毎度~♪おおきに^^ 2年半の間☆☆☆就学前に何やろう??☆☆☆のブログ名でやってきましたが改名です♪オリジナル家庭教育、英語やら漢検、スピリチュアルに、本はビジネス書から絵本まで!なにしろてんこ盛りでやんす~(^▽^)/ヨロシクねっ!!
スポンサーサイト
--年--月--日 (--) | 編集 |
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
2月の年中行事♪
2006年01月31日 (火) | 編集 |
今年は年中行事を意識してやろう♪と決めているので、

季節行事についての本を借りてきました。

コレです♪↓
心をそだてる子ども歳時記12か月

2月の行事・記念日、関連事項は、

節分(3日頃)、立春(4日頃)、初午(5日頃)、北方領土の日(7日)、

針供養(8日頃)バレンタインデー(14日)、雨水(19日頃)

春一番、田遊び

など。

いろいろあるのね~。

それぞれの当日に、どんなことなのか、大まかに説明しようと思ってます。

関連事項をニュースでも取り上げるだろうから、そんなのを

利用しても良いかな。

ちょっと意識して触れておくだけでも、季節感が養われたり、

興味が広がったりするんじゃないかと期待してます♪

私にとってもいい勉強になりそうです(^^)


ところで、2月は如月。寒さのために衣を重ねるので、衣更着。

陽気が増してくるので気更来。

田を鋤き、畑をうつので鋤凌(すきさらぎ)。

などなど、「きさらぎ」はいろんな意味を持つのだそうです。

言葉って面白いなあ~♪


この本、季節行事の紹介だけじゃなくて、行事の薀蓄や、

なるほどなコラムなんかが充実していて、大人が読んでも

「へ~!」が沢山出てきます。

たとえば、2月の薀蓄。

「なぜ、鬼は牛の角に、トラのパンツなの?」

「鬼ごっこの鬼は節分の鬼だった!?」

「びんざさらってどんな楽器?」         などなど。

    …ね??

なかなか面白そうでしょ??(^^)

これ、買っちゃおうかな~。

ちょっと悩み中です。(^^;)


あ。今回ちょこっと、この本も参考にしてます↓

コレも我が家で重宝してます♪

天才児を育てる魔法のカレンダー―家庭でできる英才教育の12ヵ月メニュー
三石 由起子
4584186693


☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆
ブログランキングranQ

に参加しています♪
ぽちっと押してくれると、幸せです♪(*^▽^*)
いつもありがと~♪
☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆

…まずは節分♪

大好きな行事~!!楽しむぞ~♪(^▽^)/




スポンサーサイト
テーマ:子供の教育
ジャンル:学校・教育
図書館で借りた絵本☆その11☆
2006年01月30日 (月) | 編集 |
4883301362 0062051571

日本語と英語両方借りてみました♪

両方あれば、ゆ~のがなじみやすいかなあと思って、このパターンで

借りることが最近少し増えました。


少年ピートは友達と遊びに行こうと思っていたのに、外はあいにくの雨。

機嫌が悪くなってしまいます。

そんなピートを見ていたおとうさんは「何かいい手はないかな?」と考えます。

思いついたのはピーとをピザにしちゃうこと!!

お母さんも加わってピートをピザ生地に見立ててピザつくりごっこが

始まります。

こういうユーモアも愛情もたっぷりの家庭で育つと幸せだろうなあ、

と微笑ましくなります(^^)

真似してこんな風に子どもと遊んでみるのも楽しい♪

各ページ1センテンスか2センテンスと短い文章なので、英語の

読み聞かせも無理なく楽しめるかも♪

☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆
11ぴきのねことあほうどり
馬場 のぼる
4772100334


子どもの頃、大好きだったお気に入り絵本です♪

間抜けで浅はかな、でもとても親しみを感じる11ぴきのねこが

つくりだす、たくさんのコロッケ!!

これらが美味しそうで、美味しそうで…♪

香ばしいにおいまで漂ってきそうです。

ねこたちはコロッケに飽きて、そろそろ「鳥の丸焼き」が食べたいなあ、

と頭に浮かぶようになっていました。

そんなときにやってきたコロッケ希望の一羽のあほうどり!!

ねこたちは「ご馳走が自分でやってきた~!!」くらいに思ったんだけど、

果たして、そんなに上手くいくのかな?

ねこたちの間抜けな表情が小さな笑いを誘います(^^)

☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆
さるのせんせいとへびのかんごふさん
穂高 順也 荒井 良二
4939029050

NHK教育テレビのテレビ絵本に登場したことがあります。

とても面白かったので、今回借りてみました♪

さるのせんせいはともかく、ヘビの看護婦さんがすごい!!

いろいろな薬を飲んで、身体のなかで薬を調合したり、

噛み付いて注射したり、胃カメラのごとく、体内に潜入したり。

もう大活躍です!!

大汗をかきながら処置に耐える動物の表情が可笑しい。

この絵本は発想が素晴らしいです!あひるのお勧め♪(^^)

☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆
ふくはうちおにもうち
内田 麟太郎 山本 孝
426503490X

そろそろ節分なので「季節絵本」というつもりで借りました。

「おにはー、そと、ふくはーうち。」の声が聞かれるその日、

鬼たちは寂しくて泣いていました。

それを見かねて、男が自分の家に鬼を招きいれた。

そこから始まった宴会には帰ってきた妻子や、福の神さえ巻き込んで

大盛り上がり!!

鬼も、福の神も、わけ隔てなく歓待したその家には福がやってきましたとさ。

確かに、この心の広さがあったら、福のほうから転がり込んでくるのかな?

と妙に感心してしまいました(^^)

☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆
10ぴきのかえるのふゆごもり
間所 ひさこ 仲川 道子
4569586139

最近、ゆ~のが好きな「10ぴきのかえる」シリーズのひとつ。

コレも、季節絵本です。

かえるたち、初めての冬がやってきます。

冬ごもりをすることを知って、あわてて「冬ごもりハウス」を作るんです!

大家族の家にブランコと滑り台までついた豪華版。

かえるの楽しい暮らしが伝わってくるようです。

一人のかえるを助けるためにみんなで協力する場面は、ほのぼのします。(^^)

☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆
ゆき
ユリ シュルヴィッツ Uri Shulevitz さくま ゆみこ
4751519727

そう。雪が降る前は曇天で、こういう重苦しい空だよね…

そんな絵から始まるお話。

雪が一片舞い降りて、また一片舞い降りて…

次々に降ってきていつのまにか積もっていく様子が静かに、言葉すくなに

描かれます。

雪の到来を喜ぶ子どもと、雪をなかなか受け入れようとしない大人の対比が

面白い♪

本屋さんの看板(?)から抜け出して、こどもと一緒にゆきを喜ぶ不思議な

モノたちも飛び出して、夢のような世界に誘ってくれます。

読めば読むほど味わいのある、そんな感覚の絵本です。(^^)

☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆
ブログランキングranQ

に参加しています♪
ぽちっと押してくれると、幸せです♪(*^▽^*)
いつもありがと~♪

☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆

☆おまけ☆(となりのトトロの「あるこう」の替え歌で「アルコール」)



   アルコール アルコール わたしは のんべー

   アルコール だいすき どんどん のもう

   つまみも じゃんじゃん もってこい

   サラミに チーズ アタリメ だいすき

   のれんを くぐって また きたよ


※うちのパパ作↑

このせいで、私は原曲を知りません(^^;)

うちで歌うのはいつもコレ♪










テーマ:絵本ブログ
ジャンル:育児
終わりました~♪
2006年01月28日 (土) | 編集 |
1日10分の反復でIQアップ!!活脳読み書きドリル
活脳研究会
4891981210

やっとのことで解き終わりました!

天鐘さんに「大急ぎでやります!!」宣言をしてから、

何日たってしまっただろう??

かな~り、時間かかってしまいました(^^;)

最後のほうは、校正ミスを見つけようなんて心の余裕はまったく無く、

知らないことや、間違って記憶していたことがずいぶん出てきて愕然と

しました。

いや~。勉強になりました!

特に、敬語はさっと言葉が出てこないことが多く、

「言われてみればそうだよね」のレベルのなんと多いことか!!

「コレじゃあ、受付や営業の仕事は絶対出来ない」、と再確認(^^;)


面白かったのは以前にも書きましたが「トンパ文字」。

ことごとく、私の希望的観測は裏切られ、奥深そうなこの文字に、

ますます興味が湧いています。

それから、「そうじゃないけど そんな気もする 創作熟語」は

本当に楽しかった♪

ヒントを読んでいると画像が頭に浮かんできて、くすっと笑いながら

解けるので、脳細胞の活性化により役立ったような気がします。

レベル★★★の難読語と、慣用句は「勘違いの嵐、吹きすさぶ」

という感じで、参りましたよ~。

私って、こんなに知らなかったんだ(^^;)あははっ♪

それに、読み書きってPC上では毎日やっているけど、実際に字を書くのと

全然違うんだなあって、改めて「脳」に教えてくれた感じです。

しばらく、耕していなかった場所を改めて掘り返されて、ちょっと

気持ちよかったです(^^)


一回さらっと解いただけですから、これじゃあ、きっと

「出来たか出来なかったかの確認」程度で終わってますね。

これは出来ないところを繰り返し解かないと、自分のレベルアップには

なりそうもありません。

…なんだか、ひしびさに受験生にでもなったような気分!

今度はできなかったところ中心に復習しようと思ってます(^^)

こういう機会をくれた天鐘さんありがとう♪(^▽^)

親子でともに学ぶyuminさんのほのぼの家を目指して、これからも

色々と楽しみま~す(^▽^)/

☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆
ブログランキングranQ

に参加しています♪
ぽちっと押してくれると、幸せです♪(*^▽^*)
いつもありがと~♪
☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆

☆おまけ☆(ゆ~のの迷言)☆

「ふ~っ。あやうくまにあったかな?」

…それ言うなら、「ぎりぎり間にあったかな?」でしょ??(^^;)

なんて、エラソーに言えない気分だなあ。今日に限っては(笑)

テーマ:オススメの本
ジャンル:本・雑誌
追加のお知らせ
2006年01月26日 (木) | 編集 |
幸せ成功力を日増しに高めるEQノート
野口 嘉則
4534040199


昨日紹介したこの本↑

アマゾン1位を記念して、キャンペーン期間を1週間に延長だそうです♪

しかし、すごいですよね~。

本当に1位になっちゃった!!

こういうお祭りに自分もささやかながら参加したのか~、と思うと

とっても不思議な気分です。

2月1日(水)までにアマゾンから購入された方には、キャンペーンが適用されます!


→ http://coaching-m.co.jp/amazon.htm

気になるんだけど、どうしようかまだ悩んでいらっしゃる方

チャンスかもしれませんよ~!


それから、注意点があります。

キャンペーン特典の1つでありますビデオの視聴につきましては

Windowsパソコンが必要とのことです。

Macの方は個別対応になるそうなので、

『macでもご覧になれる方法を探してみますので、私のメールアドレスに

「macユーザーです」の件名で、お使いのmacのヴァージョンをお知らせ

ください。
→ noguchi@coaching-m.co.jp』


とのことです。

以上、お知らせでした♪
☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆
ブログランキングranQ

に参加しています♪
ぽちっと押してくれると、幸せです♪(*^▽^*)
いつもありがと~♪

☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆

(番外)☆ぱぱとゆ~のの会話☆

ぱ「こんなに寒いのに外に出るの~!!」

ゆ「こどもは『つくし』でしょ!」

ぱ「それを言うなら『こどもはたけのこ』でしょ。」(笑)

ゆ「そっか~♪」

ぱ「…うそうそ。『子どもは風の子』だよ~。」


    …混乱するからほんとのこと話してやってよ~(^^;;)


☆もひとつ会話♪☆

ゆ「(少し遠くを見て)あそこに小鳥がいるよ!」

ぱ「すずめだよ~」

ゆ「もうそんな季節かあ~。」

あ「…一年中いるよ。」(笑)

ぱ「もう、2~3か月するとツバメがやってくるね。」

あ「去年、ツバメについて話したの覚えてる?」

ゆ「覚えてるよ~!!

  『つちくって むしくって …  …  "かあかあ"??』

  だっけ??」

あ「…しぶーい”だよ…」(^^;;)


    …そりゃあ、カラスのほうが良く見かけるけど。


※「土食って、虫食って、渋ーい」はツバメの『聞きなし』です。

『聞きなし』とは野鳥のさえずりを、人の言葉に置き換えて、覚えや

すくしたものだそうです。

テーマ:オススメの本
ジャンル:本・雑誌
「幸せ成功力を日増しに高めるEQノート」明日発売!
2006年01月25日 (水) | 編集 |
「幸せ成功力を日増しに高めるEQコーチング!毎日読めば目標達成力を多角度から強化できます!」


野口嘉則さんの本
26日に発売になります!!

以前から、コーチングに興味のあったあひるは、そんなテーマで

書いてあるブログをあちこち見に行きました。

そして、今お気に入りのコチラのブログはすごいんです。

幸せになれるためのヒントや、具体的な方法が盛りだくさん!

"Give & Give"の精神を気前よく発揮しています。

ホントに、太っ腹!!

こちらで沢山のことを学んで、多くの気づきが得られて、

非常に感謝しています。

今回、本を出版されるというお話を目にして、これは是非応援させて

頂きたいと思いました。

本はコチラ→
「幸せ成功力を日増しに高めるEQノート」(日本実業出版社)


この本には

「EQ能力と目標達成力を同時に高める「5つのステップ」を教えてくれる。

ビジネス、恋愛、夫婦関係、子育て等でうまくいかない理由は、無意識

に潜む「心のブレーキ」が原因らしい。これの外し方があるのです!」

というレビューがついてます。

また、

「この5つのステップを踏んでいくことで、あなたの望む

人生の実現が加速化します。

この「5つのステップ」を一度習得しておけば、今後あなたが、

「実現したいこと」や「達成したい目標」を見つけるたびに、

存分に使うことができます。」


という紹介があります。

これは、すごい本の予感です!!

明日26日限定で、アマゾン経由で購入した方には、更にハッピーな

特典が付きます♪


★詳しくはこのページで!!↓

http://coaching-m.co.jp/amazon.htm

もちろん、あひるも手に入れます♪(^^)☆

さらにさらに、プラス思考で前向きに生きていけそう予感です♪

☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆
ブログランキングranQ

に参加しています♪
ぽちっと押してくれると、幸せです♪(*^▽^*)
いつもありがと~♪

テーマ:オススメの本
ジャンル:本・雑誌
のんびり、まったりな1日
2006年01月25日 (水) | 編集 |
どこにもいく予定が無くて、出かけても良いけど、寒すぎて決意が鈍る…

そんなことでゆ~のと意気投合したその日。

日本語の絵本を10冊、英語の絵本も10冊読み聞かせました。

まだ時間はたっぷりある。

パンが食べたい!という話になって、二人で強力粉(南部小麦)

や他の材料を量ることから始まって、生地をこねて、

コタツの中で寝かせて、じっくり待つ。

ゆ~のは早く食べたいから「まだ~?まだ~?」としょっちゅう言う。

そんな姿が可愛くて可笑しい。

生地が出来たら、二人で成型。

ゆ~のは「パンダパン」を作ってにこにことご満悦。(^^)

固結びや蝶結びはできるのに、三編みが出来ないゆ~の。

ついでに、パン生地で教えました♪

今度は「おひさまパンを食べたい♪」というリクエスト。

良いけど、あれ、カロリー高そうなのよね(^^;)

いろんな形に焼けたパンは個性的で、楽しい時間がそのまま形に

なったようでした。

もちろん、おいしかった~(^▽^)

あとはカードゲームをやったり、久々に見た教育テレビの

「からだであそぼ」の『アイーダアイダ』(…だったかな??)を

一緒に踊ったり、べたべたスキンシップをしまくったり。

気の向くままにやりたい放題。

時間の制約が無いって幸せだな~。(*^^*)

普段から忙しいわけじゃないけど、

こういう、のんびりまったりな贅沢時間もたまにはありだなあ、

としみじみ思ったあひるでした。

☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆
ブログランキングranQ

に参加しています♪
ぽちっと押してくれると、幸せです♪(*^▽^*)
いつもありがと~♪


テーマ:親の思い・願い
ジャンル:育児
図書館で借りた絵本☆その10☆
2006年01月24日 (火) | 編集 |
じゅうにしのおはなし
ゆきの ゆみこ
4893256289
子どもの頃「まんが日本昔話」でみたのとほぼ、同じお話でした。

「元旦の動物レースで勝った者から順に12番目までを毎年の名前とする。」

という、あのお話。

ゆ~のはいまいち、干支が分かっていません。

ゆ「ヘビはいやなの。大人になったらうさぎになれる?」なんて聞くので、

あ「それは無理。ずっとヘビ年なんだよ~。」

ゆ「え~。そんなのやだ~(TT)」

あ「だってしょうがないじゃない」

なんてやり取りを何回かしたんです。

これで、自分の干支にも納得してくれると良いんだけど。(たのむよ~)

☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆
おさるのジョージどうぶつえんへいく
M.レイ H.A.レイ 渡辺 茂男
4001108917
ゆ~のが大好きな「おさるのじょーじ」シリーズのひとつ。

この黄色い絵本を見つけると必ず『借りる!』っていうくらいのお気に入りです。

今回のジョージもやっぱり好奇心旺盛!!

動物園の係りの人のえさやりを見て、自分もしてみたくてたまらなくなります。

片っ端から動物に自分のお菓子をあげていくジョージ。

結局は怒られて、自分が間違っていたことを知るのですが…

子どもってそうだよなあって思いました。

悪気なくやっても間違っていることはある。

『子どもだからわからなくてもしょうがない』じゃなくて、

間違えてしまったときこそチャンス。

ちゃんと正しいことを教えなくちゃ。

ジョージを見ていると、ほんとは小猿なのに、

普通の好奇心旺盛な子どもに見えてくるから不思議です。(^^)

☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆
チビねずくんのながーいよる
ダイアナ ヘンドリー Diana Hendry Jane Chapman
4591065790


HALさんのところで紹介されていたので、

興味を持って借りてみました♪

チビねずくんはいろんな物音が気になってなかなか眠れません。

気になるたびにオオねずくんを起こして「同じベッドに入れて!」

と頼むのですが、なかなかいい顔をされません。

なかなか眠れない二匹のねずみ。

いつになったらちゃんと眠れるのか!?

チビねず君は甘えん坊のゆ~のみたいです。

もしも、彼女が大きくなってから、この絵本を読み返すとき、

きっと懐かしさがこみ上げてくるんだろうなあ…

そんな気持ちになる絵本です。

☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆
ぐるんぱのようちえん
西内 ミナミ 堀内 誠一
4834000834
有名な良書ですよね。
Monさんの記事で思い出して、今回借りてみました。

この絵本を読み聞かせているとき、ゆ~のは神妙な顔をしています。

一生懸命頑張るのに、なかなか報われないぞうのぐるんぱ。

抱える荷物が増えるたびに切なさが積もっていきます。

最後にハッピーエンドを迎えるとゆ~のはほっとした顔をして

しみじみと「良かったね~」と言って笑うのです。

何回も読んで、結末は分かっているのに、ぐるんぱが心配で

しょうがない娘の横顔が、愛しくてたまらないあひるです。(笑)

☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆

「ぬままばばさまの さけづくり」
イブ・スパング・オルセン さく・え
きむら ゆりこ やく (福音館書店)


デンマークの民話のようです。

沼地に住む妖精のお話。

眼前に広がる自然を前に、生き生きと妖精をはべらせる、

この作者の豊かな発想には本当に驚かされます。

こんな風に思いをはせることが出来たら、自然を壊そうなんて

思わないでしょうね。

この本は手元に置きたいなあ。

ちょっと図書館に返してしまうのが惜しい本です(笑)
☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆
ブログランキングranQ

に参加しています♪
ぽちっと押してくれると、幸せです♪(*^▽^*)
いつもありがと~♪
テーマ:幼児教育
ジャンル:学校・教育
成長は個性☆
2006年01月23日 (月) | 編集 |
ゆ~のは一人で本を読む気配がありません。

「お話」よりも、やっぱり『絵本』が好き。

ひらがなを読めるようになったのは3歳。

あれからゆうに1年半くらいはたったかなあ。

カタカナも、少々の漢字も読むけど、文となると、まったく

扱いが違うらしくて、手を出そうとしないんです。

(英語の絵本は「読みたい!」っていうのに不思議^^)

「他の子が出来ると気になるし、焦る」って話はよく聞きます。

そんなもんなんですかね??

私も、ゆ~のも全然焦ってません。

むしろ、それだけ幼い娘が愛しくてしょうがないです(^^)

「急いで大きくならないで~」って思ってるくらい。

だって、必ず、文章なんて読めるようになるもの。

種まきは終わっているから、たまに水をやって、

あとは芽が出てくるのを待っていればいい。

そのあとは、どんどん勝手に伸びていっちゃうんだろうし。

なんでもそうだけど、その子によって旬は違うんだから、

「他の子と同じペースで」「うちの子は遅い」なんて思わなくていい。



今、ゆ~のは絵本の世界に入り込むのが楽しいみたいです。

一緒に登場人物と遊んだり、絵を見ながら、自分で思い浮かぶ

お話をあひるに披露してくれたり。

想像力の翼を思う存分広げています。

こういうのって、とても大事な時間だなあとあひるは思っています。

そして、できるだけ、絵本を長く読んでやって、ゆ~のの夢の世界の

一端に触れていたいなあ、と願っています。

☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆
ブログランキングranQ

に参加しています♪
ぽちっと押してくれると、幸せです♪(*^▽^*)
いつもありがと~♪


テーマ:幼児教育
ジャンル:学校・教育
並べ替えやってます☆
2006年01月22日 (日) | 編集 |
ヘンリーおじさんの英語で子育てができる本―ネイティブが答える英語Q&A
ヘンリー ドレナン Henry V. Drennan ヘンリーおじさん
4757407777

今、この本を使って、「単語の並べ替え」をやってます。

(「絵本の暗唱で1000語!」という目標を掲げましたが、

この並べ替えも加えることにします。

単語数は本が一冊終わったらまとめて掲載予定♪)

この本は題名の通り、親子の英会話中心にのっていて、しかもCDつき。

「英語をかけ流すなら、歌ではなくて『会話』や『文章』を!」

というのを聞いてから、「そりゃそうだ!!」と思ったあひるは、

普段から、かけ流しにはそういったものを使っています。

(どこかで機会があったら、我が家のかけ流しCDを紹介しますね♪)

このCDは、おそらく3ヶ月くらいは、ほぼ毎日かけていたんじゃないか

と思います。

ゆ~のが覚えた一節を口ずさんだり、

『今、日本語ではこういったんだよね?』など、頭に入っている

様子だったので、もうちょっと役立ててみたくなりました。

以前から、暗唱でつっかえたときには「カードの並べかえ」をはさむと

上手く出来た、という経緯があるので、これは、もしや楽しいかも!?

それで、親子の会話文2センテンスずつ(長くて20語程度)を

並べ替えて遊んでみることにしました。

案の定始めてみたら、さくさく進むんですよ~。

おたがいストレスないし、コリャ楽だ(^▽^)/

最初に文を読み上げ、意味を伝えて、単語の確認。

それから1~2回程度のフラッシュをやったら、

並べ替えです☆

基本的に「音」として、頭に入っているので、ほぼすんなり出来ます。

思ったとおりに出来るのでゆ~のもノリノリでやってます☆

(もしも、かけ流しをやってなかったら、こうはいかないでしょうね)

まだ、初めて間もないので、本が一冊終わるのには時間が

かかりそうですが、しばらくはコレでいこうかな。

会話文を目で捉えて、なんとなく、英単語や文の構造が分かるし、

実際にあひるとやり取りするフレーズが増えるので、

ゆ~のにとっては嬉しいみたいです。


ゆ~のは「自分で読みたい」『もっとしゃべりたい』という気持ちが

強いのですが、わたしは英語が苦手です。

そんな中で編み出した(?)方法なので、もちろん万人向けではありません。
(^^;)

とりあえず、無理なく英語に触れていく…というのが主眼だし。


英語育児も、その他の子どもとの関わりも人それぞれですよね。

それぞれの親子にとってベストな方法は、当人たちにしか判断できない

気がします。

…ということで、うちはこんな風にやってます☆(^^)☆

☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆
ブログランキングranQ

に参加しています♪
ぽちっと押してくれると、幸せです♪(*^▽^*)
いつもありがと~♪

テーマ:英語
ジャンル:学問・文化・芸術
図書館で借りた絵本☆その9☆
2006年01月20日 (金) | 編集 |
つきよのおんがくかい
山下 洋輔
4834015939
こうちゃんが満月を見ようと一人山に登っていくと、そこには次々と動物がやってきます。

なんと、楽器を持って!

おもむろに始まった4匹の演奏会。

動物が次々に演奏する姿が擬音語とともに豪快に描かれます。

「ぶん ぶん ぶん ぶん」(ベース)

「シャンシャカ シャンシャカ スタタトン」(ドラム)

「キャン キョン カリコレ カリコレ」(ピアノ)

「シャバドビ ドバー」(サックス)

雰囲気伝わるかなあ?

読み手も楽器を演奏している気になってノリノリで読むと

とっても楽しいんです♪

雰囲気的にはこの演奏はやっぱりジャズって気がします。

汗をかきかき一心不乱に演奏する動物たち。

思わず、こうちゃんも加わって、山のうさぎたちも踊りだす!

ダイナミックな絵で描かれる一夜の演奏会に思わず引き込まれました。(^^)

☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆

リサとガスパール デパートのいちにち
アン・グッドマン ゲオルグ・ハレンスレーベン
4893092995
有名なシリーズですよね。

好きな方も多いかもしれません。

今回のお話は、リサとガスパールが、お出かけの途中で

好奇心を抑えられずに、ひとけのないデパート探検に行ってしまうお話。

そこには誘惑がいっぱい!

一緒に来たおばさんが二人がいなくなって心配しているだろうなあと、

頭にかすめながらも、どうしても好奇心に勝てません。

おもちゃ売り場で遊んだり、展示されているベッドで眠りこけたり、

プールにわざわざ水をためて遊んでみたり。

もう、やりたい放題。

最後は警備員さんとともにあらわれたおばさんに見つかるのですが、

ギュ~っと絞り上げるわけでもなく、くすっと笑って済ませてしまう

寛大さにはうなってしまいます。

油彩っぽい絵はとってもあたたかみがあって、素敵ですよ♪

☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆

めっきらもっきらどおんどん
長谷川 摂子
4834010171
これはあひるの大好きな絵本です♪

友達と遊ぼうと思ってやってきた神社には誰もいない。

癪だから、大声でうたったでたらめ歌。

「ちんぷく まんぷく

 あっぺらこの きんぴらこ

 じょんがら ぴこたこ

 めっきら もっきら どおんどん」

そしたら、どこからか反応する声が!?

声のする木の下の穴を覗き込むとそこは異世界への入り口だった!

異世界のものと遊ぶ不思議な体験がスピード感たっぷりに描かれています。

とくに、横長の絵本を時折、たてに使って、空間を自由自在に演出している

のが見事です!

子どもだけが体験できるのであろう、異世界との交流。

うらやましいような、懐かしいような、不思議な感じがするのは

なぜなのかなあ。
☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆

あめ、ゆき、あられ くものいろいろ
かこ さとし
4540042882


かこさとしさんの科学絵本シリーズのひとつです。

可愛いお話も沢山かかれている著者ですが、このてのお話も

分かりやすくてほんとに楽しい!

この絵本は、とても字が大きいです。

小さな子どもでも手にとりやすく、興味をそそられるように

するための工夫なのかもしれません。

どうやって雲は出来るのか?

どうやって雨は降るのか?

たとえばそんな話が、わかりやすく、具体的な説明になる絵とともに

親切に書かれています。

こどもの「なぜ?」が「なるほど!」に変わるかもしれません(^^)

☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆
しろいゆき あかるいゆき
アルビン トレッセルト Alvin Tresselt Roger Duvoisin
4892388440


しずかな、しずかな季節絵本です。

雪が降りそうな感じが人々の中に広がると、やがて本当に、

粉雪が降ってきました。

大人は雪に備えて準備をし、子どもたちはこれから降り積もる

であろう雪にわくわくしている。

積もった雪の中でも生活は続き、やがて、春の日差しとともに雪が

とけ、気づくと春がやってきていた…

そんなことが淡々と描かれている絵本です。

☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆
ブログランキングranQ

に参加しています♪
ぽちっと押してくれると、幸せです♪(*^▽^*)
いつもありがと~♪
☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆

あとで、加筆修正あるかも。


テーマ:幼児教育
ジャンル:学校・教育
図書館で借りた絵本☆その8☆
2006年01月19日 (木) | 編集 |
おひさまパン
エリサ クレヴェン Elisa Kleven 江國 香織
4323070241
寒さで凍える冬のある日、動物たちみんなのために、

犬のパンやさんが「おひさまパン」を焼きました。

みんなの思考が停止して、状況が変わるのをただ待っている時に、

他人の為を思って動き出すパンやさん。

この一人の『みんなを幸せにしたい気持ち』が作りだした美味しく輝く

お日さまパンを食べると、みんな喜びで満たされて行くんです。

動物達は、踊ったり、歌ったり。どんどん幸せの輪が広がって行きます。

ついには本物のおひさまもこのパンを動物達から受け取ります。

そうすると、お日さまはみんなに光を返してきて…♪

まるで、幸せがどんどん伝播して行くような輝きを感じる絵本です。

そして、人のために、と行動出来る力は素晴らしいなあ、とあらためて思った絵本です。

裏表紙には「おひさまパン」のつくりかたが出ているのも魅力です(^^)

☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆
どろぼうがっこう
加古 里子
4032060401
題名通り、泥棒になるための学校のお話。

泥棒になりたい人間が集まるくらいだから、言葉遣いがちょっと乱暴!?

「へーい」「わかりやしたー」「がってんござんす」

なんて調子で返事をする生徒が揃ってます。(笑)

「どろぼう」が宿題になっても、まともに出来る生徒はいないし、

「遠足」に出掛けても、全員で泥棒に入った所は刑務所だし(笑)

まったく、間抜けなことこのうえない展開です。

でも、このナンセンスさがゆ~のにはたまらなく面白いようです。

こんな泥棒ばっかりだったら、世の中平和で良いんですけどね(^^)

☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆
あまがえるりょこうしゃ―トンボいけたんけん
松岡 たつひで
4834019802
あまがえるりょこうしゃが主催する『トンボいけたんけん』に

かたつむり、だんごむし、てんとうむしが参加します。

船はペットボトルを改造したもの。

そこに乗り込み、さあ、出発~!

普段、陸で暮らす虫達が、水の中で暮らすものたちの生態をみる旅。

いろいろな生き物に遭遇します。

船頭のアマガエルがその生態の説明をしながら進んで行くのが、とても分かりやすい。

「つちのうえでも みずのなかでも

 いきるって たいへんなんだなあ」

たびの終わりにテントウムシが思わずこぼすこのセリフ。

まさに、この絵本を物語っていると思います。

丁寧に書かれた水の中には生き物たちの名前が紹介されているので、

実物を川の水族館に確認しに行っても楽しいかも。

☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆
落語絵本―ばけものつかい
川端 誠
4906379494
「とある、大きなお店の ごいんきょさんが、

ほうこう人の久蔵さんをつれて、ふるい大きなおやしきに、ひっこしてきました。

ところがここは、おばけやしきとうわさのたかい おやしきだったのです。」

こんな出だしで始まるこの落語絵本。

恐れをなして逃げ出した久蔵さんの代わりに、

とっかえひっかえばけものがやってきます。

1日目は「一つ目小僧」。2日目は「ろくろっ首」。3日目は「三つ目の大入道」。

おどかすつもりで出てきたはずが、いつも良いようにこき使われてしまう化け物たち。

あまりの化け物使いの荒さに、ちょっと気の毒になったりします。

結局とうとう堪えかねて、その化け物も出て行ってしまったとさ。

実は、化け物は「化け物」だったんです(笑)さて、本当の正体とは??

おばけが怖くて夜のトイレに一人で行けない子どもたちも

この絵本を読んだら、ちょっと勇気が出るかもしれませんよ。(^^)

☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆
ブログランキングranQ

に参加しています♪
ぽちっと押してくれると、幸せです♪(*^▽^*)
いつもありがと~♪






テーマ:幼児教育
ジャンル:学校・教育
パパの武勇伝
2006年01月18日 (水) | 編集 |
なんとなく、うちのパパの幼き日を書いてみたくなりました。

もちろん、当時私は知り合いでもなんでもなく、

本人や、義母から聞いた話なんですけどね。(^^)


(武勇伝その1)

ある日、義母の悲鳴が聞こえた。

現場に駆けつけてみると、そこには赤ちゃんカマキリが大発生していた!!

犯人は…パパ!!

カマキリの卵があまりにキレイだったので、持って帰ってきてたんすに

しまったんだって。


(武勇伝その2)

万博で見たのに感銘を受けて、家中に油性マジックで「太陽の塔」

を書きまくった!!

義母の嫁入りダンスも台無しに(^^;)


(武勇伝その3)

悪さをして物置に入れられたパパは下が地面だったので、

穴を掘って脱出しようとした。

途中で現場を見つかり、断念。

義母もあきれたらしい。


(武勇伝その4)

一時期食事は「マヨネーズかけご飯」ばかりだった。

もちろん、義母の手抜きではなく、他のものを断固拒否したから。


(武勇伝その5)

駄菓子のためならどこまでも出かけていった。

義母は思いつく限り、「うちの子が来たら売らないで欲しい」と

頼んで歩いたが、パパはいつもその先まで行っていたのだ。


(武勇伝その6)

工事現場に勝手に入り、重機を動かして遊んでいた。

「今でも運転できるよ」というけれど…

まずいでしょう~。それは!!

(↑この部分はあとで消すかも)



…他にも、実はもっと過激なものがあるんだけど、

この辺で止めておきます(笑)

身体を張って経験したことが五感を磨き、さまざまな知恵を身に

つけたんだろうなあ、と側で見ていて思います。

ほんとに、いろんなことを体感で知っているんですよ。

おとなしく(?)育ってしまった私とは大違いです。

当時、義母は気づくといなくなっているパパを捜し歩いて

大変な日々だったと、笑いながら話してくれますが、

これも、過ぎ去った今だからこそ。

渦中は並大抵の苦労じゃなかったでしょうね。

「子供は手がかかるほうが伸びるもんだ」なんてよく言いますけど、

パパを見ているときっとそうなんだろうなあ、と思います。(^^)

☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆
ブログランキングranQ

に参加しています♪
ぽちっと押してくれると、幸せです♪(*^▽^*)
いつもありがと~♪







テーマ:子育て・教育
ジャンル:学校・教育
ゆ~のの弱点!?
2006年01月17日 (火) | 編集 |
ゆ~のは食べるのが遅いです。

食事に1時間かかるなんて当たり前。

どんなに『時間がもったいないよ。』と言っても、全然効き目なし。

『○時までに食べ終わったら、これで遊ぼう!』と誘っても、

最初こそ、気にして急ぐけど、やっぱりいつものペースに戻っている。

待っているほうは、苛々もしますよ~。(ーー;)

(「30分で食べないと食事を下げるよ」と言ったときには20分で食べて

  豪快に吐きましたので、時間制限はしないことにしました。)

でもねえ。離乳食の頃から、この子は極端に食べるのが遅い子でした。

もともと、これが彼女のペースなのかもしれない。

しかし、コレじゃあ、この先困るのは目に見えているんだけど(^^;)

「幼稚園に行くようになったら、それじゃ、困るよ。」

そんなこと言ったって、実感として分からないですからね。

だから、現実に困ってみたら良いんです。

そしたら、どうすればいいか考えて自分でなんとかするでしょう。

なんて、あひるは思っています。

「あなたの人生だからね。どうするかは自分で決めるといい。」

とは、よく言う台詞です。

若干4歳の娘に向かって…と言われそうですが、

彼女の人生はもう始まって4年。

彼女の人生の主人公は彼女自身。

自分の人生は自分に責任がある、ということを小さい頃から学んで欲しいと

思っています。



…さ~て、今後どうなって行くのか楽しみだぞ(^^)

☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆
ブログランキングranQ

に参加しています♪
ぽちっと押してくれると、幸せです♪(*^▽^*)
いつもありがと~♪
☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆

おまけ。

今日の食事は何かを察知したのか、いつもより早く食べ終わりました。

ちょっと、びっくり。

これが続けば言うこと無いんだけどなあ。(^ω^)








テーマ:親の思い・願い
ジャンル:育児
数とどう関わってきたか(4歳台前半)☆その2☆
2006年01月16日 (月) | 編集 |
さて、順序数についてです♪

ブログを始めてから『数表を貼っている』という話をあちこちで目にしまして、

そう言えばうちにはないなあ、と気づきました。

どこかで書きましたが、うちは狭くて貼るスペースがなかなか取れないので、

まあ、自然のなりゆきなのですが(^^;)

ゆ~のは100まで数えることは出来ても、二ケタの数字を読めたり、読めなかったり、

かなり、あいまいな状態でした。

例えば、「15」と「51」が、混乱してどちらだか分からなくなる、といった感じで。

数字が並んでいても右から読むのか、左から読むのかが、まず分かりませんでした。

これは体系立ててビジュアルで一度見せたほうが良いだろうと思って、

数字のカードを

「1」「2」「3」…「9」「10」

「11」「12」「13」…「19」「20」

のように10ずつ色を変えて1から100まで作りました。

最初は私が10枚×10枚の形で並べて、全体像を見せました。

こうすると、赤・青・赤・青…のような10ずつの列が10段できます。

それを、ゆ~のと指さしながら「数字」を読み上げ、続いて「枚数」を数えて、

『1から100までのカードを全部並べると、100枚有るんだね!」

なんて、地道な作業から始めました。

次は横列ごとに10枚ずつ束にした山を10個作り、それを順番にゆ~のが並べてみる。

その次は横2列ぶんごと20枚の山を5個作り、それを順番に並べてみる。

こうやって、少しずつ、一度に並べる量を増やしていって、最後には全部一辺に

カードの山を渡して並べてみる、

そんなことをゆ~のとやって来ました。

(もちろん、これは1日でやったのではなく、

何日にもわけて少しずつ進んだんですよ。)

カードを渡す時には順番はバラバラの状態ですから、

まず、並べたいカードを探さなければなりません。

それから順番に並べて行くわけですが…

これは、まず、「数唱ができる」「数字を読める」「順序数が分かる」

とういことが必要になりますが、多少あいまいでも、並べているうちに

すぐにすんなり出来るようになります。

あと、根気も養われます。(笑)

集中力いりますからね~。

(カードは10枚ずつ色分けして有りますから、それが一つのヒントになります。)

こうやって、カードを全部並べ終わったら、10飛びで数を数えたり、

カードを何枚か裏返して、数当てをやったり。

数当ては最初は裏返しのカードが連続しないように並べますが、慣れてきたら、

縦列でも横列でも3枚連続で裏返しておく、次は「十字」の形に裏返す…

なんてこともやってみます。

最初は数字を途中から数えてみて該当する数字を探しているようでしたが、

一の位の数字が同じ縦列に注目してみたり、前後の数から判別したり、

少しずつ見つけ方も進化して行きました。

おまけとして、

「カード一枚よりも10枚並べたほうが場所とるなあ。

50枚だともっと広さが必要。100枚だと、もっともっと広くなくちゃ。」

ということも体感として分かったはずです。

たかが、自然数のカード100枚ですが、これはもっと発展的に使えそうです。

その話は、いずれまた♪

☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆
ブログランキングranQ

に参加しています♪
ぽちっと押してくれると、幸せです♪(*^▽^*)
いつもありがと~♪
☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆

画像がないので今回の話は分かりづらいかもしれません(^^;)

とりあえず、アップしますが、加筆修正の可能性アリです!






テーマ:幼児教育
ジャンル:学校・教育
数とどう関わってきたか(4歳台前半)☆その1☆
2006年01月15日 (日) | 編集 |
4歳になるやならずで、指で足りるたし算、引き算は出来るようになっていました。

(つまり、合計10までのたし算と10以下の数からその数以下の数を引く計算です)

例えば、

「ゆ~のが3本お花を買いました。パパは4本のお花を買いました。

ママは3本のお花を買いました。全部でお花を何本買いましたか。」

とか、

「おまんじゅうが7個有りました。パパが2こ、ママが2こ食べちゃうと、

ゆ~のの分はいくつになりますか?」

なんて問題です。

だいたい車中の暇つぶしにこんなことをやってたんですよね。

面白いことに、最初の頃は

「アメが右手に3こあって、左手には4こあります。合わせていくつですか?」

は分かるのに、

「3+4は?」

は分からないんですよ。

頭中のイメージと具体物である指を使って数えることはできるけど、

数字と記号が並んでいるだけではイメージ出来ないんですね。

ああ。これが数を認識して行く順番なんだなあ。と感心した覚えがあります。

よく、計算練習は小さいころから沢山やってきたので、とても早いが、

(でも、正確とは限らない)

文章題になると、途端に立式出来なくなる、という話を聞きますし、

実際にそんな子供たちを見てきました。

あひるは『具体物で数える』経験が不足しているまま「記号の暗記」のような形で

計算を習得した結果ではないかと思います。

(実際に専門家の中にも似たような指摘をしている方がいます)

数を単に「記号」としてとらえるだけでなく、幼児期には『数量』の認識,

そこから派生する『イメージを思い描くこ』とがとても重要だと考えます。

だから、生活のなかにある、具体的なものを使っての数の遊びが大事なんですよ。

しっかりイメージが刻まれて行きますからね。

(ここをおろそかにしたままの山のような計算訓練に、あひるは反対です)

…あとは「順序数としての数とどう付き合うか??」というテーマが残ってますが。

それは、また明日♪ということで。

お楽しみに!?

☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆
ブログランキングranQ

に参加しています♪
ぽちっと押してくれると、幸せです♪(*^▽^*)
いつもありがと~♪



テーマ:幼児教育
ジャンル:学校・教育
もしかしたら
2006年01月14日 (土) | 編集 |
2~3日、PCが使えなくなるかもしれません。

その間、コメントの返信、皆さんのところへの訪問は出来なくなります。

申し訳ありませんが、よろしくお願いしますm( _ _ )m

皆様にとって楽しい週末になりますように…♪



暗唱用英語絵本♪
2006年01月14日 (土) | 編集 |
ゆ~のの暗唱用絵本を購入しました♪

まだまだ一人で読むのには程遠いので、しばらくは暗唱頑張ります♪

買ったのはこれ↓
Brand New Readers: Red Set (Brand New Readers)
Candlewick
0763620629


1ページ1センテンスで8ページの簡単絵本が10冊と、

Parent Guide、自分で作る絵本台紙1冊、スティッカーと、

その台紙が入っています。

似たような表現で繰り返し進んでいくので、暗唱しやすいと思います。

いろんなタイプの絵がありますが、どれもとっても可愛い♪

話も、くすっと笑えるようなオチがあったりして、それなりに楽しいです。

絵とそれを表す1センテンスで進む構成は、状況と単語の

イメージが結びつきやすく、意味のある「語彙」がゆ~のの中で

自然に増えていくのではないかと期待しています。

Playful Pals: Level 1 (Now I'm Reading)
Nora Gaydos B. B. Sams
1584762039


こちらはフォニックスメインです。

やはり、10ページからなる1ページ1センテンスの絵本が

10冊と、ParentGuideが入っています。

言葉を重ねながら、韻を踏みつつ進むので独特のリズムや音が

楽しい構成になっています。

韻を踏むような言葉を集めると、こういうファンキーな話に

なるのねえ。

こちらも絵が可愛いのでぱらぱら眺めているだけでも楽しめそうです。

それぞれ、最後のページにはそのお話に即した質問が乗っています。

ここまで楽しめればいうことなし♪です。

☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆
ブログランキングranQ

に参加しています♪
ぽちっと押してくれると、幸せです♪(*^▽^*)
いつもありがと~♪
☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆

ついつい、親の都合で間があいてしまいがちですが、

ゆ~のはもっとやりたい様子。

わたしがしっかりせねば!

…ということで、またぼちぼち頑張ります~♪(^▽^)/
テーマ:英語学習記録
ジャンル:学問・文化・芸術
図書館で借りた絵本☆その7☆
2006年01月13日 (金) | 編集 |
お月さまってどんなあじ?
Michael Grejniec 泉 千穂子
4883301060

ゆ~のが「おつきさま、食べてみたいなあ。おいしそう!」

なんて言うので、

ああ、うってつけの絵本があるわ~って借りたのがこの本。

かめが「お月さまをかじってみよう!」と決心したのを

きっかけに、つぎつぎにいろいろな動物が協力して

お月さまに手を伸ばします。

ついにはお月さまをかじるのに成功するのだけど、さて、

どんな味だったのか。

ゆ~のはその結末に納得したみたいでした。(^^)

ほのぼの絵本です♪

☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆
あしにょきにょき
深見 春夫
4265905048


これ、めちゃめちゃ面白いです♪

絵が無いのが残念~!

道路にそってどんどん伸びていく巨大な足に、

車はひっくり返り、通りかかる人は皆口をぽかんと開けて

ただただ、事の成り行きを見つめている。

そんな表紙です。

大きなそらまめをひとつ食べたことから、ポコおじさんの足は

ぐんぐん伸びていってしまいます。

もちろん、本人の意思にお構いなしに。

困った町のひとたちはあの手この手で伸びる足を止めようと

しますが止まりません。

最後に足を止めたのは小さな女の子なのでした!

大人のあの手この手より、小さい子が本能的に起こした方法が

一番効果あり、というところが、なんか考えさせられます。

そんなことはさておき、絵を見ているだけで、大笑いの絵本です。

早くもゆ~ののお気に入りの1冊に仲間入りとなりました(^^)

☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆
ぶたのたね
佐々木 マキ
4871101126

これも受けた!!

やっぱり、画像が無いのが残念~。

とぼけた絵に味があります(^^)

「はしるのが とても おそい おおかみがいた。

どんなにおそいかというと、ぶたよりも おそい。」

と始まるこの絵本。

おおかみって、どうして、こう間抜けな役での登場

ばっかりなんだろう??と、多少気の毒に思いつつも、

早くも笑いがこみ上げてきてしまいます。

なんとかして、ぶたの丸焼きを食べてみたいおおかみは、

いかにも怪しそうな風体のきつねはかせに「ぶたのたね」

をもらいます。

ぶたのなる木を育てれば、たらふく、ぶたを食べられるはず!

…さてさて、そんなに上手くいくのかな(笑)

結末は読んでのお楽しみ!

こういう発想、あひるは大好き♪

あ~。面白かった!!ご馳走様(^ω^)

☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆
ブログランキングranQ

に参加しています♪
ぽちっと押してくれると、幸せです♪(*^▽^*)
いつもありがと~♪



テーマ:幼児教育
ジャンル:学校・教育
好きこそ物の上手なれ♪
2006年01月12日 (木) | 編集 |
まさに、コレを実感する日々です。

好きなものって知らずにのめりこむし、いつまでやっていても飽きない。

…つかれるから、限界はあるけど(爆)

最近、yuminさんのところで"自己啓発"というキーワードにぶつかって、「自分はやってないな~…」

とパパにこぼしたら、「やってるでしょ?」と。

自分の中では自己啓発とは苦手なことに挑戦する

(あひるにとってはとくに「英語」!!)というイメージだったんだけど、

必ずしもそうではないのか。

本は読んでるけど、これは自分の好きなこと。コレも自己啓発!?

「活脳読み書きドリル」や「強育パズル」もやるけど、これも、趣味。

でも、結果的に自己啓発!?

…なんだ、だったら、英語を好きになればいいのだ!!

でもどうやって??

答えは出ないけど、ここが解決すれば、飛躍的に英語力もアップするのかも。

だって、誰に何か言われなくても好きだったらどんどん自分からやっちゃうもんね。

幼児教育ってこういう「好き」のベースをたくさん作ることなのかなあ?

と改めて思ってみたりもした。

好きなら勝手にやるじゃない。

で、ちょっとへこむことがあっても楽しい気持ちのほうが勝ってしまえば、

また勝手に前に向かって進んでいく。

そういうのが理想なんだけどな。自分にとっても娘にとっても。

「好き」がたくさんあったら、それだけ「楽しい」も増えそうだし♪

何かを詰め込むのじゃなくて、楽しいって感覚をたくさん共有すること。

親にはそういう役割もあるんだ。

表面的には分かっていたような気がしていたけど、

自分の身に置き換えたら、ずしんと重みを持って分かったような気がする。

娘の英語を楽しくするためには自分が楽しめなくちゃね。

…さて、どうやって楽しみを見つけようか??

ねえ????

☆おまけ☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆

昨日、1月11日は鏡開きでしたね。

うちでは御雑煮にして食べました。

残念ながら、ひび割れた鏡餅は無かったので、

普通の切り餅でしたけど(^^;)

コレも、季節行事ですね♪

☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆
ブログランキングranQ

に参加しています♪
ぽちっと押してくれると、幸せです♪(*^▽^*)
いつもありがとね~♪







テーマ:幼児教育
ジャンル:学校・教育
図書館で借りた絵本☆その6☆
2006年01月11日 (水) | 編集 |
ないたあかおに
浜田 廣介 池田 龍雄
4033020209

あひるにとっては大好きだった思い出の絵本です。

先日「にほんごであそぼ」でちらっと見かけて、

あまりに懐かしかったので借りてしまいました。

人間と仲良くなりたい赤鬼のために、自分が犠牲になる青鬼。

ここまで人の幸せのために出来るってすごいことだなあ、と今読んでも

じ~んと来てしまいます。

その後、赤鬼はどこかで、青鬼に会えたのかなあ…??

二人が再会して喜びあう、続編でもあれば良いのに。

なんてついつい考えてしまいます。

☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆
いっすんぼうし
いしい ももこ あきの ふく
4834000516


これも、言うまでもない有名どころ。

ゆ~のの強烈なリクエストで借りました。

テレビでやっている日本昔話を見ていても思いますが、

現在めったに使わない言い回しや、ものが沢山出てくるので、

この手の本は語彙を増やすのに役立つだろうなあと思います。

それに、古文調の言い回し。

こういうものに触れておくだけでも、語感が育って、

古文になじみやすくなるのではないかと期待しちゃいます☆

☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆
あしたてんきになあれ

荒川 薫 さく、長 新太 え(福音館書店 2005年4月1日 特製版 第1刷)


残念なことにアマゾンにデータが有りません。

面白い絵本なのになあ。

子どもの頃に「あ~したてんきにな~れ!」って言いながら、

靴を放り上げませんでした?

私はよくやりました(^^)

これがベースになるお話です。

私が経験したのは、横向きに落ちたら「曇り」のはずだったんですが、

こちらは「雪」となってます。

雲がいろんな形に見えてきたり、夕焼けで辺り一面真っ赤に染まっていったり…

子どもの頃にゆっくり流れていた時間が再現されるかのような、

何となく、懐かしい気持ちになる絵本です。(^^)

☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆
ブログランキングranQ

に参加しています♪
ぽちっと押してくれると、幸せです♪(*^▽^*)
いつもありがと~♪




テーマ:幼児教育
ジャンル:学校・教育
強育論
2006年01月10日 (火) | 編集 |
強育論-The art of teaching without teaching-
宮本 哲也
4887593023


掛け値なしに面白かったです(^▽^)/

ご存知の方も多いと思いますが、著者の宮本さんは

『中学への算数』「高校への数学」の寄稿や、「合格パズル」などで有名です。

本の内容はまさに題名のとおり、「強い子供を育てるためのメソッド」

を具体例や毒舌(!?)を交えながら綴っています。

算数教室を主宰するという立場で語る、子どもたちに対する接し方は

ちょっと過激に映りますし、人によっては鼻につくかもしれません。

はっきり言って、共感できる部分だけじゃないのですが、

それでも自分にも他人にも強く厳しく一貫しているところは

ピンと1本の筋が通っていて、気持ちが良い!


巻末には「手順暗記型学習法」と著者が実際に行う「試行錯誤型学習法」の比較が、

実際の問題を伴って解説されています。

算数や、数学の楽しみって、こういうところにあるよね!と思わず共感する内容で、

生き生きとした授業の様子が目に浮かぶようです。


著者は中学受験専門の算数塾を主催されているようです。

先着順で、小3から募る塾生は85%が有名私立校に合格しているそうです。

そんなことを聞くとよっぽど詰め込み教育をしてそうですが、全くそんなことは無い。

『睡眠、食事、運動が最優先で、学習は4番目でなければならないし、そうしなければ

学習もうまくいかない』という著者の考えには非常に共感します。


著者の主催する算数教室では、小3は1年間パズルだけしか解かないそうです。

そのコンセプトは

「依頼心を無くし、ひとつの問題に集中力を高めた状態で粘り強く取り組む。

この姿勢さえ身に付けば、あとは、適切な題材を与えるだけで生徒は勝手に伸びる」

ということに有ります。

う~ん。なるほどねえ。

ますます共感してしまったので、そのパズルが本になったのを買いました♪

それがこちら↓
4887593147 488759318X 4887420013


とくに強育パズルの初級編はホントに簡単な問題からスタートしますし、

ゆ~のと少しずつ取り組めたら良いなあと思っています。

(まずは10までの数の補数がさっと頭に浮かぶ段階まで到達するのが先ですが)

あとは自分の楽しみに買う予定♪

…あひるはこういうものが大好きなんです♪(^▽^)♪

☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆
ブログランキングranQ

に参加しています♪
ぽちっと押してくれると、幸せです♪(*^▽^*)
いつもありがと~♪

テーマ:中学受験
ジャンル:学校・教育
お金で遊ぼう♪
2006年01月09日 (月) | 編集 |
最近、本物のお金で遊んでます♪

名付けて『今日の所持金いくら?』です☆

あひるのお財布から、小銭だけ全部取りだして、

いくらあるのか、数えてみるだけなんですけどね(笑)

とりあえず、10円玉が10枚で100円。

100円玉が10枚で1000円。

ここまでは、手作りのお金などで、遊んでいるうちに

体得していました。

これで、「10のまとまり」の理解は大丈夫。

(ここまでの詳しい経緯は後日書きますね♪)

あとは「5のまとまり」の5円玉、50円玉、500円玉の扱いを教えればいい。

指を使って計算…ということに慣れているので、

だいたい、「5のかたまり」についてもゆ~のは体得しているようです。

(よく車中なんかで問題出してましたからね~。

その辺が効いてるんだと思います。

少なくとも、机で教えたわけじゃないです。)

10円玉を5枚並べて「いくら?」というと

『50円』と返ってきます。

50円玉を見せて「いくら?」というと

『50円』とやっぱり言います。

『どっちも50円だよね。』

…まずはそんなところから。

『等価』であることをいろいろな形で見せて行きます。

10円玉が10枚で100円。10円玉が5枚と50円玉が1枚でも100円。

『じゃあ、50円玉が2枚だといくら?』

最初のうちは分からないんですよ。不思議なことに。

ここで、指の登場。

あ『ゆび1本が10円ね。右手はいくら?』

ゆ『50円』

あ『左手はいくら?』

ゆ「50円』

あ『右手と左手合わせたらいくら?』

ゆ『…10本だから、100円!!』

なぜか、指で置き換えると分かったりする。(笑)

50円玉2枚を10円玉10枚にもう一度戻して考えてもいいんですけどね。

こんなやり取りをしながら、お金を数えて行きます。

最初はあひるが解説する形で進めましたけど、だんだん質問すると、

ゆ~のが答えるというように変えていって、最終的には

ほぼ、自分で数えられるようになりました。

最後は今日の所持金(△千△百△十△円)を読み上げて終了♪

どうして、こんなことをしているのか?

小銭って便利なんです。

まず、基本に有るのはお金の種類と金額をちゃんと理解出来るように、

ということですが、それ以外に、

何気なく「10のまとまり」「5のまとまり」を習得出来ることが嬉しいです(^^)

それに、10の補数や、繰り上がり、繰り下がりの計算の足がかりになるイメージを

ビジュアルでとらえることが容易に出来ます。

さんすうってなにも、紙の上で計算することだけじゃない。

こういう積み重ねが自然と計算力も、思考力もアップさせることに繋がります。



ゆ~のには繰り上がりの計算を教えていませんが、

すでに簡単な計算は出来るようになっています。

『380円は100円が3枚。10円が8枚だから…

全部で11枚だね!』

なんて、頭の中で数えたりして。

『どうやったの?』とびっくりして聞いたら、

『8に2をたすと10でしょ。そしたら、1あまるから、11』

と答えました。

いつの間にか『10のまとまり』を体得してたんですね。

しつこいようですが、これは教えてませんし、

普段、計算練習に精を出しているわけでも有りません。

やっぱり、普段の生活の中で数に触れてきたからだと思います。

それに、本物のお金は盛り上がるんですよね!

憧れが有るのかなあ。目が生き生きしちゃって(笑)

「面白い♪」と必ず言うので、まさに「好きだからこそ、どんどん吸収する」

状態みたいです。(^^)

まあ、これは、あひるの好きな分野だから、ということも言えると思います。

ついつい、話す内容が偏っちゃうんですよね。(^^;)

親の方が…(爆)

英語がおろそかになりがちなのと対照的です(^^;)

…英語も自然に楽しく取り入れたいのになあ。

やっぱり、向き不向きが有るのかもしれません。(爆)



あ。英語捨てたわけじゃないですからー。

ぼちぼちそっちも頑張ります(^▽^)♪

☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆
ブログランキングranQ

に参加しています♪
ぽちっと押してくれると、幸せです♪(*^▽^*)
いつもありがと~♪








テーマ:子育て・教育
ジャンル:学校・教育
七草粥♪&勝手な解釈!?
2006年01月08日 (日) | 編集 |
季節の行事を堪能しようということで、食べました♪七草粥。

本当は前日の夜に用意して朝食べるそうなのですが、

うちはなぜか夕飯に登場。(^^:)

ゆ~のとスーパーまで七草セットを買いに行って、

関連ページをプリントアウトして、実物を図鑑と照合して…

こんなこと、娘がいなかったらしてないです。ハイ。

仕事をしている頃は、めちゃめちゃ忙しい冬期講習真っ只中。

「七草」なんてほんのちょっとよぎることさえ無かったですから。

ちなみに春の七草は

「せり・なずな・ごぎょう・はこべら・ほとけのざ・すずな・すずしろ」

ですが、たいていが3~6月が時期なんですよね。

旧暦の1月7日はだいたい2月の上旬から下旬にかけて

(今年は閏月が絡むので、1月の下旬のようですが)。

そこで、あひるの疑問☆

極寒のこの時期に、七草のほとんどが雑草とはいえ、本当に

採ることが出来たのか??

少なくとも、雪深い地ではかなり難しいのでは無いかと思います。

(当然、最初から全国区の行事であったわけが無いですが)

この「七草」今のような形が初めて確認されたのが

1362年ごろとされていますが、

古くは「米・粟・キビ・ヒエ・ゴマ・小豆・蓑米(カズノコグサ)」

の豆や穀物

だったそうです。

あひるとしては、こちらの方が現実的なのでは?と思います。

だって、その時期、青菜よりも、保存の効く豆や穀類の方が

確実に手に入ります。

それに、今でこそ「正月のご馳走で疲れた胃腸を労りましょう」

というのが一つの趣旨ですが、当時同じ状況だったかどうか…

むしろ、食料が一番無いし、寒くて体力も落ちているころなので、

ここで栄養をとって凌ぎましょう、というスタンスの方が

しっくり来る気がするんです。

日本人は初物が好きです。

当時どうだったかは分かりませんが、風流人がまだ季節が早いのに

無理して野草を集めさせ、先を競って粥に放り込んだのが、

だんだん流行っていったのだとしたら…

なんて、考えがあひるには浮かんでしまいます。

もし、そうだとしたら、きっと温室栽培されているだろう、

現代の(本来の季節では無い)七草を有り難がって食べる意味は

本当にあるのかなあ?

もちろん、今年1年の無病息災を願って、という部分を否定する

つもりはありませんが、

来年からは日本古来の七草(穀物、豆中心)粥にわが家はしても

良いかも?と考え中です。

(実際どうなるか分かりませんが)

…さまざまな妄想はさておき。

昨日は

「七草なずな、唐土(とうど)の鳥が日本の土地に渡らぬ先に

合わせてバタバタ」

この歌いながら(…といっても節回しはでたらめですが^^;)

歌に合わせて七草をゆ~のが刻みました。

出来たお粥は青臭くて、『草そのもの』を食んでいるような

錯覚さえ起こしそうでしたが、

「自分で作ったお粥~♪」と喜んで食べていたので、

今年はよしとしましょうか。(笑)




勝手な解釈の長文にお付き合い頂きましてありがとうございました♪

☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆
ブログランキングranQ

に参加しています♪
ぽちっと押してくれると、幸せです♪(*^▽^*)
いつもありがとね~♪

こちらを参考にさせて頂きました♪↓ありがとうございました!
ウィキペディア

春の七草粥


テーマ:子育て・育児
ジャンル:ライフ
あひるの読んだ本☆その2☆
2006年01月07日 (土) | 編集 |
かしこい親の子育て術―“ゆっくり子育て”はこんなにすごい
申 宜真 辛 椿仙
4093112207
著者は韓国人の精神科医で二児の母。

早期教育が過熱している昨今の国内事情に警鐘を鳴らしています。

韓国の受験戦争の過激さは有名ですが、そこを感じさせるエピソードも

ちらほら出てきます。

子どもの成長はその子の「旬」によって全然違うから、

「出来た」「出来ない」で一喜一憂しないこと。

適切な時期に適切な働きかけが出来るように、

しっかり子どもを観察して把握すること。(心も身体も)

親の都合中心の子育てをやめて、子どもの成長に即した子育てを

していきましょうという提言です。
☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆
アドラー博士の立派なお母さん賢いお母さん可笑しなお母さん
星 一郎
487366232X

なんでも『ダメよ!』と自分の価値観を押し付ける「立派なおかあさん」

子供に感心がない「可笑しなおかあさん」

子供が将来自立して生きて行くために、子供が体験しながら、

悟りながら進んで行けるよう導く「賢いおかあさん」。

場面別にこの3タイプの対応を具体的にしめす形で本書は進みます。

完璧なお母さんはいないのだから、気づいたところを取り入れてみたらどうでしょう?

という提案がなされています。
☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆
アドラー博士のやる気をひき出す子育て―親のためのアドラー心理学
星 一郎
4906301797


アドラー心理学の本。

「自分が好きだ(自己肯定感)」、「他人が信頼出来る(基本的信頼感)」、

「自分は世の中に役立っている(貢献感)」の3つの感覚があれば、

人生を意味あるものとして生きて行ける…と、提唱しています。

そして、人間としてもっとも大切な能力は

「自分が不完全であることを認める勇気」をもつこと。

完璧に出来無ければ自分を許せない。そういう子供は挫折しやすいそうです。

良いも悪いも全てを受け入れる。そういう親の姿勢が問われるのかもしれません。

☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆
ブログランキングranQ

に参加しています♪
ぽちっと押してくれると、幸せです♪(*^▽^*)
いつもありがとね~♪



…なんてい書きつつ、理想論だけでは子育てはやってられませんから(笑)

取りあえず、目の前の我が子とどう付き合うか??真剣勝負のあひるです。












テーマ:幼児教育
ジャンル:育児
頭ごなしにダメといわない
2006年01月06日 (金) | 編集 |
夫の実家から帰る道すがら車中でゆ~のが突然こんなことを言いました。

「自分の部屋が欲しいの。」

ほう~。何がきっかけでそう思ったんだろう??

でも、今部屋を即用意するのは現実的じゃないし。

「自分の部屋はどうして欲しいの?」

「そこで遊ぶの!」

「一人で?」

「一人じゃやだ。」

「ママやパパと一緒に遊ぶんだったら、一人の部屋は要らないんじゃない?」

「そうだね~。」

「それに一人で寝られるの?部屋を持つというのは一人で寝るということだよ。」

「え~。やだ!!パパと寝るの。」

「それじゃあ、まだ一人の部屋は要らないんじゃない?」

「そうだね♪一人で寝られるようになってからだね。」

ゆ~の、簡単に納得。

簡単に希望を却下しないで、条件が整えば与える用意がある、

ということを示したので、彼女なりに昇華出来たのだろうと思います。



それから、次はこんなことも言いました。

「部屋を広くしたいの。」

うちは狭いんです。(><)

パパと二人暮らしのときは全く狭く感じませんでしたが、

ゆ~のが生まれて荷物は増える一方。

赤ちゃんの頃のおもちゃまで、まだほとんど置いてあります。

(ぽぽちゃんを赤ちゃんに見立てて世話をするので、必要みたいです^^)

ここで『狭いのはしょうがないでしょ~!我慢してよ。』なんていってみたところで、

上手い解決策のような気がしません。

だから、ちょこっと視点を変えて、提案してみました。

「そろそろ、ゆ~のの使わない本やおもちゃを処分しない?

そしたら、少しは部屋が広くなるよ」」と。

今までは大人が見たらゴミにしか見えないようなものにまで執着していて、

間違って捨てようもんなら、大変なことになっていたので、

おいそれと手を出せませんでした。

子供にとっては、その子なりの世界観や宝物があるので、むやみにその世界を壊しては

いけないだろう、と思ってそっとしてきたのですが…

やっぱり、日々、成長しているんですね。

宝物もだんだんそれらしいものに変わってきて、思い切ってお別れ出来そうなものが

ずいぶん増えた様子。

「うん。そうする~♪」と乗り気なゆ~の。

まずは、1時間程かけて、雑誌やワークを一冊ずつ、要るか要らないか丁寧に

中を調べて分別していました。

(これだけでも、かなりの量が処分出来そうです)

ああ。こういうことまで出来るようになったんだなあ。とちょっと感心したりして。

まだ、おもちゃやその他の分類まで進んでいませんが、

小さかった自分に決別するかのようにサクサク仕事を進めるゆ~のは

ホントに頼もしいです。

「パパをびっくりさせたい」という娘の希望をかなえるべく、今日も続きを二人で

頑張ろうと思っています。

そしたら、収納からはみ出していたおもちゃも片づくはずなので、

ゆ~のも達成感が得られるでしょう。

そして、「きっとパパに誇らしげに自慢するんだろうなあ」、

と想像すると、あひるはついつい笑みが込み上げてきてしまうのです(笑)

☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆
ブログランキングranQ

に参加しています♪
ぽちっと押してくれると、幸せです♪(*^▽^*)
いつもありがと~♪
テーマ:育児知識・ノウハウ
ジャンル:育児
今年はコレで行くぞ♪
2006年01月05日 (木) | 編集 |
2006年もあっという間に4日が過ぎ。

はやくも、今年一年がものすごい早さで過ぎ去る予感。(^^;)

皆さん、年頭の誓いなんてたてたのでしょうか?

遅まきながら、あひるは

・笑って過ごす♪

・感謝して過ごす♪

・人にも自分にもプラス発言♪


これでいこうかな(^^)

この連続って幸せな日々でしょ?きっと。

今年も楽しくて有意義な一年が待ってる!!

わくわくするな~(^▽^)/




元日に私の実家に行きました。

そしたら、車のバッテリーが上がって、困っていたので、

車に詳しいパパが、急遽バッテリーを買いに行って交換しました。

実家の父は良く知らなかったらしいので、もしパパがいなければ、

大変な費用と時間とをかけて、交換しなければならなかったでしょう。

(しかも、田舎なので、ほとんどのお店が休み!

 そんな中、開いているお店を探しに行ったパパ、えらい!!)

それにしても、なんて良いタイミングでトラブってくれたのか!

実家では当然パパに大感謝だし、パパも人の役に立つと嬉しい。(^^)

年頭から、ほのぼのと嬉しい幕開けとなりました♪



ゆ~のの最近の口癖も「感謝だね~。」です。

きっと、あひるとパパがよく言っているから、自然と身体に入ったのかな。

この気持ちをずっと持ったまま大人になってね♪(^^)


ゆ~のには「あなたは人の役に立つ大人になるよ!」

「人の役に立っているね♪」という声かけも良くしています。

(もちろん、「○○してくれて、ママは嬉しい!」という、

いわゆる「 Iメッセージ」も欠かせません♪)

人の役に立つって嬉しいことだなあって思いながら、

成長していくことを願って…


言葉は力があるから。その通りになっていくから。

周りの人間、とくに親の声のかけ方は重要ですよね。


…こんなことをよく考えているんですが、

そこに肉付けしてくれたり、子育て間違ってないなっていう

確信が持てたり、いろんな意味で、読書がずいぶん役に立つことに、

遅まきながら気づきました。

だから、本もどんどん読みますよ~!!

…これも、今年のテーマです♪


それでは、行ってみよ~♪

     すた~~~と~~~~!!(^▽^)/

☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆
ブログランキングranQ

に参加しています♪
ぽちっと押してくれると、幸せです♪(*^▽^*)
いつもありがとね~♪


テーマ:子育て・教育
ジャンル:学校・教育
図書館で借りた絵本☆その5☆
2006年01月04日 (水) | 編集 |
わたしのワンピース
にしまき かやこ
4772100180

いろんなところで推薦される有名絵本ですね。

ウサギの女の子のワンピースが、行く先々の美しいものをそのまま映し出して

模様にしてしまう、という楽しい発想のお話。

いろんなおしゃれを楽しんでみたい、女の子の夢が詰まっているような、

可愛らしいお話です♪

ゆ~のはこの絵本が大好きなんです(^^)

☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆

11ぴきのねこ
馬場 のぼる
4772100040

おそらく「11ぴきのねこ」シリーズの最初の絵本と思われます。

初版は1967年。そうか~。そんなに歴史の有る絵本だったんだ。

このねこ達は表情が実に良い。

お気楽で間抜けさがにじみ出ているユーモラスな風貌。

必ず、「出来心」を起こしちゃうんだけど、

『あんた達なら、しょうがないよね~。』と思わず納得。

今回は大魚と闘いますが、さて、結末はいかに。

くすっと笑えるねこ達の活躍はいつ読んでも、惹きつけられます。


☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆
まほうをわすれたまほうつかい
デイビッド・マッキー 安西 徹雄
4752040220

モノクロのページとカラーのページが交互に出てきます。

モノクロのページは線画なので、このまま塗り絵として楽しめそうな感じです。

(借り物じゃなかったら、ゆ~のと一緒に塗っちゃうのに(笑))

メルリックという王様お抱えの魔法使いがいました。

みんな彼に頼り切って、魔法で何でもやってもらっていました。

そんなある日、メルリックの魔法は全く使えなくなってしまっていたのです。

さあ、彼は魔法の力を取り戻すことが出来るのでしょうか?

あまりに便利になりすぎた現代文明への警鐘ともとれるこの絵本。

続編があるので、それも読んでみたいと思っています。
☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆
ブログランキングranQ

に参加しています♪
ぽちっと押してくれると、幸せです♪(*^▽^*)
応援ありがとうございます!!

☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆

正直、何だか休みボケです(^^;)

毎日無い知恵絞ってなんとか記事をアップしていた頃の方が

はるかにましな脳みそだったような…(汗)

こんな味噌には「活!!」ですね♪

持って来いの本が発売になりました!

「1日10分の反復でIQアップ!!活脳読み書きドリル」

常連の天鐘さんが作成に携わった本です♪

早速お世話になりま~す(^^)

天鐘さん、ありがとう♪♪





テーマ:子育て・教育
ジャンル:学校・教育
あけおめことよろ♪
2006年01月01日 (日) | 編集 |
2006年始まりましたね~♪

「あけおめことよろ」です☆(^^)☆

これ、船の通信(遠洋漁業の船で、少しの情報しか一度に

送れなかった時代の挨拶だったらしい)が起源だそうですが…

(とパパが言ってました。^^)

ところで、三日まで更新を休みます。

ちょっと骨休めして、充電したら戻ってきます。

来てくださった皆さん、ありがとう♪

復活したら、またよろしくお願いします♪m( _ _ )m



テーマ:日々のつぶやき
ジャンル:育児
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。