毎度~♪おおきに^^ 2年半の間☆☆☆就学前に何やろう??☆☆☆のブログ名でやってきましたが改名です♪オリジナル家庭教育、英語やら漢検、スピリチュアルに、本はビジネス書から絵本まで!なにしろてんこ盛りでやんす~(^▽^)/ヨロシクねっ!!
スポンサーサイト
--年--月--日 (--) | 編集 |
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
☆ っぽい ☆
2009年06月04日 (木) | 編集 |
っぽい

小学生新聞に紹介されていたので、借りてみた絵本。

お話が終わると、最後にこんな言葉が出てきます。

 ” じぶんのために絵をかくこと、
   じぶんの声に耳をかたむけることを教えてくれた
   美術のダグ・コーンフェルド先生に、この本をささげる”


まさに、まさにそんな本です。^^

人は自分の価値観がちゃんとあって、ひとりで凛として立っているようでも、

気づかぬうちに、人の意見や、態度や、評価に振り回される。

”自分はどうなのか?”じゃなくて、”相手がどうなのか?”

そこに注目して価値を決めたり、判断したりしがちだ。

そうじゃなくて。

大事なのは”自分はどうしたいのか?”

”自分はどう思うのか?”。

自分の感性でいいじゃないか。ってね。^^


それに気づけるのは、あったかい誰かが認めてくれたから、

ということもよくある。

寄り添ってくれる、共感してくれる言葉は、自信を取り戻すきっかけになる。


誰かの言葉は凶器にもなるし、勇気を持って踏み出す一歩の後押しにもなる。

あらためて。

言葉ってすごいな。

傷ついたり、喜んだり。悲しくなったり、嬉しくなったり。


価値観の違いに遭遇したからといって、傷つくのはやめよう。

あったかい言葉には大いに感動しよう。感謝しよう。

それから、

自分の感性を大事にしよう。

そう、あらためて思った絵本。

出会いに感謝☆^^☆

良いタイミングだったな~♪



さて、せっかくなので、他のピーターレイノルズさんの本を紹介しちゃおう♪

てん

これは我が家のお気に入りの一冊です。

こっちもね、”個”を認める絵本。

良いよ^^


ちいさなあなたへ (主婦の友はじめてブックシリーズ)

これは、たぶん、ママになった人は泣けると思う。

子どもへの読み聞かせはどうかなあ??

って思うけど^^;

たぶん、世界中のママたちの気持ちが詰まった1冊だと思うよ。


にほんブログ村 子育てブログ 小学校低学年の子(1,2,3年生)へ


今日も来てくれてありがとう☆
読んでくれてありがとう☆

☆感謝☆

☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆

(おまけ)

私も、一瞬言葉に傷つくことがある。

でも、きっと、その分、どこかで私も不用意な一言を

もらしてるのだろう。

だから、”痛みわけだね”

って自分に声をかけて、これにて終了。^^

人は生きてる限り間違える。

毎日、もしかしたら傷つけてる誰かさん、ごめんよ^^;

まあ、価値観の違いだったら、その時はしょうがないね。



”みんなちがって、みんないい”

だから、人生は面白い☆^^☆

感謝。
スポンサーサイト
テーマ:絵本
ジャンル:本・雑誌
フンガくん
2008年02月26日 (火) | 編集 |
フンガくん

ゆ~のは相変わらず、絵本が大好き。

ちょっと厚めの字だけの本もたまには読むようになりましたが、

やっぱり、絵を見て楽しむのが好きみたいです。

(細かいところにツッコミ入れるのよね~^^;)


この絵本は、彼女が「面白そう!」と思って持ってきて、

あひるが読んでみたら、深くて「う~ん」と唸った絵本なんです。

短い4話で構成されているんだけど、いずれも展開は同じ。


  フンガくんはきかんぼうのコブタ。

  すぐに駄々を捏ねてしまいます。

  でも、そんなフンガ君の行動を取り合わないお母さん。

  自分のペースで過ごしています。

  そして、いつのまにかフンガ君の目の前からいなくなります。

  気づいて必死にお母さんを探すフンガくん。

  やっとお母さんを見つけたとき、もう、フンガくんは何で

  怒っていたのか覚えていませんでした…


いつもこんなの。(笑)


あひるが言うのもなんだけど、これって子育て、もしくは人間関係のツボじゃん。

斉藤一人さんがよく”相手の機嫌をとる必要はない。自分の機嫌をとればいいい”

とおっしゃってますが(確か、CDにも出てくる話!)

まさにこれだなあ、と。

相手がかんしゃくを起こした時に、その機嫌をとろうとすると、ますます

深みにはまるって経験ありませんか?

子どもがかんしゃくを起こしたら、なだめようとしてたはずなのに、一緒になって

母もエキサイト!!なんて(笑)

こうやって、”受けて立つ”んじゃなくて

”気にとめない(目の前に問題が無いかのごとき振舞う)”ってのが

一番楽で、早い解決法なのかな~ってあらためて再確認した絵本だったの。

これ。

一旦姿を消すのは、相手も冷静になれる時間を作るよね?

(駄々捏ねたい相手が目の前にいないんだから)

これは完全無視ってことじゃない。

相手が落ち着けばまた、ただ単に普通に接して行けばいいわけで。


あひるもこうありたいなあ、と思ったわけです。

久々に”深いなあ”と思わせる絵本と出会いました^^


これ、シリーズモノなんだよね。

他にもこんなのが。↓

おこりんぼフンガくん (おひさまのほん) あまえんぼ フンガくん (おひさまのほん) べそっかきフンガくん (おひさまのほん) くいしんぼフンガくん (おひさまのほん)

どんなもんだか、片っ端から読んでみようかな(^m^)


☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆


(おまけ)

この本イイよ(^▽^)/

この世の悩みがゼロになる

小林正観さんの本はみんな良いけど、これもすごいやっ。

最近、なかなかブログを書く時間が取れなくて

(一人静かでないと記事にならないのよ~^^;)、もう、どうやって書いてたか

忘れそうにさえなってたけど。

で、日常の色んなことに飲み込まれそうになって、溺れそうになってたけど。

これ読んだら、立ち直った♪

また頑張れそうです(^▽^)/

ちょっともやもやすることがあったり、なんとなくモチベーションが

上がらなかったりする時にはこういう本が元気にしてくれるかもよ?

図書館で借りたんだけど、これは買うっ!!

で、うちの塾の私設図書にも近々置きます~。

2冊お買い上げ決定ですな(^m^)

    \ ♪ちゃり~ん♪ \

近くの人、読みたかったら声かけて~。

貸すよ~^^
テーマ:子育て・教育
ジャンル:学校・教育
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。