆

(おまけ)

口の両端が切れちゃって、口を大きくあけるのが辛い。

で、すぐ治るだろ~って思ってたのに全然治らない。

…これなんなの??って思って、

パパに聞いたら「口角炎だよ。」って。

こんなの人生初だわ。

胃でも悪いのかと思って、いろいろネット検索してみたら、

胃は関係ないみたい。

乾燥とか、ちょっと隠れた病気があるときとか、色々あるみたいだけど、

基本的にビタミンB12不足が関係ありそう。

ああ。そういえば、生卵と、納豆、最近食べてなかったなあ。

パパがビタミン剤を買ってきてくれたので、それを飲む。

そして、乾燥から守るために、リップクリームを口の両端をカバーするように

マメに塗る。

そしたら、みるみるよくなった。

…最初から知ってたらもっとリカバー早かったのになあ。

結局完治までに半月かかったわ。

ま、次なったら対処法は分かってるし、経験積んだってことでww

本日の能狂言(その2☆「磁石」)
2011年01月25日 (火) | 編集 |
さて、先日の続きです。

解説の後は、いよいよ狂言♪

「磁石」という演目でした。

シテは人間国宝の野村万作さん。

多分80歳くらいなんだけど…。

あの身のこなしは、どう見ても30歳は若く見えるっっ。

いや~。続けて何度も跳んだり、華麗に前転したり。

さすがだねえ。いつまでもお元気で舞台にいるお姿を拝見したいもんです。

アトは、去年ゆ~のを教えてくださった、深田博治先生。

いつ拝見しても、楽しそうなオーラ出てます☆

沢山の演目の長台詞が頭に入ってるんだよねえ、と思うと、

ますます尊敬です。


「磁石」の概略は…

ある田舎者が上京する途中の街を歩いています。

そこに上手く近寄ってきた男。

身内の知人と偽ります。

(”オレオレ詐欺”みたいなセリフ回しなんだよね~。

 ”3軒めの隣に住んでいて、随分お身内に世話になりまして…”

 なんて、近寄ってきた男は、一言も自分の名前を言ってないのに、

 ”ああ~、じゃあ、おばさんが良く世話をしていた○○さんですか~!”

 みたいな感じで、上京途中の田舎者にに言わせちゃう。

 室町時代から、そんなのあったのか?!なんて感じです。)

上手く言いくるめられた田舎者は、男に勧められるままに茶屋で休むことにします。

疲れたので、田舎者がひと眠りしている間に、聞こえてきた会話は、

この茶屋は、人身売買を商いとしていて、男は田舎者を売り飛ばすために連れてきた、

という話。

これは、逃げ出さねば…と思った田舎者。

いや、このチャンスを上手く使おうと、茶屋の主人を逆に騙して、

男が受け取るはずだった金品をせしめ、

男の知らぬ間に出ていきます。

騙されたことに気づいた男は、田舎者を追いかけますが…


ってな感じです。

なんで、「磁石」なのか?って言うのは、これから出てくるんですが。

最後まで書いちゃうと、なんだかまずい気がするので書きません。

興味のある方は、狂言関連本で調べてみると、あらすじは出てくると思います。

結構メジャーな演目だと思うよ~♪

そして、非常に分かりやすい狂言でした☆


にほんブログ村 子育てブログ 小学生の子へにほんブログ村 教育ブログ 在宅学習・通信教育へにほんブログ村 英語ブログ 親子英語へ





今日も来てくれてありがとう☆
読んでくれてありがとう☆

☆感謝☆

☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆

(おまけ)

昨日は、テニスの後に、プラネタリウムに行きました♪

今年はひそかに毎月連れて行きたいと思ってるので、

1月も下旬ですが、強行突破です☆

盛り沢山な内容だったけど、さすがに何度もプラネタリウムには来ているので、

ゆ~のも色々と頭に入っているよう。

よくわかって面白かった♪とご満悦でした^^

パパとの交換日記には冬の星空を(部分的にだけど)再現していて、

なんだか、嬉しかったな。

私にとって収穫だったのは、冬の大三角の覚え方~。

コーラのペプシならぬ、「ベプシ」で覚える!って言うやつ。

べ=ベテルギウス(オリオン座)
プ=プロキオン(こいぬ座)
シ=シリウス(おおいぬ座)

これなら、一発だわ~☆

さて、2月は家族で行けたらいいな♪
本日の能狂言(その1☆殺生石 解説)
2011年01月23日 (日) | 編集 |
昨日、府中の森劇場で、狂言を見てきました~。

詳しくは、まず、能(殺生石)の解説があって、

それからら、狂言「磁石」。

そして最後に能「殺生石」という形での公演でした。


その日はパパの仕事があるのに、強行軍で行ったので、

結局最後の能は見ず。

ま、解説を聞いて趣旨は分かったし、一番見たかったのは狂言だったので、

全然OKです☆


「殺生石」というのは、今も那須岳にあるそうなんですが、

その字のごとく、”人を殺してしまう力がある石””傍に近づくだけで死んでしまう石”

という石のことのようです。

下学集(かがくしゅう)という辞書(これは、室町中期の国語辞書で、

お坊さんが諸国をめぐるうちに集めた口伝によるお話を

集めた物も収録されているようです。)に

「犬追うもの」というお話がのっているそうで、

これがもとになったと言われているらしい。


京が国の中心であったころ、それより東の国(関東)や、陸奥(みちのく)

からは行きかう人もほとんどいなかった。

だから、京の都人にとっては、ほとんど情報の無い場所だから、想像するしかない。

それで、”得体のしれない場所”=”妖怪や化けものが住むところ”

というイメージがあったそうです。

そうやって、摩訶不思議な場所である、東日本のことを、

”こんなことがあるらしい””あんなことがあったらしい”とまことしやかに

囁きあって、怖いもの見たさを楽しんでいたような、そんな時代。

能・狂言の成立年代は室町時代と言われていますから、その頃の人たちは

そういう感覚を持っていたんだなあってことなんですねえ。

(”怖いもの見たさ”という感覚は現代人だって持っているし、結局

 本質のところは、人間変わらないんだよねえって逆に思うけど)


能とは、本来、1番から5番まで通して演じられていたそうで、

(最近は、あまりそういうことはないそうです)

”祝福に始まり、祝福に終わる”と言われる芸能だそう。

1番は、神様をお迎えするために翁が出てきてその場を清める能。

2番は、修羅能といって、化け物を成仏させる能。
     (災いは、妖怪や化けものの仕業と考えられていた時代ですから)

3番は、女物。女性が主人公で幽玄を表現する能。

4番は、狂いもの。狂うとは芸能のことで、
      精霊になりきって喜怒哀楽を表現する能。

5番は、妖怪変化の能。鬼(=病や、たたり)をやっつけたりすることで、
     平和な世界に戻ることを表現する能。
     (殺生石は、この5番能です。)

…ってそんな構成だったんだって。

狭い世界に暮らしているがゆえに、想像力たくましく生きていた時代。

そして、妖怪も神様も身近に感じられていた時代。

そういうものが能を通して伝わってくるのは、面白いなあって

あらためて思ったわ。

温故知新な感じ♪♪


まだまだ解説は続きまして。殺生石のお話に続くんですが、ま、そこは

割愛します♪

教えてくださったのは林望さんと言う方でした。

なんか、大学の講義のようなお話。

貴重な解説ありがとうございました~☆



…狂言について書く前に、長文になってしまったので、

次に続きます☆

にほんブログ村 子育てブログ 小学生の子へにほんブログ村 教育ブログ 在宅学習・通信教育へにほんブログ村 英語ブログ 親子英語へ





今日も来てくれてありがとう☆
読んでくれてありがとう☆

☆感謝☆

☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆

(おまけ)

万作の会の、野村万之介さんが去年の12月に亡くなったそうです。

万作さんの弟さんでまだ71歳。

公演予定がまだびっしりHPにありますから、突然だったんでしょうねえ。

万之介さんの狂言は一度しか拝見していませんが…

とても残念です。

謹んでご冥福をお祈りします。
最近の朝勉。
2011年01月20日 (木) | 編集 |
…別にまわし者ではありませんがww。

思考力算数練習帳シリーズ、今気に行って使ってます。

漢字パズルや、ビルディングパズルなどもやったけど、

今やっているのは、これ↓

思考力算数練習帳シリーズ 6 どっかい算
思考力算数練習帳シリーズ 6 どっかい算

「四則計算のみで解ける難しい文章題」というテーマの一冊。

ようは、長文問題なんですが、関係ない数字とか、

エピソードとか、そんなのがずらずら並んでるわけです。

この中から必要なものを正確にピックアップして解いてね♪

って趣向。

日本語を正確に読む訓練と、言葉の取捨選択、イメージして解く、

などを狙って導入。

最初は”??”な顔をすることもあったけど、

今はスゴイ勢いで解いてます。

ここまで人間って変われるのねwwってひそかに思った教材。

出会いに感謝。ありがたや~。


それとこれ↓

思考力算数練習帳シリーズ 5 倍と単位あたり量
思考力算数練習帳シリーズ 5 倍と単位あたり量

単位当たり量になれる、という意味で導入。

これも、結局日本語力&イメージ力なんだなあ。

”270円の3倍は(  )円。”

なんて書いてあると、良く読まないで、反射的に(90)

なんて入れました、娘(爆)。

最近、そういう間違いは無くなったので、これも進化♪

(間違えなくなってから、ノーミス記録が続いてます☆)


以上2冊を各2ページと、基礎トレ2枚が彼女の朝の勉強です。

時間が余れば、読書なり、工作なり、

彼女の好きな時間をすごしてもらって、

6時45分からリトルチャロ視聴。(朝ご飯スタート!)

7時までに食べ終わっていればシャキーンを見て、

7時半に家を出ることを目標に☆

…って、なぜかここ数日がんばってます☆

(朝勉が続くなんて、超久しぶりだわ~ww)

ちょっと前まで、遅刻ギリギリの生活だったからね~。

(8時くらいに出て行くことも。^^;)

スゴイ進歩♪

「朝、早く行くほうが色々余裕があるし、お友達とおしゃべりできるから

 嬉しいの~♪」

って頭に切り替わったようですww


いや~。

勝手に進化していくわ~。

ありがたや~。

にほんブログ村 子育てブログ 小学生の子へにほんブログ村 教育ブログ 在宅学習・通信教育へにほんブログ村 英語ブログ 親子英語へ





今日も来てくれてありがとう☆
読んでくれてありがとう☆

☆感謝☆

☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆

(おまけ)

娘に「ブロマイドって何?」って聞かれた。

そういえば、最近ブロマイドなんて聞かないよなあ。

作問背景やその題材によって、時代を感じる教材に出会うことがある。

で、聞かれる”今はあまりなじみが無い言葉”の意味。

ま、ホントは辞書引くように言えばいいんだろうけど、

ついつい発作的に応えてしまう(爆)

でも、無視するよりは良いか。

自主的に辞書引いてることもあるしね。

思わぬところで出会う、初めましての言葉。

こんなのも、語彙の外堀を埋めてることになるのかな。








成長は突然やってくる。
2011年01月19日 (水) | 編集 |
娘の視覚的処理能力が劇的に伸びた。

(…ってどこかに書いたっけ?^^;)

以前は、…というか、本の3か月前とはその正確さ、スピードが

格段に上がっている。

とはいっても、これは当人比なので、一般的にどうか?ということは

問題にしていない。

これは読書に没頭するようになった時期と連動している。

(読書、というよりも、より、活字、って感じかな。)

それより前は、借りてきた本を読まずに返すことも結構あったし、

家にある絵本ばかり、集中的に眺めていたこともよくあった。

私は「人生に必ずしも読書は必要ではない」思っているし、

「その時本人が夢中になれるものに没頭すればよし」と思ってるから、

別に、それはそれで気にならなかった。

読書量と国語の成績は比例しない、というのは、パパからもよく聞いていた話だし、

娘は読書しない割に語彙はあるほうだと思うので、

ますます、”ま、いいんじゃないの?”

って思ってたわけで。


で、こんな風にこだわりは無かったけど、

でも、ちょっと「?」と思うことはちょくちょく見受けられた。

たとえば、英語の”d”と”b”をいまだに間違える。

”Who"と”How"もしょっちゅう間違える。

”for"と"of"なんて、どこで見間違える??なものも、平気で混同する。

(英語圏でなくて良かった、なんて真剣に思ったりしたことも^^;)

そんな感じで。

なんていうか、アルファベット認識にちょっと困難がありそうだなあって

思っていたことがあった。

(これは、実は今でもあるんです。が、なんとなく、他でカバーしてるから

 多分本人は気にしてないし、私も、気にしなくても大丈夫と思ってる)

スペルに関するものは、本当に全然受付なくて、

英語と言えば、まずはフォニックス、なんて風潮に乗ろうとしたこともあったけど、

あえなく撃沈。

娘にとっては全く相いれないメソッドだった。


そして、日本語でも。

たった4文字の単語を正確に読めない。

思いこむと、訂正に時間がかかる。

音読は勝手に変換された形で表現される。


…こんな感じで、何でも吸収できる耳と比べて、

視覚的な処理能力は、著しく歩みが遅いようだった。


救いだったのは、

「いつか追いつくから大丈夫だから。」

とパパが言い続けてくれたこと。

99.9%パパ遺伝子でできてるんじゃないの?というくらい、

趣味も嗜好も成長パターンもパパによく似ている娘なので、

パパがそいういうと説得力がある。


で、現在。

視覚的処理能力は以前の娘と比べると格段に違う。

日本語はほぼ正確に読めるようになったし、

(英語は…ま、これからですな^^;)

読んで理解するのにラグタイムが無いから、

問題を解くスピードもかなり上がった。

相乗効果か、集中力もついたような。

上手く言えないんだけど、色んな場面で結果も出すようになってきている。


…ホントにこどもの成長の波は突然やってくる。

コップに水をためている時は気づかないけど、

溢れて初めてそれに気づくように。

見えない時間も、どんどん成長してるんだね。

で、あるとき、ポンとスイッチが入ると、全力で稼働できるようになる。


こどもの成長とか、興味とか、子どもにとっての”旬”ってものがあるし、

これからも、娘の本能が欲する成長を伸び伸びして行ってくれれば、と思う。

親が想像できない形でやってくる成長を一緒に驚き、感動しながら。

にほんブログ村 子育てブログ 小学生の子へにほんブログ村 教育ブログ 在宅学習・通信教育へにほんブログ村 英語ブログ 親子英語へ





今日も来てくれてありがとう☆
読んでくれてありがとう☆

☆感謝☆

☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆

(おまけ)

娘は久々に工作に夢中です~☆

この間、大道芸で見た「江戸あやつり人形」の獅子舞。

これがとっても印象深かったようで、

”獅子”のかぶり物を作ってますw

これ、かぶれるんだよ~。

こんなデカイもの作って、一体どこに置くんだ…(^ー^;;)


先日のパパとのおままごとでは

イタリア旅行をテーマに遊んでました☆

これも、先日見たアニメの影響だな~。ww

世界の国ぐに 探検大図鑑を持ちだして、

イタリアの地図を書いてその中に名所など書き入れて、時差を調べたりして

仮想旅行の計画を立ててたみたい。


…こんな感じで。

まだまだお子様です。

今年は10歳になるけど、まだまだお子様時代を満喫して欲しいわ~☆

昨日の読み聞かせ☆(3年生)
2011年01月14日 (金) | 編集 |
昨日は、今年初の読み聞かせでした☆

今回はちょっと冒険でした。

というのは、選んだ絵本がこれ↓

きみの家にも牛がいる (エルくらぶ)
きみの家にも牛がいる (エルくらぶ)

これは、たぶん、このブログでも何年か前に紹介した絵本で、

娘は繰り返し繰り返し読んでますから、彼女には抵抗は全くないんですが、

初めてそこに意識を向けた子には衝撃的な絵本だと思います。

でもね。

日ごろなかなか意識することがないんだけど、忘れてはいけないことが詰まってます。


つまり、それは、

人は、”他の生き物から命を頂いて生きている”ということ、です


店頭に並んでいるお肉は、そこに、ただ”ある”んじゃない。

人の手によって”作られたもの”なんだよってこと。

まだ生きられる命を人の手で奪って、そうして、恩恵にあずかっているんだよってこと。

そんなことを、食肉処理場に牛が入ってから、解体されて店頭に並ぶまでを

リアルに(…と言っても絵だから少しは和らげてると思うけど、)

伝えてます。

そして、肉だけじゃなくて、皮や、骨や、角や、あらゆるところを利用できる牛は

”泣き声以外捨てるところがない”と言われる生き物であること。

(現在はBSEの問題があるので捨てる部位も当然ありますが)


…3年生で、こんなことに思いを馳せたことがあるこってどのくらいいるんだろう??


読み聞かせはきっとシーンとするんだろうなって思ってたけど、

案の定でした。

真剣に絵本を見つめる子、半ば耳をふさぎたそうな顔をして聞いている子、

後ろのほうで我関せずという風にしゃべっている子。

その子なりの衝撃がこちらにも伝わってくるようでした。

3年生にこれを読み聞かせることに、迷いが無かったら嘘になるんだけど。

2学期に社会科見学の一環として近所のスーパーを覗いてきた子どもたちに

一歩踏み込んで知ってもらえたらな、と思ったりして。


年頭から、くらーい雰囲気で終わってしまうのはまずいと思ってたので、

読み終わった後は、十八番の(?!)後だしジャンケンで

盛り上がってきました☆

「本日の今日運の持ち主!」を決めて、拍手で終了~♪

朝だからね、一日の始まりは笑顔がいいよね^^


…ということで。

朝の読み聞かせにはどうなの?なセレクトでしたけど、

何か伝わってくれたらいいなあ、そんな気持ちを込めて。


さて。

来月は6年生担当だ~。

6年生にとって、小学校最後の読み聞かせになるので、

こちらも張り切って選書しようと思ってます☆





にほんブログ村 子育てブログ 小学生の子へにほんブログ村 教育ブログ 在宅学習・通信教育へにほんブログ村 英語ブログ 親子英語へ





今日も来てくれてありがとう☆
読んでくれてありがとう☆

☆感謝☆

☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆

(おまけ)

始業式の日は、久々にカラオケに行ってきました♪

娘のたっての希望で。(^m^)

普段カラオケに行かないし、歌もあまり聞かないので、

なかなか歌える曲が無いという残念な私ですが(爆)

なんとか、仮面ライダーのOPとか、アニメソングとか

(…って、結局子どもつながりじゃんww)

そんな歌を歌ってみて、

ますます声が出なくなっているのを確認しちゃって。

あはは。^^;

パパは相変わらず、マイクなし、エアギター付き(^m^)

で歌ってましたわ。

また行こ~♪^^

結構楽しかったわ☆
念願のリスーピアに行ってきた☆
2011年01月09日 (日) | 編集 |
色んなところで情報を得ていて、いつかは行ってみたいと思っていた

リスーピアに行ってきました☆

…遠いしなあ…ってのが、なかなか行けない理由の一つだったんだけど、

調べてみたら、最寄り駅から乗り換えなしで行けるし、

意外と楽ちん♪じゃないか( *´艸`)

でも、それでも、電車に乗るだけで、軽く1時間オーバーなので、

遠いことには間違いないんだけど。


昨日は、「サイコロで遊ぼう」というワークショップに予約参加して

あとは、無料の1Fの簡単な実験やら、体感できるコーナー、恐竜の骨

(ほとんどがレプリカだけど)展示のコーナー、近未来のテレビ紹介

コーナー、そして、3階の有料スペースなど、

館内を一通りまわりました。

屋内施設ってこともあるのかな。

想像していたよりも、狭いスペース展開で、1日あれば、十分見て歩ける

んじゃないかなあ?って感じでした。

(込み具合とか、一つのコーナーにかける時間でも変わってくると思うけど)

幸い、全然混んでなくて、どこもすんなり、あるときは貸し切り状態で

満喫でき、ストレスなく見て回れたよ。^^


今回参加した「サイコロであそぼう」ってワークショップは、ちょっと

低学年向けかな?って感じで、少々の物足りなさを感じたものの、

毎週のように楽しそうなワークショップがあるので、高学年向けを

選べば、また違った楽しさがあるかもしれない。

このワークショップは、基本的に事前予約制なので、ネット予約してから

行かれることをお勧めします☆

予約なしでも、空きがあれば参加はできるけど、確実じゃないからね。


3階の有料スペースは、個人個人に、たまごっちを連想するような

”情報を集めると成長する”という設定の携帯機器を持たされるので、

この成長見たさに(…といっても、かわいらしいものじゃないけど^^;)

くまなく見て回るよう仕向ける工夫がされています。

ここでは、人が実際に動いた様子を映し出したり、それを加工して見せる3D映像

を上映する場所があったり、

(これは、テレビの天気予報などでもよく使われてる方法ですな。)

素数を見極めながらやるエアホッケーがあったり、

関数を作るシューティングゲームや、指定の周波数を自分のかざす手の高さによって

作ってみるゲームがあったり。

今まで自分の発想や、記憶には無いコーナーが沢山ありました。

…こういうの作っている人の中には既に近未来が具体的に見えてるってことなんだろうなあ…

なんてぼんやり考えたりして。


近未来のテレビのコーナーは、

ここは全く人がいなくて、完全に貸し切りだったんだけど。

ここはスゴカッタっ!!!


壁一面がテレビになっていて、個人ユーザーを認識すると、

その人専用のモードになる。

で、リモコンなどは手元に必要なくて、

人の動作(移動と、主に手の動き)を認識して、指示を実行する。

テレビだけじゃなくて、メールの送受信、電話(スカイプのような感じ?)、

ショッピングなど、インターネットと繋がって今できることは何でもできるし、

実物大の大きさの動物を再現したり、

任意の動物をクリップしておいて、そのデータをまとめたり。

今まで図鑑で調べたことをテレビの中で、

ページをめくりながら、または、手元にメモするのと同じように

捕まえておくことができる。

画面上の何かを掴んで動かしたり、大きさを変えたり、何しろ、魔法みたいに

色んなことができるの。

これが一般販売されるのは4,5年先だそうで、

もしかしたら、このテレビを標準装備したマンションなんてのが

売りだされるようにもなるのかもしれない。


壁一面タイプだけじゃなくて、今のテレビのような形のもの、

というものが、主流になるのでは?ってお話でした。

(壁一面タイプは、後ろからプロジェクターで映しているそうで、

ちょっと大がかりです)

これって、i-padみたい?もしくはそれよりすごいのかも☆


こんな感じで…なんだか、ここは”ちょっとだけ未来”も体験できちゃう

感じでした。


興味があったら、一度は行ってみたら楽しいかも♪^^


にほんブログ村 子育てブログ 小学生の子へにほんブログ村 教育ブログ 在宅学習・通信教育へにほんブログ村 英語ブログ 親子英語へ





今日も来てくれてありがとう☆
読んでくれてありがとう☆

☆感謝☆

☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆

(おまけ)

アロマオイルを色々と買った。

今までは10MLのタイプが多かったけど、今回は全て5MLのもの。

10MLだと、ものによっては、使いきる前に消費期限が来ちゃう感じだったから、

このくらいの量のほうがちょうどいいかも♪

…って、全部で15本も買ったから、ジャンジャン使わないとね^^;

これから花粉症の時期だし、(って、まだひと月くらいはあるかな?)

風邪の時、集中したいとき、リラックスしたいとき、色んな場面で

必要不可欠なアロマオイル。

今年もまだまだ探究できそうです♪♪^^


 
分かりやすいアプローチって様々
2011年01月05日 (水) | 編集 |
娘と算数をやっていて思うことがある。

成長段階によって、それから、個々の感覚によって、

分かりやすいアプローチってホント様々だなあって。

…なんてことは前にも散々書いた気もするんだけど。

でも、あらためてね。


自分の授業の中(もちろん、これはお仕事の)で、

トランプで計算するゲームがあるのね。

単に足し算なんだけど、

4枚とか5枚とか、カードが増えると、

スピード勝負の時には瞬時に”どうやったら早く正確に計算できるか?”を

考える。

で、出てきたやり方がみんな個性があって面白い。

平均を使って出そうとする子。10の塊を作って出そうとする子。

倍数になりそうな組み合わせを考える子。

…単純に足す子ももちろんいるけど( *´艸`)

それなりに、その子なりの方法があって、他人のやり方を聞くと発見が

あったり、自分のと比較してどうか?を考えたり、

単純な足し算というものでさえ、

ちょっぴり奥深いものに思えてくる。


算数って結局答えが出れば良いわけで、

その道筋は一本道とは限らない。

むしろ、色んな考え方やプロセスがあって、そこを楽しむのが

醍醐味の一つなのかな?って思ったりもする。


そういう意味では、娘との算数で、私と娘とそれぞれのやり方を見せ合って、

解説まで付き合わせると、全部やり方が違うなんてことは良くあって、

それだけで、結構面白い。

(少なくとも娘はそういうのが楽しいみたい)

答えはあってればいい、んじゃなくて、

”そんな発想もありか~っ!”っていうのが楽しいんだよね。^^

だから、私はやり方を押しつけることはしないし、

”こっちのほうが速いよ”的なことをチラッと見せはするけど、

強制も矯正もしない。

その時しっくりくるやり方で、腑に落ちることが大事で、

そうじゃないと、他に応用するときの武器にはなり得ないから、

現時点で遠回りの方法であっても、それはそれでよし、と思ってる。

成長とともに、やり方は自然変わることもあるし(色々と見せてはいるのでね)

大人が良かれと思う方法が、必ずしもその子に向いてるとは限らないから。

こうやって、”その子なりのやり方で、その子のペースで”できるのも

家庭学習の良さかな、と思う。


とにもかくにも、じっくり、じっくり。

人生に必要なのは、一定の公式で解けるようにすることじゃなくて、

臨機応変に考えたり動いたりできることじゃないか。

そんなところに繋がるといいな、と思いながら。

にほんブログ村 子育てブログ 小学生の子へにほんブログ村 教育ブログ 在宅学習・通信教育へにほんブログ村 英語ブログ 親子英語へ





今日も来てくれてありがとう☆
読んでくれてありがとう☆

☆感謝☆

☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆

(おまけ)

毎年1月2日には川崎大師に行く。(私以外^^;)

で、お土産に必ず買ってきてくれるのがくず餅。

これ、くずもちって言うくらいだから、葛が原料でしょう?って思ってたら

違うんだねっ!

小麦粉のでんぷんを2年も寝かせて作る発酵食品だったの。

知らんかった~。

くずもちは”久寿餅”って書く。

なるほど、だから縁起物なのかな。

まだまだ思いこんでいて知らないことって一杯あるね~!

「へ~!」な話題(…って自分が知らなかっただけだけど 爆)

でした☆

(参考)↓こちらに詳しいよ~♪↓

くずもちの製法
☆かるた色々☆
2011年01月04日 (火) | 編集 |
カルタは仕事で使うので、常に探してるし、チェックしてます。

多分、知っているカルタのうち、3分の1くらいは所有してるような気がします。

(実際はもっと少ないのかな~。

 でも、多分少なくとも30種類以上は所有してる。

 しかも、複数組持っているものも多数あり。)


この時期、カルタ出るんだよね、沢山。

新作も、もちろん、今まで出たのも、あらためて売り場に並ぶ、

カルタが沢山目に付く季節。

仕事で使うので、本当は、全部中身がみられて、

(とくに読み札が重要なんだけど…

 半分は良いけど、半分は差し替えたいよね、ってのもあるんだよね^^;)

実際に使い心地が分かって購入できれば、

当たり外れなく買えるんだけど、実際はそうもいかない。

カルタの箱に書いてある見本を見て内容と実際どう使うか?

を大体想像するしかないんだよね。

普通にカルタとして使うのがもちろん大半なんだけど、

段階的に加工したり、他のものと組み合わせたり、使い方を変えたり、

工夫していくので、そのベースになるものとしての理想が、自分の中にはあって。

だからこそ、いつも試行錯誤ですな。


前置きが長くなったけど、今回買ってみたのは以下↓

小学生の「人体」かるた
小学生の「人体」かるた

まだ、画像が無いようで残念だけど…。

これは、迷わず二組買いました。

今まで、理科系カルタって少なかったので、これは役に立つだろうと。

実際、普通のカルタと違って、読み札の先頭の文字が取り札にないので、

幼児や予備知識が全くない状態で使うのは厳しいかもしれないけど、

内臓や骨のパーツなどについて、基礎知識を無理なく吸収できる

作りになっていて、非常に良い感じです♪

これは、きっと重用する教材になるなあ(^ー^)/


同じ会社から出ているこれ↓

小学生の「歴史人物」かるた
小学生の「歴史人物」かるた

人体カルタが良かったので、こちらも買ってみました☆

これも、読み札の先頭の文字が取り札に無いタイプのカルタです。

こういうカルタのほうが、知識を吸収するには向いてるんだよね。

読み札の先頭の文字だけに反応する取り方だと、結局知識の定着は遠くなるから。

歴史人物の基本を押さえられそうなので、これも重宝しそうな予感☆


そして、もう一つ。

ビジュアルかるた 四季の星座
ビジュアルかるた 四季の星座

星座かるたは、親野智可等さんのサイトで以前購入したものがあって、

これはこれで、段階を踏まえたもので非常に良いのですが、

二組揃えるという前提ではちょっと難しい。

それで、購入してみました。

こちらは、読み札はもうちょっと工夫が欲しいなって感じですが、

取り札の絵は非常にキレイです。

読み札には星座の由来が書いてあるので、これを工夫すれば、

上手く好奇心を引き出し、さらに知識定着に使えるかもしれません。


カルタも、工夫次第で色々使いようがあるので、楽しいんだよね♪

多分、まだまだ買い足すと思うので、その時は紹介しますね☆


にほんブログ村 子育てブログ 小学生の子へにほんブログ村 教育ブログ 在宅学習・通信教育へにほんブログ村 英語ブログ 親子英語へ





今日も来てくれてありがとう☆
読んでくれてありがとう☆

☆感謝☆

☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆

(おまけ)

動けなかったのに任せて「フリーター、家を買う」を一気に見た。

たまたまテレビでやってたから。

朝ドラと、大河以外でドラマをがっつり見るのは久しぶり。

本が売れてるのは知ってたし、ドラマ化したのも知ってたけど、

毎日娘と一緒に寝てしまう自分は、ドラマに意識を向ける余裕も無かったから。

そりゃ、デフォルメはされてるだろうけど、きっと断片的に似たような状況にあったり、

似たような経験をしたことのある人っているんじゃないかなあ?って思えるドラマ。

久々に人の心理をじっくり覗いた気がした。

ドラマも面白いね♪これからは少し見ようかな。


それから、「劇場版ナルト」も見た。

もちろん、テレビで。

ナルト、途中まで漫画で読んだけど、映画、良かったなあ~♪

”生きて行くのに大切なものって何なのか?”

あらためて問われている気分だった。

ドラマとか、映画とか、やっぱり良いね。

そこに没頭できて共感したり、感動したり、涙を流したり。

つかの間の非日常に浸れる時間。

…なんだか、忘れてた感覚、思い出しちゃったなあ。


2011☆あけおめことよろ♪^^
2011年01月02日 (日) | 編集 |
あけましておめでとうございます☆

本年も、ひとつヨロシクお願いします^^


去年末はクリスマスの辺りから調子を崩し始め、

まだ、風邪っぴきです(爆)

12月30日は、年始恒例のミニ同窓会が前倒しであり、

そこはなんとか気力で行ってきたものの、

(だって、北海道からも友達家族が来てるしさ~。

 会いたいじゃん。やっぱり。)

1日の両家廻りの前には既に半分

くたばっていて、やっとの思いで動いているうちに力尽きた~~っ(爆)

で、2日、3日と、動く気力なくこもってましたけど、

夕飯だけ、本屋さん併設の中華屋さんへ行ってきました♪

ここのご飯美味しいんだもん♪♪

多分、今年も何かとお世話になっちゃうでしょう~(^m^)

で、夜になって気力復活っ!!!

明日から、多分元気に動けるぞ、と。


今年は以前みてもらった星周りでも、ネットで見つけた星占いでも、

そして、過去のリーディングにおいても、”動きのある年”

”今まで温めてきたものが花開く年”もしくは、

”予想できない形で自分に進化がみられる年”らしいので、

希望と妄想に胸ふくらませて(?!)楽しみに1日1日過ごしたいと思ってます。

すっごく星周りの良い年らしいので、きっと面白い年になるんだろうなあ♪♪



2011年の目標は…

いつものように、”笑って暮らす”ってのが一番だな。やっぱり。

あとは、家族が元気で仲良く暮らせれば、それでよし。

…ってことは、今の日常がこのまま続きますように…!ってことか。

これって目標にならないか~。(爆)

じゃあ、目標は…?!

もうちょっと筆まめになることにしようかなあ。

実は手紙とか、メールとか、コメントとか、その返信とか苦手なので。

ホントは、すぐに感謝の気持ちを伝えたり、会えて嬉しかったって気持ちを

伝えたり、そうやってアクションを起こせると

良いんだろうなあって思う。

そういうのに長けている方が身近にいて、すごいなあと思うんだけど、

自分は”どうやって書く?”って考えてるうちに時間がたって、たって…(爆)

言葉選びに戸惑ってる時は時間かかります。ホント。

そだ。これ、がむばろ~。

あとは、多分、新たな展開が待ってるだろうから、日々できることを自分なりに

やってこ~。


とにかく。

今年は自分の望むか望まないかに関わらず、多分新しい扉が目の前に開かれる。

導かれるままに進んで行くしかないね☆


今年もきっとゆるゆる気ままなブログですけど、お付き合いいただける

皆さま、どうぞヨロシクお願いします♪^^


にほんブログ村 子育てブログ 小学生の子へにほんブログ村 教育ブログ 在宅学習・通信教育へにほんブログ村 英語ブログ 親子英語へ





今日も来てくれてありがとう☆
読んでくれてありがとう☆

☆感謝☆

☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆

(おまけ)

公開したつもりでいたのに、下書きのままでした(爆)


新年早々ボケかましてしまいました~


今日は1月4日。

今日からパパは仕事です。

日常が始まるなあ。

今日も家族そろって元気です!!

☆感謝☆
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。