毎度~♪おおきに^^ 2年半の間☆☆☆就学前に何やろう??☆☆☆のブログ名でやってきましたが改名です♪オリジナル家庭教育、英語やら漢検、スピリチュアルに、本はビジネス書から絵本まで!なにしろてんこ盛りでやんす~(^▽^)/ヨロシクねっ!!
スポンサーサイト
--年--月--日 (--) | 編集 |
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
図書館で借りた絵本☆その38☆
2006年06月20日 (火) | 編集 |
かめのヘンリー

読み終わるとじんわり心があたたかくなるお話です。(^^)

かめのヘンリーはぬいぐるみ。

ちよちゃんがあかちゃんのときにやってきて以来二人はいつも一緒です。

そんなある日。

ちよちゃんが熱を出してしまいます。

  「ほこりや ばいきんは、びょうきに よくありませんよ」

お医者様のこの発言をきっかけにヘンリーは物置部屋に入れられて

しまいます。

さて、大好きなちよちゃんと引き離されてしまったヘンリーが

起こした行動とは?

”誰かのためを思って行動する”話ってやっぱり好きだな。



きんぎょのえんそく

なにしろぶっとんでます(^▽^;)

絵が、見ようによっては昭和初期風レトロな趣。

そこに、登場するのは金魚の『アカさん』と飼い主の少女

『フーちゃん』。

ネーミングがそもそも笑えます。

それにね。

フーちゃんったら、ワカメちゃんカットなのよ(^▽^;)

絵本を読み始める前に盛り上がってしまう材料が盛りだくさんです。(笑)


フーちゃんが遠足で動物園に行くことになりました。

「アカさんも行く?」

の誘いにホイホイ乗ってしまうアカさん。金魚ばちを飛び出して、

尾びれで歩いてついていきます。

(…え~?水がなくても大丈夫なわけ~??

  尾びれで歩くって、それだけで、立派な曲芸ジャン…

  なんて、夢のないことをついつい考えてしまうのは

  あひるくらいでしょうか!?)


さて、動物園では、次々に住人たちを怒らせて、そのたびに空を飛ぶ

アカさん。

まるで、漫画”ぼのぼの”でアライグマによく蹴られるシマリスの

ようです(笑)

(あ~。分からない方いたらごめんなさい。^^;)

最後は大テーブルを囲んでの動物みんなでの食事会♪

絶対現実にはありえない光景は、なぜか微笑ましくて楽しい気分に

なっちゃいます。(^^)

せんたくかあちゃん

さとうわきこさんのおはなしって、”愉快でちょっと豪快で…”って

感じのが多くないですか?

ばばばあちゃんシリーズしかり、おりょうりとうさんしかり。

この本もそんな感じのテイストです。

かあちゃんはせんたくが大好き♪

今日も、たらいに洗濯板のスタイルで、次々に洗濯をこなします。

うち中のものを全部洗ってしまって、

「なにか あらうものを さがしといで」と頼まれる子どもたち。

その噂を聞きつけた動物たちに履物に、かさに掃除道具。

色んなものが逃げ出します。

でも、かあちゃんの豪快な「と ま れ !!」につかまって

結局みんな洗われる羽目に。(笑)

庭の木、森の木を使って沢山のロープを渡し、そこに全部洗濯物を

干し終わったところに、かみなりさまが落ちてきて…

さて、かみなりさまも、かあちゃんに洗われちゃうのかな?

そして、その結末は!?

読後感は気分爽快♪

梅雨を楽しく乗り切る一冊になるかもしれません(^^)

☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆
(おまけ)

パパに「”麺棒”を買ってきてね」とお願いした。

「お安いご用だ~。」と快諾して持って帰ってきたのは

      ”すりこ木”でした。

 …微妙に違うんだけど…(^^;)

後日。

「麺棒買ってきてね~」と再びお願いした。

「あいよ~。お安いご用だ。」と

買ってきたのは

       ”綿棒”。

…なかなか希望のものを買ってきてもらえないねえ。(^▽^;;)

とこぼしたら、


      「あ~。すまん。めんぼくない。」  だって。


落ちまでついちゃいました~(^^;;)

二人で大笑い。<<(^▽^)>>



こんどこそよろしく!!パパ♪

…って自分で買いにいけよ~。わたし(^▽^;;)

☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆
ninkiblogranking

ブログランキングranQ




ココに来てくれてありがとう♪
出会いに感謝です(^▽^)/

気が向いたら、ランキングの応援ポチよろしくお願いします~☆

☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆





[続きを読む...]
スポンサーサイト
テーマ:オススメ☆絵本&児童書
ジャンル:育児
図書館で借りた絵本☆その36☆
2006年05月17日 (水) | 編集 |
Oじいさんのチェロ

戦争絵本です。

まだ半分夢の中で生きているゆ~のですが、だんだん世界で起きている

ことを伝えていかなければ…

そんな風に思っていました。

あまりにグロテスクなものはまだ見せるのに抵抗があるので、

(本当は生の現実が分かるような写真展などがいいのかなあ…悩みます)

ソフト路線で、少しずつ絵本から読み聞かせていければと思っています。


平和だった暮らしに突然やってきた”戦争”という現実。

壊れてしまった町で、いつやってくるか分からない爆撃と隣り合わせ

の生活。

子供たちはそんな不自由な中でもちょっとした楽しみをみつけ、逞しく

暮らしています。

ささやかな楽しみは週に一度広場にやってくる配給トラック。

生活物資を手に入れる大切な場所。

でもある日、トラックが爆撃されてしまったんです…

みんなが意気消沈する中、チェロを広場で演奏するようになった

0じいさん。

毎日続くチェロの演奏は人々の心を癒し、生きる活力を呼び起こして

いきます。

でも、ある日、チェロをめがけて爆弾が飛んできて…!!

さて、その結末は!?

戦争が奪っていく日常を静かに描いた作品です。

ゆ~のが何か感じ取ってくれれば良いなあ。

☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆

からだたんけん
からだたんけん

画像はコチラを参照ください♪

マジックスクールバスはアメリカの人気アニメだったようです。

子供向け科学番組のアニメが絵本になってもので、これは体のお話。

フリズル先生とその生徒が、乗っていたスクールバスごと小さくなって、

体の中を探検しちゃうんです!

体の内側から人間を見るっていう発想が面白いですねぇ。(^^)

このシリーズはいろいろ出てますよ~。

それに、英語版もブッククラブのカタログでよく見かけます。

(うちにも簡易バージョンがあります♪)

☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆

森はだれがつくったのだろう?
森はだれがつくったのだろう?

画像はコチラを参照ください♪

これは買った絵本ですが、ちょっと紹介してみたくなりました。

一言で言うと”森がどのように成長するか”を説明した絵本です。

草原に最初の木が生えて、だんだん茂っていって、そのうち、樹種が入れ

替わり、それに応じて生態系も変わっていく…

そして、森の成熟期。

このころの森は、樹冠(高い木が作るこんもりとしたみどりの屋根)、

下層、低木層、下生えの草の層、林床の5層からなること、などなど、

200年ほど時間を追って説明しています。

森の出来かたはたいていこの法則に当てはまるそうです。

人間の一生よりはるかに長い森の成長過程は、なかなか興味深かったです。

でも、小さな子供に読み聞かせるのはちょっと難しいかもしれませんね~。(^^;)

☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆
ninkiblogranking

ブログランキングranQ




ココに来てくれてありがとう♪
出会いに感謝です(^▽^)/

気が向いたら、ランキングの応援ポチよろしくお願いします~☆

☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆

(おまけ)

初めての保育参観がありました♪

園での日ごろの姿を見られるのは良いですね(^^)

みんな親御さんの前だからか、張り切っていて可愛かったなあ。

親子で一緒におゆうぎ→他のお母さんと一緒におゆうぎ、という流れが

あったんですが、ゆ~のはどうしても「他のお母さんではいや!」と突っ

ぱねて、結局2回ともパパと一緒にお遊戯してました。(^^;)

パパを他の子に取られるような気がして嫌だったらしいです。

しっかりしているようでも、まだまだ赤ちゃんみたいですねぇ。
テーマ:絵本ブログ
ジャンル:育児
図書館で借りた絵本☆その35☆
2006年05月14日 (日) | 編集 |
エリック・カール絵本の世界―いろのまほうつかい

エリック・カールの主な作品の紹介と、彼の絵本の作り方が出ています。

コラージュ絵本だとは思ってましたが、材料がティッシュぺーパー

だったなんて!!

こうやって、あの独特のテイストは生まれるのか…と衝撃を受けました。

他にもスケッチに版画、舞台衣装にオブジェなど、完成された絵本しか

知らなかったあひるにとっては、嬉しいサプライズが詰まった本でした。

そして、彼の半生の紹介。

戦争を潜り抜け、仕事でも苦難を強いられ、そして、離婚。

数々の試練を乗り越えた彼が出会った絵本の仕事は、まさに天職と

なりました。

人生って無駄がないというけど、ほんとにそうだよねえ。と

しみじみ思ったりして。

ただ、パラパラと眺めているだけでも好きな人にとっては心癒される

本だと思います(^^)

☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆

ひみつのたね

かばのぽんさんが見つけた風船には手紙がついていました。

そこには一粒の種が。

さっそくわくわくしながら種を植えてみるぽんさん。

芽が出ると、あっという間に小さな木になり、花が咲きました。

そして、実がなり育ってみると…

なんと、その実は冷蔵庫になってしまった!

想像してみてください。

植木を鉢豪快に割るくらい根をはり、でかくなった木に冷蔵庫が

でん!となっている姿を。(笑)

もうそれだけで、次の展開が気になってしょうがない(^▽^)

              …知りたいですか!?

それでは、書店か、図書館で探してみてください。

期待を裏切らない面白さですよ!

「たね」をテーマにした話って面白いものが多いですよね。

古くは「ジャックとマメの木」。

最近では佐々木マキさんの「ぶたのたね」と「また、ぶたのたね」。

他にもきっと名作があるでしょうね(^^)

(お勧めがあったらご紹介ください~♪)

☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆

ねこのままじゃいや
ねこのままじゃいや


画像はコチラからどうぞ♪

ジェーンは5歳。

ママに叱られて、大好きな飼い猫のパフにこうつぶやいた。


  ”パフちゃんが あたしの ママだったら いいのになあ。

   そしたら きっと たのしい こと ばっかりだよね。”


そして、次の朝。

なんとネコのパフとママが入れ替わっていたの!

さあて、ジェーンは望んだ通りの楽しい時間を満喫できるのでしょうか?

当たり前のママの存在を、改めてありがたく思う1冊になるかも

しれません(笑)

☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆
ninkiblogranking

ブログランキングranQ




ココに来てくれてありがとう♪
出会いに感謝です(^▽^)/

気が向いたら、ランキングの応援ポチよろしくお願いします~☆

☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆

(おまけ)

母の日でしたね~。

今日は義父の7回忌だったので、いろいろと忙しく、てっきり

忘れられてるかなあ?

なんて思っていたのですが、ちゃんとゆ~のは覚えていてくれました♪

ほんの1輪でいいと思ってたのに、大きな花束をプレゼントされて

びっくりしましたよ。

(もちろん、スポンサーはパパですが^^;)

似顔絵付きの手紙には、今のママと、年取ったママが書かれていて、


    「ままだいすき いつもありがとね。

     としをとってもなかよしでいようね。」


と書かれていました。

ありがたいですねぇ。娘の存在は。(しみじみ)

あ。もちろん、スポンサーのパパにも大感謝♪

誕生日よりもずっと嬉しい母の日になりました(*^▽^*)♪


テーマ:絵本ブログ
ジャンル:育児
図書館で借りた絵本☆その34☆
2006年04月29日 (土) | 編集 |
だいじょうぶだよ、ゾウさん
年老いたゾウと幼いネズミが、仲良く暮らしているところから物語りは

始まります。

ゾウの仲間は、今ではみな、つり橋の向こうにある”ゾウの国”へ

渡ってしまいました。

そこは、歳をとったり、病気が重くなったりすると、ゾウが行かなければ

ならない場所で、行ったら最後、二度と戻ってくることは出来ないんです。

初めてそのつり橋をゾウさんが渡ろうとしたとき、ネズミはゾウを必死に

引き止め、ゾウもそれに応えました。

前と同じように仲良く暮らすふたり。

でもだんだんゾウは体が弱ってきて、ついにはネズミが運んできた大好きな

バナナさえも口に出来なくなります。

つり橋は一部壊れていて今のままではゾウは渡ることが出来ません。

決心したネズミはつり橋を一生懸命直します。

   …そして、二人に永遠の別れがやってきます。

親しいものの死を受容するまでを辿る話は胸に迫ります。

(正確には死んでしまう場面が直接あるわけではないのですが)

ゆ~のに読み聞かせたら、案の定「もういい…もう読まないで。」って

言われてしまいました。(^^;)

曾おばあちゃんの”死”からまだそんなに経っていなかったので、

ちょっとリアルすぎたかもしれません。

☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆

海からきたカサゴン

いつも一人ぼっちのいそきち少年が友達を獲得するまでの豪快なお話。

釣りが得意ないそきち少年は、ある日巨大な海の怪物、”カサゴン”を

釣り上げた。

カサゴンを見せれば、みんなが自分に振り向いてくれると思って、学校に

連れて行くのだが、意に反してカサゴンは大暴れ!!

そこに、海の神”シャチラ”が加わって、大激突!!

白熱した戦いが繰り広げられます。

さて、勝負の行方は?

いそきちの運命はいかに?

この絵本はとにかく絵が良いです。

すごい迫力なの。とくに戦うシーンが見ものだけど、

噛み付きまくるカサゴンに対して、ただ、耐えているだけのシャチラが

すごく強い!!

正義が勝つって気持ちいい♪ 圧巻です(^▽^)

☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆

でてこいミルク!
でてこいミルク!


絵が無いのがすごく残念です。

素朴でいい味だしてるのになあ。

 「 めうしが いる

   とかいのこが いる

   ぎんいろのバケツが ある

   きのこしかけが ある

   でも ミルクは でない 」

こんな書き出しで始まるお話。

それから、都会の子は一生懸命、めうしの頭をなでたり、鼻の頭に

キスしたり、優しく話し掛けたり、干草を食べさせたり、歌を聞かせたり、

魔法をかけたり…まだまだ、都会の子の努力は続くのだけど、

いつも

  「 ミルクは でない 」


さあて、都会の子はちゃんとミルクを出すことが出来るのでしょうか!?

ミルクが出なくても、一生懸命都会の子なりに工夫して、あらゆることを

試してみる過程で、きっと牛も彼を信頼したんじゃないかな。

努力を重ねた後の結果は、すんなり出来たときよりも

何倍も価値のあるものに感じられる筈。

ゆ~のはなぜかこの絵本が大好きなんです。

読み終わるといつも、満面の笑み(^^)

家族で気に入ったので、いつか我が家の本棚に仲間入りする日がくる

かもしれません。

☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆

(おまけ)

このブログはアマゾンのアフィリエイトに参加しています。

先日、初めて収入としての換金となりました♪

専業主婦にとっては貴重な貴重な財源です。

このお金で3月に誕生日を迎えたパパにささやかにプレゼントすること

が出来ました!

このブログを通してアマゾンでお買い上げくださった方々、本当に

ありがとうございました♪(^▽^)♪

深く、深く 感謝☆ m( u u )m

☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆
ninkiblogranking

ブログランキングranQ




ココに来てくれてありがとう♪
出会いに感謝です(^▽^)/

気が向いたら、ランキングの応援ポチよろしくお願いします~☆

☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆
テーマ:絵本ブログ
ジャンル:育児
図書館で借りた絵本☆その33☆
2006年04月16日 (日) | 編集 |
月と少年(日本語版)
月と少年(日本語版)


  「ザモレオンじいさんは、もう300年も、月のみちかけ屋さんを

   しています。まいばん月に大きなぬのをかぶせて、すこし光を

   かくすのです。

   めずらしい仕事でしょう?」


こんな出だしで始まるお話。

ぽっかり夜空に浮かぶ月には、大きな布を操るおじいさんの姿が。


すごい発想だなあ。

”月にうさぎがいて餅つきを…”って言うのも、すご~い!!って

思うけど、コレも負けてない感じ。


宇宙学校の難しい試験に受かったティモレオンは、ザモレオンじいさんと

交代するために早速月に旅立つことになりました。

月まで飛んでいけるという、「身体を空気のように軽くしてくれる薬」を

携えて。

          …走る。走る。ティモレオン。
 
          疲れきったザモレオンじいさんを

          一刻も早く楽にしなければ。


でも、なんといこうこと!!

その薬を落としちゃったんです。

   どこを探してもない。ない。ない。


見かねた沢山の友達が、ティモレオンを月まで飛ばしてあげようと、

いろんな試みを重ねますが、どれも、コレも失敗します。

さあ?どうやったら、月まで行けるのでしょう?

   朝になる前に、早く、早く、早く!!


…さあて、その結末は…??


この絵本はお話も素敵ですが、絵がなんと言っても素晴らしいです。

夜のお話だから、どのページも青や深い藍といった色で覆われています。

でもその中に感じる月明かりが、見事なんです。

月明かりの中に浮かぶ景色や、人影の美しさ。

”夜”の豊かな表情に吸い寄せられる気がします。

とても、とても。美しい絵本です。(^^)




☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆


見えなくてもだいじょうぶ?

迷子になった小さな女の子を助けてくれたのは目の不自由な男の人でした。

彼と女の子を通して、目の不自由なかたの暮らしを紹介しています。

たとえば、

”朝と夜はどうやって区別できるの?”と言う問いかけには、

”耳で聞いたり、身体で感じるから分かるんだ。朝になると、お日さまが

のぼってあたたかくなるし、バスや人がたくさん通るだろ。人も

おおぜい歩いていくしね。夜は静かになるし、寒かったり、虫の声が

聞こえたりするね。”と答えます。

目以外の感覚を、フルに使って感じているんだなあ。

見えていれば意外と気が付かないで暮らしていることもたくさん

ありそうだなあ…

そんなことを教えてくれます。

それから、点字。街の中や、目の不自由な方用のPCでも点字は大活躍。

巻末には点字一覧表が出てきます。

例えば、エレベーターの階数表示は、この表によると、「数符・1」で

このように1階を表します。(●が凸面を表しています。)

 ●● ●○
 ○● ○○
 ○● ○○
(数符) (1)

「へ~!」と思って

今日、実際に見てきたら、ほんとにこうなってました。

ゆ~のはもともと点字に興味があって、自分で読んでみたいようなので、

この表は役に立ちそうです。

他に、

わたしの足は車いす
わたしの足は車いす
   わたしたち手で話します
わたしたち手で話します


という絵本も、ゆ~のなりに理解してくれればなあと思って借りて

みました。

娘にはどんな方とも垣根なく付き合う人間に育って欲しいなあ。

そんな願いを込めて…




☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆


(おまけ)

イースターでしたね。(^^)

我が家でもエッグハントをするために卵を空にして、絵を書いてみましたよ。

3個用意したのに、一つ、不注意で割ってしまったので

(犯人はあひるです^^;)

ゆ~のとパパが絵を書いて、隠して遊んだ卵は二つだけになっちゃいました。

”卵を探す”たったコレだけのことなのに、ゆ~のは上機嫌で楽しくて

しょうがないって感じでした。(^^)

卵の中身を取り出すのって時間がかかって大変ですね~(^^;)

…もしかしたら、あひるの要領が悪いだけかもしれませんが。

今日はそのままベイクドチーズケーキの材料にして美味しく頂きました♪

明日から、幼稚園にようやく行けるので、前夜祭になった感じです。

☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆
ブログランキングranQ




ココに来てくれてありがとう♪
出会いに感謝です(^▽^)/

気が向いたら、ランキングの応援ポチよろしくお願いします~☆

☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆


テーマ:子供の行事・季節の行事
ジャンル:育児
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。