毎度~♪おおきに^^ 2年半の間☆☆☆就学前に何やろう??☆☆☆のブログ名でやってきましたが改名です♪オリジナル家庭教育、英語やら漢検、スピリチュアルに、本はビジネス書から絵本まで!なにしろてんこ盛りでやんす~(^▽^)/ヨロシクねっ!!
スポンサーサイト
--年--月--日 (--) | 編集 |
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
日本の材木☆杉 と 保冷材の正体
2007年03月30日 (金) | 編集 |
最近、面白いな、と思った絵本。

日本の代表的な材木になる杉について、ざっと分かる本です。

日本の材木 杉

2月になるとスギ花粉で多くの人が困っています。

それはなぜでしょう…?

(それが当時の国家の政策だから…とは書いてないんだけど。

 書いちゃマズイのでしょうか…??笑)

から始まり、杉がどんな性質の木で、いかに役に立つか。

昔から現代にいたるまでその育て方や、用途など、

さらっとだけど、いろいろと登場しています。

この本をざっと読むだけでも、杉を見る目が変わるかもしれないし、

更に話題を膨らませたら、ますます親近感が沸くかも!?

杉ってまっすぐ育つし、生育が早いから、昔から重宝されてたんだよね。

で、軽いし柔らかいから加工もしやすい。

合板は嫌だけど、ローコスト住宅を建てたいって場合は、

杉が使われること、結構あります。

(…床板に使っちゃうと、心地いいけど、傷覚悟は必須)

それからね~。

しょうゆ、味噌、酒なんかを造るのに欠かせない樽の話。

(コレは実際にゆ~のに見せたいなあ。

 ものすごく大きな樽を見たらびっくりするでしょ?きっと^^)

コレは、補足するなら、「たがや」と言う落語絵本にも、

別の視点から作り方が出てくるので、

あわせて眺めるのも面白いかも。↓

たがや

予備知識があれば、もしくは一緒に気になったことを調べながら、話題の広がる絵本だと思います。

例えば、含水率、流通経路、他の用途、年輪と方角の関係、黄金比などなど。

そんなキーワードが今浮かんだんだけど…。

他にも絶対沢山あるよね^^

何かぱっと思いついたら、是非お知恵を拝借させてください♪


☆借りようと思っている関連書籍☆

日本の風景 松 春の主役 桜 山のごちそう どんぐりの木



☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆

ブログランキング
ninkiblogranking


ブログランキングranQ


FC2ブログランキング


ココに来てくれてありがとう♪

出会いに感謝です(^▽^)/

ついでにランキングUP↑にご協力お願いしま~す(^O^)♪

☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆

(おまけ)

ゆ~のに「保冷剤って何で出来てるの?」と聞かれて即答できず。

で、調べました^▽^;

いろいろあるみたいだけど、冷凍庫で凍って、常温ではぶよぶよしてる物体で

よく使われているのはポリアクリル酸ナトリウムっていう物質。

ポリだから、重合体。

(何重にもからまってるから、その間に沢山水を取り込むことができるの)

で、平たく言うと親水性のプラスチックの仲間です。

プラスチックだから、基本的には食べ物じゃないけど、人体には無害。

水を取り込んでもイオン化しないからね。

(化粧品や、食品添加物として使われることもあるらしい)

食べても、そのまま出て行っちゃう。

ただ、製品として作る場合に、他にエチレングリコールとか、

腐食剤とかを添加する場合が多々あるらしいので、

むやみやたらに口には入れないほうが良さそう。

これが使われているのは、例えば、生理用品や、オムツ。

そして、面白いところでは人工雪!!

白い粉状物質らしいんだけど、その数百倍から数万倍の水分を吸収できるようで

実際、保冷材になるときは、水 対 ポリアクリル酸ナトリウムは99 対 1

くらいの割合になるのだとか。

そのくらい、吸収力が凄いんだね。

ほら、よく聞くでしょ?

”高分子吸収体”って。要はこれなんです。

…で、ここまで楽しく調べまくってゆ~のにした説明は

「中身は沢山水を吸収したオムツみたいな感じ。

 で、基本的にはプラスチックの仲間。」

とだけ、解答。

「ふ~ん。分かった!」とゆ~の。

…ほんとかどうかはともかく…^^;

こうやって、ゆ~のの疑問から、少しずつ私の雑学が

増えていくんだよね^^感謝☆

で、雑学ためといたら、年齢に応じて、もしくはそのときの興味関心の度合いに応じて、

更に対応できるじゃない?

うん。楽しいや^^♪




<参考サイト>

今さら聞けない~保冷材~

教えて!goo~常温でゲル状保冷剤の成分は?~

教えて!goo~保冷剤の袋が破れて中身が出てしまいました~

教えて!goo~保冷材はどうやって捨てたらいいの?~

花王けみかるプラザ~ゲルについて~
スポンサーサイト
テーマ:早期教育・幼児教育
ジャンル:育児
図書館で借りた絵本☆その37☆
2006年05月26日 (金) | 編集 |
足はなんぼん?
足はなんぼん?


”いたずらはかせのかがくの本”のうちの1冊です。

初版は1970年とずいぶん昔ですが、その内容はわかりやすくて面白い。

古さを感じさせません。

”足の数”の間違い探しがあったり、虫を捕まえて足の数を調べてみよう、

というコーナーがあったり、単に読み聞かせるだけではない面白さが

あります。

皆さんは”アリ”の絵を正確にかけますか?

(答えは「続きを読む」でどうぞ♪)

身体はいくつに分かれているか?

足はどこから何本出ているか?など、知っておきたい項目が出てきます。

ゆ~のはなんとか描けましたよ~(^^)

小さい頃から昆虫とその他の虫の違いについては話していたし、最近は

実物と遊ぶことも増えましたからね。

普段からよく見ているんでしょう。

それから、ミミズは蛇の仲間でしょうか?

ゆ~のは「蛇は触れないけど、ミミズは触れるから仲間じゃない」

って言ってましたけど、もちろん、そんな理由じゃありません。(笑)

(これも、答えは「続きを読む」でどうぞ♪)

沢山の種類が載っているキレイな図鑑も必要だけど、こうやって、

別の視点から、(まるで自由研究のように)見つめる絵本って、

視野を広げてくれそうだなあって思います。


どうぶつえんガイド―よんでたのしい!いってたのしい!

今度、幼稚園の遠足で動物園に行く予定なので、借りてみました♪

どうせ行くんなら、下準備していこう♪ってことです。

細かい種類についての記載はありませんが、動物たちの生態や、

特徴などを分かりやすく、時にはユーモアを交えながら書いてあって、

図鑑と一味違う面白さがあります。

例えば、フラミンゴ。

動物園に来たフラミンゴはえさに気をつけないと、ピンクの色が

だんだん薄くなっちゃうんだそうです。

だから、人参やエビなど、赤い餌を食べさせるんだって。

へ~。天然色で、何もしなくてもその色だと思ってたのに。

フラミンゴのための赤い餌まであるそうです。面白いな~。

それから。

キリンの首は長い。足も尻尾も長い。

そして、べろもなが~い!

「え?べろ長くないよね?」とゆ~の。

「葉っぱを食べているとき、長い舌でてくるじゃん。べろ~んって。」

とあひる。

そうか。動物園でキリンは良く見てたから、てっきり知っていると

思ってたけど、ゆ~のは気づいてなかったんだ…!

じゃあ、実際に行ったときに見てみよう!という話になりました。

ただ、動物園に行くよりも、いろいろ情報を仕入れてから行くほうが

学ぶことも多そうです(^^)

☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆
ninkiblogranking

ブログランキングranQ




ココに来てくれてありがとう♪
出会いに感謝です(^▽^)/

気が向いたら、ランキングの応援ポチよろしくお願いします~☆

☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆


[続きを読む...]
テーマ:オススメ☆絵本&児童書
ジャンル:育児
右と左の不思議がわかる絵辞典
2006年04月28日 (金) | 編集 |
自然界は謎だらけ!「右と左」の不思議がわかる絵事典?鏡のしくみから宇宙の誕生まで

図書館でディスプレイされていたのを「借りられますか?」と声をかけて

借りてきちゃいました。

題名が面白そうだったから♪

まずは左右の由来から。

「ひだり」は”太陽が出る方向”という意味らしい。

お昼に太陽がある方向、南を向いたとき、朝日が出る方向が<陽照り>

であり、それがなまって「ひだり」になったようです。

「みぎ」は右手が武器や道具を握る手であることから<握り>といわれ、

それがなまって「みぎ」になったようです。

なるほどね~。

こういう語源って面白いですね。

語源辞典買っちゃおうかな??

(おすすめありませんか~??)

他には、「世界の国々の左右のイメージ」とか、「文字を書く方向の左右」

とか、「交通と乗り物の左右」とか、経験的に知っているけど、

そのルーツは?という話が出ていたり、

進化した生物ほど、左右非対称になっている話など、子供にとって

興味のひかれる内容ではないかと思います。

他にもスポーツ、芸術、宇宙、自然など、触れている内容は多岐にわたり、

”左右”というテーマだけでも結構語れるもんだなあ、なんて、

そんなことに感心したりして。

字が大きくて、全ての漢字に振り仮名がふってありますので、ひらがなが

読めるお子さんなら、一人で読めるようになっています。

好奇心の扉を開ける一冊になるやもしれません。


このシリーズこんなに出てるんですよ!!
  ↓ ↓ ↓ ↓
江戸のくらしがわかる絵事典   もののしくみと原理がひと目でわかる身近な道具と機械の図鑑   歴史人物絵事典?国際交流がひと目でわかる   調べ学習にやくだつ市場がわかる絵事典?魚・肉・野菜・花のマーケットが理解できる!   地図の読みかた遊びかた絵事典?こうすればつかえる、よくわかる あなたも地図博士になれる!   工作のコツ絵事典?道具の使い方がよくわかる   各地を訪ねて描いた戦国時代の道具図鑑?調べ学習のヒントがいっぱい!   時計の大研究?日時計からハイテク時計まで 時計のすべてがわかる!   さかな食材絵事典?お寿司のネタもよくわかる さかなクンも解説しているよ!   文明開化絵事典?国際交流の流れがよくわかる   脳と体のしくみ絵事典?夢をかなえるカギは脳にある スポーツも勉強ももっと得意になる!   感動のドラマの記録 オリンピック絵事典?オリンピックがよくわかって楽しめる!   地球のカエル大集合!世界と日本のカエル大図鑑?世界のカエル156種類・日本のカエル全43種類   写真でみる世界のクワガタ&カブトムシ大図鑑   コンビニ大図鑑?経済がよくわかる お店のなかを探検しよう!   世界の女性名言事典   算数おもしろ絵事典 もう苦手なんていわないぞ!   新聞わくわく活用事典 NIE・新聞学習のヒントがいっぱい!   日本のくらし絵事典 年中行事から伝統芸能まで   大自然の贈りもの 雲の大研究?気象の不思議がよくわかる!


視点がユニークなものが多いのでどれも面白そう♪ゆ~のの興味の向くままに順番に

借りてみようと思っています☆

☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆
ninkiblogranking

ブログランキングranQ




ココに来てくれてありがとう♪
出会いに感謝です(^▽^)/

気が向いたら、ランキングの応援ポチよろしくお願いします~☆

☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆

小さな羽虫さえ怖がって震えていたゆ~の。

幼稚園で友達になった男の子と蟻で遊んだらしい。

「すごいでしょ~!!」と威張って見せる姿がかわいい(笑)

こどもの影響って大きいなあ。(^^)
テーマ:早期教育・幼児教育
ジャンル:育児
ゆ~のが好きなからだの本♪
2006年04月22日 (土) | 編集 |
ゆ~のは、将来医療関係の仕事につきたいくらいですから、

からだについて興味津々♪この手の本が大好きです。

「ココ読んで~!」とゆ~のが持ってくる場合もあれば、本人が気に

なるところをじっと眺めていたりもしていて、重宝しています。

図鑑の類に触れていると勝手に知識が増えていって良いですね。

(^^)

とりあえず、我が家にある一部を紹介します♪

☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆

立体モデル大図鑑 人のからだ
立体モデル大図鑑 人のからだ


これはまさに人体模型が本になったすごい代物。

理科室にありそうなアレのミニチュア版が入ってます。

この本のいい所は、ページをめくるたびに、体の一部がはがれてい

って、部分的によく観察できるようになっているところ。

例えば「骨」のページではそのページに「骨のパーツ」がくっついて、

めくると、今度は内臓が出てくる。

消化器系のページをめくると、その下には、腎臓や、膀胱が出てくる、

など、体の中の位置関係が大まかに分かる仕組みになっています。

人体を立体的に捉えるにはとてもいい本だと思います。


☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆

からだとこころのビックリ!大図鑑
からだとこころのビックリ!大図鑑

からだとこころのビックリ!大図鑑

これはたしか古本屋さんで300円程度でゲットしたような。

もともとアメリカ人の作者によって書かれているので、出てくる人種も

さまざまだし、食事の説明に米が出てこない、絵の中にごくたまに英単語

が登場するなど、なんとなく、異文化を感じさせてくれる本です。

これの英語版があったら是非欲しいですね~。(あるはずだし)

各器官について丁寧に説明がありますが、漢字交じりで、振り仮名

無しの字もあって、我が家では当分読み聞かせようですね。

  「悲しいとどうして涙が出てくるの?」

  「どうしてくしゃみがでるんだろう?」

など、子供なら一度は疑問に持ちそうな問いの答えも出てきます。

わりとソフトなタッチで書かれたイラスト満載でユーモアたっぷり。

絵を見ているだけでも楽しめる本です(^^)


☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆

ひとのからだ
ひとのからだ


ずいぶん悩んで買った図鑑です。

結局、ゆ~のが一人で読みやすいように、漢字にはすべてひらがなが

振ってあって、字も図も大きめのもの、そして、出来るだけ、本物に近い

絵で各部を説明しているもの、ということで、この図鑑になりました。

さすがに子供用ですから、分かりやすい言葉を選んで書かれていて、

イメージが掴みやすいように工夫されているところがいいですね。

将来的に買い足すことをもちろん視野に入れています。

(興味のある分野はとくに、沢山の本を読むことになるでしょうから、

時期が来たら、きっとこれでは全然足りないでしょう。)

☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆
ninkiblogranking

ブログランキングranQ




ココに来てくれてありがとう♪
出会いに感謝です(^▽^)/

気が向いたら、ランキングの応援ポチよろしくお願いします~☆

☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆

(おまけ)

鎖骨のあたりを触りながら、

 ゆ 「あ~、腹筋が痛い~!」

パパ、あひる、大笑い(^▽^)//


   …きみの腹筋はそんなところにあるんだ~(^^;)

未だにありえない間違いをしでかして笑わせてくれるゆ~のです(笑)
テーマ:早期教育・幼児教育
ジャンル:育児
きみの家にも牛がいる
2005年12月09日 (金) | 編集 |
きみの家にも牛がいる
小森 香折
4759221395    「きみの家には、牛がいる?

    牛を飼っていなくても

    牛がいないわけじゃない」



こんな書き出しで、この絵本は始まります。

最初のページでは、どこかの家族四人が、朝食の真っ最中です。

そして、そこには、様々な見慣れた「もの」が目に付きます。

ゆ~のは「こんなところに、牛がいるの?」と不思議に思ったのじゃないかな(^^)

次のページは牧場にいるホルスタインの姿。

生態や、牛乳から加工される食べ物が絵を通して紹介されます。

次は肉牛。

どうやって、お肉になるのかが綴られています。

スーパーのパック詰めしか見たことが無いと、この事実にはびっくりするでしょうね。

もしかしたら、怖くて泣いちゃう子供もいるかもしれません。

でも、それが本来の姿で、「命を頂くことで、生かされている」という

神聖な気持ちを呼び起こすかもしれません。

どうやって皮をはぐのか、牛を縦に2つ割りにしたらどんな感じになるのか…

食肉市場から、競りにかけられて、店頭に並ぶまでの、様々な過程が書かれています。

「肉ははじめから『ある』ものじゃない。いろいろな人の手を借りて『つくられる』ものなんだ」


そうやって、はじめて私たちは食べることが出来る。

ホントだよね~、とあらためて感謝の気持ちが沸いてきます。

牛の利用はまだ続きます。

牛から取れる、皮、コラーゲン、ゼラチン、骨…etc.

昔から『牛は泣き声以外は捨てる所が無い』と言われてきたそうです。

それほど、様々に利用され、身近にあるものなんですね。

(最近はBSEの問題があるので、全利用というわけにはいかないようですが)

大人にとっては常識でも、子供にとっては未知な世界。

物事を深く知るということの一端になれば、と思う絵本です。

最後のページには食事が終わったあとの部屋の様子が出ています。

「さあ、もう一度、自分のまわりを見てみよう。

牛はけっこう、たくさんいるよ。

ここにも、ほらあそこにも。」

子供目線では最初に気づかなかったであろう、乳製品や、皮革製品などの

たくさんの「牛」をゆ~のは認識するようになっていましたよ。(^^)

こうやって、彼女の世界がまた少し広がったのかな、と思いました。

ブログランキングranQ

に参加しています♪
ぽちっと押してくれると、幸せです♪(*^▽^*)







テーマ:幼児教育
ジャンル:育児
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。