毎度~♪おおきに^^ 2年半の間☆☆☆就学前に何やろう??☆☆☆のブログ名でやってきましたが改名です♪オリジナル家庭教育、英語やら漢検、スピリチュアルに、本はビジネス書から絵本まで!なにしろてんこ盛りでやんす~(^▽^)/ヨロシクねっ!!
スポンサーサイト
--年--月--日 (--) | 編集 |
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
図形のセンスを磨く☆おもちゃや本の活用☆
2006年08月28日 (月) | 編集 |
☆平面図形

直角二等辺三角形や正三角形で色んな形を作れるようになったら、是非

タングラム的な遊びをどうぞ♪

例えば一番簡単なところではこれ↓

さんかくたんぐらむ WP-50

三角形の組み合わせだけなので、簡単です。


それから少し発展するとこれ↓2ピースから7ピースまで少しずつ難しく

なるので、徐々にレベルアップするのにいいかも。

NEWたんぐらむ



そして、これ↓実際にうちにあります。

タングラムちえしぼり

問題数は少ないのですが、7ピースで色々な形を作ります。

これの特徴は”大きな直角二等辺三角形が二つ”入っていること。

大きな形の場所が決まれば残りは自ずと見えてくることが学べます。

実物大の型紙が9つあるので、この上にピースを実際に置きながら

考えることが出来ます。

対象年齢2さいから。



そして”ちえしぼり”↑は、本来のタングラム↓と同じ形式になっています。

木製知恵の板タングラム

こっちはおそらく実物大の型紙はないでしょうから、”ちえしぼり”は

その練習編って感じですかね。


いきなりタングラムに挑もうと思ったら、ちょっと難しかった~(^^;)

って場合にはこんなのもあります↓

はじめてであうすうがくの絵本セット 全3巻
はじめてであうすうがくの絵本セット 全3巻


この1巻に正方形を5ピースに切り分けたタングラムもどきが紹介

されています。

もちろん、いろんな問題つき。

図書館で借りて、厚紙でピースを作ってどこまで完成できるか挑戦したら

楽しいんじゃないかな。(^^)

ゆ~のも楽しんで取り組めました♪


タングラムは究めたかも!?でも、こういうのが好きでたまらない万人向け♪

アボロ ユークリッドパズル ザ ティー The T ザ エフ The F デビルパズル

…いろいろあるねえ♪(^▽^)

きっとこういうものって沢山あるんでしょうね。

他にもご存知でしたら、是非情報をお寄せくださ~い♪(^^)



それから。

”そもそもタングラムって何?”とうい方はこちらをご覧ください♪

これをもとにタングラムを自作できるし、問題も載ってます♪



☆立体編☆

うちにあるのはこんなのだけど…↓
ピタゴラス プレート

出来たらこういうのも欲しいんだよね~。(自分がはまりそう^^;)

ポリドロン 標準セット ポリドロン 正多面体セット
ポリドロン 正多面体セット



かつて紹介しましたが、こんな本もあります。↓

折り紙を折りながら多面体に触れるのも楽しいかも♪

はじめての多面体おりがみ―考える頭をつくろう!

☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆
ninkiblogranking

ブログランキングranQ




ココに来てくれてありがとう♪

出会いに感謝です(^▽^)/

ついでにランキングUP↑にご協力お願いしま~す(^O^)♪

☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆

ゆ~のはば~ばたちと(パパ実家)旅行に出かけてます。

”なんか遊ぶもの持たせてね~”と言われたので、これをバッグに

忍ばせました♪↓

イージーキューブ
イージーキューブ


出番があるかな?

あひるは自分用にこれを買って楽しみました♪↓、

他にも問題が色々あるらしいので、
木製ラッキーパズル

これ欲しい~♪↓ト悩み中。
ラッキーパズル影絵問題集シルエット1080
ラッキーパズル影絵問題集シルエット1080


この手のパズル好きは一種の中毒!?かもしれません(^▽^;)

”わたしも仲間~!”って手を挙げてくれる方がいらしたら、嬉しいな♪
スポンサーサイト
テーマ:早期教育・幼児教育
ジャンル:育児
家庭で出来る”図形センスを磨く簡単遊び”実戦編♪
2006年08月22日 (火) | 編集 |
立体と言えば、立方体、直方体、球、円柱、角柱、円錐、角錐、円錐台、

角錐台…などなど。

(円錐台、角錐台はそれぞれ円錐、角錐の上部を底面に水平に切り飛ばした

 感じです。)

こういった図形は割と頭に浮かべるのは簡単ではないかと思います。

なぜか?

モデルが生活の中に溢れているからです。

直方体なら、ティッシュケースやお菓子の箱。

円柱なら、茶筒や、ジュースの缶。

円錐なら、コーンや、クラッカー。

などなど。

中には生活の中で見当たるかな?と思うものもあるかもしれませが、

類似の形があるので、割と想像しやすい立体ですよね。

それに、積み木になじんでいれば、立方体、直方体、三角柱、円柱

などはよく知っているはず。

(どこかでも書いたと思いますが、ばらせるものは片っ端から展開図にして

しまうと面白いですよ(^^))


それでは、こちらはどうでしょうか。

さっそく問題行ってみよう~♪(^▽^)

”正多面体の種類を全てあげ、それを頭の中で想像してください。”

…出来ますか?

瞬時に分かる場合は相当立体になじんできている方では?と想像します。

”あれ?どんな感じだったかな??”という方はこちらをどうぞ♪

↓↓↓↓

正多面体とその展開図

高校入試では、先にあげた立体図形のほかに、多面体がらみの問題も

出題されます。

頻度の高い順から、立方体(正六面体)、正四面体、正八面体。

頻度はあまり高くないけど、正十二面体や正二十面体も知っておいて

損は無い。

ここで”知っておく”とは、

”実際の立体を見て触って、なじんでおく”

その程度のことです。

でも、コレだけでも全然違うんですよ。

紙の上の図形がちゃんと立体として見えるようになりますから。

この手の立体って、実際に見せてもらう機会がなかなかありません。

だいたい省かれちゃうことが多いんですよね。

だからこそ、是非家庭でフォローしておいたほうが良いと思います。

自分の経験でも、立体は黒板だけだとイメージが湧かないので、”作って

触ってみる”ということを実際にしてました。

初めて目にする子が多いので”お~!!”と歓声があがったりして

(^▽^:;)

正八面体のサイコロで散々遊んだ経験がある生徒は、やっぱり、この

立体が得意でした。

ね。”実体験”って必要でしょ?


色んなおもちゃや本がありますから、それを利用しても良いです。

(次回に紹介しますね~。)

でも、正十二面体以外は簡単に出来ますから、実際に作ってみては

どうでしょう?

(正十二面体は五角形の作図が大変では?と思います。そうでもない?)

 知っていれば、何てこと無いんだけど…。

 あ。分度器使っちゃうって手もあるか~。…長い独り言だ^^;)

家の中に、しばらくこういう立体があって、目に入る状態にしておく

だけでも違うので、是非お勧めしたいです。


うちでは、あひるが作ったモデルを見せて観察してもらいました。

”面はいくつあるか?どんな図形が使われているか?”

そんなことをゆ~のが確認してから、パーツを自分で選んで実際に

作ってもらいました。

例えば、正四面体。

”使うのは正三角形4枚だな。”と確認。

それをテープで組み立てます。

次は正八面体。

”使うのは正三角形で8枚ね。”と。

そこで、ふと「ね~。正四面体二つで正八面体になるんじゃないの~?」と

ゆ~の。

合体させれば上手くいくはず…と思ったらしい。(^^;)

そこで、実際に試してみたら、

「あれれ?面の数が合わない。そうか~。くっついちゃう分、

二つ減っちゃうもんね。これじゃあ、だめなのか。」と気づく。

「上から見た形はどう?」とあひる

ゆ 「こっち(正四面体)は三角形だけど、そっち(正八面体)は四角だ!」

あ 「そうだね。正三角形と、正方形だね。違うよね。」

ゆ 「そっか~。なるほど!」

こんな会話がありました。

目がキラキラですよ。ゆ~の。

こんな些細なことでも、新しく何かを知るというのは、嬉しいし楽しい

んですね。(^^)

まだ正二十面体を作ってないんですが、コレも消化する予定です。

で、次は作った立体にはさみを入れて、平面(展開図)に戻してみます。

そのあと、それとは異なる展開図を考えてもらう予定♪

もともと、正三角形のピースになっているので、単純にコレをどう

組み合わせれば良いのか、考えればいいわけです。

テープで簡単につなげていくだけだし、間違えたら、また貼りなおせば

良い。

そうやって、展開図から立体をくみ上げる力を更に強化しようと

思っています。(^^)


とにもかくにも、”見て触って、組み上げてばらして、また組み上げて”

この経験が立体力を育てますから。(^^)


次回はこのシリーズのラストです♪

図形感覚を磨くアイテム色々の紹介~(^▽^)

☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆
ninkiblogranking

ブログランキングranQ




ココに来てくれてありがとう♪

出会いに感謝です(^▽^)/

ついでにランキングUP↑にご協力お願いしま~す(^O^)♪

☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆




家庭で出来る”図形センスを磨く簡単遊び”準備体操編♪
2006年08月20日 (日) | 編集 |
図形感覚を磨くのに具体的にどんなことをすれば良いのか?

これが一番知りたいことだと思います。

家庭の中で少し意識的に形になじんでおくだけで、感覚を養うことは

可能なんですよ~。

あひるがいろいろ見てきた経験では図形が得意な子って大抵タングラム

的な遊びが得意です。

ああいうの、好きだと、際限なく取り組むんですよね~。

そのうちに、補助線(どう組み合わせてピースを置けば良いのか)

が勝手に見えるようになっちゃう。

まさに経験値のなせる技です。

でも、いきなりタングラムじゃ、幼い子には無理がある。

そこで、まずは図形の基本を抑えましょう♪

これを体得しておくだけでも相当違いますよ~(^▽^)♪


さてと。早速いってみよう♪


問題です(^▽^)/

 『 直角二等辺三角形2枚で、「正方形」「直角二等辺三角形」

 「平行四辺形」をそれぞれ作ってください。 』

…もちろん、お子さんがやってみるんですよ~。

ゆっくり一つずつね。(^^)

直角二等辺三角形は厚紙かなんかで前もって用意しておくといいです。

(画像が上手くいかないので載せませんが、イメージできますよね?)


言葉を知らなければそれぞれ「ましかく」「大きな三角形」

「ましかくではない四角」なんて感じで言い換えても良いですが、

あひるだったら、最初から正式名称を教えてしまうかな。

そのほうがついでに意味(定義)まで教えやすいし。

どんなかたちか全然知らないようなら、まずはそこからですね~。

形の名称一覧なんかあると便利かもしれません。



これがパッとできるようになったら、次は4枚、その次は8枚、16枚…

と数を増やしてやってみます。

大きくなるほど難しくなりますが、感覚をつかめているようなら、

戸惑い無く出来るはずです。


それから正三角形バージョンもやってみましょう♪


 ”ひし形を作ってみて~(最小で2枚)”

 ”台形を作ってみて~(最小で3枚)”

 ”コレより大きな正三角形作ってみて~(最小で4枚)”

 ”正六角形作ってみて~(最小で6枚)”

形が頭に入っているようだったら、こんな感じで組み合わせを考えて

もらう。

これも小さいのが出来たら”それより大きいの作ってみて~”と

レベルアップ。

その都度、”何枚で出来たかな?”と確認しておくと、将来的に

分数や数列でも使えたりします(^^)


今回取り上げたのが、なぜ、直角二等辺三角形と正三角形なのか?

直角二等辺三角形は、正方形(おりがみ)を対角線で二等分した図形。

そして、三角定規の形の一つです。

円がらみでも良く使われますし、コレが絡む図形問題は多いのです。

正三角形は正多面体を構成するのに良く出てくる形。

そして、2等分すると、やっぱり、三角定規のもう片割れ。

もちろん、円絡みなど、登場率の高い図形です。

この二つの形は、同じ三角形でも特徴が違えば組み合わせて出来る図形

が違うことなど、比較しておくにもいい材料です。


もしなければ、この機会に三角定規や分度器、コンパスなども手に入れて

なじんでおくといつのまにか勝手に使えるようになったりしますよ~。

ちなみに、ゆ~のは定規で線も引きますが、紙を切ったりもします。

コンパスで円を書くのも好きですね~。

まだ教えてませんが、三角定規が二つあれば簡単に平行線が引けますしね。

分度器では、実際に直角二等辺三角形と正三角形のそれぞれの内角を

測ってみましたよ。


…次は立体編かな?もしくは平面図形レベルアップ編♪

もう少し、この話題にお付き合いくださいね~(^▽^)/



☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆
ninkiblogranking

ブログランキングranQ




ココに来てくれてありがとう♪

出会いに感謝です(^▽^)/

ついでにランキングUP↑にご協力お願いしま~す(^O^)♪

☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆

(おまけ)

すっかり更新が遅れてすみません。(^^;)

なんだか忙しい日々です~。(汗)


ゆ~のはカブトゼクターをば~ばに買ってもらってご機嫌です。

テレビと一緒に”変身”、”キャストオフ”、”ライダーキック”

など、その気になって楽しんでます。(笑)


…しか~し。

君は女の子だったよね!?

何で、プリキュアより、カブトなのさ~(^▽^;;)

天道総司(仮面ライダーカブト)役の水嶋ヒロくんにすっかりはまっている

ゆ~のです。
テーマ:早期教育・幼児教育
ジャンル:育児
神話崩壊―やさしくなった東大合格
2006年08月17日 (木) | 編集 |
神話崩壊―やさしくなった東大合格
神話崩壊―やさしくなった東大合格


難問奇問が解けるようにスパルタ教育を受けた私立の名門中高一貫校

の合格者がだんだん減っている背景には、東大入試の易化がある。

勉強付けにされて合格した東大生は”合格”こそがゴールで、入学後

抜け殻になってしまうことが珍しくない。

番狂わせで入ってきたような学生のほうがその後勉強や研究に精を

出し、成果を出していることを考えると、勉強漬けでない、地方の

優秀な素材が是非とも欲しいところ。

東大入試の易化はその突破口となることを狙ったものである。


…なるほどねぇ。

そんなことより。

色んなタイプの受験生がいかに勉強に向かって合格を掴んだのか?

という実例が、個人的には非常に興味深かったです。

共通して言えるのは自己分析が正確で、自分にあった勉強方法を

見出し、それを貫いていける強さがあること。

これが、実は出来そうで、出来ないんだよね~。


”受験は要領”と言う著者の言葉。

これは実は生活全般、人生全般にも言えることで、正確な自己分析

は人生を充実したものにするのに非常に有利に思えます。

それを受験を通して体得する、という面があったのか、と新たな

効用に気づかされました。

受験勉強って”大変””きつい””孤独””プレッシャー”とか

いろいろなキーワードが浮かびますが、コレをマイナスととるか、

自己鍛錬の貴重な経験と捉えるかで全然違う。

”合格”以外にも意義を見出せたら強いなって思います。


そして、受験は情報戦でもあります。

単純に偏差値で輪切りするだけで臨むのは危険なことなのに、多く

の受験生やその周辺が気づいていない。

(…これは、高校入試だってそうなんですよ。

 むしろ、わが県では、情報無しに戦うのは非常に不利です)



そして、東大合格者がどんなところに気を配ったか。


(1)得意科目で稼いで苦手科目には目をつぶる。

(ただし、平均点は必要)

   秀才は苦手科目を持ち上げようとするが、なかなかペイしない。

   それよりは得意科目を伸ばすこと。

   合計点で届けばいい。


(2)学校の勉強と受験勉強は全然違うものになる。

   受験しようと思ったら学校はある程度切捨てやむなし。

   (学校推薦で臨む場合は学校が一番優先になる)


(3)どんどん先に進むことよりも復習して確実に物にすることを
 
   心がけよ。

   取れる問題を確実にとり、失点しないことが慣用。

   

(4)どこにフォーカスするかで点数が取れたり取れなかったりする。

   難問奇問ばかり解き続けていると、センターのような基本問題で

   とれなくなって足元を救われるケースが多い。

   基本問題を馬鹿にするな。

   常にフォーカスポイントを頭に入れて取り組むこと。


(5)解くスピードが大事。

   早く正確に計算できることは武器になる。

   逆にここがおろそかだと、取れたはずの失点が多くなる。


…なんて話が出てきますが、あひるに言わせれば、こんなことは常識です。

長年、この業界にいましたからね~(^^;)


コレって多くは幼児教育にも通じるような気がします。

(1)は、”全てに渡って均等に成長を求めるのは無理がある。

      その時伸びたいものを存分に伸ばしてやろう”

(3)は、”闇雲に先に進むと基本を忘れがち。

      基本が出来ていないところに積み上げるのは、定着

      しないどころか、無駄である。


なんて具合に。ね♪

      

…単純レビューで済まそうと思っていたのに、書いたら、結構熱く

語っちゃったかな~?(^▽^;)


☆(お詫び)☆

”図形のセンスを磨く”の続きを待っていた方すみません(^▽^;;)

画像のアップが間に合わないので、こちらを先に記事にしました。

近々上げますので、しばしお待ちください~~。m( _ _ )m


☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆
ninkiblogranking

ブログランキングranQ




ココに来てくれてありがとう♪

出会いに感謝です(^▽^)/

ついでにランキングUP↑にご協力お願いしま~す(^O^)♪

☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆

仮面ライダーカブトの映画を見に行ってきました♪

そのあとは、縁日で水風船とり、金魚すくい。

金魚すくいは初めてでしたが2匹とれてゆ~のはご満悦でした。(^^)

最後にプラネタリウムで星空散歩を堪能♪

帰りの空には夏の大三角(白鳥座のデネブ、こと座のベガ、わし座の

アルタイル)が浮かんでいて、さらに他の星座もいろいろ見つけて

おおはしゃぎ。

「あれがさそり座、あの辺が射手座…」なんて見つけながら、

家族で夜空を楽しみにました。

うちは旅行にも行かないし、期間もささやかなお盆休みですが、

近場でも楽しいこと見つけて満喫してますよ~(^▽^)
テーマ:早期教育・幼児教育
ジャンル:育児
図形のセンスを磨く☆その3☆平面
2006年08月14日 (月) | 編集 |
今日は平面編です♪

関連記事はこちらから↓まだの方は是非合わせて読んでくださいね(^^)

小3までに育てたい算数脳~図形のセンスを磨く☆その1☆~

図形のセンスを磨く☆その2☆立体



”見える力”は存在します。


    …え??

    ぞ~っとしちゃうもの!?(><;)


うそうそ。

軽く冗談です。(笑)




いわゆる”補助線が見えてしまう力”のことです。

図形問題の厄介なところは、この補助線が引けるかどうかが勝負の

分かれ目になることが多い。

そして、これは見える人には簡単に見え、見えない人には永遠に

見えないかも!?というくらい、歴然とした差になって現れます。

(これは”算数脳”の著者が強調している点でもありますね。)

ある程度パターン化できるものについては訓練で可能になりますが、

そうも行かないのが例えば入試だったりします。


ゆ~のの場合は…

どうでしょうね?

もう少し修行が必要かな。(^^;)

センスは育っていると思いますが。


2歳くらいから、半年に一度くらい参加してきた幼児教室の無料体験。

いつも、基本は直角三角形のみを使ったパズルでした。

初めての時には戸惑いも多少見せたゆ~のですが、今では、多分

見えていると思います。

”補助線”が。

つまり、どう置いたら上手く納まるかが、ほぼ瞬時に分かるように

なっていたんです。

少々複雑なものでも迷い無くピースを置いていきます。

直角三角形のピースをうちでも厚紙で作り、遊んでいたことも多少は

ありましたが、基本的には半年に一回の無料体験でちゃっかり身に付けて

しまったような…(^▽^;)

                   無料体験恐るべし~~


平面図形のセンスのベースはこんなところにもあるような気がします。

実際、補助線を引く必要のある問題は、合同や相似の他、円や立体と

絡めたりすることも多いので、これで全てに通用する訳ではありませんが。

タングラム的な遊びは効きますね~。

絶対にやっておいて損はない!!

図形にたいする推理力、イメージ力などが知らない間に育ってしまいます。

(^^)


でも、いきなりタングラムだとちょっと難しかったりする場合もある

んですよね。

そんなことも踏まえながら、

次回は家庭で出来る”図形センスを磨く簡単遊び”に続きます♪

☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆
ninkiblogranking

ブログランキングranQ




ココに来てくれてありがとう♪

出会いに感謝です(^▽^)/

ついでにランキングUP↑にご協力お願いしま~す(^O^)♪

☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆

市内の花火大会がありました。

近隣市からも大勢見物人がやってくる、かなり大きなイベントです。

我が家ももちろん見てますよ~♪毎年。

…特等席は我が家のベランダ(^▽^)

低めにあがる花火の全貌は分かりませんが、空高く次々に上がる花火を

堪能できます。

毎年趣向の凝らし方が違うのでその辺を品評するのも楽しみの一つ。

今回は、長い間光っている大きな沢山の火花が印象的でした。

…どうして、あんなに長持ちなんだろう??

作り方とか、構造とか、分かるんだったら知りたいなあ。

ゆ~のは「花火って地球より大きいの?」と一言。

木星が見えていたので、”木星より強い光に感じる花火のほうが地球より

当然大きい”と考えたみたいです。(笑)

子どもなりにいろいろ考えてみるんですよね(^^)
テーマ:早期教育・幼児教育
ジャンル:育児
図形のセンスを磨く☆その2☆立体
2006年08月12日 (土) | 編集 |
意味深な終わり方で引っ張ってしまった前回ですが。(^^;)

そう。

ゆ~のについて、なぜ図形は得意分野になるだろうと睨んでいるか?

という話でしたよね。


まず、立体について。

結論から言うと、”工作に熱中していて、しかも完成度の高い作品を

作っているから”です。

「切り絵工作」などのような市販のものではありません。

”全くの平面から立体を起こす”のが彼女のブームらしくて、

気が向くと、夢中で取り組んでいます。

もちろん、誰からの強制力もありません。

本人に作りたいものが浮かぶと、画用紙などにいきなりはさみを入れて

どんどんパーツを作っていきます。

大抵はテープでペタペタ貼って完成なんですが、結構実物に近いフォルム

に仕上がります。

今まで作ったものは、コップ(円柱形で持ち手がついてます)、

脚付き椀、ティッシュケース(中にラップの芯を入れて、ちゃんと

ペーパーが引き出せるようになっています)、リカちゃんと、

ゆ~ののおそろいの帽子(二つとも、麦藁帽子のような感じ)、

などなど…

こうやって、平面から立体を起こせるということは、ある程度展開図が

予想できるということだし、平面から立体をイメージする力が

育っているということです。


以前記事にした算数脳キューブ

指定されていた使い方ではありませんが、うちでは展開図から

出来上がり図を予想する、という遊びをしていました。

(ゆ~のは2回目で完璧にできるようになってました)


将来数学のテストに向かうとき、”平面から立体を思い浮かべ、

頭の中で色んな角度から見ることができる能力”があると非常に

有利です。

(…まあ、ゆ~のの頃の入試がどうなるか分かりませんが^^;)

逆に、これが出来ないと捨て問題にならざるを得ないかもしれません。

これもイメージ力のひとつですね。


これは実体験を重ねるから身につくことで、幼児期の体感は、

後々大きな力になること間違いありません。

身体で覚えたことは忘れませんからね。

算数脳の著者も指摘しているように、これは例えば、PCソフトや、

ペーパーの中だけでは絶対に身につきません。



それじゃあ、ゆ~のはどうして、こういうことが出来るようになったのか?

どこかにも書きましたが、ゆ~のは小さい頃からはさみに執着していて、

1歳半で怪我をしないはさみを持たせ、2歳からは普通のはさみを

思う存分使ってきました。

2歳台で市販の切り絵工作の”切る”部分はほとんど制覇し、目の前で、

立体が組みあがるところをずいぶん見てきました。

(要は、あひるがつくってやったんです。^^;)

そして、いらない箱や紙コップなどをばらしてみる。

(これは、例えば直方体の面の数がいくつか分かる、展開図が分かる

などにつながります。)

それから、つくってわくわくが大好きで良く真似してきました。

(これは未だにそうだったりしますが)

もちろん、積み木、レゴ、LaQ、パターンブロック、クボロ、

ピタゴラスプレートなどのおもちゃも感覚を磨いてくれました。

(ちなみにうちにあるのは例えばこんなおもちゃ


…結局好きなことに熱中してきた結果です。

そして、褒めまくってきた成果でしょう。

褒められれば自信ががついて更に楽しくなっちゃいますしね。(^^)

”好きこそ物の上手なれ”

ほんとにそうだなと思います。


七田眞氏はたしか、こう言ってました。

「出来ないことには目をつぶり、好きなものをどんどん褒めて伸ばし

ていくことが、結局は他の能力も引き上げることに繋がる。」と。

今日の記事を読んで、焦って無理に図形的取り組みに持っていこうと

する親御さんは、まさかいらっしゃらないだろうと思いますが、

”むりやり”はもちろんご法度です~(^^)

さりげなく目に入るのは是非とも!と思いますが。




☆この次は平面について。

そのあとは、家庭で出来る”図形センスを磨く簡単遊び”に続きます♪


☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆
ninkiblogranking

ブログランキングranQ




ココに来てくれてありがとう♪
出会いに感謝です(^▽^)/

気が向いたら、ランキングの応援ポチよろしくお願いします~☆

☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆

(おまけ)

パパが海釣りに行ってきました~。

アナゴ、メバル、ギンポ、ハゼ、アイナメが釣れました♪

今ね。

ベランダにメバルの開きが洗濯物みたいに干してあります。

結構笑える楽しい姿♪

明日の朝食に頂きま~す(^▽^)/

テーマ:早期教育・幼児教育
ジャンル:育児
小3までに育てたい算数脳~図形のセンスを磨く☆その1☆~
2006年08月10日 (木) | 編集 |
小3までに育てたい算数脳

ようやく読むことが出来ました。

去年の12月に図書館で予約してから手元に来たのは8ヵ月後。

まだまだ借り手が列をなしている本です。

以前の記事で紹介した算数脳キューブはこの著者の考案です。


一説によると9歳までの間に、人間としての基本的な脳のソフト

ウェアが固まってしまうそうです。

具体的には9歳までに基礎能力の部分で発達を完了して、それ以降は、

そこまでの間に、持ちえた能力を発展させていく段階に入っていく。

つまり9歳の段階で頭の中に空間そのものをかけない子は、その後

どんなに努力しても立体の問題を本当に分かるようにはなかなかなり

得ない。

その辺に焦点を当てています。


じゃあ、具体的に何をすれば良いのか?

著者が推奨しているのは何よりも「外遊び」でした。

図形認識力、空間把握力、推理力、発見力、判断力、集中力…などなど

全ては夢中になって外遊びする中で自然と身についてしまう。

そして、五感を磨くことはそのまま危険回避能力にもつながります。

空の様子から、嵐に遭遇するのを回避したり、雷が近いことを知って

避難するとか。

そういうことに敏感だと、命を落とす危険もぐっと減りますよね。

(ちなみに、あひるは雨の気配が匂いや風で分かります。

 ほとんど洗濯物をぬらしたことが無い。

 …なんて言いつつ、最近失敗したんだけど…^^;)

自然を敏感に感じる能力を身に付けるって重要だよね~と思ってます。


でも現実は。

ゆ~のは外遊びが足りているとは言えないかも。(^^;)

幼稚園に通っていれば毎日外で夢中になって遊んでいるし、行き帰りも

基本は徒歩。季節の移ろいを感じながら歩いています。

でも、お友達と遊ぶのは圧倒的に室内が多い。

門限の5時まで力いっぱい遊んでいた自分の子供時代と比べると

圧倒的に少ないんです。


自然に親しむこと、外遊びをすることは、今後かなり意識する必要が

ありそうです。


ただね。

算数脳、とくに図形のセンスについては全然心配していないんです。

むしろ、得意分野になると睨んでいます。


それは、なぜか?


    …続きはまた今度ね♪(^▽^)/






☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆
ninkiblogranking

ブログランキングranQ




ココに来てくれてありがとう♪
出会いに感謝です(^▽^)/

気が向いたら、ランキングの応援ポチよろしくお願いします~☆

☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆

どうも、ご無沙汰してました~!

あまり家にいない&色々雑事に追われてまして、更新がのびのびに…

(^^;)

”最近の取り組みを夏休みいっぱいは掲載!”なんて書きましたが、

ついに挫折です。

書くほどの事、何にもやってません。(^^;;)

でも。

毎日充実してますよ♪

色んな意味で、自分の転機みたいで。

わくわくで溢れている時間を過ごしています(^▽^)/
テーマ:早期教育・幼児教育
ジャンル:育児
久々のプライベートレッスン♪(8/4)
2006年08月05日 (土) | 編集 |
英語のレッスンは一月以上ぶりでした~。

…だからかなあ。

新しい項目は一つもなし。

復習だけで終わっちゃいました(^^;)



☆今日の天気、夏休みにどう過ごしたか?今後の予定は?

 などのフリートーク。

☆単語(スポーツ、乗り物、着る物、食べ物、感情、感覚など)の確認。

☆Can you~?についてYes,I can. / No,I can't.で答える。

☆ Do you~?についてYes,I do. / No,I don't.で答える。

☆why~?についてBecause~.で答える。

☆What are you wearing?や、What is she wearing?に

 I am wering ~.や、She is wearing~.で答える。

☆Are you ~?にYes,I am. / No,I'm not.で答える。

☆Are you~?とゆ~のが質問して、わたしが答える。

こんな感じだったかな?



時間は60分。

間に遊びをはさみます。

その日持参した中に”Rhyming Words Dominoes"というゲームが

あるんですが、これで結構盛り上がりました。↓

DSCF2520.jpg



48枚のチップがあって、それぞれに単語が二つかかれています。

例えば【slip-vest】のように。

コレを同じ韻でつなげていきます。

次に繋がるのは例えば”est”つながりで【test-look】のようなチップ。

(画像の下ほうにあります↓クリックで拡大♪)

DSCF2523.jpg


コレを順番につなげていって、つなぐことが出来なくなったほうが負け。

先生が譲ってくれたのでしょう。

勝って大喜びのゆ~のでした(^^)


このゲーム、”韻を踏む”というのがどういうことか分かるし、フォニックス

の確認にもなっていいですよ♪

このゲーム自体、自分で簡単に作ることが出来そうだし、単語から

熟語を作って遊んだり、同じ韻の言葉をどのくらい言えるか?

(書けるか?)なんて変化していっても楽しいかも。

単純なゲームだけど、工夫次第で長く遊べそうです♪




※このゲームはアップルパイクラブを通して購入しています。

スカラティックの商品は”こういうのを買いました”的に使う分には

画像掲載可ということがメルマガを通して伝えられています。




☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆
ninkiblogranking

ブログランキングranQ




ココに来てくれてありがとう♪
出会いに感謝です(^▽^)/

気が向いたら、ランキングの応援ポチよろしくお願いします~☆

☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆

国家の品格

昨年末に紹介されて斜め読みした後、たびたび、色々なブログで

見かけることになった、因縁の(?)本です。

読まれた方も多いのではないでしょうか。

今回精読(…かな?)してみて、日本人として自分はどうしていくべき

なのか改めて確認した思いです。

まだ読まれていない方に是非お勧めです♪
テーマ:英語de子育て
ジャンル:育児
Brand New Readers 読了♪
2006年08月03日 (木) | 編集 |
DSCF2516.jpg


約一月かかって延べ200冊読了です♪

やっぱり、毎日は出来なかったけど、やってるうちに楽しくなってきた

みたい(^^)

自主的に「今日は○冊読む!」と宣言して取り組んで来ました。

こうやってシールを貼って「あと何冊!」と数えるのも楽しいし、

どのシールを貼ろうか?と選ぶのも楽しいし、目で見ての達成感もある。

やっぱり、表にして記録していくのは良いですね~。

過去のも含めて、全部記録をファイルしてとっておこうと思っています。



ちなみに、今回読み終わったセットはコチラ↓

Brand New Readers: Blue Set (Brand New Readers) Brand New Readers: Red Set (Brand New Readers)

Brand New Readers: Orange Set (Reading Together)
Brand New Readers: Orange Set (Reading Together)


Brand New Readers: Green Set (Reading Together)
Brand New Readers: Green Set (Reading Together)




どうやって取り組んだか、どんな絵本か、など詳細については

コチラの記事をどうぞ♪↓

最近の取り組み☆その2☆(英語編)

Brand New Readers(blue set)読了♪




言語習得の一つの分かれ目が”聞いたり、会話したりできるだけではなく、

読んで書けること”だそうで、”読み書き”につなげていかないと、

例えば英語圏に住んで流暢にしゃべっていても、帰国すれば、

簡単に忘れてしまうとか。

まずは大量のインプットだと思いますが、”読む”ということはそれも

意識的にできるわけですよね。

コレが習慣にできればすごく力がつくんだろうなあと思います。

(実際にそうやって伸びているお子さん沢山いらっしゃいますよね!)


ゆ~のが「次は何読む?」と意欲的なので、

Clifford のPack1に挑戦しようかな♪↓

Clifford the Big Red Dog Phonics Fun (Clifford)

☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆
ninkiblogranking

ブログランキングranQ




ココに来てくれてありがとう♪
出会いに感謝です(^▽^)/

気が向いたら、ランキングの応援ポチよろしくお願いします~☆

☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆

(おまけ)

今日はこれから、友人宅にあそびにいってきま~す!

そこのお嬢さんがアンパンマンが大好き♪とのことなので、

ゆ~のが「ぬりえをあげるの!」と書きました。↓

DSCF2506.jpg DSCF2506_1.jpg


喜んでくれると良いな(^^)
テーマ:英語de子育て
ジャンル:育児
今日の取り組み♪☆(8/1)☆
2006年08月02日 (水) | 編集 |
DSCF2502.jpg


久しぶりに絵の具を出してきてお絵かき三昧でした。

こんなに絵を書くゆ~のを見るのはもう、半年以上振りじゃないかな?

書いても、書いても、”もっと描く!”といって夢中で画用紙に向

かっていました。

そのうちの一つがコレ。

大きな画用紙いっぱいいっぱいにど~んとカエルのアップ!

結構な迫力です。

そして、どういうわけだか、赤いのは飴だそうです。

下書き書いて、その上に色を塗る…なんてことはなくて、いきなり、

画用紙に絵の具をのせていくんですが、とりあえず豪快に塗りたくる

のが、面白くてしょうが無いようです(^^)


あとは、色水を作ったり、水性ペンで書いた後に水を落として色が広がるのを

楽しんだり、ストローと紙コップで工作したり。

お買い物で出かけた以外は、ほとんど創作活動に没頭してました。



   …なので

その他の取り組みは

☆Brand New Readers 11冊読む。

☆(トイレで)百人一首、ことわざ、慣用句読み上げ

☆(かけながし)七田式超右脳英語、社会化ソング世界地理編、

         ポテトキッズ8月号、ヘンリー、百人一首、

        フォニックス発音トレーニングbook

☆リトルビル30分




      …うん。ほとんどやってないですね(^▽^;;)


☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆
ninkiblogranking

ブログランキングranQ




ココに来てくれてありがとう♪
出会いに感謝です(^▽^)/

気が向いたら、ランキングの応援ポチよろしくお願いします~☆

☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆

(おまけ)

ゆ~のが作った色水の一つは”メロンジュース”

ミルクで割ったような色ですが、かなり美味しそうに出来ました♪


  ”間違えると困るから、冷蔵庫なんかに入れないでね~!”


と声をかけたんです。

ゆ~のはパパに見せたくて、パパの部屋に置いてから寝ました。

パパは帰宅してコレを発見。


  ”あれ?なんでメロンジュースが!!しかも牛乳入りでしょ?これ。

   こんなところに置いといたら、腐るじゃん…”


と、ご丁寧に冷蔵庫にしまったんだって。


朝起きてきて、冷静になったら間違いに気づいたらしい。


  ”飲まなくて良かった~~。(汗)”って。(笑)


どう考えても”めろんじゅうす”の手書きラベルが貼ってあるんだから、

本物には見えないでしょうよ~。(^▽^;;)


            …夏期講習で相当疲れているらしいです(笑)
テーマ:早期教育・幼児教育
ジャンル:育児
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。