毎度~♪おおきに^^ 2年半の間☆☆☆就学前に何やろう??☆☆☆のブログ名でやってきましたが改名です♪オリジナル家庭教育、英語やら漢検、スピリチュアルに、本はビジネス書から絵本まで!なにしろてんこ盛りでやんす~(^▽^)/ヨロシクねっ!!
スポンサーサイト
--年--月--日 (--) | 編集 |
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
☆体力テスト☆
2009年06月02日 (火) | 編集 |
過日、ゆ~のの小学校で体力テストなるものがありました~。

運動で一番得意なのはドッジボールというゆ~の(笑)

(男子に混じってしょっちゅうやってるの^m^)

はてさて、結果は…??

詳細は不明なものが多いらしい。

でも、幅跳びがクラスで1番。シャトルランは2番だったって。
(いずれも男女別)

シャトルラン…??

んなもん、私の時代はなかったな~??

悔しかったのがボール投げ。

これは全然記録が出なかったみたい^^;

先生のアドバイス”空に向かって投げる!”を忠実に守ろうとした結果、

飛ばなかったみたい。

…当たり前じゃん。上に向かって投げたって…^▽^;;

ゆ~の、本当は投げるの得意なはずなんです。

釣りで鍛えられてるから、ね。

(地元の漁師さんに”この歳でこんなにうまい子は見たことが無い”

 って言われたそうです。(ま。お世辞かもしれないけど^^;)

 同じポイントに何回でも正確に投げることができるらしい。

 …あひるは海に行かないので、見たことないんだけど(爆))

それだけに、”なんで上手くいかなかったのかなあ?”と不思議がってたけど。

”あのね~。上に投げたって駄目に決まってるじゃん。

 角度で言ったら45度くらいのつもりで、”あそこまで届け”っていう

 ポイントを見ながら投げるんだよ。

 釣りの要領でやればよかったのに。なんで、上見ちゃった??”

と言ったら、

”だって、だって…先生が、そういうから…”

あとは悔しくて涙目。


 先生はいつでも正しいとは限らないって、いつも言ってるじゃん^^;

 自分の感覚に照らし合わせて納得した時だけだよ。

 採用するのは。

どうも、彼女の中には”先生絶対主義”が根付いちゃってる感じです。

娘の”本能的に何かを掴む”能力に、私は一目を置いているのだけど、

それは、”権威によって簡単にかき消される”

まだ、その程度の強さしかないようです。

…残念なことに^^;


ハードルの授業のときにも

 ”必ず歩幅は3歩にする”

 ”ハードルは上にジャンプしてとび越える”

という指導があって、上手くいかないと愚痴をこぼしていたゆ~の。

だ~か~ら~。

先生は陸上の専門家じゃないから、時には、的外れなことも言うんだって。

歩幅はね、あとからリズムよく飛べるようになればいいの。

本当はどっちの足でとんでもいいし、4歩でも5歩でも、やりやすい形で

まずは慣れたほうがいいんだよ。

リズムに乗るのはそれからで十分。

それから、ハードルは上にとぶんじゃなくて”またぐもの”なの。

上にとんだら、ロスも大きいし、身体にとっても負担なんだよ。

またぐ気持ちでやってごらん。

…本当にちょっとしたアドバイス。

中学時代にハードルが専門だったから、大昔のことだけど、

それでも全然経験が無い人よりは分かることもある。

そこからゆ~の、変わりました。

正確に跳べるようになって、速くもなったみたい^^

ゆ~のはね、何でもしゃべってくれるから、いろいろとアドバイスもできるけど…


それにしても思うのは、

小さい頃から自分を信じる気持ち、自分の感覚をしっかり認識して捉えておくことは

大事だな、ということ。

情報が入ってきたとき、鵜呑みにしないで、自分の感覚と照らし合わせる、

”ちょっと待てよ?”と思えるかどうか。

この一呼吸でその後の展開が違ってくる。


何を信じるかは結局自己責任。

大人も子供も、ね☆

”自分のアンテナ”をしっかり育てることは大事だなあと、

あらためて思ったのでした。

にほんブログ村 子育てブログ 小学校低学年の子(1,2,3年生)へ

今日も来てくれてありがとう☆
読んでくれてありがとう☆

☆感謝☆

☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆

(おまけ)

ゆ~のには、

”コツも分かったし、来年のボール投げは、記録伸びること

 間違いなしじゃん。良かったね^^”

と言ったら、

”だよね~♪ 楽しみ~っ!”

と満面の笑み。

この立ち直りの早さと、限りなく前向きな気持ちが

ゆ~のにとっての最大の武器かもしれません(笑)
スポンサーサイト
テーマ:小学校
ジャンル:学校・教育
跳び箱
2008年10月02日 (木) | 編集 |
今日は思い切って宿題以外の学習なしにしました。

…英検、漢検が目前だけど、まあいいや~。

娘の体育、今跳び箱なんです。

で、親は跳べると思ってたのに、跳べないらしい。

どうしたんだか?

だって、同じ高さ、4歳の時に軽がる跳んでたのに。

で、このまま放っておくのはまずいなあと思って、

跳び箱の置いてある、隣の市の児童館まで出かけてきました。

もちろん、跳び箱を跳べるようにしようと思って。

最初は3段。

やっぱり、ぎこちない。

で、手をつく位置、ジャンプの姿勢、足の開き方など、

アドバイスしつつ、段階を追って、出来るようにしていったら、

あっという間に跳べるように♪

やっぱり、跳べないわけじゃなかったんだなあ。^^

”自分は出来ない”という思い込みがしり込みさせるというのはよく

あることで。

そして、そのプレッシャーや、コンプレックスを抱えたまま、

向かって行っても手足がちぐはぐだったりして、上手くいかないの。

それは悪循環だし、自信なくすことにつながっちゃうから、

あえて、あひるが先生役を買って出ました。

ゆ~のの相手だけするつもりが、幼稚園の子だの、ゆ~のより、

大きな小学生だのやってきて、気がつくと、跳び箱には長い列が。

成り行き上、みんなにアドバイスしたり、跳べたらほめたりして

いたら、他の親御さんに

「体育の先生ですか?」って(笑)

「いやっ。違うんですけど…^^;」

でも、そのままそんな感じで、続行。

他の跳べなかった子もみんな跳べるようになっちゃいました。

(他の親御さん、皆さんに丁寧にお礼を言われちゃいました☆)

本当に体育は専門じゃないけど、どうすればいいのかは

感覚的に分かるんだよね。

…昔、サルだったから(笑)

ゆ~のも、周りにつられて、どんどん跳べるようになって、

ついには5段の横置きまでクリア。

すっかり自信が戻ったようでした。^^

明日の体育で、思いっきり跳べるといいね!




にほんブログ村 子育てブログへにほんブログ村 子育てブログ 小学生の子へ


☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆


(おまけ)

先日は運動会でした。

徒競走、練習の時より、順位を落としてがっくりしていたゆ~の。

前夜に「実は靴が小さくなっていて足が痛いんだよね~」とこぼしてたから、

その辺も影響してたのかもしれません。

…もう~。もう少し早く言ってくれれば、足に合う靴で走れたのに^^;

今日、時間ができたのでやっと靴を買いに行けました。

ゆ~の憧れの「瞬足」です☆

「この靴、軽い~♪ すっごく速く走れそう~^^」とご満悦。

今まで買っていた靴の半額くらいなので、どうなの??と

ちょっとよぎったんだけど、良くグリップしそうな靴裏の構造だし、

ゆ~のの幅広の足にもぴったり合う靴の形。

凄くいい感じです♪

気に入ったの見つかって良かったね^^


今年は万全の態勢で運動会に臨めなかったので、来年はちゃんと

気にしてあげなくちゃなあ、と再び思ったのでした。
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。