毎度~♪おおきに^^ 2年半の間☆☆☆就学前に何やろう??☆☆☆のブログ名でやってきましたが改名です♪オリジナル家庭教育、英語やら漢検、スピリチュアルに、本はビジネス書から絵本まで!なにしろてんこ盛りでやんす~(^▽^)/ヨロシクねっ!!
スポンサーサイト
--年--月--日 (--) | 編集 |
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
ゆ~のが読んだ本☆(3年7月、8月)
2010年08月31日 (火) | 編集 |
最近は、うちにある本(…というか絵本が多かったけど)を

片っ端から読んでいました~。

それは以下にはあげていません。



(本)

☆ 無人島のサバイバル (かがくるBOOK 科学漫画サバイバルシリーズ)

☆ 怪談 小泉八雲のこわーい話〈4〉やぶられた約束・その他二編

☆ 昆虫世界のサバイバル (かがくるBOOK 科学漫画サバイバルシリーズ)

☆ おとなもブルブルようかい話 (日本のおばけ話・わらい話)

☆ もしかしたら名探偵

☆ ひるもよるも名探偵
☆ 
おかしさドッカン わらい話 (新・日本のおばけ話・わらい話)

☆ 昆虫世界のサバイバル 2 (科学漫画サバイバルシリーズ)

☆ あの世からのバトンリレー―平成うわさの怪談〈10〉 (平成うわさの怪談 (10))

☆ 海のサバイバル (かがくるBOOK―科学漫画サバイバルシリーズ)

☆ 恐竜の谷の大冒険 (マジック・ツリーハウス (1))

☆ 女王フュテピのなぞ (マジック・ツリーハウス (2))



(絵本)

☆ とっときのとっかえっこ
とっときのとっかえっこ

多分、どなたかの記事で拝見したのがきっかけで図書館で借りたんだと思います。
(ご紹介くださった方ありがとうございます☆)
ちょっと小さめの本なので、教室読み聞かせにはどうかな?という気がしますが、
何しろ、お話がいいです。
時間がたっても、ずっと仲良しの二人。思いあって毎日暮らしている様子が
なんだか、心に沁みてきます。
…こういう本、久しぶりに読んだなあ。

☆ しゅくだい (えほんのマーチ)
しゅくだい (えほんのマーチ)

有名な絵本だそうですね!私は知らなかったよ~^^;
図書ボランティアさん、図書室の先生のお勧めでした。
幼稚園とか低学年のママが手にとって読むといいかも?
ほのぼの系です。^^

☆ ほんとうのことをいってもいいの?

☆ おとうさんのちず

☆ エルシー・ピドック、ゆめでなわとびをする (大型絵本)

☆ ド・レ・ミ わたしの バイオリン (講談社の翻訳絵本)

☆ ぶたばあちゃん

☆ うそなき (狂言えほん)

☆ 狂言えほん しどうほうがく (講談社の創作絵本)

☆ 狂言えほん そらうで (講談社の創作絵本)

☆ 狂言えほん せつぶん (講談社の創作絵本)

☆ 狂言えほん くさびら (講談社の創作絵本)

☆ ぶす (狂言えほん)

オオカミのおうさま

☆ かきやまぶし (狂言えほん)

☆ かたつむり (狂言えほん)

スポンサーサイト
狂言体験☆その8☆
2010年08月23日 (月) | 編集 |
先日、能&狂言の発表会が終わりました~☆

10回講座でしたが(うちはそのうち9回参加)、

非常に中身の濃い、充実した日々となりました。

…というか、夏休みの半分くらいの期間、狂言三昧(?!)

って感じだったかもしれません。(家で毎日練習してたので~)


発表会当日は、午前中に2回のリハーサルをして、

午後から本番…という、結構長丁場でしたけど、

子どもたちよく頑張りました☆

能の子たちは、仕舞と連吟の発表です。

…要は、歌と舞ですな(ものすごく簡単に表現しちゃってますが)

狂言の子たちは、小舞と狂言です。と狂言は交互に演じられましたが、

能は仕舞のあとに連吟というセットで。

狂言は、低学年の子の「兎」という小舞に狂言一つをセットにして演じるという

形で見せていました。

狂言は「盆山」「口真似」「魚説法」。

娘は狂言の中では一番最後の演目に出演。

…プレッシャーがかかります(^ー^;;;)


深田先生は本当に熱心にご指導くださったので、

常にこちらも真剣にやらなければ申し訳ないという気持ちで

(…って私が、ですが^^;)やってきましたが。

結局、ハードルが低いところで、なあなあで済まされるよりも、

多少大変でも、やるべきことはちゃんとやっていく、というほうが

得ることは多いわけで。

そういう意味では、厳しくも温かい先生にご指導いただけて幸せでした☆


発表会の日は、午後からお仕事(舞台)があった先生。

普通だったら、リハに来るのだって大変でしょうに、ギリギリまで会場に

いてくださって、最後まで熱心に見てくださいました。

本当は、本音を言えば、本番も見ていただきたかったけどね。

でも、まあ、それはしょうがないし。うん。

ここまでしてくださったことに感謝です☆


娘の舞台はちょっとしたアクシデントも起きたんだけど、まあそれはご愛嬌。

他の演目よりも、難しい題材の分、手放しで笑えないのがちょっと辛かったけどww

でも、でも、見ていて感慨深かったです。

”うわ~。狂言の舞台に立っちゃったよ。”なんて。 ( ̄m ̄〃)


この夏はYAで洋物の舞台を。狂言で和物の舞台を、と

和洋両方の舞台を経験できた夏になりました~☆^^☆

にほんブログ村 子育てブログ 小学生の子へにほんブログ村 教育ブログ 在宅学習・通信教育へにほんブログ村 英語ブログ 親子英語へ





今日も来てくれてありがとう☆
読んでくれてありがとう☆

☆感謝☆

☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆

(おまけ)

夏休みが始まるちょっと前、

「浴衣着たい~」「テレビに出てみたい」と言っていたゆ~のですが、

思いがけず、その両方が叶うことになっちゃいました。

浴衣は狂言のユニフォームでしたし(もちろん正式じゃないですけど)、

この能・狂言発表会、地元テレビ局の後援もあったんです。

当日、取材に来ていて、「誰が映るかは分かりませんが、映像が流れます」

って言う話がありました。

で、帰宅してTVをつけてみると…

うおっ!!映ってる!!

ゆ~のの演じてるところ、ほんの数秒なんですけど、映ってました~(^m^)

テレビに映ったのは

3歳のころの「おかあさんといっしょ」出演以来です( *´艸`)

願いがかなって良かったね~♪


…ってかさ、ゆ~のって引き寄せ能力高いよなあ。

って実はひそかにびっくりしたあひるなのでした☆
狂言体験☆その7☆
2010年08月19日 (木) | 編集 |
狂言のお稽古も残すところ、あと1回となりました。

…過ぎてみると早かったなあ。

立ち位置や動きを記録したり、セリフの相手役をしたり、

親としても、結構プレッシャーがかかる体験でしたけど、

本当に楽しい時間でした。

ゆ~のはすでに”来年もやりたい!”と言ってます( *´艸`)

…あるといいねえ、来年も。


稽古は、段々、”失敗したらどうカバーするか?”など、本番を

想定する形に変わってきてます。

”舞台に立つと緊張するから、頭が真っ白になっても口が勝手にセリフを言うように

 しておくんですよ。プロでもそうなんですよ。”

って先生。

分かります~。

もう、遠い話になっちゃいますけど、自分が発音道場に通っていたときは

そういうつもりでやってました。

で、実際にそれが必要でした。

人前に立つって、本当に覚悟がいることですよね。

…でも、ゆ~のは分かってるのかなあ??

YAの舞台ではソロをもらったことが無いので、そこまで責任みたいなものを

感じたことはないはず。

でも、今回は相手があるからね…

二人芝居は、即相手に迷惑かけちゃいますから。

親のほうが緊張するよ~(^ー^;;)



本番はいらっしゃらないというお話があったので


(国立能楽堂で、お仕事があるそうです~

 これ↓とは多少違うんでしょうけど、「蚊相撲」に出演されるようです。

 ちなみに、この画像の蚊の精(面をつけてます)は、深田先生です。)



 

その前の余裕のあるときに~、と思ってサイン頂いちゃいました( *´艸`)

写真も撮らせていただいて。

これは宝物になるわ~☆^^☆

今まで遠慮して話しかけないようにしてたんですけど、

思い切って、お願いしてみて良かった~♪

他のグループの方も、うちが動いたのをきっかけに記念撮影など

なさってました~^^


にほんブログ村 子育てブログ 小学生の子へにほんブログ村 教育ブログ 在宅学習・通信教育へにほんブログ村 英語ブログ 親子英語へ





今日も来てくれてありがとう☆
読んでくれてありがとう☆

☆感謝☆

☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆

(おまけ)

今回、わが家で一番熱心に狂言のお稽古を見つめていたのはパパ。

…他のグループのも、ずっと見てるし( *´艸`)

先生のお稽古はとっても楽しくて話術巧みだから、

それが一つのショーみたいに面白いんだよね。

本当は最初に会場までの道を私に教えたら、あとは手放すつもりだったのに、

来てみたら、本物のプロの指導だし、

何より楽しくてしょうがないから、結局パパも毎回会場入りしてます☆

…忙しいのに、仕事に間に合うギリギリの時間まで

堪能してるし( *´艸`)

ほんと、この狂言教室、来年も開催されるといいねえ。
最近のゆ~のの読書☆
2010年08月18日 (水) | 編集 |
夏休みは結構時間があります。

何気に忙しいけど、それでも隙間時間は結構ある。

そんな時、工作するか、絵を描くか…って感じだったゆ~のが、

最近はよく何か読んでます。


一番読んでるのはうちにある”絵本”(( *´艸`))

なんだか、その世界に没頭してじっくり眺めているのが好きなんだってさ。

いまだにファンタジーの住人らしいですww

絵本は私もよく借りるし(読み聞かせの材料はいつでも探してるので)

大好きだから、それはそれで、いいかな、と。

絵本って侮れないしね~。


そして、これもよく読んでる↓

ギネス世界記録2010
ギネス世界記録2010

一学期に過去の年度のものを友達から借りて以来、虜に。( *´艸`)

記録というものに非常に興味があるみたいで、自分の中の常識を覆す

事が沢山のっているこの本は、ものすごく面白いよう。

…こんな細かい活字を熱心に読む人じゃなかったんだけどね。

人間、進化するものですww

うちは、めったにゆ~の用の本を買わないのですが、

(”何回も読むんだったら買うよ~”って声をかけると、

 ”1回読めば十分だから、いらない”って大抵断られる 爆)

この本はあまりに分厚いし、買っちゃいました☆


図書館&立ち読みで制覇を狙っているのはこちらのシリーズ。↓

異常気象のサバイバル〈2〉 (かがくるBOOK―科学漫画サバイバルシリーズ) 山のサバイバル (かがくるBOOK―科学漫画サバイバルシリーズ) 海のサバイバル (かがくるBOOK―科学漫画サバイバルシリーズ)

今、全部で何冊くらい出てるんでしょうね?

ゆ~ののブームは去年から始まってるんだけど、図書館でも人気で、

予約してもなかなか順番が回ってきません。

それで、立ち読みもしてるんだけど、

(これも、”買おうか?”って言ったら断られた^^;;)

読みつくすのに、あとどのくらいかかることか…?


そして、これは夏休み限定かもしれないけど、朝日小学生新聞もよく読んでます。

気になることは色々と聞いてきたり、調べてみたりして。

多分、”なんとなく知っていること”が彼女の中で増殖中です。

テレビで”ヒート・アイランド現象”についての話題が出た時に、

”それ、新聞で読んだ~”って言ってたので、読んでるのは漫画だけじゃ

ないらしい。

どんな形でも重ねて入ってきた情報は、記憶に残るでしょうから、

わが家は新聞もテレビもどっちもありがたいメディアです^^


にほんブログ村 子育てブログ 小学生の子へにほんブログ村 教育ブログ 在宅学習・通信教育へにほんブログ村 英語ブログ 親子英語へ





今日も来てくれてありがとう☆
読んでくれてありがとう☆

☆感謝☆

☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆

(おまけ)

7月8月の読書記録をあげてないんですけど…^^;

どっかに、いつか書きます~(爆)

ま、大したことは無いんですけど(^^;;)


何回か書きましたけど、ゆ~のは決して読書好きな部類じゃないんだろうと思います。

でも、知識欲は旺盛なので、いつも、新しいことを知りたいと思ってる。

彼女が手に取る活字にはそんな傾向があるような気がします。

…小説系をあまり読まないのは、あひる譲りか(爆)


ゆ~のはフォトリーディングできるようになりたいそうです。

ま、焦らずとも、必要ならば習得のチャンスはやってくるんじゃない?

子ども時代は、じっくりゆっくりでいいんじゃないかなあ…

って思うけどさ。

まあ、好きにやってくれい~っ。
デジカメ買った~♪♪
2010年08月17日 (火) | 編集 |
デジカメ買いました♪^^

2年くらい前に昇天してしまった先代は、膝の高さから落としたことが

致命傷でした。

確か700万画素で、その当時も、”おお~♪”って思ったんだけど。

今回買ったデジカメは有効画素数1410万画素。

これを隔世の感って言うのね。

重視したのは当然「衝撃に強いこと」。

これは耐衝撃のみならず、防塵、耐水にも優れているという触れ込みです。

ふふふ~っ。( *´艸`)

これなら、ちょこっとアクシデントがあっても大丈夫かな??

期待してまっせ~~っ↓




最近は、メモリーカードにSDHCってのがあるのね。

今まで2Gが最大だったSDカードに比べて、32Gまで可能らしい。

…でも、規格がまだ新しいから(2006年からみたい~)、私のPCに

対応してない(爆)

でも、動画を撮ろうとすると、SDカードの2Gだと30分も撮れないので、

やっぱり、SDHCが必要だよねえ…ってことで、随分悩みましたが。

規格がどんどん新しくなるのはやむを得ないのかねえ。^^;

(※ 画素数を落とせば、SDカードでも1時間強撮れることが判明。

 良かった~^^)


ゆ~のが生まれたころに買ったビデオカメラはビデオカセットで撮るヤツ。

これは長時間取れるけど画像が悪い&テープの巻きこみを起こすことがあるので、

保存に不安がある。

(今後、このデータってどうやって保管する?っていう問題もある)


こういう電子機器関連に強いと、どうやってデータ保存をして、互換性を持たせていくか?

って問題は出てこないのかもしれないけど、

私は疎いのでなかなかそこまでできません~。

ま、必要に応じて学ぶしかないってことかなあ。


にほんブログ村 子育てブログ 小学生の子へにほんブログ村 教育ブログ 在宅学習・通信教育へにほんブログ村 英語ブログ 親子英語へ





今日も来てくれてありがとう☆
読んでくれてありがとう☆

☆感謝☆

☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆

(おまけ)

デジカメを買うきっかけをくれたのは、やっぱり、狂言ですな。

今まで携帯のカメラで、ま、いっか~って感じだったんだけど、

狂言はお稽古するのに記録がどうしても必要で

(動画&音声のみと、両方いつも記録してました。)

さらに、それをちゃんととっておきたいなあってのもあって。

…なんて言いつつ、今(8・19)の時点でお稽古残り一回なんですけどね(爆)

ま、本番にちゃんとデジタルな記録が取れればいいや。

文明の利器に感謝です☆^^☆
☆狂言の本色々☆
2010年08月16日 (月) | 編集 |
すっかり、その面白さにはまってしまった狂言。

こうなると、手元に本を置きたくてしょうがなくなる(爆)

で、図書館で借りてみたり、本屋さんで物色したり。

手当たりしだい捜索(?!)中~。


とりあえず買ってみたのは代表的な作品のあらすじと見どころが分かる

コレ↓

狂言絵本
狂言絵本

絵本って書いてあるけど、実際は解説本に挿絵って感じですかね。

狂言を楽しむには、どんな演目があって、どんな内容なのか?

というのをある程度知っていたほうが良さそうだ、と思って、

まずはざっと掴んでおきたいと思って購入。

本当は台本とともに、現代語訳、見どころなど懇切丁寧な

解説書があったらなあと思うんだけど、

今のところ、見たことないなあ。

独特の言い回しで行われる狂言は、良く良く聞いていないと、

何を言っているのか聞き逃しそうだし、

背景も知らずにすぐにのめりこんで笑えるほど、自分には

簡単じゃないと思うので、

まずはその辺りから勉強しておきたいです☆


これも購入済み↓

まちがいの狂言
まちがいの狂言

作者は既に故人になられたようですが、これは

野村萬斎さんのために作られた作品のようです。

この初演はゆ~のが生まれたころで、それから何回か演じられたようですけど、

最近はどうなんでしょう?

西洋の古典と日本の古典とを上手く融合させた(?!)作品だそうで、

この本には台本(?)が載っているんですけど、

これを読むだけでものすごく面白い。

NHK教育の「にほんごであそぼ」で有名になった”ややこしや~ややこしや~”で

始まる脚本。

”嘘が真で、真が嘘か?”と聞こえてくる通り、二組の”もう一人の自分”に

振り回される滑稽話は秀逸です。

さらに”ややこしや”には”ややこ、こいしや”の掛け言葉ものっかっていて、

それが物語の結末にも繋がっていく。

本当に唸るほど良くできていて、スゴイ作品だな、と。


これ、再演されないかなあ。

チャンスがあれば、是非とも、是非とも、見に行きたいです☆

ちなみに、もちろん、野村萬斎さんが、主演ですけど、

深田先生も出演されてます~^^



購入しようかなあ?と考え中なのがこちら↓

一冊でわかる狂言ガイド
一冊でわかる狂言ガイド

オールカラーであらすじ、見どころ、写真満載♪

実際の雰囲気を想像しやすいです。

大蔵流、和泉流、両方の狂言師が沢山出てるし、

(深田先生も出てます~)まめ知識も色々載ってる。

1300円と言う値段の割にお得な一冊かもしれません。

にほんブログ村 子育てブログ 小学生の子へにほんブログ村 教育ブログ 在宅学習・通信教育へにほんブログ村 英語ブログ 親子英語へ





今日も来てくれてありがとう☆
読んでくれてありがとう☆

☆感謝☆

☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆

(おまけ)

狂言に関するものは片っ端から…

ということで、絵本も図書館で見つけた物を全て予約↓

(もちろん、手元にはもっとあります~)

狂言えほん ぶす (講談社の創作絵本) 狂言えほん くさびら (講談社の創作絵本) かきやまぶし (狂言えほん)

そのうち読み聞かせにも登場するかもしれません^^
テーマ:日本文化
ジャンル:学問・文化・芸術
狂言体験☆その6☆
2010年08月12日 (木) | 編集 |
8月10日、11日、狂言のお稽古の日でした~。

セリフも抑揚の感じもほぼ覚えて、今度はそこに

動きを入れて行きます。

基本の構えから、摺り足(和泉流は左足から)。

そして、方向転換は足をかけて上半身がぐらぐらしないようにゆっくり回る。

…この動作次第で、カッコよさが決まるんだけど、

ゆ~のは、まだまだふにゃふにゃしてます(爆)

セリフはなかなか上手いんだけどなあ。

相手が長セリフを言っている間、姿勢を崩さないで待っている、というのが

なかなか難しいらしい。

(つい、キョロキョロしちゃうし~^^;)

狂言は”型の美学”って感じ(とくに初心者はオリジナルご法度)なので、

いかに基本に忠実にできるか?が勝負なんだけどね。


先生は、本当に教え方上手で、常に笑顔って感じなので、

場の空気がとってもいいです。

楽しいの。^^

結構きついことも言ってるはずなんだけど、なんか笑っちゃうというか。

でも、舞台に立つ日は明確に分かっているし、その時頼れるのは

自分だけってのは子どもながらにみんな分かっているようで、

みんなどんどん上手くなる。

昨日の時点では”セリフは大丈夫か?”な面々だったのに、

今日は結構かっこよくセリフも言えてたりして、ね。^^


先生は本当に教え上手です。

楽しい中に厳しさがあり、本質が伝わるように気を配っている感じ。

子どもがセリフを言ったり、動いたりする時に、途中で止めない。

必ず、キリのいいところまで待ってから、指摘が入る。

今のはどう違ったのか?どうしたらいいのか?

具体的に示すやり方も分かりやすい。

(”今のは、こうなっていて、それだと、こう見えちゃうからね。

 そうじゃなくて、今はこう見せたいんだから、こう動くんだよ。”

 って感じ)

狂言は古典なので、子どもたち自身がお話の内容を理解して、

さらに表現するのは大人が思うよりもハードルが高いはず。

それを指導する中で場面を説明したり、この人はこういう立場で、

今こんな気持ちで、それがどう変化していくか…

そんな話を聞きながら練習していくので、自然と内容も理解できるし、

役に入れるようになっていく…

そんな形のご指導なの。

ホント、プロはさすがです☆

にほんブログ村 子育てブログ 小学生の子へにほんブログ村 教育ブログ 在宅学習・通信教育へにほんブログ村 英語ブログ 親子英語へ





今日も来てくれてありがとう☆
読んでくれてありがとう☆

☆感謝☆

☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆

(おまけ)

気づいたら、まただいぶ空いてしまった~(^ー^;;)

夏休みは…というか、やっぱり、一人になれないとなかなか記事を書く時間も無く。

でも、記録は残したいのになあ…という葛藤もアリ。

今日はなんだか、目が覚めちゃったので、

書ける分だけ記録しておこ~っ♪って感じです^^

今書いてる実際の日付は8月19日ですけど

(え~っ!!夏休み、もうすぐ終わりだ~っ)

過去を埋める形で、記事入れて行きます~。
狂言体験☆その5☆
2010年08月09日 (月) | 編集 |
さて、お囃子(和楽器)体験の続きです☆

二つ目に体験したのは、太鼓

この楽器は、胴がケヤキでできていて、牛の皮を張り、その中央に鹿皮を張ってあります。

この鹿皮の部分を撥で打つ、という形の演奏をします。

小さい音は小撥といい、音を止めるようにうつ。

大きい音は大撥といい、音を響かせるように打つ。

今は太鼓を題の上に置いてるけど、昔は”太鼓持ち”がいて、

この人の持ち方が上手いか下手かによって、演奏に大きく響いたと言います。

…で、いわゆる”太鼓持ち”と言われる言葉の起原になったそう。

へ~、へ~、へ~!!

太鼓はわざわざ、斜めに向けて置きます。

これは大きな音を響かせるときに、いったん肩まで振り上げた撥を振り下ろす

のに、都合のよい角度を考えて、そのようになったのだとか。

なるほど!です。

そして、これはどの先生もおっしゃっていたのだけど、楽器に敬意を払うことも

重要で、絶対にこれを跨いだりしてはいけないのだそうです。


3番目に体験したのは小鼓

小鼓の数え方は”チョウ”(どんな漢字なんだろう?)と言います。

皮は柔らかい馬の皮などでできていて、穴が空いている胴は桜の木でできています。

面白いのは、大鼓よりも小鼓のほうが低い音がでること。

小鼓には4つの音色があって、小さい音(大と小)は右手の薬指で、

大きな音(大と小)は親指以外の四本指で出すようです。

小鼓は実際に体験したけど、音が出ない…^^;

これは、ある意味、能管(笛)よりも難しかったです。

当然、空気の振動を使って音を出すんだから、鼓に指が到達したら、

即座に離さないといけないんだけど、それが上手くいかないの。

左手で小鼓を持ち(紐の部分です)右肩にそれを乗せ、右手で

演奏するんだけど、この格好で、それを上手くやるのは至難の業だわ。(爆)


最後は大鼓体験。

この先生は代々、大鼓奏者だそうで、その辺り、さすがです。

小学生のころから修行してきたというその手は、マメ…というか、むしろ、壁?

が手のひらにあって、手のひらそのものが楽器の一部のよう。

大鼓は、実は演奏するのに、ものすごく痛い楽器なんです。

私は経験しなかったのだけど、まるで、コンクリートを叩いているようなんだって。

大鼓の皮は馬の尻や背中など、丈夫な皮でできています。

胴は小鼓と同じ桜の木。

小鼓との大きな違いは、小鼓が柔らかい皮を張って湿気が好きな楽器なのに対し、

大鼓はその乾いた音を出すために、かたい丈夫な皮をピンと張り、

湿気をとても嫌うということ。

演奏前には、備長炭で、1時間半から2時間くらい、その皮を焙じる

(要は皮を乾かす)と言います。

しかも、楽器を組み立てるのに、20分はかかるので、準備にとても

時間がかかる。

だから、誰よりも楽屋入りも早いんですよ、とおっしゃってました。

また、お囃子は、楽器を演奏するのと同時に、掛け声とっても大事で、

その場面ごとの雰囲気を作ったり、

指揮者がいない代わりに、息を合わせたり、調子を取ったりする役割があるようです。

掛け声の種類は”は~!”(は声)、”や~~!”(や声)、”よ~~~ぃ””ほ~!”

などがあるみたいです。

楽器の演奏なのに、声も重要って面白いよね。^^


お囃子体験、ホント面白かった~♪

子どもが少なくて親も体験できたってのもあるし、個人的に先生方に

インタビューして、色々と教えていただけたのも良かったし。

(私は、ついつい色々と質問してしまいます。

 だから、沢山色んなことを聞けちゃいました☆)

人に歴史あり。

色んな経歴がありながら、行きついた伝統芸能の道。

そういうのを聞くのもまた興味深いしね。


また、来年もあるといいなあ。

もし、チャンスがあったら、さらに色々と勉強してからこの場に来れるといいなあと

早くも思ってます☆

さて、長くなりましたけど、お囃子体験のお話はこれにて終了です☆


また、狂言体験のお話に戻ります~。



にほんブログ村 子育てブログ 小学生の子へにほんブログ村 教育ブログ 在宅学習・通信教育へにほんブログ村 英語ブログ 親子英語へ





今日も来てくれてありがとう☆
読んでくれてありがとう☆

☆感謝☆

☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆

(おまけ)

今日は久しぶりに雨が降ってますっ♪

恵みの雨だな~。涼しくて嬉しい(^▽^)


今、時間のあるときは、狂言の講義を録音した音源をかけ流してます。

シテ役の子をゆ~のと二人だけにたいして、1時間強の講義。

なんて、贅沢なっ。

この音源、宝物になりそうです☆



狂言体験☆番外編☆
2010年08月08日 (日) | 編集 |

ゆ~のが、今、直接ご指導頂いているのは、

深田博治(ふかたひろはる)先生です。

一番上の写真が先生です~。

(他にも、月崎晴夫(つきざき はるお)先生がいらしてますっ!)

野村万作さん、野村萬斎さんのお弟子さんで、万作の会にいらっしゃいます。

全国を飛び回ってさらに海外公演にも行かれている。

…なんかすごい人に教わっちゃってるよ??(滝汗)

メジャーな習いごとと違って、狂言師人口は少ない。

ここからは想像なのだけど、狂言って、

単純に興業だけではやっていけない世界なのかもしれない?!

と思う。

大学や、カルチャーセンターで教えたり、

自治体が頼めば、子どもたちの狂言教室もやるし、

常に忙しそう。(毎日、大移動が普通みたいです)

古典芸能に親しんでもらおうってことももちろんあるだろうけど、

(そうじゃないと、お客さんの層を厚くしていけないもんねえ。)

ハードスケジュールをこなさなければ、なかなか収入的にも

厳しい世界なのかなあ??

(野村萬斎さんみたいに、超人気狂言師になっちゃうと違うかな?と思うけど。)

伝統芸能だからって特別に国から色々と手厚くされているわけでもなさそうだし、

(一部助成金はあるようだけど)

人間国宝になってさえ、国から年間200万円もらえるだけだという。

(…あくまでもネットで見た情報なので、実情は違うかもしれませんが。

 お金の話は直接伺ったりできませんしねえ。)


…ま、逆にそういう感じだからこそ、トップ層の方々にも、ご縁があれば、

直接教えてもらうことが可能な業界なのかも。

層が厚い分野ではなかなか考えられない環境かもしれません。


知らない世界の一端を垣間見るチャンスがあればある程、

自分がいかに狭い世界に暮らしているかが良く分かります。

なんていうの。狭くても深~いって場合もあるけど、

私の場合は、浅くて狭いなあって。(爆)

知らないことが本当に多いなあ。でも、だからこそ、知れば知るほど面白いし、

人生ってワクワクだなあって☆^^☆

…ま最後はそこですな。^^

にほんブログ村 子育てブログ 小学生の子へにほんブログ村 教育ブログ 在宅学習・通信教育へにほんブログ村 英語ブログ 親子英語へ





今日も来てくれてありがとう☆
読んでくれてありがとう☆

☆感謝☆

☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆

(おまけ)

そろそろ夏休みも折り返しです~。

忙しいからか、本当に飛ぶように過ぎて行きます。


パパも忙しくて、なかなか3人そろってのんびりってわけに行かないんですけど、

揃うと色々と熱く(?!)しゃべってます。

…今、「クルーザーって何?」という質問がゆ~のがしたら、

クルーザーの基本構造、屋形船、軍艦などとの違い、(性能特性)

係留について、免許について、海苔船について…などなど、

色んな知識を語りまくってます。

本当に、雑学を良く知ってるなあって、そばにいて、いつも感動です☆

(私は、全くそういうところが無いので…^^;;)
狂言体験☆その4☆
2010年08月07日 (土) | 編集 |
狂言教室も4回目(うちが参加はそのうち3回)となりました~。

今回は”お囃子体験”です。

能や狂言では(…というか、主に能ですけど)4つの和楽器を使います。

能管(笛)、小鼓、大鼓、太鼓の4つ。

具体的にはコレ↓

     能楽の楽器~能楽事典より~

これをそれぞれ約20分ずつ体験学習してきました☆

プロ講師1人に対して、大人含め4~5人で体験っ!!

贅沢すぎます~~っ♪♪♪

歌舞伎などは持ち回りで楽器演奏したりするそうですが、

(でも、専門分野も当然ある)

能楽に関しては、各自専門分野だけの演奏となるようです。

大抵は、代々がその楽器の奏者のうちに生まれて継いだ…というケースが

多いようですけど、最近はその道のプロになるための学校があって、

そちら出身という方もいらっしゃるようです。

(大学在学中にこの世界の虜になって卒業後にさらにその学校に入った…

 というお話も個人的に聞かせていただきました)

そして、この古典芸能の世界、男社会という印象があったんですが、

本日の先生方は4人中2人が女性でしたっ!

(短髪でキリッとして素敵だった~☆)

(本日4人の先生方のうち3人が家柄とは関係なく、奏者になられてます)


うちは、最初に能管の体験を。

    能管の詳しい説明はこちら☆

本来、竹の胴体に桜の皮を巻いてある能管。

私たちは、体験用のプラスチック素材のものでしたが、本物も見せていただきました。

口元はにこっと笑うような形でした唇に吹き口をつけて、前方に向かって息を出します。

角度を変えながら、音が出るところを探すんだけど…

これがなかなか出ない(爆)

私は「ボーっ」という低い音は出るんだけど、肝心の甲高い本来の音がほとんど

出なかったわ。

これが、先生になると、同じ構えで、3種類の音が自在に出るの!!

それは見事です。

能管は右手の4指、左の3指を使って演奏します。

「ラウラウウーラウラ」(…という風に聞こえたんだけど、実際の音階名とは違うかも?)

という音を練習したけど…

当然、良く知ってる「ドレミファソラシド」の音の並びじゃないし、

初めて聞く音の取り方ですごく新鮮。

(これ、後で調べてみたいなあ。)

演奏の仕方は、能や狂言の場合は、拍を刻むように打楽器的にするのだそうです。

(これが、歌舞伎などになると、なめらかに演奏するのだそうで、

 同じ楽器でも使われ方が全然違うのだとか。)

そして、肩で息をしていては上手く音が出ないので、徹底して腹式呼吸。

だから、実は全身運動なんですって。

演者と違って目立たないようにいるのがお囃子の方々ですが、

そんなことも気にとめて観てくださったら嬉しいです、なんて先生はおっしゃってました☆


今回の講座では、こういった蘊蓄話を色々と聞かせてもらったので、

親のほうがより楽しかったかも?!(爆)

長くなったので、続きはまた明日☆

にほんブログ村 子育てブログ 小学生の子へにほんブログ村 教育ブログ 在宅学習・通信教育へにほんブログ村 英語ブログ 親子英語へ





今日も来てくれてありがとう☆
読んでくれてありがとう☆

☆感謝☆

☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆

(おまけ)

毎日、暑いねえ。

うちのベランダ野菜たち、朝晩水あげないと追いつきません~。

夏休みの宿題に出ている観察日記。

”できた野菜を料理して食べたこと”を書くのが最終目標なんですけど…

うちのゴーヤちゃん、まだまだ食べられるサイズじゃありません(爆)

…どうなる?!宿題~~~っ!!

今年の仲間たちはキュウリ、ミニトマト、ナス、オクラ、ピーマンです☆

この間キュウリとミニトマトは収穫したけど、

まだまだこれから先が楽しみなお野菜たちです☆
『失敗する』と書いて『成長する』と読むかあ。
2010年08月06日 (金) | 編集 |
この間たまたま見たNHK 課外授業ようこそ先輩って番組。

有名人が母校に帰って特別授業をするって番組なんだけど、

この間、2009年まで楽天で監督をやってた野村克也さんが出てたんだよね。

(ただし、この放送回は再放送だったみたいです)

 ”『失敗する』と書いて『成長する』と読む。”

というのが彼の持論のようで、それを、野球を通して学ぼうっていう

企画だったみたい。

野球と言っても、体育館でできる、ちょっと変わったスタイル。

(“野村式ボード野球”と紹介されてました)

打球が当たったボードでヒットとアウトが決まるので、そのボードを

どう配置するか?考えることが勝敗を決めるカギになる。

チームに分かれて試合するんだけど、

”野球は失敗を沢山重ねたほうが負ける”と彼はいうのね。

そして、同時に”野球は考えるスポーツなんだよ。”と。

1回目の試合では考えたつもりで、実際は要領を得ていないなあと

思われる場面が多々あった子どもたち。

2回目は1度目の失敗を生かして、

さっきより良い作戦をどんどん立ててそれが功を奏していく…。

まさに”失敗は成長に繋がる”を体感できる授業。

…上手いなあ。こうやって教わったら実感するし、やる気になるなあ。

そもそも、失敗を怖がらなくなるよね☆

失敗をプラスにとらえる習慣が身に付いたら、気持ちが楽だし、

ぐんぐん伸びていけるよね。

すごいなあ。こうやって、選手も伸ばしてきたんだろうなあ。

名監督と言われた所以の一端を垣間見た思いがしました。

”人間、頑張るしかないんだよ。”

最後にそう呟いていたのは、まさに実体験からなのでしょうね。

年輪を感じる言葉は説得力が違います。


子どもたちにとって指導者は絶大な威力を発揮する。

良くも悪くも。

どうせなら良い影響を与えて行く自分でありたいな。

そうあらためて思った番組でした☆

ほんとに、たまったま見たんだけどね。

みられてラッキーだったわ~(^▽^)/

☆ 感謝 ☆


にほんブログ村 子育てブログ 小学生の子へにほんブログ村 教育ブログ 在宅学習・通信教育へにほんブログ村 英語ブログ 親子英語へ





今日も来てくれてありがとう☆
読んでくれてありがとう☆

☆感謝☆

☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆

(おまけ)

本日の記事、本当は(おまけ)に書こうと思ってたんだけど、

長くなっちゃったので、記事に格上げ(?!)です☆


今日嬉しかったのは…

パパのかつての教え子から、沢山のみょうがが来た~♪♪^^

みょうが、大好物なんだよねえ。

おつゆにしても良いし、薬味にしたら美味しさ倍増♪

香り良いしねえ。

幸せだなあ☆

オススメレシピとかあったら、是非とも教えてくださいませ☆

美味しく頂きます♪
狂言体験☆その3☆
2010年08月05日 (木) | 編集 |
狂言教室は練習日が10日+発表会なんだけど、

2日目はドルフィンスイムツアーと重なっていたので行けませんでした(爆)

もともと、申し込む時点で、日程が正確に分からなかったので、

まあ、しょうがないんだけど、

1日目、あまりの素晴らしさに感動しちゃったからね。

参加できなくて本当に残念だったわ。

来年チャンスがあれば絶対全日程参加したいねえ。

…そうじゃないと、実はジブンタチガタイヘンだし。^^;;


たった10日で狂言の舞台を作っていきます。

学芸会みたいなノリでいたら、間に合わない!

ゆ~のがやるのは「魚説法」と言う狂言のアト(あど)です。

全部で20分くらいの狂言らしい。

これをシテとアトの二人でやるんだけど、セリフの量はそう変わらない。

(シテのほうが主役?で、少し分量が多いかな。)

基本も何も知らないところから、いきなり狂言のお稽古ですから…^^;

場に来るまでは分からなかったけど、そのハードルの高いことっ!!

セリフを覚えるのは当然だけど、その独特の抑揚は一定ルールがある程度

ある(二文字目を強調してから、少し下げ、また上げて行く…など)にせよ、

そこに感情をのせて行くのはさらに難しい。(でも、面白い♪)

今日はシテ役の子と二人、1時間強、まずは口伝でセリフを一通り教えて

頂きましたが、ぜ~んぶ録音してきましたので、次までに

ひたすら聞いて、言ってみて、ひたすら暗記していかなくちゃ…(;´▽`A``

当たり前ですけど、”オリジナルはご法度”の世界ですから。


今日の内容は、もうひとつ、基本の動作、「摺り足」。

まずは構え。

右手に扇をもち、左手は親指を外に出して握った状態で、

両手を側面に、腰骨よりも少し下において立つ。

そして、、左足を足の裏を床につけた状態で前に出す。

(今習っている和泉流はこうだけど、大蔵流や、日本舞踊など、また違うらしい)

前に出した足が止まるときに足先を上げる、とほぼ同時に右足のかかとが上がる。

左足の足先を下げ、右足のかかとを下げ、右足の裏を床につけた状態で

右足を前に進める…って感じで動きます。

先生は”難しいですからそんなに簡単にはできないです。練習してくださいね。”

って。(爆)

実際、何年も練習しても、なかなか完全習得するのは難しいんだそうです。

さすがに先生はそのあたり見事ですけど~。^^

全然上半身が動かないし、非常に安定した動き。

沢山練習してきたんでしょうねえ。

ゆ~のは、摺り足で半回転するのに苦戦してて(^ー^;;)

つま先で動こうとするから身体がグラグラしちゃうの。

所作もコツを掴むまで、時間がかかるんだろうなあ。

…親は、何を見てても面白くてしょうがないんですけど♪( *´艸`)


次回はお囃子体験だそうで、色んな和楽器を実際に体験できるみたいです☆

それはそれで楽しみだわ^^

そして、その次にまた狂言を習います~。

…ということで、関連記事はまだまだ続きます☆

にほんブログ村 子育てブログ 小学生の子へにほんブログ村 教育ブログ 在宅学習・通信教育へにほんブログ村 英語ブログ 親子英語へ





今日も来てくれてありがとう☆
読んでくれてありがとう☆

☆感謝☆

☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆

(おまけ)

今、狂言「魚説法」のDVDまたはビデオを探してます~。

図書館で検索したけど、見当たらず。

アマゾンでも見てみたけど、良く分からず^^;

何か情報をお持ちの方、教えていただけるとありがたいです~。

セリフを覚えるってシャドーイングが一番いいと思うんだけど、

練習を録音したものだと、ちょっと向いてなくてねえ。

音源を再編集してみようかと思いつつ、でもできたら、全体の感じも

分かればよりいいしなあと思ったりして。

何かありましたら、ホント、ヨロシクお願いしますm( _ _ )m
☆イルカと泳ぐ☆8/2~3☆その2☆
2010年08月04日 (水) | 編集 |
さて、娘が無事に帰ってきました。

解散場所に迎えに行くと、ニコッと笑いましたけど、

まだ集団の中にいて、解散式が終わるのを待っています。

行きはものすごくハイテンションだったのに、なんだか静かで大人しい。

さては疲れたかな?

イルカに触った話、イルカの生態について、は得意げに話してくれたけど、

あとは言葉少な。

「楽しかった?」と聞くと「うん。」と言うけど。

「次もイルカのツアーに行く?」と聞くと、

「う~ん。別のでもいいかな…去年の新潟がいいなあ。」って。

なんだか100%満足ってわけではなかったよう。


食事は美味しかった(バーベキューの肉を除く)、イルカと泳げたのは嬉しかった

(でも、思ったより時間が足りなくて、残念。もっと一緒にいたかった。

 最初は分からなかった装具を付けた泳ぎ方のコツや、イルカとの触れ合いの仕方も

 2日間チャンスがあったので、コツを掴めて良かった。)、

イルカの生態について学べて良かった。

(帰宅後、自慢げに学習したノートを見せてくれました^^)

などなど沢山良いこともあったんだけど、ね。


彼女が苦痛だったのは、事前に決められた班行動だったので、

せっかく気の合う友達ができたのに、ほとんど話をすることができなかった。

(…ということは、仲良しの友達を誘って”同じ班にしてください”

 と事前に申し出る形なら、上手く行ったのかも。)

スケジュールが詰め詰めで、自由になる時間がほとんどなかった。

…まるで軍隊のよう?!

常に管理されている感じがして窮屈だったようです。

(ま、これは、子どもを預かって行動する以上、ある程度は仕方がないと

 親としては思いますけど^^;)

泊った部屋が人数に比して狭くて、布団をちゃんと敷けなかった。

しかも、寝る前にエアコンを消されたので、暑くてあまり眠れなかった。

(「それは、申し出てみれば良かったんじゃない?」と言ったら、

 「部屋に大人の人がいなくて、どこにいいに行けば良いか分からなかったから

 できなかった」と言ってました。そうだったのね~)

歯磨き粉を持参しなかったので、使うよう強要された。

(これは、困ったねえって感じです^^;

 市販の歯磨き粉は添加物が沢山入っているので、普段からゆ~のは使っていません。

 使わなくても十分キレイになるしね。

 お友達のを借りて歯磨き粉を使ったようですが、これは両者にとってどうなんでしょう?

 と。この辺りは、価値観の違いでしょうかねえ。)

見えないところを怪我して帰ってきた。

(多分スタッフは気づいてないでしょう。

 別に問題にするつもりはないのですが、おそらく改善できる策があると思うので、

 この点に関しては進言する予定です)

…とまあ、いろいろあったわけですが。


あくまでも個人の感想です。

大満足、120%満足の方も当然いらっしゃるでしょうしね。


帰宅したパパにかいつまんで報告したら、

「まあ、サラリーマンには向かないタイプってことだな。

 …血は争えね~。^^;」

って苦笑してましたけど(爆)

良くも悪くもマイペースな子なので、隙間時間がない団体行動は辛いんだなあって

あらためて確認したりして。

でも、ま。

イルカと触れ合えたのは本当に楽しかったみたいだし、

こういう経験も全部将来の糧になるでしょうから。

参加させてみて良かったです☆



ともかく、ちゃんと元気に帰ってきたからね。^^

本当にそれが何よりありがたい☆

2日間お世話になった皆さま、本当にありがとうございました☆


にほんブログ村 子育てブログ 小学生の子へにほんブログ村 教育ブログ 在宅学習・通信教育へにほんブログ村 英語ブログ 親子英語へ





今日も来てくれてありがとう☆
読んでくれてありがとう☆

☆感謝☆

☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆

(おまけ)

親として誤算だったのは、

沢山の予定が入っていて、「これならとっても楽しめそう~♪」と思ってたのに、

実際はそれが辛かった、と本人が言ったこと。

ゆ~のの場合は、ゆったりスケジュールじゃないと駄目なんだと

あらためて分かりました。

…これからは、その辺りを考慮して参加できるようにしなくちゃなあ。

って感じです。

(でも、多分、こんな感じのツアーが、実際、普通なんだと思うんだよねえ。)


ツアーの何を重要視するか?は人によって違う。

私は”普段できない体験!”って単純に思ったけど、

ゆ~のは、それプラス”心の交流を楽しむ時間”が欠かせないものとして

カウントされてる感じ。


…Mayukaさんのところで、新潟スキーツアーやらないかなあ(独り言)

それが無理でも、来年こそ、新潟ツアー復活に期待!!です☆

☆イルカと泳ぐ☆8/2~3☆その1☆
2010年08月03日 (火) | 編集 |
ドルフィンスイムツアーに参加しました。

…ゆ~のだけ( *´艸`)

今年は、当初希望していた、新潟へのツアーが無くなってしまったので、

(去年参加して楽しかったので、また行きたいとゆ~のが言ってたんだけど)

6月下旬。急きょ、まだ間に合うツアーを探し、これを見つけました↓

そらまめキッズ

確か、「夏休み 体験」で検索するとトップページに出てきたんだよね。

それでもすぐに決めないで、いくつか候補を求めてネットサーフィンしたり、

資料請求したりするも、そのころには締め切ったツアーが多くて、

結局この”ドルフィンスイムツアー”に決定♪

人気のツアーはGW終わったころ、もしくはその前に売り切れちゃうようで、

みなさん、動きが早くてびっくりです☆

でも、まあ、まだ間に合うツアーがあって、ホント良かったわ。

ゆ~のにとっては初めての海水浴、初めてのイルカとのふれあいです☆

イルカはショーは見たことあるけど、触れたり、一緒に泳いだりできるなんて、

多分頭になかったと思う。

このツアーを提案した時の目の輝きと言ったらっ♪( *´艸`)

自然の中での体験なので、気象条件によってできないかもしれない…って

一瞬よぎったけど。

彼女は望んだことはちゃんと引き寄せるタイプの人なので、きっと

大丈夫だろう~♪ってすぐに思えて、

かなり自信を持ってツアーに申し込んじゃいました☆

案の定、現地の当日の天気は1日目曇り、二日目晴天、と。

まったくもって、イルカ日和っ♪♪^^

二日ともたっぷり堪能できたようです♪

そらまめキッズのツアーはツアー中に”今こんなことやってます♪”という

写真付き記事を専用ブログにアップしてくれるので、

”今、これを楽しんでるのね~♪♪”とほぼリアルタイムで分かるのが良いっ!

子どもたちの楽しい気持ちまで伝わってくるようで、嬉しいの。



さてさて、あと数時間でそのツアーから帰ってくるはずですが…

ツアーの様子は、またゆ~のに聞いたことを交えて書きますね♪

<続く>



にほんブログ村 子育てブログ 小学生の子へにほんブログ村 教育ブログ 在宅学習・通信教育へにほんブログ村 英語ブログ 親子英語へ





今日も来てくれてありがとう☆
読んでくれてありがとう☆

☆感謝☆

☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆

(おまけ)

昼間見ていたTVに本のソムリエ&読書のすすめのオーナー清水さんが出ていらして、

そこで紹介していたこの本↓

おうちで給食ごはん―子どもがよろこぶ三つ星レシピ63
おうちで給食ごはん―子どもがよろこぶ三つ星レシピ63

実際のメニューとしてカレーがスタジオに並んだんだけど

ものすご~く美味しそうだったっ♪

ゲストの方たちも本気食いしてたし( *´艸`)

たかが給食、されど給食っ!

旬を感じる美味しい食材を求めて北海道を探し回り、

時には”そのまま食べても美味しい調味料”として、味噌を手作りする。

”お母さんが我が子に食べさせたい”そんな思いを乗せて作られる

給食は安全で季節を感じられて、幸せになる。

いいなあ♪こんな給食。

私もたべてみたい~♪

…そんなあなたは、レシピ本↑で作ってみましょう~☆

私も早速図書館で予約しちゃったわ( *´艸`)

楽しみだなあ~っ♪♪
テーマ:夏休み
ジャンル:学校・教育
狂言体験☆その2☆
2010年08月02日 (月) | 編集 |
狂言教室1日目(7/30)。

早速先生方による「盆山」(ぼんさん)という狂言を見せていただきました。

最初にどんなお話で、どこが笑いどころか、解説があり。

「600年前にできたんですけど、その時のそのままの言葉遣いで

 やるんですよ。だから今とは違った表現が沢山出てきますねえ。

 たとえば、犬ってなんて鳴きます?

 今だったら”ワンワン”でしょうか。これがね、600年前は

 ”びょうびょう”なんですよ。

 面白いですねえ。昔の人にはこういう風に聞こえてたんですね。」

なんて蘊蓄が聞けたりする。

そして、狂言はこれから何をするのか、演者が説明してから動作に

入るのが特徴なんだけど、この内容が分かるととっても面白い。

初めてなので、概略を全部聞いてから、実際の狂言を見ましたけど、

素人さんの私でもとても楽しめました♪^^

(…これ、何も知らずにいきなりだったら、辛いだろうなあ…。)


狂言師さんって姿勢が崩れない。何か物差しでも背中に入ってますか??

ってくらい、いつでもシャンとしてるのが、実際目の当たりにすると

感動します☆

”茸(きのこ)”という動き遊びをやったんだけど、

これは上半身は全く動かさずにしゃがんだ状態で足先だけで動きます。

なれないと、前傾してしまったり、身体がゆらゆらしたりする。

これを、先生曰く”不気味に見えるように”上半身を固定してやるんです。

…難しそ~^^;


それから、声が…!!あれ、どうやって発声したら、あんなにデカイ声が

出るんだろ?!

自慢じゃないけど、私、結構大声出すのは割と得意なんだけど、ね。

カンペキに負けてます~(爆)

ま、腹式呼吸ってのは間違いないでしょうけど、

どうもそれだけじゃないような気がします。


それから、「柳の下」という短い小唄を子どもたちが練習するんですけど、

独特の抑揚があるのに、楽譜はない。

やっぱり、口伝なんだよね。

音がさがったり上がったり、拍が違ったり、印刷物を眺めてるだけでは

習得できない。

身体で覚えなければ☆

「が、ぎ、ぐ、げ、ご」はクリアな音じゃなくて、

鼻に抜けるように鼻濁音で発音する。

(極端に言うと小さな”ん”を直前につけて発音する感じ)

一つ一つ丁寧な説明があって、それを再現できるように練習する。

…難しいです。少なくとも私には。(爆)


でもでも、これは、まだまだ序の口。

発表会では本当に”狂言”をやるんだから☆

そして、

”たった10日では足りないので、ビデオなり、録音なりで

 記録を撮って頂いて、家庭で練習するようお願いします”

と先生からの真剣なお願いが。

…こりゃあ、生半可な姿勢じゃやれないぞ~っ(汗)

軽い気持ちで参加したはずが俄かにそうも言っていられなくなってきました…<続く>


にほんブログ村 子育てブログ 小学生の子へにほんブログ村 教育ブログ 在宅学習・通信教育へにほんブログ村 英語ブログ 親子英語へ





今日も来てくれてありがとう☆
読んでくれてありがとう☆

☆感謝☆

☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆

(おまけ)

今、娘は、ドルフィンスイムツアーに行ってます~♪

…だからこそ、こうやって、ブログ書く時間が確保できてます☆

いたら、PC開いてられないもん~(爆)

過去記事に夏休みの出来事を思いつく順番に書き連ねてます。

まだ、全部は書けないけど~。(爆)

前半は忙しく充実した予定で満載なので、本人は楽しくてしょうがないと

思います☆

私はと言えば、もうすぐ自由時間終了だなあ。

娘が帰ってきたら、また賑やかな日常が戻ってくるねぇ。^^







狂言体験☆その1☆
2010年08月01日 (日) | 編集 |
狂言の夏休みの体験教室が始まった。

…狂言の教室ってちょっと珍しいでしょ?!

ま、一日体験とか、観賞とか、そういうのはあると思うけど、

今回参加するのはなんと10日間の日程です☆

これねえ、さいたま市でやってくれるのよ。

狂言と、能と、日本舞踊。各20名ずつの定員で募集があったので、

パパに相談の結果、狂言いいんじゃない?ってことで飛び付いたの。

さぞかし、受講権利取得は激戦かと思いきや、

ふたを開けたら、狂言は全員で10名だったわ。

…あれれ?!(^^;;)

あまり宣伝活動しなかったのかなあ。。。?


教えてくださるのは、NHK教育テレビの「にほんごであそぼ」

”ややこしや”に実際出演されたことがあるという、

野村萬斎さんのお弟子さんの方々です。(驚)

プロもプロだよっ!!

ひえ~~っw( ̄▽ ̄;)w


私は今までこういうのに縁がなかったので全然詳しくないんだけど、

薪能に縁が深い土地柄ゆえか、パパ実家のバーバは超詳しいの。

パパも”古文がうちに転がっていた”環境で育っているので、古文は専門だし、

能や狂言も好きときてる。

…私が無知でも何とかなるよね~…って軽~い気持ちで申し込んじゃった☆


ゆ~のと言えば、何でもかんでも「やる?」と聞けば「やりたい!やりたい!」

と必ず乗ってくる、いつでもハイテンションな子どもなので、

嫌がるはずもなく。

去年は買わずにすませた浴衣(これは練習も本番も着用義務があるので、必須です)

も買ってもらえそうだということで、さらにさらに

鼻息荒く( *´艸`)。


すっごく楽しそうに狂言の練習に突入したのでありますが… <続く>

にほんブログ村 子育てブログ 小学生の子へにほんブログ村 教育ブログ 在宅学習・通信教育へにほんブログ村 英語ブログ 親子英語へ





今日も来てくれてありがとう☆
読んでくれてありがとう☆

☆感謝☆

☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆

(おまけ)

よいしょ (フォトポエム絵本)
よいしょ (フォトポエム絵本)


友達のTちゃんが紹介してくれたポエム絵本。

でも、絵じゃなくて、写真が主役なんだけど( *´艸`)

これ、良いヨっ♪

自然ってすごいな。

ひたすらに自分を生きるって素晴らしいな。

一所懸命生きる姿はそのままエネルギーになって自分に充てんされる感じ。

…自然のものは余計なことは考えない。

一瞬一瞬、真剣勝負。

”今”を生きてる。

そんな姿が満載です。

私たちだって自然の一部なんだよね。

そんなことも思いだして、また凛と前を向ける一冊です☆



テーマ:夏休み
ジャンル:学校・教育
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。